「仕事行きたくない」は甘えじゃない!涙出るのは異常|家にいたいなら仕事を変えよう!

なんだか最近、仕事に行きたくないな。でもこれって甘え?

「仕事行きたくないし、ずっと家にいたい」

 

悩み出すと「これって甘えなのかな?」と落ち込み、深く思い悩む人も多いと思います。

ストレス社会の現代では、「仕事に行きたくない」と感じる人が増えています。

仕事は人生の大部分を占める重要なライフワークです。

しかし、、、

仕事が原因で自分自身を窮地に追い詰め、

病気になったり命を絶っては絶対にいけません。

 

自分の命と仕事、どちらが重要かは小学生にでもわかるはずです。

「仕事に行きたくない」という気持ちから目を背けてはいけません。

 

今回は、

  • 「仕事に行きたくない」と考えるのが甘えではない理由
  • 「仕事に行きたくない」という悩みの解決法

について、ご紹介していきます。

 

重要なことなので、念押しします。

ストレス社会の時代に、誰でも仕事に行きたくないことがあります。

それは決して、「甘え」なんかじゃありません。

「新卒だから」

「ベテランだから」

「リーダーだから」

と無理に責任を背負いすぎて、自身を追い込みすぎないようにしましょう。

横向きの賢じぃ
賢じぃ

「仕事に行きたくない」は甘えじゃないぞ。
お主の心が健全なうちに手に職をつけることを考えるのが得策じゃ。

【2020年9月:最新情報】

コロナウイルス』の影響で、
リーマンショック以上に経済が冷え込み、
転職の難易度が確実に上がります。

今のうちから手に職をつけていると、
これからのキャリアで安心できるはずです。

これから注目されるのが「Webデザイン」のスキルです。
センスが必要?など思われていますが、正しい学習をすれば、
最短で手に職をつけることができるの不安定な経済状況でも対応できます。

コロナの感染のリスクを減らすためにも、オンラインWebデザインスクールがおすすめです。

デザインアカデミーなら、
無料カウンセリングが簡単に予約でき、
1週間の無料体験レッスンができます。

▼無料カウンセリング・無料体験レッスンが可能!
今すぐ無料カウンセリングを予約する
※かんたん1分で完了します。

「仕事に行きたくない!」が甘えじゃない理由(涙が出るのは異常!)

「仕事に行きたくない!」が甘えなんかじゃない理由

まず「仕事に行きたくない!」と感じることが、決して甘えではない理由について紹介していきます。

冒頭で述べたとおり、現在の日本社会で問題になっているのは、根深いストレス社会のことです。

インターネットの発達により、SNSなどが生まれ、人間関係などの問題も複雑化し、増加し続けているという現状があると思います。

昨今では、そんな中で働き方改革という動きが政府主導でありますが、働き方が改革されているかどうかは、企業や業界によってばらつきがあり、いわゆる「ブラック企業」はまだまだはびこっているのが実態でしょう。

(仕事に行きたくない!と思いながら涙が出るという状況になったら、それは以上です!)

そんな中では、「仕事に行きたくない!、、、でも甘えかな、、、」と感じる人がいるのは当然のことであり、自分だけが感じていると悩み、さらには甘えなのではないか?と考える必要はありません。

また、「仕事に行きたくない!」と感じている人ほど、今がチャンスなのではないか!?とすら思うのです。

それは、なぜか?

「仕事に行きたくない!」と感じるのは、

今の働き方が合っていないこと自体は認識できている」

ことでもあります。

子供のイヤイヤ期は、自分の好き嫌いを明確にするタイミングだと言います。

それと同じように、現状仕事に行きたくないと感じていることは、甘えなんかではなく、何かしらの拒否反応であり、自分の好き嫌いを明確にするタイミングかもしれません。

だからこそ、仕事に行きたくないことが甘えなのか?ということで悩むのではなく、これからの人生を豊かにしていくために、考える時間が必要であるという、あなたの心と身体からのサインだと捉えましょう。

では、実際に仕事に行きたくないことが甘えなのか?

甘えだと思って悩む人が考えるべきこととは何なのか?

「仕事に行きたくない!家にいたい!」は甘え?で悩む人が考えるべきこと

「仕事に行きたくない」が甘えなのか?で悩む人が考えるべきこと

まず考えるべきことは、「なぜ仕事に行きたくないと思うのか?」を明確にするということです。

仕事に行きたくないのはなぜ?

甘えなのか?どうなのか?ということではなく、「仕事に行きたくないと感じた理由を明確にするべきです

なぜなら、そもそも仕事に行きたくないと感じなければ、それが甘えなのか?どうなのか?という悩みは生まれないからです。

なので、まず考えるべきは、なぜ仕事に行きたくないと感じたのか?の原因を明確にしていくことです。

そうすれば、根本的な課題である仕事に行きたくないという現状を解決できるでしょう。

と言っても仕事に行きたくないと感じる理由を、考える時間なんで、そんなにないし、そもそもどうやって考えれば良いのか?わからないっていう人も多いと思います。

簡単です。

既に同じようなことに悩んでいる人の事例を知れば良いのです。

ここからは、よくある仕事に行きたくないという思う理由を、いくつか紹介します。

自分が、どれに当てはまるのか?という観点で見てみてください。

 

もし、なぜ仕事に行きたくないか検討がついている方は、環境を変えることで、前のめりに仕事をして年収・スキルを上げて行けるはずです。

年収が上がれば、プライベートもかなり充実しやすくなります。

仕事に行きたくないと思う理由の例|『仕事をせずに家にいたい!』

仕事に行きたくないと思う理由の例

ここで、仕事に行きたくないと思う方がどのような理由で行きたくないと思うのか、よくある事例をご紹介します。

業種や業界、男女に関わらず、以下の理由で『行きたくないけど、この気持ちって甘えじゃないかな、、、』と思い悩む方が多いようです。

  • 仕事場の人間関係が面倒だから
  • 今やっている仕事がつまらないから
  • 仕事でなかなか結果を出せないから
  • 休みがなくて肉体的に疲れているから
  • 精神的に疲れているから

行きたくない理由は人それぞれですが、以下では、上記に挙げた行きたくない理由について、もう少し細かく掘り下げていきます。

仕事場の人間関係が面倒だから

よくあるのが、職場の人間関係や、仕事で関わるクライアントとの人間関係などに関わる問題です。

仕事では、業界や業種にもよりますが、ほとんどの方がと様々な人と関わる必要があります。

しかし、学校生活とは異なり、職場では関わる人は自由に選ぶことができません。

そのため、人間関係が悪化して、仕事に行きたくない、家にいたいかも…と感じることがあると思います。

これは、誰しもが経験する悩みの一つであり、その時その場の関わり方は自分だけではコントロール出来ない場合がほとんどです。

 

さらには、仕事を休むと仲が良くない相手から

「〇〇さんが休んでいるのは甘えだろ。ずる休みだ。」

などと言われてしまうかもしれません。

相手はあなたのことが嫌いだから、文句を言いたいだけなのです。

放っておきましょう。

人間関係の悩みで、あまり自分を追い詰めないようにしましょう。

今やっている仕事がつまらないから

今やっている仕事がつまらないと仕事自体が楽しいと感じず、苦痛にすら感じて、仕事に行きたくないと思うことも多いと思います。

特に苦手な分野での仕事などをやっていると、ミスが多くなり、注意を受けることも多くなり、自分はできない人間だとすら思ってしまい、悩むことも多いと思います。

また、逆に得意ではあるけど、もっと刺激があるような仕事をしてみたいと感じて、仕事がつまらなく感じることもあると思います。

このように仕事がつまらないと感じていると、仕事に行きたくないと感じやすいです。

仕事でなかなか結果がでないから

今やっている仕事でなかなか結果がでない場合は、会社からの評価もされず、給与も上がらず、何のために働いているのか?すらわからなくなり、結果的に仕事に行きたくないと感じることもあると思います。

やはり、どこの企業で、どんな仕事をしていようが、結果は求められるものです。

そして、結果をもとに人事考課が決まることが多いでしょう。

そうなると結果が出ないと会社からのプレッシャーも感じ、自信も失いやすく、仕事に行きたくないと感じることが多くなると思います。

負のスパイラルに入り出すと、毎日が辛く、仕事に行きたくないし、今日は家にいたいと感じる回数が増えるので注意が必要です。

休みが少なくて肉体的に疲れているから

残業が多く、ゆっくり休みが取れないと、身体が疲れてくることは誰でもあると思います。

なんか最近身体がだるいと感じることも多くなってくると、仕事に行きたくないなと感じることも多くなると思います。

そして、それが続くと、なんでこんなに休めないんだろうとストレスを感じて、さらに仕事に行きたくないという想いが強くなるのは当たり前です。

精神的に疲れているから

前述の通り、身体の疲れもそうですが、精神的な疲れは、さらに仕事に行きたくないと感じる原因になると思います。

身体の疲れは安静にしたり、ケアを行うことで回復を早めることができますが、精神的な疲れはなかなか回復しにくいです。

場合によっては通院を余儀無くされることも少なくありません。

精神的な疲れが増すと、身体までだるさを感じることもあるため、仕事に行きたくないと強く感じてしまうでしょう。

「仕事に行きたくない」と感じている人がするべきこと

「仕事に行きたくない」と感じている人がするべきこと

前述の通り、仕事に行きたくないと感じる理由は、人それぞれです。

上記では、

  • 仕事場の人間関係が面倒だから
  • 今やっている仕事がつまらないから
  • 仕事でなかなか結果がでないから
  • 休みが少なくて身体的に疲れているから
  • なんとなく精神的に疲れているから

と思ってしまう理由についてご紹介してきました。

 

上記に当てはまっている方々が、仕事に行きたくないという気持ちを解決するために、以下の

  • 転職の準備をする
  • 休暇を取る
  • リフレッシュする
  • (親しい友人と会う時間を作る)

の4点を実践することをおすすめします。

特に、転職をして生活の基盤を変えることが重要です。

転職の準備をする

「仕事に行きたくない」として、この記事を読んでくださっている人が最も取るべき行動です。

今、この記事を読んでくださっているあなたは、

「仕事に行きたくないな、、でもこれって甘えかもしれないな、、」

「でも、同じような人がたくさんいて、これが普通なら会社も休み(転職し)やすいな、、」

というように、自身の不安・ストレスを少しでも解消するために、この記事を読んでくださっているのではないでしょうか?

そのためには、

大きく環境を変えて、不安・ストレスの根源を断ち切る

ことが重要なポイントです。

転職すれば、仕事の環境をすべて変えることができるので、すべての課題に関して解決することができる可能性があります。

部署異動は、よほど信頼できる上司・同僚がいて、かつ自分のやりたい仕事ができる環境でなければ避けた方が良いです。

なぜなら、部署を変えても同じ会社であることには変わりないので、根源を断ち切れる可能性が低いためです。

そして、単に転職するのではなく「手に職を付けておく」ということが重要です。

おすすめなのは、「Webデザイン」のスキルです。

Webデザインスキルがおすすめな理由

コロナ以後の世界は、直接、人と会う機会が確実に減るでしょう。

そこで必要とされるスキルは

「オンライン化」

新型コロナの影響でビジネスをオンライン化しようという会社が急増しています。

身近なところで言うと今まで飲食店をやっていた人がオンラインの通販を始めたり、直接、買い物に出かけていた人がお取り寄せで食品を購入したりします。

会社だけではなく、政府もいよいよDX(デジタルトランスフォーメーション)推進の加速しているので、国レベルで「オンライン化」が加速しています。

そうなってくると、ウェブ上で完結する」システムを作る必要が今まで以上に出てくるのです。

そこで必要になってくるのが、「Webデザイン」です。

チラシやパンフレットなどのデザインではなく、ウェブ上でデザインする機会が今まで以上に増えているのです。

その証拠に、2019年に史上初めてインターネット広告費が、テレビメディア広告費を超えました。

今まで主流だったTVや新聞などのマスメディアからWeb上のインターネット広告へ資金が流れているのです。

今後も今まで以上にインターネット広告のニーズは増える一方です。

このようにウェブ化がどんどん進んでいく時代からこそ、Webデザイナーの仕事は増える一方なのです。

どの企業も優秀なデザイナーを求めている

なぜデザインを学ぶべきかというと「他のあらゆる手段より、最も低コストで、確実に市場価値の高い、稼げる人材になれるから」です。

ただ、デザイナーが楽して

 誰でも稼げる仕事、

 簡単になれる仕事

ということではありません。

デザイナーになるための勉強は大変で、仕事はハードです。学習を継続することも必要です。

でも、医者・弁護士・経営者、ユーチューバーになるよりは、はるかに簡単です。

また、デザイナーを目指すとき大学を卒業していることもマストではありません。

大学を卒業してないけど、20代前半で年収600万円以上を稼いでいるデザイナーはたくさんいます。

それでも、

デザイナーって大変じゃない?

センスが必要なんじゃないの?

と思った人もいるのではないでしょうか。

それは誤解です。

もしかしたらあなたの中には、「過酷で給料が安い仕事だ」という誤解があるかもしれません。

ですが、デザイナーがきつくて割にあわない仕事というのは、今はもう誤解です。

ネガティブなイメージがついた背景を説明します。

仕事が下請けに流れることが多く、マージン(手数料)が抜かれるので給料が低くなりやすく、不備があると緊急で対応する必要がありました。

そこから、

「デザインをする人=きつい割に合わない仕事」

というイメージが広がりました。

でも今はそうではありません。

特にWeb業界のデザイナーは待遇がいいです。

デザイナーの給料も上がってきています。

また、短い時間で集中して仕事をするのが美徳という文化が業界全体にあるので、働きやすくもなりました。

デザインのスキルさえ身に着けてしまえば、どこにいてもパソコン一つで仕事ができるのも魅力の一つです。

働き方が自由で、家で仕事ができるのも今の時代に適合しています。

時間も場所も自由に、自分の好きな時に仕事をする。

時代の風が吹いている今だからこそ、デザインを勉強する価値があるのです。

もう一つの誤解として、「デザイナーはセンスがいい人しかなれない」という誤解があるかもしれません。

ですが、いわゆる美術力が必要というわけではありません。

デザイナーの仕事はレゴブロックを組み立てることとよく似ています。

最終的に完成させる設計図があり、その設計図通りにブロックを組み立てていけば、誰でも完成させることは可能です。

もちろん、ある程度の前提知識(例えば、パソコン上でウェブデザインをするためのツールの使い方など)は必要ですが、それはデザインスクールで学んでいただければ、誰でも稼げるようになるのがデザイナーという仕事なのです。

 

ここまで読んで、仕事に行きたくないのに、行動が起こせないのであれば、ここから先を読む必要はありません。

少なくとも、ここでの退職/転職は「逃げ」ではなく、人生・生活を充実させるための戦略的な手段です。

今すぐ行動を起こすことで、実現の可能性を更に高めることができます。

【おすすめWEBデザインスクール】

デザインアカデミー』は完全オンラインで学べるのでコロナウイルス感染へ心配のいりません。
また無料カウンセリングがあり、1週間の無料体験レッスンも実施しているのでオススメです。

■『デザインアカデミー』の特徴
・即戦力を育てる超実践型のWEBデザインスクール
・プロの現役WEBデザイナー講師とカウンセリング担当の2名体制サポート
・無料カウンセリング実施中
・1週間の無料体験レッスンあり
・30日間の全額返金保証あり

【公式】https://design-academy.net/

休暇を取る

意外に有給などが取れていなくて、かなり残っている人も多いと思います。

そういうときは長期休暇などを取って、一回仕事から離れる時間を取ってみると良いです。

仕事との向き合い方などを考えたり、仕事のことを一切考えないことで、自分がやりたいことが見えてきたりするかもしれません。

リフレッシュする

海外旅行に行ったり、温泉に行ったり、家でDVDを見たり、マッサージに行ったりして、ゆっくりしてリフレッシュする時間を取るのも良いかもしれません。

美味しいものを食べに行ったりするのも良いでしょう。

やりたかったけどできなかったリフレッシュされるようなことに時間を使ってみると、少しは気持ちが楽になるかもしれません。

(親しい友人と会う時間を取る)

上記、「リフレッシュする」に関連した項目です。

親しい友人というのは、気を使わず、ありのままの自分でいられるような人です。

家族とは違うけど、なんでも相談できるし、打ち明けられる人というのは重要な人です。

大切な人や親しい人と会う時間をしっかりと確保し、仕事の愚痴を聞いてもらったり、他愛のない会話をしたりして、いつもの自分を取り戻す時間を取ることも重要です。

「仕事に行きたくない」と感じているなら手に職をつけよう

「仕事に行きたくない」と感じているなら転職しよう

前段でもお伝えしましたが、一番おすすめなのは転職をすることです。

なぜなら、原因になっていることは、仕事の環境であることがほとんどだからです。

人間関係も仕事内容も休めない状況も、すべて仕事の環境に含まれてくるので、思い切って転職によって仕事の環境を変えることで、悩みを根元から断ち切りましょう。

そもそも仕事に行きたくないと感じている時点で職場に対する不満や不安があることがほとんどです。

これを「甘えだから」と考え出してしまうとキリがありません。

楽しいと感じない職場・仕事内容を淡々とこなすだけのロボットのような状態は、あなたにとっても会社にとってもメリットがないでしょう。

だからこそ、転職して新しい環境に身を置くことで、根本的な課題解決を試みてください。

「仕事に行きたくないし、家にいたいな…」と思い出したら、その日は無理をせずに休みを取り、その時間で転職活動の準備を進めるのが得策です。

有給が複数日取得できる環境の方であれば、休日と合わせれば、かなりの準備期間を生み出すことができます。

その状況を作るためにも今のうちに手に職を付けましょう!

手に職をつけていれば、ニーズが高まっているWEBデザインのスキルを身につければ、今後の仕事に困ることも少ないでしょうし、副業などで更に年収を伸ばす可能性が広がります。

スキルがないと感じる人は、WEBデザインスキルという手に職をつけるのもおすすめ!

もし、

  • 家にいたいからリモートワークしたい
  • 特にやりたい仕事がない
  • 特別な知識・スキルがない

という方は、WEBデザインスクールに相談する・通ってみるのがおすすめです。

今後、さらにWEBデザイナーの需要が高まっていくため、今から未経験で始めても遅くはありません。

 

スクールに通うなら、『デザインアカデミー』というWEBデザインスクールが最もおすすめです。
デザインアカデミーは即戦力を育てる超実践的なWebデザインのスキルを習得できるカリキュラム構成になっており、安心の返金保証制度が充実しています。
充実の30日間返金保証制度

学習開始30日以内なら、条件を満たせば全額返金(辞退)可能
※月々16,390円(税抜)〜

【おすすめWEBデザインスクール】

デザインアカデミー』は完全オンラインで学べるのでコロナウイルス感染へ心配のいりません。
また無料カウンセリングがあり、1週間の無料体験レッスンも実施しているのでオススメです。

■『デザインアカデミー』の特徴
・即戦力を育てる超実践型のWEBデザインスクール
・プロの現役WEBデザイナー講師とカウンセリング担当の2名体制サポート
・無料カウンセリング実施中
・1週間の無料体験レッスンあり
・30日間の全額返金保証あり

【公式】https://design-academy.net/

『仕事行きたくない!家にいたい!』気持ちがあれば変われる

仕事行きたくない!家にいたい!は今すぐ実現できる

「仕事行きたくない!家にいたい!」

と思っている場合、これからの行動ひとつで実現可能です。

実際にWebデザインという仕事がどんな仕事なのか、一人で悩まずプロに相談してみましょう!

会社に行きたくないのは甘えではなく、「新たなチャンス」です!

 

【おすすめWEBデザインスクール】

デザインアカデミー』は完全オンラインで学べるのでコロナウイルス感染へ心配のいりません。
また無料カウンセリングがあり、1週間の無料体験レッスンも実施しているのでオススメです。

■『デザインアカデミー』の特徴
・即戦力を育てる超実践型のWEBデザインスクール
・プロの現役WEBデザイナー講師とカウンセリング担当の2名体制サポート
・無料カウンセリング実施中
・1週間の無料体験レッスンあり
・30日間の全額返金保証あり

【公式】https://design-academy.net/

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは

「転職時期はいつ頃をお考えですか?」

と聞かれるはずです。

この時に少しでも転職を考えている場合は

「良いところがあればすぐに転職したい」

と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント