【社畜あるある】少しでも当てはまっていたらマズいかも!?

「うわー、あいつまじで社畜だよな」

「え?お前も、、、」

この記事を読み終わった後、あなたは自分自身が社畜だったことに気づくかもしれません。

 

この記事では、

  • 社畜とは?
  • 社畜あるある
  • 社畜の特徴に当てはまった人が取るべき行動
  • おまけ

について解説していきます。

社畜であること・社畜にさせられていることは大きな罪です。

どうか、この記事を読み終えた時、

「私は大丈夫だった」

と思ってくれることを願っています。

もし、自身が社畜だと感じた場合は、働き方や環境を改めないと心身に異常をきたす場合があります。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
社畜あるあるに当てはまっていたら、
要注意じゃぞ。人生先は長い。
早めに転職を検討した方が良いぞ。

【2019年10月:最新情報】

10月は、
転職活動を開始するには最高のタイミングです。

なぜなら、年末にボーナスを取得した上で転職をする方が増えるので、10月に転職市場が活発になり、求人数が増加するためです。

10月から準備を始めるだけで、他の求職者よりも選考をかなり有利に進めることができます。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職活動を開始しましょう。

  1. この記事を読み、最低3社の転職エージェント(『マイナビエージェント』『doda』『パソナキャリア』等)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談or電話で簡単な相談を行う
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後は、いくつかのテクニックを実践するだけで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、満足できる転職活動が実現できます。

テクニックは記事の最後に記載していますので、ぜひ最後まで読み進めて効率の良い転職活動を実現してください。

満足のいく転職を実現するためには3社以上の転職エージェントの利用が鉄則です.

どうしても面倒だという方は『マイナビエージェント』だけでも登録をすべきです。

必ず、あなたの力になってくれるでしょう。

登録は5分程度で終了します。

目次

気づかないうちに社畜の仲間入りしてない?

気づかないうちに社畜の仲間入りしてない?

世の中の風潮として、働き方改革が進んでいるように感じる方も多いかと思いますが、実態は一部の企業のみ。

現実には、まだまだブラック企業や社畜が多いようです。

そもそも社畜って、どういった状態の人を指すのでしょうか?

一般的に、社畜とは「自分の意志に関係なく、ただ会社の言いなりになって働いている会社員」を指す言葉です。

「自発的に行動して仕事が増やし、残業が多くなっている」などの前向きな場合を覗き、言われるがまま働いている会社員のことですね。

特に日本人は、世界でも稀に見る社畜民族と言われています。

日本は世界でも類を見ないほどの社畜大国

残念な職場 53の研究が明かすヤバい真実 (PHP新書) 』の著者であり、働き方に関する研究をしている河合薫氏は睡眠について、下記のように記している。

日本人の睡眠時間は、世界最短という調査結果が出た。米ミシガン大学の調査でわかった国別の平均睡眠時間の比較では、日本人の平均睡眠時間は7時間24分。欧米は軒並み8時間前後を記録しているのに対し、7時間半以下を記録したのは、日本とシンガポールだけだった。

 さらにその内訳をひもとくと、最も眠っていないのは働き盛りの中年男性だった。日本の中年男性は諸外国と比較して、圧倒的に睡眠不足であり、その睡眠不足を補うように「居眠り」をするのだ。

引用:河合薫
残念な職場 53の研究が明かすヤバい真実 (PHP新書)
参考:ダイヤモンドオンライン
日本人の社畜ぶりが話題に!外国人が驚愕する「居眠り」「接待飲み」

社畜になっている人の特徴として、「家族と過ごす時間が極端に短い」「よく居眠りをする」などが挙げられますが、

ここで『ギクッ!!!』としてしまった方、以下で具体的な例をご紹介していきます。

社畜を抜け出したくても抜け出せない方は、下記の退職代行サービスを利用するのも一つの手です。

退職代行サービス 知名度No.1
▼EXIT【公式】▼
https://www.taishokudaikou.com/

退職代行はココに相談!
▼SARABA【公式】▼
https://taisyokudaikou.com/

社畜あるある10選

社畜あるある10選

以下の条件に当てはまる方は、立派な社畜です。

心と身体を異常を示す前に対処することを強くおすすめします。

1.毎日の残業は当たり前

社畜にとって、残業は当たり前。

定時なんて言葉は存在しません。

もし、社畜に定時があるとしたら、22時以降の深夜帯ではないでしょうか?

普通だったら、帰宅して家族と団欒を過ごしている頃も仕事なのです。

アフターファイブや華金の予定に誘われたとしても、自らの意志に関係なく断らざるを得ません。

それが、社畜の日常なのです。

どんなに辛かろうが、どんなに眠かろうが、社畜の首輪は会社につなぎとめられています。

2.残業を人に強要する

社畜は残業が当たり前です。

当たり前のことを他人に強要してしまうのです。

定時が迫りながらも急ぎの仕事を与えたり、何かしらの用事を言いつけるのです。

そもそも、残業前提でスケジュールを立てているため、定時で帰ろうとする人がいた場合には、理不尽な暴言が浴びせられるでしょう。

3.長時間働く自分に酔っている

長時間仕事をする「仕事人間」の自分に酔っているのも社畜の特徴。

エネルギッシュに仕事をバリバリ頑張る自分の姿が大好きなのです。

仕事が忙しくて、どれだけやっても終わらなくて大変な自分に陶酔しているのです。

プライベートが無くても、睡眠不足でも、辛くても自分に酔っているからこそ突き進めてしまいます。

「しんどくても仕事頑張る自分」のシチュエーションは社畜からすると持ってこいです。

4.仕事以外にすることがない

「仕事から帰っても暇でしょ?

「仕事以外することないの?」

この質問を世の社蓄に投げかけてみたとします。

大半の社畜は図星でしょう。

返す言葉も無く顔を真っ赤にして佇むのではないでしょうか。

仕事以外の予定は真っ白な社畜は、それを認めないために仕事に没頭しているのです。

5.残業時間を自慢する

残業時間を自慢するのも社畜の特徴です。

わざわざ残業時間を数えて、覚えているのです。

ブラック企業の社員同士では、群れて残業時間の自慢大会が開催されることも少なくありません。

本当に仕事が出来る人は時間内で効率よく仕事を終わらせるからこそ残業は少ないのに、社畜は何かを勘違いしているのです。

6.台風や地震が来ても平気で出社する

交通機関が麻痺してしまい、そもそも出社できる状況ではないことも年に数回はあるでしょう。

場合によっては命の危険もあるので、以前に比べると会社が自宅待機を命じる場合も増えてきました。

しかし、社畜にとって天災なんて関係無いのです。

何としてでも会社へ到着して仕事をすることしか考えていないのです。

「行くか」か「行かない(行けない)」かではなく、「どうやって行くか」の選択肢しか持ち合わせていません。ある意味素晴らしい気合いかとは思いますが、、、

アモニモマケズ カゼニモマケズ

社畜は会社へ向かい、尽くすのです。

7.何よりもお金が大事

社畜はお金が大事です。

基本的に会社にいるので、お金を使う時間がありません。

着々と貯まりゆくお金が、社畜のモチベーションとなるのです。

雀の涙ほどの残業代でも絶対に欲しいのです。

8.働きすぎて正常な判断が出来ない

有給もなければ、残業ばかり、休日出勤も当たり前。

普通に考えたら働き過ぎだと思うでしょう。

労働者の権利として、法的な意味で色々と考えることがあってもおかしくない状況でも、働きすぎて正常な判断が出来ない社畜は前を見て仕事をすることしかできないのです。

その姿は社畜脳をインプットしたロボットです。

9.自分を社畜だと思っていない

社畜は自分自身が社畜になっている自覚がありません。

社畜という言葉を知っていても自分に当てはまるなんて思いもよらない可能性が極めて高いです。

10.会社中心の人生

朝起きてから、夜寝るまで仕事一色です。

先週1週間の生活を聞かれても、仕事以外に何をしたかほとんど頭に浮かばないでしょう。

現代の若者はプライベートを優先するとは言いつつも、社畜からするとプライベートなんて不要なのです。

社畜あるある に当てはまっていた人は早めの退職/転職を検討すべき

社畜あるある に当てはまっていた人は早めの退職/転職を検討すべき

上記で紹介してきた社畜あるあるに当てはまった方、早急に退職/転職を検討しましょう。

「いや、こんなの普通だろ」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

そう思った方は完全に社畜になってしまっているでしょう。

あなたの感覚は正常?

社畜になると、周囲からすると異常な状態でも、本人はいたって普通かのように思い込んでいる場合が大半です。

繰り返しになりますが、もし上記の社畜あるあるに当てはまっていた方は、ぜひこの機会に退職/転職を視野に入れてください。

仕事は一生のうちの大半を占める、重要なライフワークです。

社畜になって、体調を崩したり、精神的に病んでしまっては何のための仕事かわかりませんよ。

◆おすすめ記事◆

»おすすめ転職エージェントまとめ

»おすすめ転職サイトまとめ

»おすすめ退職代行サービスまとめ

社畜から抜け出すための退職の準備

社畜から抜け出すための退職の準備

社畜の方はすぐに現状を抜け出しましょう。

もちろん、転職先が見つかった上で退職することがベストですが、社畜では転職活動に十分な時間を割くことができません。

退職をしても、最低限やっておくこと・準備しておけばよいことが分かれば、辞めた後にすぐ転職活動に集中することができます。

下記は、①退職後すぐに転職する(新しい職場にて働き出す)方と、②すぐには転職(入社)をしない方 がそれぞれ必要な手続きです。

①退職後すぐに転職する方

下記の必要書類を転職先の会社に提出してください。

  1. 雇用保険被保険者証
  2. 年金手帳
  3. 源泉徴収票(提出を求められたタイミングで提出)
  4. 健康保険被扶養者異動届(扶養家族がいる場合のみ)
  5. 健康保険資格喪失証明書

②すぐには転職をしない方

すぐには転職をしない方は、手続きごとに期限が定められています。なるべく早めに手続きを行なってください。

  1. 失業保険の申請→離職票が交付され次第すぐに
  2. 年金の切替→退職後14日以内
  3. 国民年金への加入→退職後14日以内
  4. 健康保険への加入→退職後14日以内(任意継続の場合は20日以内)

とはいえ、社畜の方は「辞めた後」のことよりも、いますぐ「辞める方法」について考えることが優先です。

社畜脱出のためのおすすめ退職代行サービス2選

社畜の状況だと、「上司に退職を申し出ることができない」「どうせ辞めると言っても引き止められる」方が多いかと思います。

先ほども少し紹介しましたが、上記のような状態の場合、退職代行サービスの利用をおすすめします。

退職代行サービスを利用することには、主に下記のようなメリットがあります。

  1. ブラック企業でもほぼ100%退職できる
  2. 上司に一切顔を合わせずに辞められる
    ※自ら申し出る必要なし
  3. 即日退職できる
  4. 会社から訴えられたり、損害賠償請求される心配がない
  5. 弁護士に依頼するより格安料金で退職できる

特に、現在の会社に仲が良い先輩や同僚がいない方にとっては、間違いなくおすすめのサービスです。

一般的に3~5万円ほどの料金がかかってきますが、たった数万円で辛い状況から抜け出せることが確証されるのであれば決して高い金額ではないでしょう。

下記は転職賢者が本気でおすすめする退職代行サービスです。

ここ最近、退職代行サービスを利用することも一般的になってきましたが、世間的にはまだまだ知名度の低いサービスではあります。下記で紹介するサービスはどちらも、電話やLINEにて気軽に無料相談が可能なので、気になる方はまず今の状況を相談してみましょう。

SARABA

SARABA

SARABAは転職賢者が最もおすすめする退職代行サービスです。

28,000円という業界でも最安値水準ながら、退職成功率はほぼ100%という実績があります。

よほどのことがない限り、辞めたい旨を伝えれば即日退職が可能です。

有休消化の交渉や100%返金保証など、サポート体制も充実しています。

何回相談しても、24時間いつ相談しても無料なので、気軽に相談可能です。

どんなサービスか調べてみる

EXIT

EXIT

EXIT』は、メディアに何度も取り上げられている非常に知名度が高いサービスです。

LINEで「会社を辞めたい」「もう二度と上司と顔を合わせたくない」など、要望を全て伝えれば、会社への連絡は EXIT が代行してくれます。

相談は全て無料ですし、実際に依頼する場合は、退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOKです。基本的に退職に関わる一切の行為を代行してくれます。

さらに、EXITは転職エージェント『ワークポート』と提携をしているため、EXIT経由でワークポートに登録し、転職が成功すると、退職代行費用が無料になります。

LINEで無料相談する

社畜を脱出するための転職活動法

社畜を脱出するための転職活動法

社畜を一生続けるつもりの方は、ここから先を読んでいただく必要はありません。

ちなみに、転職活動は「転職」以外にも利用できるケースがあります。

転職活動は自分を客観的に見直すことにも繋がる

また、「一生社畜でいいや」と考えている方にも、この機会に転職活動を経験してみることをおすすめします。

もちろん、「転職を考えていない方にも」です。

その理由は、

  • 自分の市場価値が把握できる
  • 今後のキャリアが明確になる
  • 業界のトレンドに詳しくなる
  • (転職を検討していなくても、)好条件の求人が見つかればそのまま転職できる

上記のようなメリットがあるためです。

自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。もし、現職よりも好条件の企業が見つかれば、そのまま転職してしまうのもアリですね。

転職エージェントに相談することによって、客観的に自分を見つめ直す機会を作ることができるのが最大のメリットです。

また、『ミイダス』というサービスであれば、選択式の設問に答えるだけで、あなたの概ねの市場価値(年収)や性格・特徴について非常に細かな診断を行うことができます。

ミイダスでは、企業からのスカウトも受け取ることができ、そのまま面談に進むことも可能ですが、市場価値判断の精度については評価が分かれるところです。

しかし、性格や特徴に関する診断の精度は非常に高いので、興味がある方はぜひスマホから診断してみましょう。

転職活動には転職エージェントの利用がおすすめ

転職活動では、転職エージェントを利用することがおすすめです。

求職者は無料でキャリアの相談に乗ってもらうことができます。特に、社畜の実感がない方は、客観的にあなたが社畜かどうかを判断できる良い機会となります。

  • 非公開求人の紹介がある
  • 企業や業界に合わせた面接対策ができる
  • 面倒な手続きを代行してもらえる
  • 企業と待遇面の交渉を行ってくれる
  • (場合によっては)現職の退職サポートを行ってくれる

初めての転職が不安な人な人はもちろん、面接に苦手意識がある人や、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありませんね。

転職エージェントを選択する時のポイント

特に、転職活動を初めて行う方にとっては、どの転職エージェントを利用すれば良いかわからないと思います。

今回は、初めて転職エージェントを利用する方にもおすすめな転職エージェントをご紹介します。

初めて転職活動を行う方が、最低限気にすべきポイントは下記の3つです。

  • 求人数が多い
  • 業界や職種の幅が広い
  • 担当の質が安定している

上記のポイントさえ気にしていれば、OKです。

また、転職エージェントは

「最低3社以上を併用」

してください。

3社以上を併用利用することの主なメリットは、主に下記の2点です。実際に以下に引用したリクルートによる調査でも、転職成功者の利用エージェント数が4.2社と高い傾向が出ています。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

人材業界最大手のリクルートの調査によると、転職決定者の転職エージェント利用社数は平均で4.2社と、通常の求職者と比較してかなり高くなる傾向があるようです。

複数の転職エージェントと面談を重ねることで、転職後も満足のいく職場で働くことができる確率も高まるため、転職エージェントは必ず併用してください。

転職エージェント利用調査

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

転職エージェントに相談する前に最低限把握しておくこと

最低限、以下のポイントを事前に把握しておけば、キャリアアドバイザーの方とスムーズなやり取りを行うことができます。

【相談前に最低限必要な自己分析】
  1. 自分の好きなこと・嫌いなこと
  2. 自分の得意なこと・苦手なこと
  3. 今後やってみたい仕事・やりたくない仕事
  4. 将来の理想の生活・キャリア(3年・5年・10年)

そして、冒頭でもお伝えした通り、転職エージェントには必ず3社以上相談してください。

多くのエージェントとやりとりするのは面倒だ」という方は、相性の合うエージェントが見つかり次第、一つ、もしくは二つのサービスに絞りましょう。

【社畜卒業】おすすめ転職エージェント3選

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

初めての転職で、一番最初に登録すべき転職エージェントです。

doda

doda

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

国内ではNo.2の規模であり、求人の案件数やサポート体制が充実しています。

比較的、キャリアアドバイザーの質が安定しており、多角的にサポートしてくれるエージェントです。

こちらも、どの業界・職種を志望する方であっても、登録しておいて損はないエージェントです。

いますぐ気軽に無料相談

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

案件数では、上記2つのエージェントに劣りますが、サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめです。

試しに話を聞いてみる(無料)

おまけ|やっぱり社畜にはなりたくない

上記で紹介したおすすめの転職・退職代行サービスをおさらいします。

転職活動の大定番!
マイナビエージェント
▼【公式】▼
https://mynavi-agent.jp/
サポート充実度No.1!
パソナキャリア
【公式】▼
https://www.pasonacareer.jp/
キャリアアドバイザーの質◎
doda
【公式】▼
https://doda.jp/

退職代行サービス 知名度no1!
▼EXIT【公式】▼
https://www.taishokudaikou.com/
退職代行はココに相談!
▼SARABA【公式】▼
https://taisyokudaikou.com/

下記では、社畜に関して話題になった動画や音源を紹介しています。

社畜ミュージアム

独立行政法人 中小企業基盤整備機構(略称:中小機構)がこんな面白い動画を発表しています。

動画上はなんだかポップな印象を受けますが、実際に社畜にはなりたくありませんね。

「社畜ミュージアム」は、長時間労働、サービス残業など劣悪な労働環境により、不健全になってしまった会社によくいる社員たち(社畜)の様子を、油彩や彫刻などのアート作品で表現。

それらを架空の美術館に複数展示し、映像の中で紹介しています。

深夜にクライアントからの電話が鳴り止まず絶叫する社員や、上司から「進捗どう?」と毎日詰められ爆発寸前の社員など、「社畜あるある」をネーミングやキャッチコピーと共に、テンポよく表現しています。

引用:面白法人カヤック-中小機構「社畜ミュージアム」

夜中出社集団

さらには、こんなアーティストまでいるそうです。

共感したら、あなたも社畜です。

一度社畜になると、周囲の環境も相まってなかなかその状況から抜け出すことができません。

社畜になってしまったという自覚がある方も、社畜になりかけているという認識がある方も、この機会に一歩踏み出しましょう。

本来、仕事は「やらされる」ものではありませんよ。

下記では、転職エージェントを使い倒すためのマル秘テクニックをご紹介しています。

社畜あるあるを見て、背筋がぞっとした方はすぐに行動しましょう。

関連・参考記事

「2ch 社畜 あるある」の関連・参考記事

»【社畜あるある】自分だけじゃないんだ!!ツイートまとめてみた

»【社畜あるある】当てはまったら注意した方が良い社畜の特徴【洗脳】

「社畜 名言 2ch」の関連・参考記事

»会社大好き!すばらしき「社畜あるある」の世界

»【名言】ブラック企業でお前らの上司が発した名言を書くスレwww

「社畜 おもしろ ツイート」の関連・参考記事

»社畜のための社畜ネタまとめ【随時更新】

»これは引く…Twitterで見かけた笑うに笑えない『社畜の叫び』

「社畜が放った謎の名言」の関連・参考記事

»共感したら社畜決定!社畜として優秀な者たちが残した名言18選を解説!

»ザ・社畜。サラリーマンになって言われたストレスいっぱいの名言集まとめ。転職するなら転職エージェントが絶対おすすめ!

「社畜 まとめ」の関連・参考記事

»世の社畜たちの心に突き刺さるツイートまとめ

»【もはや洗脳】恐ろしすぎるブラック企業の社畜エピソードまとめ

「社畜 エピソード」の関連・参考記事

»社畜あるある30選!どの面白エピソードもリアルでヤバい件

»【社畜検定1級】Twitter民の社畜エピソードがいたたまれない10選【働きすぎ】

「社畜 が グッとくる 名言集」の関連・参考記事

»社畜がグッとくる名言集

»社畜に送る名言集10選!

「社畜生活」の関連・参考記事

»社畜あるある。夢の社会人生活はこんなはずじゃなかった。

»社畜な人の特徴

「社畜とは 簡単に」の関連・参考記事

»「社畜」とは?意味や使い方を解説!

»「社畜」の本当の意味とは?社畜にならないための行動パターン

「社畜 チェック」の関連・参考記事

»社畜度診断

»気づかぬうちに、社畜まっしぐら!?社畜度チェック

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に少しでも転生を考えている場合は「良いところがあればすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント