仕事ができない人の特徴11個|口癖にも特徴が!?仕事ができる人への進化方法

仕事ができない人にはいくつかの特徴があったりします。

「この人本当に仕事ができないな。。。」

と感じたり、

「自分って仕事ができないかも。。。」

と悩んでいたりする人もいると思います。

当然ですよね。

特に自分が「仕事できない」と感じたら、辛い・辞めたいと思ってしまうのはごく当たり前のことでしょう。

 

今回は、

  • 仕事ができない人の特徴
  • 仕事ができない人の特徴に自分が当てはまった場合の対処法

を中心にご紹介していきます。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
仕事ができないからって、悩む必要はどこにもない。
その理由が転職サービスに登録すればわかるはずじゃ。

【2020年2月:最新情報】

2月に転職活動を開始するのは、
4月に転職を実現するためには最高のタイミングです。

なぜなら、新年度を迎える4月に企業が社内体制を整備するためです。

そのため、採用活動が活発化し、優良の求人が増加するのが2〜3月。

優良求人が増えるタイミングに合わせて準備を開始すれば、満足度の高い転職活動を実現できます。

2月に転職エージェントに登録しておき、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性を高めましょう。

今が、まさに「チャンス」です。

 

おすすめは『DYM就職』です。

知名度・実績共に急上昇中で、CMにはフリーアナウンサーである宇垣美里さんを起用されています。

  • 女性の転職サポートも充実!
  • 18〜35歳までOK!
  • 職歴/学歴不問で、書類選考なし!
  • 採用までのスピードが早い!
    (※最短1日での転職実績あり)
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートでも96%が正社員に転職成功!
  • 東京/大阪/大宮/横浜/船橋/名古屋/神戸/広島/仙台/福岡/札幌 で対応可能!

▼最大手より手厚いサポート!
DYM就職 公式サイト嫌いな上司とお別れする方法コチラ!
※記事の後半まで遷移します 

◆関連記事◆

»「仕事ができない…辛い」と感じているときの対処法【30代、40代でも遅くない】

»「仕事できないからやめたい」と考えているなら、ちょっと危険!?

上記の転職サービスを登録してから読み始めた方が、より退職/転職へのイメージが湧くと思います。

目次

仕事ができない人の特徴とは

仕事ができない人の特徴とは

まず、仕事ができない人には特徴があります。

もちろん、全てが当てはまるわけではないですが、ある程度こういう特徴が当てはまるでしょう。

では、実際に仕事ができない人の特徴とは何なのか?

  1. そもそも結果が出ていない
  2. 無駄な動きが多い
  3. コミュニケーションが下手
  4. 全体像を把握できていない
  5. 行き当たりばったり
  6. ミスが多い
  7. 振り返りや改善などしない
  8. 同じミスを何度も繰り返す
  9. ネガティブな口癖が多い
  10. 言い訳が多い
  11. すぐに他人や外部要因のせいにする

これが、仕事ができない人にありがちな特徴です。

もう少し詳しくみていくと、、、

仕事ができない人の特徴①そもそも結果が出ていない

まず仕事ができる/できないの判断は、結果が出ているか/出ていないか?でされてしまいます。

当たり前ですが、仕事ができない人の特徴は、そもそも結果が出ていないということがあります。

つまり、結果を出すためのスキルがないということです。

なので仕事ができない人の特徴としては、結果が出ていない人ということは同等です。

仕事ができない人の特徴③コミュニケーションが下手

仕事ができない人は、コミュニケーションが下手という特徴があります。

仕事ではコミュニケーションが必要になることが多いです。たとえ個人事業主で働いていたとしてもコミュニケーションを取る必要が出てきます。

なのでコミュニケーションが下手だと、スムーズに仕事が進まず、結局仕事ができない人として判断されてしまいます。

仕事ができない人の特徴④全体像を把握できていない

逆説的ですが仕事ができる人は、全体像を把握して、どこに集中して力を入れるのか?を考えながら、最短距離で成果につなげていきます。

つまり、これができないというのは、仕事ができない人の特徴として、全体像を把握できていないということが考えられます。

仕事ができない人の特徴⑤行き当たりばったり

仕事ができない人は、行き当たりばったりで、いつもその場しのぎをしているという特徴があります。

なので、余裕がなく、いつもアタフタしている人が多いです。

なので、仕事ができない人の特徴としては、行き当たりばったりな人というのがあります。

仕事ができない人の特徴⑥ミスが多い

仕事ができない人は、ミスが多いです。

もちろんミスをしない人などいません。

しかし、仕事ができる人は、しっかりミス防止をしてミスの数を少なくしていく人が多いです。

一方で、仕事ができない人はミス防止などしないので、ミスが多いままだったりします。

なので仕事ができない人はミスが多いという特徴があります。

仕事ができない人の特徴⑦振り返りや改善などしない

仕事ができない人は、振り返りや改善などしない人が多いという特徴があります。

最初から仕事ができる人は、ほとんどいません。

できなかったことや、できたことを一つ一つ振り返り、自分のスキルとして蓄積していくことで、仕事ができるようになっていきます。

仕事ができない人は、この振り返りや改善をしないから、仕事ができないままになってしまいます。

仕事ができない人の特徴⑧同じミスを何度も繰り返す

同じミスを何度も繰り返すのは、何も学んでいないということと同じです。

そして、仕事ができない人は、同じミスを何度も繰り返すという特徴があります。

もちろん同じミスをすることもありますが、”何度も”繰り返すというのは、改善をしていないということです。

なので仕事ができない人は、同じミスを何度も繰り返します。

仕事ができない人の特徴⑨ネガティブな口癖が多い

仕事ができない人は、口癖にも特徴があります。

それはネガティブな口癖が多いということです。

できない理由を探したり、愚痴を言ったり、ネガティブ発言が多いです。

なので仕事ができない人の特徴は、ネガティブな口癖が多いということです。

仕事ができない人の特徴⑩言い訳が多い

仕事ができない人は、とにかく言い訳が多いです。

結果が出ていない現状を埋め合わせるために、言い訳を使う人が多いです。

もちろん言い訳が埋めてくれるわけではないので、結果的に仕事ができない人になってしまいます。

仕事ができない人の特徴⑪すぐに他人や外部要因のせいにする

すぐに他人や外部要因のせいにする人は、仕事ができない人に多いです。

なぜなら他人や外部要因にせいにすることで自分が仕事ができない人であることを隠しているからです。

なのですぐに他人や外部要因のせいにする人は、仕事ができない人の特徴になります。

 

いくつか当てはまるものがある人は、要注意です。

仕事上のミスはまだしも、ネガティブな口癖や言い訳は会社以外の友人・知人に対してマイナスイメージを与えてしまっている可能性があるので注意しましょう。

ただ、そもそも仕事ができないとはどういうことなのでしょうか?

まず、いわゆる「仕事ができない」という状況はどんな状況なのか?を知っていくほうが良いです。

こんな風に「仕事ができない」と指導・対応されている人は注意!?

こんな風に「仕事ができない」と指導・対応されている人は注意!?

仕事ができない人の特徴を知ったうえで、お聞きします。

あなたは周りの社員・上司から以下のように指導・対応されていませんか?

いくら自分を客観的に分析しようとしても完全に客観的な視点を持つことは難しい生き物です。

仮に当てはまっているのであれば、素直に受け止めましょう。

振られるタスク量が同グレードの社員より少ない

入社数年が経ち、通常業務は難なくこなせるようになってきたのにも関わらず、周囲の同僚と比べて自分だけ仕事が簡単、もしくは仕事量が極端に少ないと気には注意が必要です。

仮に、そこまで上司が意図していなかったとしても、無意識に

「アイツよりコイツの方が仕事できるな」

と思われている可能性が高く、相対的に見てあなたは評価されていないことになります。

ミスしても注意されない

特に同じミスを何度も繰り返している人に使われる行為です。

言われるうちが花

とはよく言ったもので、

「言われない=諦められている」

という可能性が高いので、思い当たる方は注意が必要です。

相手の応答に嫌味・感情が含まれている

特に新人・新入社員に当てはまることが多いのですが、先輩や上司から

まだ、終わってないの?」

この前も注意したよね?」

○○君は30分でできたからね」

などと、明らかにイライラ・嫌悪感が伝わるような口調で何かを言われている場合が注意が必要です。

そもそも仕事ができないとはどういうことなのか?

そもそも仕事ができないとはどういうことなのか?

前述の通り、仕事ができない人にはいくつか特徴があります。

ただ、そもそも「仕事ができない」とはどういう状況なのか?

それは、、、

仕事ができないというのは、仕事で求められている結果に対して、実際に得られた結果が不足しているということです。

つまり、多くの場合、仕事ができないっていうのは、仕事で関わる人達に対して、期待されていた結果を満たせていないということです。

例えば、、、

  • スムーズに話を進めたい内容があるのに、理解力がなくて話がスムーズに進まない
  • ミスが許されない仕事で、不注意でミスが発生してしまった

これらは、期待されている結果を満たせていないことになります。

なので、多くの場合、仕事ができないっていうのは、仕事で求められている結果に対して、実際に得られた結果が不足しており、仕事で関わる人達に対して、期待されていた結果を満たせていないということです。

また、仕事ができないと判断する人がいます。

その人達はどういう判断で仕事ができないと判断するのか?

また、そもそもなぜ仕事ができないと判断されてしまうのか?

これには、ちゃんと理解すべきポイントがあります。

なぜ仕事ができない人と判断されてしまうのか?

なぜ仕事ができないと判断されてしまうのか?

そもそも仕事ができないと判断する人と判断される人がいます。

前述では、仕事ができないと判断される人の特徴や、そもそも仕事ができないとはどんな状況なのか?について紹介しました。

では、仕事ができないと判断されてしまうのは、何故なのか?について深掘って行きたいと思います。

そのためには、判断する人側の心理を理解する必要があります。

仕事ができない状態の話を振り返ると、仕事で関わる人達に対して、期待されていた結果を満たせていない状態が、仕事ができない状態でした。

つまり、仕事ができないと判断する人とは、結果を求めてくる人のことです。

わかりやすい例は、お客様や上司などです。

お客様や上司などが求めている要求を満たせない状態だと、仕事ができないと判断されてしまいます。

なので、仕事できないと判断されてしまうのは、要求を満たす能力がないということです。

もしくは、要求の内容をしっかり擦り合わせができていなく、結果的に出したアウトプットが要求からズレてしまうという状況になると仕事ができないと判断されてしまいます。

誰も仕事ができないと判断されたくないという思いはあると思います。

では、仕事ができない人の特徴に当てはまっている人は、この先ずっと嫌な思いをしなくては行けないのか?

それは違います。

仕事ができない人の特徴に当てはまっていても問題無い場合もあります。

仕事ができない人の特徴に当てはまっていても問題ない理由

仕事ができない人の特徴に当てはまっていても問題ない理由

仕事ができない人の特徴に自分がいくつか当てはまってしまったと不安になっている人もいるかもしれません。

ただ、大丈夫な可能性は全然あります。

なぜなら、仕事ができないと判断される理由がわかっていれば、改善できるからです。

例えば、コミュニケーションが苦手なら、どうやってコミュニケーションをうまくしていけば良いのか?を考えて、対策を考えて、実行すれば、改善できます。

このように仕事ができないと判断される理由がわかっていれば、改善できます。

また、仕事ができないと判断する人を変えるという方法もあります。

どういうことかというと、現状関わっている人たちとは違う環境で働くことによって、仕事ができないと判断する人が変わってきます。

仕事ができないと判断する人が変われば、評価軸は人それぞれだったり、会社それぞれだったりするので、仕事ができないと判断されない可能性があります。

なので、仕事ができない人の特徴に当てはまっていても問題無い場合もまります。

そして、仕事ができないと悩んでいる人がやってみると良いことがあります。

仕事ができないと悩んでいる人がやってみると良いこと

仕事ができない状態に辛い・情けないと感じたら

早速、仕事ができないと悩んでいる人がやってみると良いことを紹介します。

仕事ができないと言われないためには、大きく2つ方法があると紹介しました。

  1. 仕事ができないと判断される理由をもとに改善する
  2. 関わる人と環境を変える

もちろんどちらもやったほうが良いです。

実際に関わる人と環境を新たに変えていくという方法をもっと具体的に言うと、、、

仕事ができないなら転職しよう

前述の通り、評価軸は人それぞれだったり、会社それぞれだったりします。

今のあなたが同じ行動をしても怒られる会社と怒られない会社があるのです。

転職すれば、仕事ができないと判断されない可能性があります。

いきなり転職と言われても、

「僕は大卒でもないし、、、」

「私は学歴もないし、まだ勤めて半年よ」

という方でも例えば、キャリアアップ が実現できます。

◆おすすめサービス◆

»第二新卒・既卒・フリーターでも最短1週間週間で転職可能な『DYM就職』

»初めての転職・正社員未経験でも安定の転職決定率『ハタラクティブ』

実は転職活動はビジネスマン全員に有効

実は「会社休めないこともあるけど、まだ我慢できるかな」と考えている方にも、この機会に転職活動を経験してみることをおすすめします。

もちろん、「転職を一切考えていない方にも」です。

その理由は、

  • 自分の市場価値が把握できる
  • 今後のキャリアが明確になる
  • 業界のトレンドに詳しくなる
  • (転職を検討していなくても、)好条件の求人が見つかればそのまま転職できる

上記のようなメリットがあるためです。

自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。もし、現職よりも好条件の企業が見つかれば、そのまま転職してしまうのもアリですね。

転職エージェントに相談することによって、客観的に自分を見つめ直す機会を作ることができるのが最大のメリットです。

転職をして全く新しい環境で働くことで、評価が変わるかもしれません。

また、環境を新しくすることで、改善すべきことに対して、気持ちの切り替えがしやすくなるといった効果が出てくる可能性もあります。

なので、仕事ができないと悩んでいる人は、一度転職活動をしてみることをおすすめします。

最終的に転職をしない場合でも、転職活動を行うことは自分のことを客観的に見つめ直す良い機会になるでしょう。

また、『ミイダス』というサービスであれば、選択式の設問に答えるだけで、あなたの概ねの市場価値(年収)や性格・特徴について非常に細かな診断を行うことができます。

ミイダスでは、企業からのスカウトも受け取ることができ、そのまま面談に進むことも可能ですが、市場価値判断の精度については評価が分かれるところです。

しかし、性格や特徴に関する診断の精度は非常に高いので、興味がある方はぜひスマホから診断してみましょう。

転職エージェントの利用は必須

特に、転職エージェントの利用は必須です。

求職者は無料で転職エージェントを利用することができ、キャリアの相談に乗ってもらうことができます。

  • 非公開求人の紹介がある
  • 企業や業界に合わせた面接対策ができる
  • 面倒な手続きを代行してもらえる
  • 企業と待遇面の交渉を行ってくれる
  • (場合によっては)現職の退職サポートを行ってくれる

初めての転職が不安な人な人はもちろん、面接に苦手意識がある人や、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありませんね。

そして、転職活動を成功させている大体の転職者の人たちは、転職エージェントや転職サイトを3つずつくらい登録し、自分に合いそうなサービス1つに絞っていくという使い方をしています。

なので、まず複数のサービスに登録するところから始めてみてください。

◆関連記事◆

»「仕事ができない」人の特徴とは?出来る人になる7つの改善策を紹介

転職エージェントと転職サイトは併用しよう

転職活動をするなら、おすすめは転職エージェントと転職サイトを活用することです。

なぜなら、、、

  • 転職エージェントや転職サイトは無料で使える優良情報源
  • 複数転職エージェントの活用により、キャリアアドバイザーの客観的な視点をもとに考えが洗練される
  • 転職サイトを活用して、スキルや条件を入力しておけば、ある程度の市場価値が測れる

などのメリットがあります。

なので、転職するなら必ず転職サイトと転職エージェントの併用をしてください。

前述の通り、転職活動をするなら、それぞれ最低3つくらいの転職エージェントと転職サイトに登録することがおすすめです。

人材業界最大手のリクルートの調査によると、転職決定者の転職エージェント利用社数は平均で4.2社と、通常の求職者と比較してかなり高くなる傾向があるようです。

複数の転職エージェントと面談を重ねることで、転職後も満足のいく職場で働くことができる確率も高まるため、転職エージェントは必ず併用してください。

転職エージェント利用調査

参考:リクナビNEXT「転職エージェント活用のポイント

転職決定者の「平均」なので、その点では3社では不十分かもしれません。

最初は様々な求人を調べることを念頭に置き、可能な限り多くの転職エージェントに登録しましょう。

ただし、多数登録すると、管理がしきれなくなることもあるので、出来るだけ多く登録した後に精査をしていくことをおすすめします。

大切なので何度も言いますが、コツは実際に複数を使ってみて、合いそうなサービスに絞るということです。

転職エージェントに相談する前に把握しておくべきこと

転職活動を考え出したら、最低限、以下のポイントを事前に把握して、冒頭でお伝えした通り3社以上の転職エージェントに登録しましょう。

【相談前に最低限必要な自己分析】
  1. 自分の好きなこと・嫌いなこと
  2. 自分の得意なこと・苦手なこと
  3. 今後やってみたい仕事・やりたくない仕事
  4. 将来の理想の生活・キャリア(3年・5年・10年)

以下では、転職を考える人であれば、どんな人にもおすすめな転職エージェントを紹介します。

仕事ができないと悩む人におすすめ転職エージェント

『頑張っているのに仕事ができない』

と悩む人におすすめの転職エージェントをご紹介します。エージェントは3社以上を利用して、人生を好転させましょう。

Point

業界最大手の『リクルートエージェント』も決して悪くはありませんが、
登録者が多いために対応を後回しにされる
優秀なアドバイザーに言いくるめられる
可能性があります。

また、転職エージェントは完全無料で利用可能ですが、エージェント側はあなたが転職することで、企業側から報酬(提示年収の約30%)を受け取れるので、言葉巧みに転職へ誘導してくる場合もあります。

そのため、登録後にアドバイザーと相性が合わないと感じたら、すぐに担当を変更してもらいましょう。
※よくあることなので、気にしなくてOKです

 

以上を踏まえて、
ニートになりたいと思っている人
すでにニートの人
は、下記の転職エージェントがおすすめです。
■『DYM就職』※最もオススメ!
・書類選考なし!ニートは絶対ココ!

【公式】https://www.dshu.jp/
■『パソナキャリア
・手厚いサポートを受けたい方向き
【公式https://www.pasonacareer.jp/
■『マイナビエージェント
・30代の方、中小企業を検討したい方向き
【公式https://mynavi-agent.jp/
※複数登録してはいけないルールは一切ありません
また、下記のページでは、タイプ別におすすめの転職エージェントをまとめています。

最後に|仕事ができない状況は簡単に変えられる!

仕事ができない状況は、思っているよりも簡単に、あなた自身の手で変えることができるかもしれません。

上記で解説した「転職」という手法は、あくまで一つの手ですが、非常に有効な手段です。「仕事ができない」レッテルを自分の手で剥がしましょう!

下記に、転職エージェントを「使い倒す」ためのテクニックも記載しています。

勇気を出して行動を起こし、人生を変えましょう!

■『DYM就職』※最もオススメ!
・書類選考なし!ニートは絶対ココ!

【公式】https://www.dshu.jp/
■『パソナキャリア
・手厚いサポートを受けたい方向き
【公式https://www.pasonacareer.jp/
■『マイナビエージェント
・30代の方、中小企業を検討したい方向き
【公式https://mynavi-agent.jp/
※複数登録してはいけないルールは一切ありません
また、下記のページでは、タイプ別におすすめの転職エージェントをまとめています。

関連・参考記事

「仕事 できない 特徴」「仕事ができない人 特徴」の関連・参考記事

»仕事ができない人の特徴10個|仕事ができるようになる改善方法とは

»仕事ができない人の特徴とは?出来る人になる7つの改善策を紹介

»いるいる!職場にいる「仕事できない人」にありがちな8つの特徴

»仕事できない人の特徴17選!「仕事ができない」と長年悩んでいた私が伝える5つの改善法方法

»仕事できない人の特徴と心理は?正しい接し方と対応方法とは?

»仕事ができない人の特徴!仕事ができる人とできない人の決定的違い

»仕事ができない人に共通する16コの特徴と実践すべき改善方法とは

»仕事ができない人の13個の特徴 つらい!辞めたい人のための改善策 

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは

「転職時期はいつ頃をお考えですか?」

と聞かれるはずです。

この時に少しでも転職を考えている場合は

「良いところがあればすぐに転職したい」

と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント