自由に休めない会社はあなたの人生を蝕む|華麗に退職/転職する方法

「会社休めないから、全然彼女と予定合わない」

あー、今年も友達と同じ日に会社休めなかったら旅行にいけない

自由に休めないし、有給ももらえないから、何の計画も立てられない

 

会社を自由に休めないことは、かなりの自由を奪われます。

周囲との予定が合わなかったり、自身の予定を立てにくかったり。

会社員として働いている以上、仕方のないことなのでしょうか?

 

きちんと普段の仕事をこなしていれば、好きな時に自由に休める会社、

たくさん」あります。

そして、

休めるのが「普通

です。

 

あなたのいる環境が「異常

だと認識してください。

 

今回は、

  • 会社を休みたい時に休めない理由
  • 自由に休めないことで起きる弊害
  • 自由に休みが取れる会社に行くための方法

について、主にご紹介していきたいと思います。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
お主は知らんかもしれんが、
本来は「自由に休める」のが普通じゃ。

【おすすめ転職エージェント】

下記の転職エージェントは転職賢者が、
本当に自信を持っておすすめできる
厳選の転職エージェントです。

特に転職活動を経験したことがない方は、
下記の3つは必ず登録しておきましょう。

マイナビエージェント
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/

doda
dodaエージェントと併用!満足度No.1
【公式https://doda.jp/

『パソナキャリア』
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/

リクルートの調査より、
転職エージェントを3社以上登録して
転職活動を行っていた方の合格率は、
格段にUPしています!!!
上記サービスはいずれも無料です

参考:リクルートエージェント

正面の賢じぃ
賢じぃ
お主はもっと他のところで評価されるかもしれんの。

おすすめ診断サービス

簡単な質問に回答するだけで、
性格市場価値(年収)
判定できるサービスです。

2019年7月より、
より詳しく性格診断が
できるようになりました。

自己分析の手段として、
転職を考えていない方にも
おすすめです。

ミイダス
5分で年収や性格が丸裸に?
※完全無料
【公式https://miidas.jp/

上記の転職サービスを登録してから読み始めた方が、より退職/転職へのイメージが湧くと思います。

<2019年9月:最新情報>

9月は、
転職活動を開始するには最高のタイミングです。

なぜなら、ボーナスを取得した上でお盆にキャリアについて考える時間ができるので、9月に転職市場が活発になり、求人数が増加するためです。

9月から準備を始めるだけで、他の求職者よりも選考をかなり有利に進めることができます。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職活動を開始しましょう。

  1. この記事を読み、最低3社の転職エージェント(『マイナビエージェント』『doda』『パソナキャリア』等)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談or電話で簡単な相談を行う
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後は、いくつかのテクニックを実践するだけで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、満足できる転職活動が実現できます。

テクニックは記事の最後に記載していますので、ぜひ最後まで読み進めて効率の良い転職活動を実現してください。

前述の通り、満足のいく転職を実現するためには3社以上の転職エージェントの利用が鉄則ですが、どうしても面倒だという方は『マイナビエージェント』だけでも登録をすべきです。

必ず、あなたの力になってくれるでしょう。

※5分ほどで登録が完了します

目次

休暇は会社員に与えられた「権利」|なのに、会社を休みたくても休めない理由

会社を休みたくても休めない理由

体調不良、怪我、法事など、仕事を休む正当な理由があるのに休めないという方は意外にも多いでしょう。

もちろん精神的に辛く、どうしても休みたい時もあるはずです。

本来、有給休暇は労働者の権利であり休みたい時に休むことができるはずです。

むしろ、その状態が正常です。

体調不良のまま会社に行けば、さらに体調を悪化させる恐れもありますし、感染する病気などを周りに移してしまうかもしれません。

法事で休めないというのも、通常であれば考えにくいですね。

仕事を休めない会社には、以下のような理由・雰囲気があります。

  • 会社に休めない雰囲気がある
  • 休みは上司の仕事の都合に合わせなければならない
  • 業務過多で休めない
  • 業務を引き継げる人がいない
  • 休んだ後のことを考えると仕事を休めない
  • 有給休暇を申請しても受理されない

会社に休めない雰囲気がある

社内で有給休暇を取得するという文化がまず無く仕事を休めない雰囲気がある。キャリアのある人や上司が休まないので休みづらい。

上司から「多少の風邪で休む奴は…」といったような小言を聞く。

昇進や査定に響くのでは?という雰囲気がある。

悩んでいるマコト
マコト
僕の会社は、上司が休まないと休めない雰囲気があります。

休みは上司の仕事の都合に合わせなければならない

上司が出勤しているのに休むなんて、言語道断という雰囲気がある。

また、有給を利用しようとすると、何かと嫌味を言われたり、いちゃもんをつけられたりして、有給を申請しづらい。

泣いているエリカ
エリカ
私の会社もマコト君の会社と似ているかもしれないわ。

業務過多で休めない

人員不足等の理由で慢性的な業務過多になっており、毎日長時間労働を強いられているため休むどころではない。

正面の賢じぃ
賢じぃ
会社全体がこのような状況ならば、今の仕事の好き嫌いに関わらず、経営状態を心配した方がいいのう。
業務過多を改善しようとしない組織環境は問題じゃぞ。

業務を引き継げる人がいない

責任のある仕事を任せられていたり、プロジェクトリーダーを任せられており、簡単には休むことができない。

また、スキルやキャリアを鑑みてその業務を引き継げる人物がいない。

泣いているエリカ
エリカ
人数が少ないというのもあるけど、私がやっている仕事を他に社内でできる人がいないの。

休んだ後のことを考えると仕事を休めない

一日手を止めると、それをリカバリーするのに相当な時間を要するため休んだ次の日のことを考えると仕事を休めない。

そのタスクを分配できるような人員もいない。

正面の賢じぃ
賢じぃ
エリカさんの状況と似ておるな。これでは事実、休みがないのと同じじゃ。

有給休暇を申請しても受理されない

上司に有給休暇を申請しても受理されない。

または、「今は忙しいから時期をずらしてほしい」と言われ納得したが、その後も交渉をしてもずっと同じような回答があり、もはや交渉の余地がない。

泣いているマコト
マコト
実は僕にもこの経験があります。会社入ってから休みたい時に休めないことが続いている。

上記の理由に該当する方は、明らかに会社、職場に問題があります。

「みんな自分と同じような経験をしていて辛い思いをしている」と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

休みたい時に休めるのが普通です。

有給休暇は労働者に与えられた権利です。

会社を休めないことが辛いのに、なぜ仕事をするのか

会社を休めないことが辛いのに、なぜ仕事をするのか

仕事の価値を見出し方は人それぞれですが、今働いている場所がベストだと感じている人はどのくらいいるのでしょうか?

終身雇用制度も崩壊しつつある現代で、悩みや不安を持ったまま長く務めるのは得策ではありません。

金銭的な条件の良い会社は他にあるかもしれませんし、自分の個性やスキルをもっと活かせる職場、のびのびと楽しく働ける職場は他にもあるかもしれません。

仕事をする目的を明確にしよう

例えば、仕事もプライベートも充実させたいということであれば、多少給料が下がっても残業が少なく休日が多い会社が良いでしょう。

そのなかで自分が何を求めて、何のために仕事をするのかを、しっかり整理することが必要です。

退職をすることのデメリットを天秤にかけることは必要ですが、現代は

退職≠キャリアに傷がつく

であり、「退職でキャリアに傷がつく時代はとっくに終わりました。

転職組がほとんどを占めている会社もありますし、第二新卒や既卒を積極的に受け入れる会社も多いです。

ダイバーシティ(多様性)という言葉が声高に叫ばれているなか、本来はそれぞれが目指すキャリアプラン・ライフプランが実現しやすい世の中へと進んでいるはずです。

泣いているエリカ
エリカ
そうよね。仕事のために生きているわけじゃないものね。

会社を休めない状況は自分で行動しないと変えられない

会社を休めない状況は自分で行動しないと変えられない

休めない会社で働くメリットは何でしょう?

もちろん、その会社で身につけられない特別なスキルがあったり、給与が良かったりと理由は人それぞれかと思います。

しかし、我慢をすることで、ストレスは溜まる一方ですし、何より貴重な時間が失われていきます。

長い人生、仕事は切っても切れないものです。

自分がより幸せなる道を選択をしましょう。

そして、

自分で行動しなければ、
何も変わりません。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
そうじゃな。特に20代のうちは体力もあって多少の無理がきくからこそ、真剣に考えるべきじゃな。

自分で辞めることを言い出せない時の対処法

そうは言っても、その一歩がなかなか踏み出せないという方は退職代行サービスを利用しましょう。

退職の申し出から手続きまで全て自分に代わって行ってくれるので、上司や同僚と顔を合わせず退職もできますし、退職を申し出た後の気まずい雰囲気も感じることなく退職をすることができます。

また、引き止められてズルズルといった状況も避けることができます。

近年、退職代行サービスのニーズが増加しており、適切なタイミングで利用することはかなり有効な手段の一つとなります。

特に、休めない会社ほど、いちゃもんをつけて退職を拒んでくるケースが多いので、そういう時ほど退職代行サービスがおすすめです。

下記の退職代行サービスは転職賢者が本気でおすすめできる退職代行サービスです。

LINEや電話でなら何回相談しても無料なので、どんなサービスかに気になる方も含めて一度、相談してみてはいかがでしょうか。
※LINEを利用できるのは、下記のEXITです

退職代行サービス 知名度No.1!
▼EXIT【公式】▼
https://www.taishokudaikou.com/
退職代行はココに相談!
▼SARABA【公式】▼
https://taisyokudaikou.com/
◆おすすめ記事◆

»おすすめ退職代行サービスまとめ

仕事を休めない会社に見切りをつけよう

仕事を休めない会社に見切りをつけよう

仕事を休めない状況は、待っていても何も変わりません。

現状を変えるには、自分で会社に見切りをつけるしかありません。

そのための転職を検討するなら、転職エージェントに登録することが鉄則です。

無料で登録・利用できるので、先々を考えて一度相談してみることをおすすめします。

また、転職サイト・転職エージェントどちらもメリットは異なりますが、両方上手く利用するというのも手です。

  1. 転職サイトで企業や業界を研究する
  2. 転職エージェントを利用して自分の判断基準を持って相談する

転職サイトは、企業への応募から面接の日程調整まで全て自分で行わなければなりません。

そのため、働きながら効率的に転職活動を行いたいという方にはデメリットに感じるかもしれません。

その点、転職エージェントは、自分の希望条件に合った求人を紹介してくれるので時間がない中でも、効率的に転職活動をすることが可能です。

双方を上手く利用することで、効率的に、そして後悔しない転職活動ができるはずです。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
初めての転職活動こそ、転職エージェントに頼るべきじゃぞ。

退職する前に最低限の準備をしておこう

仮に退職をしても、最低限やっておくこと・準備しておけばよいことが分かれば、少し心に余裕を持って、転職活動ができるでしょう。

下記は、①退職後すぐに転職する(新しい職場にて働き出す)方と、②すぐには転職(入社)をしない方 がそれぞれ必要な手続きです。

①退職後すぐに転職する方

下記の必要書類を転職先の会社に提出してください。

  1. 雇用保険被保険者証
  2. 年金手帳
  3. 源泉徴収票(提出を求められたタイミングで提出)
  4. 健康保険被扶養者異動届(扶養家族がいる場合のみ)
  5. 健康保険資格喪失証明書

②すぐには転職をしない方

すぐには転職をしない方は、手続きごとに期限が定められています。なるべく早めに手続きを行なってください。

  1. 失業保険の申請→離職票が交付され次第すぐに
  2. 年金の切替→退職後14日以内
  3. 国民年金への加入→退職後14日以内
  4. 健康保険への加入→退職後14日以内(任意継続の場合は20日以内)

会社を休めない状況を脱出するための転職活動

会社を休めない状況を脱出するための転職活動

会社休めない!

この言葉が、あなたの口から二度と出ないようにするための転職活動の方法を紹介します。

そもそも転職活動はビジネスマン全員が行うべき!?

実は「会社休めないこともあるけど、まだ我慢できるかな」と考えている方にも、この機会に転職活動を経験してみることをおすすめします。

もちろん、「転職を一切考えていない方にも」です。

その理由は、

  • 自分の市場価値が把握できる
  • 今後のキャリアが明確になる
  • 業界のトレンドに詳しくなる
  • (転職を検討していなくても、)好条件の求人が見つかればそのまま転職できる

上記のようなメリットがあるためです。

自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。もし、現職よりも好条件の企業が見つかれば、そのまま転職してしまうのもアリですね。

転職エージェントに相談することによって、客観的に自分を見つめ直す機会を作ることができるのが最大のメリットです。

また、『ミイダス』というサービスであれば、選択式の設問に答えるだけで、あなたの概ねの市場価値(年収)や性格・特徴について非常に細かな診断を行うことができます。

ミイダスでは、企業からのスカウトも受け取ることができ、そのまま面談に進むことも可能ですが、市場価値判断の精度については評価が分かれるところです。

しかし、性格や特徴に関する診断の精度は非常に高いので、興味がある方はぜひスマホから診断してみましょう。

笑っているマコト
マコト
条件に合わせたスカウトまで来るんですね!
まず、性格診断やってみます!

転職活動には転職エージェントの利用がおすすめ

転職活動では、転職エージェントを利用することがおすすめです。

求職者は無料で転職エージェントを利用することができ、キャリアの相談に乗ってもらうことができます。

  • 非公開求人の紹介がある
  • 企業や業界に合わせた面接対策ができる
  • 面倒な手続きを代行してもらえる
  • 企業と待遇面の交渉を行ってくれる
  • (場合によっては)現職の退職サポートを行ってくれる

初めての転職が不安な人な人はもちろん、面接に苦手意識がある人や、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありませんね。

転職エージェント活用のポイント

特に、転職活動を初めて行う方にとっては、どの転職エージェントを利用すれば良いかわからないと思います。

今回は、初めて転職エージェントを利用する方にもおすすめな転職エージェントをご紹介します。

初めて転職活動を行う方が、最低限気にすべきポイントは下記の3つです。

  • 求人数が多い
  • 業界や職種の幅が広い
  • 担当の質が安定している

上記のポイントさえ気にしていれば、OKです。

また、転職エージェントは

3社以上を併用」

してください。

3社以上を併用利用することの主なメリットは、主に下記の2点です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

人材業界最大手のリクルートの調査によると、転職決定者の転職エージェント利用社数は平均で4.2社と、通常の求職者と比較してかなり高くなる傾向があるようです。

複数の転職エージェントと面談を重ねることで、転職後も満足のいく職場で働くことができる確率も高まるため、転職エージェントは必ず併用してください。

転職エージェント利用調査

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

泣いているエリカ
エリカ
初めて利用してその場で相性の合う担当と、希望にあった求人に出会えるとは限らないものね。

キャリアアドバイザーも人です。

良い人だと思っても、相性が合わないこともあります。

そういう場合は、メールで担当の変更を申し出る、もしくは変更してもらえない場合は、その転職エージェントの利用を辞めてしまえば良いだけの話です。

転職活動を考え出したら、最低限、以下のポイントを事前に把握して、冒頭でお伝えした通り3社以上の転職エージェントに登録しましょう。

【相談前に最低限必要な自己分析】
  1. 自分の好きなこと・嫌いなこと
  2. 自分の得意なこと・苦手なこと
  3. 今後やってみたい仕事・やりたくない仕事
  4. 将来の理想の生活・キャリア(3年・5年・10年)

以下がおすすめの転職エージェントです。

会社休めない状況とサヨナラできる、おすすめ転職エージェント

まずは下記の3社に登録をして、相談を行ってみましょう。一度相談を行ってみて、エージェントとのやり取りや転職活動全般の要領を掴みましょう。

あらかじめ、志望する業界や職種が決まっている方は、下記のエージェントに相談した後に『ワークポート』のような業界特化型の転職エージェントを利用するのが効率の良い転職活動の方法です。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

初めての転職で、一番最初に登録すべき転職エージェントです。

doda

doda

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

国内ではNo.2の規模であり、求人の案件数やサポート体制が充実しています。

比較的、キャリアアドバイザーの質が安定しており、多角的にサポートしてくれるエージェントです。

こちらも、どの業界・職種を志望する方であっても、登録しておいて損はないエージェントです。

いますぐ気軽に無料相談!

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

案件数では、上記2つのエージェントに劣りますが、サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめです。

試しに話を聞いてみる(無料)

「会社休めない!」と嘆くのは、昨日までで終わりにしよう

繁忙期や特別な仕事で会社を休めないのは、ある程度仕方がないことかもしれません。

しかし、常に会社を休めない状況は、

人生の幸福度を非常に下げる

状況であることをよく理解してください。

仕事もプライベートも全力で楽しめる社会人でいたいですね!

記事の最後に、転職エージェントを「使い倒す」ためのマル秘テクニック記載しています。

キャリアアドバイザーによっては、自身の成果のために無理やり転職をさせようとしてくる方がいるのも事実です。

キャリアアドバイザーに「利用される」のではなく、うまく活用して納得のいく結果を出すには少しだけ知識やテクニックが必要な場合があるので、ぜひ参考にしみてください。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
奴らは転職のプロじゃ。中には甘い言葉や不安を煽る言葉を使って転職させようとする人間がおる。

勇気を出して行動を起こし、人生を変えましょう!

【誰にでもおすすめ!】

『マイナビエージェント』
【公式https://mynavi-agent.jp/

doda
【公式https://doda.jp/

『パソナキャリア』
【公式https://www.pasonacareer.jp/

【第二新卒におすすめ!】

ウズキャリ
【公式】https://kisotsu.daini2.co.jp/

『DYM就職』
【公式】https://www.dshu.jp/

【退職できない場合の救世主!】

『EXIT』
【公式】https://www.taishokudaikou.com/

『SARABA』
【公式】https://taisyokudaikou.com/

関連・参考記事

仕事 人手不足 休めない の関連・参考記事

»人手が足りなくて休めない!人手不足のせいで仕事が多く、毎日がつらい時の対処法

»【どうしても休みめない】仕事が忙しくて休暇が取れない場合にすべきこと

»代わりがいなくて仕事休めない!人手不足でギリギリの職場で働く際の注意点

仕事 休めない 労働基準 の関連・参考記事

»よくわかる労働基準法! バイト先が違反した時の対処法を学ぼう

»バイトを休めない悩みを解決! 代わりを探さなくても大丈夫

»人手不足で休めない会社はさっさと辞めよう

体調不良 休めない 学校 の関連・参考記事

»学校を休みたいけど休めない時はどうするべき?休む言い訳は作れる?

»どうしても学校を休みたい時の対処法と、休む理由の伝え方

»休めない日本 根深い「皆勤」文化の弊害

体調不良 休めない パワハラ の関連・参考記事

»体調不良でも休めない職場の功罪!でもそれっておかしくない?

»体調不良なのに「這ってでも出社しろ」と言われた…こんなのってアリ?

»熱で休めない会社が異常な4つの理由『体調不良で働かせる非効率』

風邪 休めない 異常 の関連・参考記事

»風邪、体調不良でも仕事を休めない理由。あまりに休みが取れない会社は辞めたほうがいい。

»「風邪でも絶対に休めない人へ」の薬のCMがまた流れてきましたが『風邪でも絶対に休めないなんて人はいない』ので早くそれに気づいて欲しい

»38度以上の熱があっても55%の人は会社を休まない!? 「40度でも出勤しろと言われた」という人も

「体調不良 休めない 日本」の関連・参考記事

»どうして日本は”こんなに休みが多い”のか

»日本の休むことへの嫌悪感と「ズル休み」について思うこと

「営業 休めない」の関連・参考記事

»つらい、厳しい、休めない? いやいや、営業って「面白くて」「働きやすい」ですよ! 転職組のぶっちゃけ座談会

»「休めないなら辞めます」イマドキ20代が余暇を優先する理由

「休めないなら辞める」の関連・参考記事

»「休めないなら辞めます」と言う若手は「余暇ファースト志向」なのか。

»休みがない会社はイヤ!仕事の休みが欲しい20代社員は甘えなのか?

「仕事 休めない なぜ」の関連・参考記事

»「休めない職場」の6つの大問題

»会社休みたい!休めない!の葛藤から自由になるには?

「仕事を休めない人」の関連・参考記事

»仕事を休めない人の特徴!忙しくても平気で休む人の考え方の違いとは

»仕事を休めない、ってかなり人生損してる

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。この場合は、人間的な問題になているので須賀、最も問題なのはこれではありません。もし、今日はこれが

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合もあります。

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に少しでも転生を考えている場合は「良いところがあればすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。


仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、業界最大手で転職実績トップクラスの『マイナビエージェント』と『doda』、そしてサポート体制に定評のある『パソナキャリア』です。

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

初めての転職で、一番最初に登録すべき転職エージェントです。

無料で気軽に相談してみる

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

案件数では、上記2つのエージェントに劣りますが、サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめです。

試しに話を聞いてみる(無料)

doda

doda

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

国内ではNo.2の規模であり、求人の案件数やサポート体制が充実しています。

比較的、キャリアアドバイザーの質が安定しており、多角的にサポートしてくれるエージェントです。

こちらも、どの業界・職種を志望する方であっても、登録しておいて損はないエージェントです。

無料相談を始める

関連記事:おすすめ転職エージェントまとめ

広告