【宣言】会社を辞める決断は、あなたが思っているよりも難しくない。

「会社を辞めたいものの、いざとなると辞める決断ができない」

「辞める意志がなかなか固まらない」

転職や退職を目の前にすると、なかなか会社を辞める決断をできない人が多いかと思います。

 

今回は、あなたの「辞める決断」が正しい決断なのかを判断してもらうための記事となります。

この記事を読み終えたタイミングで、あなたの決断が正しいと感じたら、即行動して新しい世界へと飛び出しましょう。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
会社を辞める決断はそんなに難しいもんじゃない。
転職活動を始めてみると、途端に見えるものがあるかもしれん。
転職エージェントや転職サイトは、「転職をするつもりがなくとも利用できる
ありがたいサービスであることを覚えておくのじゃ。

<2019年11月:最新情報>

11月は、
転職活動を開始するには最高のタイミングです。

なぜなら、年末にボーナスを取得してから転職を考える方が多いので、11月に転職市場が活発になり、求人数が増加するためです。

11月から準備を始めるだけで、他の求職者よりも選考をかなり有利に進めることができます。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職活動を開始しましょう。

  1. この記事を読み、最低3社の転職エージェント(『マイナビエージェント』『doda』『パソナキャリア』等)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談or電話で簡単な相談を行う
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後は、いくつかのテクニックを実践するだけで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、満足できる転職活動が実現できます。

テクニックは記事の最後に記載していますので、ぜひ最後まで読み進めて効率の良い転職活動を実現してください。

満足のいく転職を実現するためには3社以上の転職エージェントの利用が鉄則です。

どうしても面倒だという方は『マイナビエージェント』だけでも登録をすべきです。

必ず、あなたの力になってくれるでしょう。

目次

会社を辞める決断をするにはベストなタイミングがある?

会社を辞める決断をするにはベストなタイミングがある?

会社を辞める決断をして、勇気を持って辞めるのであれば、できれば転職しやすい時期に辞めたいと思いますよね?

結論からお伝えすると、

ベストなタイミングは人それぞれ

です。

2018年5月の調査によれば、有効求人倍率は1.60倍と、なんと44年4カ月ぶりの高水準でした。数字だけを見れば、働きたい人は漏れなく働くことができる売り手市場です。

正面の賢じぃ
賢じぃ
どの業界・企業でも人手不足感が蔓延しており、転職をしやすい状況と言えるの!

しかし、だからといって今現在がベストなタイミングなのか?と言われれば一概にそうとも言い切れないでしょう。

あなたのキャリアプランやライフプラン、現在のあなたを取り巻く状況から判断していくべきです。

思い立ったらすぐに行動することは良いことかもしれませんが、無理やり転職をして新しい会社とのミスマッチが起きる可能性が高くなってしまいます。

すぐに会社を辞めるのではなく、一度転職活動を経験して、自身の市場価値や転職市場について理解を深めることも重要です。

ここからは、あなたの会社を辞める・あるいは転職するという決断そのものについて深く考えていきます。会社を辞めるにしても辞めないにしても、この記事を読んで一つの踏ん切りをつけましょう。

笑っているマコト
マコト
転職する予定がなくても、転職サービスを見ておく必要がありそうだね。
笑っているエリカ
エリカ
そうね。会社を辞める決断はそれからでも遅くないわ。

仕事・会社を辞めるきっかけも人それぞれ

会社を辞めるきっかけ(理由)も人それぞれです。

「え、こんなことあるの!?」と思ってしまうほどのびっくりのきっかけもあったりします。

「社長が経営方針を占い師に決めてもらっていると知ったときと、毎日神棚に生卵を備えないと朝から昼まで延々と説教されたとき」
(20代女性、管理・事務職)

「上司から『社員は物言う消耗品。お前らの代わりはいくらでもいるんだ。俺が死んでこいと言ったら死んでくるんだよ』と言われたときですね」
(40代男性、営業職)

「残業150時間を半年続け、毎日のようにタクシー帰宅でお金がつきかけました。会社統合の影響で住宅手当がなくなり、実質的な給料減額となりました」
(20代男性、広告代理店)

「仕事が終わらず、忙しすぎて発狂しそうになったため」
(40代女性、技術職)

引用:キャリコネニュース

正面の賢じぃ
賢じぃ
他人の会社を辞める理由を気にする必要は全くないぞ
◆関連記事◆

»【円満退職】これで解決!仕事を辞める理由ランキング

「3年以内に退職するのは根性なし」は間違い

よく家族や先輩、上司が「3年同じ場所に勤めることができないなら、どこにいっても通用しないし、長続きもしないぞ」と言う光景を目にします。

その言葉、全く気にしなくていいです。

せっかく、前向きに次のキャリアを考えて自身で決断をしたのに、周囲からの圧力によって辞めるタイミングを失うのは、あなたの人生にとって大きな機会損失です。

3年以内に離職すること≠根性がない・仕事ができない・ゆとり

なので、周りの意見に流されず自分がどうしたいのか、で決めることが重要です。

正面の賢じぃ
賢じぃ
一度会社を辞める決断をしたら、ブレないことが重要じゃな。

「早期離職する若手を『根性なし』『ゆとり』などと批判するのはおかしい」と指摘するのが、中央大学 ビジネススクール 大学院戦略経営研究科の佐藤博樹教授だ。

 佐藤教授は「もしそうした欠点が若者にあるなら、早期離職した若手はどの会社からも拾われず失業してもおかしくないだろう。だが現実はそうではなく、ほとんどの人が転職できている。若手の資質や根気に問題があるわけではない」と強調する。

 佐藤教授の主張は、調査結果からも裏付けられている。同教授が座長を務める「若手の就職・転職の在り方に関する検討会」が近年の若手の離職理由を調査した結果、2018年に社会人3~6年目を迎えた若手の中で早期転職経験がある人の退職理由は「仕事内容への不満」(51.5%)、「人間関係への不満」(40.9%)、「賃金への不満」(25.5%)が上位を占めた。「社内ルール・常識」(51.0%)、「上司の能力・資質」(46.7%)、「会社の事業方針・ビジョン」(45.4%)などが入社前の予想を下回っていたと答える層もいた。

この結果を見ると、「やっぱり根気が足りないじゃないか」と思われた人も多いかもしれないが、実はそうではない。一連の理由で1社目を早期離職した若手に対し、2社目での状況を聞いた結果、70.7%が「転職先に満足している」と回答。新卒入社先から賃金が下がった人(45.6%)や、小規模な企業に転職した人(61.9%)も多数存在したが、こうした層の約6~7割が転職先に高い満足度を示していた。

これらの結果からは、仕事内容や人間関係などの環境さえ合えば、多少待遇が悪かったり勤務先の知名度が下がったりしても、若手は不満を持たず前向きに働けることがうかがえる。

引用:#SHIFT by ITmediaビジネス
『3年以内に辞める若手は根性なし』という批判が、時代遅れになった理由

3年以内に辞めた若手の7割が「転職先に満足」

これだけを見ると、

「やっぱり根気が足りないじゃないか」

と思われた人も多いかもしれないが、実はそうではありません。

三年以内に1社目を早期離職した若手に対し、2社目での状況を聞いた結果、70.7%が「転職先に満足している」と回答しています。

新卒入社先から賃金が下がった人(45.6%)や、小規模な企業に転職した人(61.9%)も多数存在したが、こうした層の約6~7割が転職先に高い満足度を示しているのです。

これらの結果からは、仕事内容や人間関係などの環境さえ合えば、多少待遇が悪かったり勤務先の知名度が下がったりしても、若手は不満を持たず前向きに働く傾向にあることを示しています。

厚生労働省が発表している「新規学卒者の離職状況」調査では、大卒者の3割が入社から3年以内に離職する「3年3割の法則」が約30年間ほとんど変わっていないことも示されており、佐藤教授は「『最近の若手はすぐ辞める』という批判も間違い」と指摘しています。

参考:厚生労働省「新規学卒者の離職状況

「こうした状況が続くのは、若手の根気うんぬんではなく、日本の就職活動の仕組みによるためだ」と考えているようです。

正面の賢じぃ
賢じぃ
新卒で入社をした会社をすぐに辞めたからこそ、満足のいくキャリアを描いている者もたくさんおる。

会社を辞める決断をする際、動機に合理性があるか?

「なぜ会社を辞めるのか?」という動機に合理性があるか?

前述した通り、退職や転職を考え始めるきっかけは、人によってさまざまですが、TOP3は「収入不満」「人間関係不満」「会社の将来不安」です。

  • 「子育てや介護などの負担を考えると、現在の収入ではやっていけない」
  • 「上司との関係性が悪化して、これ以上続けるとメンタルを病んでしまう」
  • 「衰退期に入った事業の下降トレンドが止まらず先行きが見えない」

3種類のうち、どの理由も転職を検討せざるをえなくなった理由として当たり前のものばかりです。ただ、どんな会社でも100%満足できる状態はあり得ないというのも一方の事実です。

感情が先走って判断がひとりよがりになっていないか、「あの時、こうしていれば状況が改善していたかもしれない」と後悔することがないか、会社を辞める決断はできる限り冷静に判断しましょう。

笑っているマコト
マコト
同じ会社に勤めていても、辞めるべきかは人によって異なりますよね。
笑っているエリカ
エリカ
そうね。会社を辞める決断するタイミングは人それぞれよ。

会社を辞めるを決断する際の3つの判断基準

会社を辞めるを決断する際の3つの判断基準

転職は、長い仕事人生をより楽しく、意義あるものにするための手段の一つです。

しかし、一歩判断を間違えると、あなた自身を大きく傷つけることにもなりかねません。逆に、手遅れになりすぎて、自分らしいキャリアを失ってしまう恐れもあります。

それだけに決断をするのが難しいのですが、どうしても迷ったときに、判断の物差しになる基準値はいくつかあります。

正面の賢じぃ
賢じぃ
会社を辞める決断をするタイミングや基準はそれぞれじゃが、参考になるじゃろう。
  1. 現在の会社は「自分らしさ」を損なう場所か?
  2. 「働き続けて得られるもの」はないか?
  3. 自分が変わることを諦めた「逃げ」の行動ではないのか?

① 現在の会社は「自分らしさ」を損なう場所か?

特に、それほど規模が大きくない会社や、社内異動が難しい職場などで人間関係がこじれてしまうと、会社に残ること自体が精神面でのストレスとなり、自分らしさを失ってしまう、という可能性があります。

そんな場合は、一刻も早く退職をして、心機一転できる場所を探す方法をおすすめしています。

働くことはは生活のために不可欠ですが、健康を損なってまで頑張るのは、本末転倒です。

自ら努力したうえで改善の可能性がなければ、速やかに退職して、離職後に転職先を探すという方法を考えるべきだと思います。

② 「働き続けて得られるもの」はないのか?

年収やポジションなどに不満がある場合、条件に魅力がある仕事と出会うと、どうしても心を動かされるのはやむを得ないことだと思います。

しかし、世の中に流通する求人情報の条件やポジションは、ほとんどの場合、「入社初年度」の情報です。

条件だけに振り回されるのではなく、今の仕事をこれ以上続けていった場合に、「自分のキャリアプラン」、特に実現したいことが成し遂げられるのか?それが難しいのか?

自らの付加価値をまだ高めていける余地が本当にないのかどうかを考えた上で判断をしましょう。

③ 自分が変わることを諦めた「逃げ」の行動ではないのか?

会社の将来が見えないから辞めたい、という方は沢山います。

業界や職種によっては、どれだけ戦略を磨き、努力を重ねても、時代の流れにあらがえず復活が難しい性質のものもあります。

逆に、工夫や戦略一つで、まだまだ世の中に必要とされる余地があるものもあります。

関わってきた経験が長い業界や仕事であればあるほど、実は辞めようと思っている本人が、会社のV字回復のカギを握っているということもあり得ます。

自分の裁量でできること、経営者に覚悟をもって提言すること、など、会社任せ・経営者任せではなく、少しでも自分自身に変えられる可能性があることがあれば、悔いの残らないように挑んでみてください。

会社を辞める決断をしたらすぐに退職の準備をしよう

会社を辞める決断をしたらすぐに退職の準備をしよう

上記で、前向きに退職/転職ができそうだと思ったら、いますぐに行動しましょう。

一度決断したら、その熱が冷める前に行動を始めてしまうのがおすすめです。

退職は、転職先が見つかった上で退職することがベストですが、あなたの気持ちや心身にかかっているストレスと相談しながら順番を前後させて構いません。

事前に退職をしても、最低限やっておくこと・準備しておけばよいことが分かれば、辞めた後にすぐ転職活動に集中することができます。

下記は、①退職後すぐに転職する(新しい職場にて働き出す)方と、②すぐには転職(入社)をしない方 がそれぞれ必要な手続きです。

正面の賢じぃ
賢じぃ
全てを準備しておく必要はないかもしれんが、流れのイメージだけでも把握しておくと後々役に立つぞ。

①退職後すぐに転職する方

下記の必要書類を転職先の会社に提出してください。

  1. 雇用保険被保険者証
  2. 年金手帳
  3. 源泉徴収票(提出を求められたタイミングで提出)
  4. 健康保険被扶養者異動届(扶養家族がいる場合のみ)
  5. 健康保険資格喪失証明書

②すぐには転職をしない方

すぐには転職をしない方は、手続きごとに期限が定められています。なるべく早めに手続きを行なってください。

  1. 失業保険の申請→離職票が交付され次第すぐに
  2. 年金の切替→退職後14日以内
  3. 国民年金への加入→退職後14日以内
  4. 健康保険への加入→退職後14日以内(任意継続の場合は20日以内)

とはいえ、強いストレスを感じている方は「辞めた後」のことよりも、いますぐ「辞める方法」について考えることが優先です。

会社を辞める決断をした人が利用すべき退職代行サービス

会社を辞める決断はしたものの、「上司が怖くて退職を申し出ることができない」「どうせ辞めると言っても引き止められる」方が多いかと思います。

先ほども少し紹介しましたが、上記のような状態の場合、退職代行サービスの利用をおすすめします。

退職代行サービスを利用することには、主に下記のようなメリットがあります。

  1. ブラック企業でもほぼ100%退職できる
  2. 上司に一切顔を合わせずに辞められる
    ※自ら申し出る必要なし
  3. 即日退職できる
  4. 会社から訴えられたり、損害賠償請求される心配がない
  5. 弁護士に依頼するより格安料金で退職できる

特に、現在の会社に仲が良い先輩や同僚がいない方にとっては、間違いなくおすすめのサービスです。

一般的に3~5万円ほどの料金がかかってきますが、たった数万円で辛い状況から抜け出せることが確証されるのであれば決して高い金額ではないでしょう。

下記は転職賢者が本気でおすすめする退職代行サービスです。

ここ最近、退職代行サービスを利用することも一般的になってきましたが、世間的にはまだまだ知名度の低いサービスではあります。下記で紹介するサービスはどちらも、電話やLINEにて気軽に無料相談が可能なので、気になる方はまず今の状況を相談してみましょう。

EXIT

EXIT

EXIT』は、メディアに何度も取り上げられている非常に知名度が高いサービスです。

LINEで「会社を辞めたい」「もう二度と上司と顔を合わせたくない」など、要望を全て伝えれば、会社への連絡は EXIT が代行してくれます。

相談は全て無料ですし、実際に依頼する場合は、退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOKです。基本的に退職に関わる一切の行為を代行してくれます。

さらに、EXITは転職エージェント『ワークポート』と提携をしているため、EXIT経由でワークポートに登録し、転職が成功すると、退職代行費用が無料になります。

LINEで無料相談する

SARABA

SARABA

SARABAは転職賢者が最もおすすめする退職代行サービスです。

28,000円という業界でも最安値水準ながら、退職成功率はほぼ100%という実績があります。

よほどのことがない限り、辞めたい旨を伝えれば即日退職が可能です。

有休消化の交渉や100%返金保証など、サポート体制も充実しています。

何回相談しても、24時間いつ相談しても無料なので、気軽に相談可能です。

どんなサービスか調べてみる

会社を辞める決断をした人のための失敗しない転職活動法

会社を辞める決断をした人のための失敗しない転職活動法

上記の問いを読んで、それでも会社を辞めるという意志が固い方は、このまま転職活動を始めてください。

繰り返しますが、会社を辞める決断をしたら、出来るだけ早急に行動をすることが、転職を実現へと近づけるために重要なポイントでもあります。

転職活動は自分を客観的に見直すことにも繋がる

また、「会社を辞める決断をしただけですぐに辞めるわけではない」と考えている方にも、この機会に転職活動を経験してみることをおすすめします。

もちろん、「転職を考えていない方にも」です。

その理由は、

  • 自分の市場価値が把握できる
  • 今後のキャリアが明確になる
  • 業界のトレンドに詳しくなる
  • (転職を検討していなくても、)好条件の求人が見つかればそのまま転職できる

上記のようなメリットがあるためです。

自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。もし、現職よりも好条件の企業が見つかれば、そのまま転職してしまうのもアリですね。

転職エージェントに相談することによって、客観的に自分を見つめ直す機会を作ることができるのが最大のメリットです。

また、『ミイダス』というサービスであれば、選択式の設問に答えるだけで、あなたの概ねの市場価値(年収)や性格・特徴について非常に細かな診断を行うことができます。

ミイダスでは、企業からのスカウトも受け取ることができ、そのまま面談に進むことも可能ですが、市場価値判断の精度については評価が分かれるところです。

しかし、性格や特徴に関する診断の精度は非常に高いので、興味がある方はぜひスマホから診断してみましょう。

転職エージェントを選択する時のポイント

特に、転職活動を初めて行う方にとっては、どの転職エージェントを利用すれば良いかわからないと思います。

今回は、初めて転職エージェントを利用する方にもおすすめな転職エージェントをご紹介します。

初めて転職活動を行う方が、最低限気にすべきポイントは下記の3つです。

  • 求人数が多い
  • 業界や職種の幅が広い
  • 担当の質が安定している

上記のポイントさえ気にしていれば、OKです。

また、転職エージェントは

3社以上を併用」

してください。

3社以上を併用利用することの主なメリットは、主に下記の2点です。実際に以下に引用したリクルートによる調査でも、転職成功者の利用エージェント数が4.2社と高い傾向が出ています。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

複数の転職エージェントと面談を重ねることで、転職後も満足のいく職場で働くことができる確率も高まるため、転職エージェントは必ず併用してください。

転職エージェント利用調査

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

転職エージェントに相談する前に最低限把握しておくこと

最低限、以下のポイントを事前に把握しておけば、キャリアアドバイザーの方とスムーズなやり取りを行うことができます。

周囲から「社会人に向いていない」と言われることが多いのであれば、その旨もきちんと伝えることで、よりあなたに合った求人を紹介してもらいやすくなるでしょう。

【相談前に最低限必要な自己分析】
  1. 自分の好きなこと・嫌いなこと
  2. 自分の得意なこと・苦手なこと
  3. 今後やってみたい仕事・やりたくない仕事
  4. 将来の理想の生活・キャリア(3年・5年・10年)

そして、冒頭でもお伝えした通り、転職エージェントには必ず3社以上相談してください。

多くのエージェントとやりとりするのは面倒だ」という方は、相性の合うエージェントが見つかり次第、一つ、もしくは二つのサービスに絞りましょう。

会社を辞める決断をしたら利用すべき転職エージェント3選

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

初めての転職で、一番最初に登録すべき転職エージェントです。

doda

doda

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

国内ではNo.2の規模であり、求人の案件数やサポート体制が充実しています。

比較的、キャリアアドバイザーの質が安定しており、多角的にサポートしてくれるエージェントです。

こちらも、どの業界・職種を志望する方であっても、登録しておいて損はないエージェントです。

いますぐ気軽に無料相談

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

案件数では、上記2つのエージェントに劣りますが、サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめです。

試しに話を聞いてみる(無料)

会社を辞める決断をしたら、早急に行動しよう

何度もお伝えした通り、会社を辞める決断をしたら早急に手を打ちましょう。

即決断即行動

で人生を変えましょう。

 

下記では、転職エージェントをバッチリ使いこなすためのマル秘テクニックをご紹介していきます。

キャリアアドバイザーも人なので、うまく使うことが重要です。

笑っているマコト
マコト
まだ迷っているのなら、転職活動を一度経験してから決断するのが良いかもね。
笑っているエリカ
エリカ
会社を辞める決断をしたら、迷わないことがポイントよ。
退職代行サービス 知名度no1!
▼EXIT【公式】▼
https://www.taishokudaikou.com/
退職代行はココに相談!
▼SARABA【公式】▼
https://taisyokudaikou.com/
転職活動の大定番!
マイナビエージェント
▼【公式】▼
https://mynavi-agent.jp/
サポート充実度No.1!
パソナキャリア
【公式】▼
https://www.pasonacareer.jp/
キャリアアドバイザーの質◎
doda
【公式】▼
https://doda.jp/
◆おすすめ記事◆

»おすすめ転職エージェントまとめ

»おすすめ転職サイトまとめ

»「仕事辞めたい、、、」これが甘えじゃない理由

関連・参考記事

退職 決断 きっかけ の関連・参考記事

»何が退職の引き金となるのか?退職につながる7つの理由をまとめてみた

»あの人が退職!?退職しそうな前兆を調べてランク付けしてみた

»【事例紹介】転職・退職を決断するきっかけとは?

会社 辞める 決意 瞬間 の関連・参考記事

»仕事辞めてよかったと思う5つの瞬間と転職を迷う人へ9つのヒント

»私が仕事を辞めようと決めた瞬間と会社を辞めるまでの出来事全て

»会社を辞めようと決意した瞬間 「俺の尊敬できるところを言え」「上司にキスされた」

仕事辞める 逃げ の関連・参考記事

»【完全決着】「仕事辞める=逃げ」は洗脳!いつまで奴隷続けるの?

»「逃げの転職」の現実と、会社を辞めたくなったときに考えてほしいこと

»仕事を辞めるのは逃げ?転職を決断する方法とは

仕事辞めたい うつ の関連・参考記事

»うつ病になるその前に|仕事を辞めたいと思った時に辞めれる準備方法

»仕事を辞めたい人がうつになる前に読む休職・退職の全知識

»【うつチェック】仕事でうつになる3つのケースと辞めたい時にやるべき事

仕事 辞めたい 甘え の関連・参考記事

»「仕事辞めたい、、、」これが甘えじゃない理由

»仕事辞めたいは甘え?甘えではないと場合と辞める時にすべきこと

»仕事が合わないなら辞めるべき?甘えとは思われない判断軸と対策を徹底解説

「仕事 辞める理由 ランキング」の関連・参考記事

»【円満退職】これで解決!仕事を辞める理由ランキング

»本音と建前は必須? 退職理由ランキングと好印象な伝え方・例文

「退職 踏ん切り」の関連・参考記事

»退職を会社に告げるのを迷う理由。なぜあなたは未だに退職していないのか。

»退職の踏ん切りがつかない…。気持ちが揺れているときはどうすればいい?

「仕事辞めて幸せ」の関連・参考記事

»「ここを辞めたら次はない」呪縛を解いたら、半端じゃなく気持ちが前向きになった

»仕事辞めてよかったと思う5つの瞬間と転職を迷う人へ9つのヒント

「仕事 辞め方」の関連・参考記事

»退職を伝える前の準備|スムーズな仕事の辞め方

»上司へスマートに退職を伝えるためのハウツー

「仕事辞めたい時」の関連・参考記事

»「仕事辞めたい」7つの理由とリアル対処法

»仕事を辞めていい人・ダメな人【仕事辞めたい】この状況なら辞めていい?

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に少しでも転生を考えている場合は「良いところがあればすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント