DYM就職の評判は?ネット・SNSの口コミ、利用者の本音をチェック!

「『DYM就職』って評判悪いの?」

「DYM就職の口コミってどうかな?」

 

書類選考なしで手厚いサポート体制が魅力のDYM就職。

大手転職エージェントに、求人数や転職成功者数では劣るものの、地道な活動を続けて大きく成長した転職エージェントでもあります。

 

この記事では、

  • 転職活動時にDYM就職を利用すべきか?
  • DYM就職の実際の使用・評判・口コミでわかったメリット・デメリット
  • DYM就職の登録から利用の流れ
  • DYM就職と併用すべき転職サービス

について、解説していきます。

SNSへの書き込み等も交えて、実際に使用したリアルな体験談を基にお伝えします。

この記事を読むことで、あなたがDYM就職を使うべきかどうかがわかります。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
DYM就職か。評判は様々じゃろうが、人によっては期待できるサービスじゃな。

【公式HP】DYM就職

【結論】DYM就職は利用すべき?

【結論】DYM就職は利用すべき?

結論からお伝えします。

DYM就職は、

20代のフリーター・ニート

の方に最もおすすめな転職エージェントです。

フリーター・ニートの方を中心に転職成功実績を積み上げたDYM就職は、正社員就職(就職成功)率が96%と非常に高い実績を持っています。

具体的に以下に当てはまる方は、DYM就職を利用すべきです。

  • 20〜30代前半の社会人
    ※18〜35歳まで登録可能
  • ブラック企業を脱出したい中卒・高卒・大学中退・専門卒
  • 未経験業界に転職したい第二新卒
  • 正社員経験がない20〜30代前半のフリーター・既卒
  • 就職経験がない20〜30代前半のニート

上記に当てはまっている方は、今すぐにでもDYM就職に相談する価値があるでしょう。

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・広島・仙台の7拠点でサポートを受けることができます。
※他の地域でも面談可能

横向きの賢じぃ
賢じぃ
優良求人は早い者勝ちじゃ!

【公式HP】DYM就職

また、上記の特徴に当てはまる方はDYM就職と共に、以下の転職エージェントを併用することで転職成功率を高めることができます。

DYM就職との併用におすすめ!

『ハタラクティブ』
【おすすめ度:★★★★★
未経験OK企業だけで2,300件以上の求人!
【公式】https://hataractive.jp/

人材業界最大手のリクルートの調査では、転職決定者の転職エージェント利用者数は平均で4.2社と、通常の求職者と比較してかなり高くなる調査結果が出ています。

あなたの状況に合わせてうまく転職エージェントを組み合わせることで、利用の効果を高めることができます。

客観的な目線を複数取り入れて、条件の良い求人が見つけてください。

転職エージェント利用調査

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

DYM就職のメリット|評判・口コミの分析結果

DYM就職のメリット|評判・口コミの分析結果

評判や口コミを分析した結果、DYM就職を利用するメリットは以下です。

  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けでも96%の転職成功実績
  • 職歴や学歴問わず、書類選考なしで面接が可能
  • 全国に14ヶ所の面談拠点
  • 相談〜採用決定までのスピードが早い

第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けでも96%の転職成功実績

DYM就職が保有する案件には、以下のようなポイントの求人が多いのが特徴の一つです。

  • 未経験歓迎
  • 研修制度が充実
  • 新規プロジェクト立ち上げ

未経験OKな求人を中心として、経験ゼロで転職をした方が活躍できるチャンスある、チャレンジできるチャンスがある求人が多くあります。

ニートやフリーターだった方を、いきなり未経験でも採用してくれる企業ってブラック企業じゃないのか?

という疑問を抱く方もいるでしょう。

安心してください。

一部上場企業やトップベンチャー企業等、誰でも知っている大手企業の求人も多数保有しています。

学歴・経歴だけで判断せず、きちんとポテンシャルのある人材を特徴に見合った求人に紹介しているため、ニートだった人も大手企業に入れる可能性があるんです。

下記は、DYM就職が保有する求人の一例です。

DYM就職を利用した場合の転職企業例

横向きの賢じぃ
賢じぃ

確かにな。不安になる気持ちもわかる。

でも、DYM就職に実績があるからこそ、優良求人がたくさんあるんじゃよ!

下記は、実際にフリーターから誰もが羨む上場企業に就職した方の声です。

人生逆転した!仕事が楽しいです

愛知県:S.S(24歳・男性)
【フリーター→営業】

大学は卒業したものの、特にやりたい仕事もなく、卒業後2年間はフリーターをしていました。

ただ、このまま一生フリーターとして過ごしていいのかと悩むようになり、彼女もいるし、将来このままじゃヤバいなと感じたのがきかけです。

転職エージェントの存在は知っていましたが、よくわからなかったので、全部で4社の転職エージェントに登録しました。

DYM就職はフリーターやニートでも転職できるという謳い文句だったので、それまで知らなかったものの「とりあえず登録だけしておくか」という感じだったと思います。

4社を利用して、履歴書の書き方から面接対策までみっちり対策をしました。

すると、たったの3週間ほどで、DYM就職に紹介を受けた企業から内定をもらえたんです。

しかも、ホワイト企業と評判で誰もが知っている上場企業から。

家族や彼女みんなが喜んでくれましたし、今は仕事が本当に楽しいです。

担当さんとの相性も良く、DYM就職を利用して本当によかったです。

出典:転職サポート

また、未経験の事情を理解しているキャリアアドバイザーが、「求職者の希望」と「企業が求める人材」をマッチングさせてくれます。

通常は、キャリアアドバイザー1名につき、10名以上の求職者を同時に対応することも少なくありません。

しかし、DYM就職では、キャリアアドバイザー1名につき数人の求職者しか対応しない体制を整えているために、一人ずつ時間をかけて丁寧にサポートしてくれます。

そのため、求職者が相談をした場合の応答も早いのが強みと言えるでしょう。

ネガティブな退職理由でも、ちゃんと説明したら内定もらえた

埼玉県:S.N(24歳・女性)
【事務→営業アシスタント】

大学卒業後、建設会社の一般事務として勤務していましたが、きつ過ぎて10ヶ月しか持ちませんでした。

男性が多い会社だったので、なかなか相談する人もいなかったんです。

体力的にも限界でしたし、仲の良い先輩が先に転職すると聞いて、私も転職を決意しました。

DYM就職は、先に転職した仲の良い先輩が利用して良かったと評判を聞いていたので、私も一度相談してみることに。

担当には女性の方がついてくださったこともあり、今後のキャリアプランや家庭の状況など、すごく親身に相談に乗ってもらい、私の希望に合った企業だけでなく、私の特性を見抜いて企業や業界を提案してくれましたね。

また、10ヶ月で転職するについても、面接で聞かれて困らないよう何度も練習に付き合ってくれました。

私は緊張しやすく、すぐに頭が真っ白になってしまうので、何度も練習してもらえてありがたかったです。

さらに、希望の企業に内定が決まってからは、入社に関する手続きだけではなく、退職に関する手続きのサポートまでしてくれて、本当に最後まで至れり尽くせりでした。

就職率96%は、評判通り信頼できる実績の証だと思います。

出典:転職サポート

職歴や学歴問わず、書類選考なしで面接が可能

DYM就職の内定までの流れ

書類審査なし』で、いきなり面接まで進める理由は、DYM就職のマッチング力の高さにあります。

実際にキャリアアドバイザーが求職者の希望をヒアリングしたうえで、企業を紹介しているため、ミスマッチが起こりづらい体制を構築しています。

そのため、DYM就職を利用して転職をした方の3ヶ月以内の離職率はわずか3%です。

離職率が低い人材を確保できるのは、企業側としてもメリットが大きく、実績と信頼を積み上げたDYM就職だからこそ『書類選考なし』を実現できています。

また、DYM就職が紹介する求職者が、転職後に成果を出しているからこその信頼とも言えるでしょう。

実際に利用した方も、書類審査がないことをメリットに感じているようです。

フリーターの僕に、書類審査なしはありがたかった

東京都:S.N(26歳・男性)
【フリーター→営業】

高卒から6年近くフリーターとして過ごしました。

生活をより安定させたいという思いで正社員を目指した転職活動を始めたものの、なかなかうまくいきませんでした。

転職活動開始から半年が過ぎた頃に、ネット場でDYM就職を見つけ、私と同じような境遇の方でも正社員として転職していることから、実際に登録してみたのがきっかけです。

僕は様々なアルバイトを転々としており、特に特別なスキルを持っていなかったために、書類審査で落とされることがほとんどでした。

しかし、DYM就職が紹介してくれる案件には書類審査がなかったこともあって、トントン拍子に面接が進んだんです。

担当のキャリアアドバイザーの方も、面接の練習に何度も付き合ってくださり、登録してから2ヶ月後には、無事に内定をいただくことができました。

20代も前半を終えて初めての正社員就職だったので、正直諦め掛けていましたが、DYM就職に出会うことができて本当によかったです。

出典:転職サポート

全国に14ヶ所の面談拠点

DYM就職は全国に6ヶ所の拠点があります。

拠点は以下の都市です。

  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡
  • 札幌
  • 仙台

また、拠点はありませんが、以下の8都市では面談を実施することができます。

  • 池袋
  • 秋葉原
  • 立川
  • 大宮
  • 船橋
  • 横浜
  • 神戸
  • 広島

上記の14都市で面談を受けることが可能です。

DYM就職では、地方の拠点も保有しているために、地方に本社がある会社の情報も豊富に保有しています。

そのため、Uターン・Iターン・Jターンの転職活動にもおすすめの転職エージェントです。

地方にも拠点があって助かった

岐阜県:M.M(23歳・女性)
【フリーター→事務】

私は岐阜県に住んでいたので、地方で転職エージェントを利用しようとした場合に、選択肢が限られてしまいます。

しかし、大学卒業後は、就職せずにフリーターをしていたこともあり、転職活動の方法すらよくわかっていませんでした。

地元のハローワークに通ってもなかなか条件の合う求人に出会えず悩んでいたところ、DYM就職の評判を聞きました。

親しい友人がDYM就職はフリーターやニートの方にも評判がいいと教えてくれたんです。

岐阜県には拠点がありませんが、名古屋へのアクセスが良いので名古屋で相談に乗ってもらっていました。

DYMに登録したところ、2週間で志望企業の内定をいただき、

「あれ?転職ってこんなに簡単だったの?」

と思いましたね。

書類選考がなかったのも大きかったです。

ニート・無職など、自分の経歴に自信がない方にはおすすめだと思います。

担当さんは、私の希望を元に、様々な求人案件を紹介してくれ、さらには、その企業に採用された場合のキャリアプランについても親身にアドバイスしてくれました。

見た目は若くてちょっとイケイケ?な感じの担当さんでしたが、丁寧かつ迅速に対応してもらいました。

岐阜にいる時の連絡はメールでのやり取りがスムーズだったのもよかったです。

出典:転職サポート

相談〜採用決定までのスピードが早い

DYMでは、基本的に以下の流れで転職が進んでいきます。

  1. キャリア面談
  2. 企業面接
  3. 内定

という手順で転職活動が進みます。

書類選考がないために、登録から採用までのスピードが非常に早いです。

最短1週間での転職も可能であり、このスピード感を実現のもDYM就職の強みと言えるでしょう。

あっという間に内定が出てびっくり!

大阪府:H.M(20歳・男性)
【ニート→販売】

僕は、高校卒業後、地元の会社に入社をしたものの、人間関係にうまく行かず、すぐに退職をしています。

退職後はなんだか何もやる気が起きず、1年ほどフラフラしてましたが、流石にそろそろ働かないと、と転職活動を始めました。

しかし、ハローワークに通ったり、転職サイトに登録したはいいものの、面接にすら進むことができず…

そんな時、2chでDYM就職の評判・口コミが書かれており、ニートでも大丈夫みたいだったので、一度相談をすることに。

最初に面談をしてから11日で内定が出たんです!

書類選考がなかったり、担当さんの連絡がめちゃくちゃ早かったので、気になることは対面でもメールでもどんどんと質問できる点がありがたかったです。

転職先の雰囲気と自分自身がマッチしていたというのはありましたが、まさかこんなにも早く決まるなんて思いもしませんでした。

出典:転職サポート

DYM就職のデメリット|悪評・口コミの分析結果

DYM就職のデメリット|悪評・口コミの分析結果

評判や口コミを分析した結果、DYM就職を利用するデメリットは以下です。

  • 未経験歓迎の求人が多い代わりに、業種は限定される可能性がある
  • 職歴・学歴に自信がある人には向かない

未経験歓迎の求人が多い代わりに、業種は限定される可能性がある

DYM就職の企業比率割合

DYMは未経験からの転職に強いため、どうしても紹介できる職業の数が減ってしまいます。

職務を行ううえで、特定のスキルが必要な専門職や、デザイナーなどのクリエイティブ職の求人は他のエージェントよりも少ない傾向にあります。

希望する職種の求人には出会えなかった

東京都:T.K(29歳・女性)
【フリーター→デザイナー】

もともと、学生の頃から絵を書くことが好きで、趣味でよく様々なWebツールを利用してイラストを書いていました。

大好きなイラストやデザインに関する仕事で正社員として働きたいと思い、フリーターでも受け入れてくれるとネットの評判を見てDYM就職に相談をしました。

フリーターでしたし、これまでの経歴にも自信がなかったので、書類選考がないのはありがったかったんですが、デザイナーやイラストレーターなど、クリエイティブ職の求人はかなり少なめでした。

キャリアアドバイザーの方も非常に親切だったのですが、最終的には未経験OKの求人が多くある『ハタラクティブ』でWebデザイナーとして内定をいただくことができました。

そもそも、クリエイティブ職は求人数が少ないので、難しい希望だったのかもしれませんが、求人数の多さであれば、大手の『マイナビエージェント』や『doda』を利用すべきだったかもしれません。

ただ、未経験エンジニアの案件などはそれなりに数があったと思います。

出典:転職サポート

ただ、DYM就職として未経験でも活躍が望めるような求人に注力しているからこその結果であり、それだけ求人の質が高いとも言えそうです。

職歴・学歴に自信がある人には向かない

『書類審査なし』というのは、経歴を活かして転職したい人にはデメリットとなります。

書類で判断されないため、面接で直接伝えるしかないからです。

面接では人柄などを重視されるため、学歴・職歴を評価してほしい人には、他の転職エージェントの方が合っているかもしれません。

 

学歴や経歴に自信がある方は、以下のミドルクラス・ハイクラスに特化した転職エージェントの利用をおすすめします。

年収600万以上の方におすすめ!

『JACリクルートメント』
【おすすめ度:★★★★★
外資や海外転職にも強い!
【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

『ビズリーチ』
【おすすめ度:★★★★☆
年収1,000万以上の求人が2万件以上!
【公式】https://www.bizreach.jp/

評判・口コミでわかった、DYM就職がおすすめな人

評判・口コミでわかった、DYM就職がおすすめな人

評判や口コミでわかった、上記で解説したメリット・デメリットについてまとめます。

【DYM就職のメリット】

  • 職歴や学歴問わず、書類選考なしで面接が可能
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートでも96%が正社員に
  • 面談拠点が全国に7箇所あるため地方での就職も可能
  • 採用までのスピードが早い

【DYM就職のデメリット】

  • 未経験歓迎の求人が多いため業種は限定されがち
  • 職歴・学歴に自信がある人には向かない

メリット・デメリットを把握した上で、以下の条件に当てはまる方はDYM就職に相談すべきです。

  • 20〜30代前半の社会人
    ※18〜35歳まで登録可能
  • ブラック企業を脱出したい中卒・高卒・大学中退・専門卒
  • 未経験業界に転職したい第二新卒
  • 正社員経験がない20〜30代前半のフリーター・既卒
  • 就職経験がない20〜30代前半のニート
正面の賢じぃ
賢じぃ
優良求人は早いもの勝ちじゃ!

【公式HP】DYM就職

DYM就職に登録してから求人を紹介されるまでの流れ

DYM就職に登録してから求人を紹介されるまでの流れ

DYM就職に登録してから求人を紹介されるまでの流れとしては、以下のようになります。

  1. オンライン登録
  2. 面談微調整
  3. キャリアアドバイザーと面談
  4. 求人紹介

DYM就職を利用する際には、まずオンライン上での登録が必要です。

登録情報をミスして入力してしまうと、キャリアアドバイザーとのやりとりがスムーズに行かないので注意しましょう。

故意ではなくても、誤った情報を入力すると虚偽の申告と間違われ、転職エージェントのサポートを受けられなくなることもあります。

また、どんなに自信のある方でも、面接指導と書類添削は一度は受けてください。

特に既卒やフリーター・ニートの方の場合は、自身が考えている「当たり前」が世間一般とズレている可能性があるためです。

 

DYM就職の場合は書類選考なしの求人もありますが、求人によっては書類選考が必要な場合もあります。

そのため、求人紹介を受ける前に書類選考の対策も万全にしておきましょう。

特に、既卒やフリーター・ニート方の場合は、面接官から「なぜフリーター(ニート)をしていたのか?」を深く聞かれた場合に、上手く回答できない方が多いようです。

面接に入る前に、繰り返し準備と対策を行ってください。

DYM就職を上手く利用するポイント

DYM就職を上手に使うためには、以下のような方法を取る必要があります。

  • しっかりと希望条件をエージェントに伝える
  • なぜ転職したいのかを細かくエージェント伝える
  • 面接の練習を正社員経験のない人はエージェントに練習してもらう

DYM就職は、これまでの経歴に自身がない方のための転職エージェントです。

ニートだった経歴や、これまでに仕事が続かなかった過去など、言いづらいことこそ、キャリアアドバイザーには伝えましょう。

特に転職エージェントに希望条件を伝えることを重視してください。

希望条件の伝え方が甘いと入社してからまたすぐ退職することになりかねません。

  • 休日
  • 残業時間
  • 絶対にやりたくない仕事
  • 社風
  • 身に付けたいスキル

など、どんなに細かなことでもいいので、自信の希望は必ず伝えましょう。

その際、各希望の優先順位も明確にしておいてください。

 

また、第二新卒の場合は、なぜ早期に退職/転職をしたいのかを伝えるようにしてください。

第二新卒者の場合は求人需要が高く、思っているよりも容易に転職に成功してしまう可能性が高いことがあります。

しかし、ミスマッチを起こして再び早期退職をすることになると、あなたの経歴がさらに汚れてしまいます。

 

そして、これまで正社員経験がない方は、「なぜ正社員になりたいのか?」を含めて時間をしっかり確保して転職エージェントに相談するようにしてください。

正社員経験がないからこそ、「どうしても正社員になりたい!」という熱意と理由が必要です。

キャリアアドバイザーと相談して、面接官の質問に的確に回答できるよう準備をしましょう。

【成功率UP】DYM就職と併用すべきおすすめ転職エージェント

冒頭でも解説しましたが、転職エージェントは3社以上を併用することで、転職成功率を高めることができます。

転職エージェントごとに強みがことなるため、1社の転職エージェントに相談をするだけでは不十分です。

また、相手も人なので、3社以上に相談することで、相性の合うキャリアアドバイザーを見つけてください。

おすすめ転職エージェント
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/
『ハタラクティブ』
【おすすめ度:★★★★★
未経験OK企業だけで2,300件以上の求人!
【公式】https://hataractive.jp/
『ウズキャリ』
【おすすめ度:★★★★★
ブラック企業を完全排除!
【公式】https://daini2.co.jp/
『ジェイック (JAIC)』
【おすすめ度:★★★★☆
営業職志望・フリーター・ニート向け!
【公式】https://www.jaic-college.jp/
doda
【おすすめ度:★★★★☆
dodaエージェントと併用!満足度No.1
【公式https://doda.jp/
正面の賢じぃ
賢じぃ
DYM就職に一番近いのは、
ハタラクティブ』じゃ!

DYM就職を利用してブラック企業を脱出しよう!

DYM就職を利用してブラック企業を脱出しよう!

改めて、DYM就職を利用すべき方の特徴は以下です。

  • 20〜30代前半の社会人
    ※18〜35歳まで登録可能
  • ブラック企業を脱出したい中卒・高卒・大学中退・専門卒
  • 未経験業界に転職したい第二新卒
  • 正社員経験がない20〜30代前半のフリーター・既卒
  • 就職経験がない20〜30代前半のニート

ブラック企業を脱出したい

正社員になりたい

未経験でもチャレンジしたい

転職を検討して、上記の特徴に当てはまり、少しでもDYM就職の利用を検討している方であれば、必ずDYM就職に登録すべきです。

利用は無料なので、合わなかった場合は利用を中止すればOKです。

自信の可能性を狭めないためにも、いますぐ行動を起こしてください。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
優良の求人は早い者勝ちじゃ!

【公式HP】DYM就職

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に少しでも転生を考えている場合は「良いところがあればすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント