そもそも『仕事したくない』は病気・甘えじゃない!転職して環境を変えるべき!

「仕事したくない…」

「ずっと働きたくないけど、病気かな?甘えてるだけ?」

 

仕事したくないと思う悩みを多くの人が抱えています。

そんな中で、「現状のままでいいのか?」「どうしたらいいのか?」わからない人向けに、気持ちの向き合い方や実際の対処法を解説していきます。

この記事を読むことで、あなたは「仕事したくない気持ち」の根本的な原因に向き合い、解決に向けてどう行動すればいいかがわかります。

全ての悩みや問題は、根本的な部分を改善しない限り、いつまで経っても変わりません。

【2020年4月:最新情報】

コロナウイルス』の影響で、
リーマンショック以上に経済が冷え込み、
転職の難易度が確実に上がります。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、早めに相談してください。

▼電話面談OK!
無料でリクルートに相談する

目次

そもそも仕事をしたくないのは甘えではなく「普通」|仕事したくない本当の原因

そもそも仕事をしたくないのは「普通」|仕事したくない本当の原因

結論からお伝えします。

あなたの「仕事したくない」という気持ちは、

普通であり、当たり前です。

 

そもそも仕事をしたくないと思っているのはあなただけではありません。

決して、一人で甘えだと思い悩まなくても大丈夫です。

 

ただ、仕事したくないという気持ちに向き合わない限り、一生悩み続けることになります。

その上、多くの人が抱いている仕事したくないという気持ちは、何が原因で沸き起こっているのか理解している人が非常に少ないのも事実なんです。

原因の部分をきちんと理解して、適切な対処を行うべきです。

仕事したくない本当の原因はあなたの中の「不満・不安」

あなたが仕事をしたくない本当の原因は、大きく2つ。

 

職場やプライベートを問わず、生活の中に

不満・不安

を抱えているからなんです。

 

人それぞれ抱く不満・不安は、周りの環境や現在勤めている会社やこなしている業務によって異なりますし、家庭の有無などによっても変わってきます。

現在、仕事をしている人とニート・無職で何もしていない人でも感じている不満・不安は大きく異なるでしょう。

例えば、実際に働いている人は

  • 職場の人間関係に対する不満
  • 給与の低さに対する不満
  • 労働時間・環境に対する不満
  • 仕事内容に対する不満

などを抱えがちです。

また、ニート・無職は

  • 職場の人間関係に対する不安
  • 給与の低さに対する不安
  • 労働時間・環境に対する不安
  • 仕事内容に対する不安
  • 働くことそのものへの不安

を抱えています。

これらの不満・不安が「仕事をしたくない」と思わせ、いわば病気のような症状を引き越します。

)もちろん、本当にうつなどの病気になってしまう人もいます。

   心身に異常を感じたら無理に仕事を続けず、半日だけでも会社を休み、病院で検査を受けましょう。

自分の体調は自分が一番わかるはずなので、無理は禁物です。

働いている人が仕事をしたくない理由4選とその対処法

働いている人が仕事をしたくない理由

働いている人が仕事をしたくないと思ってしまう原因と対処法について、それぞれ解説していきます。

自身がどんな不満・不安を抱えているのか照らし合わせながら読み進めて下さい。

  1. 職場の人間関係に対する不満
  2. 給与の低さに対する不満
  3. 労働時間・環境に対する不満
  4. 仕事内容に対する不満

①上司・同僚との人間関係に関する不満

職場における人間関係への不満は、最も多い不満とも言えます。

  • 上司がいつも理不尽な説教をしてくる
  • 上司や同僚とはウマが合わない

一日の大半を共に過ごす、職場の人間との人間関係は仕事のパフォーマンス・モチベーションに大きな影響を与えます。

人間関係に不満を持っているあなたには、以下の3つがおすすめです。

①人間関係悪化の原因があなた自身ではないか振り返る

人間関係が悪化したのはあなた自身が原因である可能性もあります。

例えば以下のような点です。

  • 上司や先輩の指導を聞き流す
  • 謝罪すべき相手にきちんと謝罪をしない
  • きちんと挨拶をしない

もし、あなたに原因が少しでもあるならば、そこを解決しなければ環境を変えた後も同じ問題に直面します。

②部署の異動を試みる

異動によって改善されるなら、部署異動も一つの手です。

将来の前向きな希望を交えて交渉しましょう。

理由は以下の3点です。

  • 不満を伝えるのは上司の心象が悪い
  • 異動が叶わなかった時に気まずい
  • 会社に退職を疑われる

「3年後に●●の仕事をするためには、今から●●の部署で経験を積むべきだと考えています。」

のように、仮に仕事をしたくないと思っていも、前向きな理由を伝えるべきです。

③転職活動を始めてみる

最もおすすめなのは、転職意欲の有無に関わらず、転職活動を始めてみることです。

転職を検討していない場合でも、転職活動を始める理由は下記の通りです。

  • 転職活動をして会社の「外」を知ることで視野が広がる
  • 転職活動をすることで、「いつでも辞められる」という気持ちになるため、人間関係での悩みが改善される
  • あなたが、人間関係に悩まずに働ける職場が見つかるかもしれない

少しずつであれば、今の仕事と並行して進めることは十分可能なはずです。

▼戦略的な転職活動を始める▼
失敗しない転職活動の方法はコチラ

※記事の後半に遷移します

② 給料の低さへの不満

給料は仕事のモチベーションを決定する重要な要素です。

  • 同世代と比較してもかなり給料が悪い
  • ボーナスが欲しい
  • 成果を出しているのに給料が上がらない

労働に対する対価も重要なポイントです。

人によっては、お金をもらうためだけに働いている方もいるでしょう。

給与に関する不満がある人は、以下の3つの行動をおすすめします。

①どんな給料なら満足して働けるかを整理する

給料に不満のある方は、具体的に理想の給料を設定してください。

今の年収を考慮して現実的な数字の範囲内で、できるだけ具体的に設定しましょう。

ex.:30歳で600万円、40歳で昇進したら800万円

目標値を設定すべき理由は、以下の通りです。

  • 社内で出世する可能性を残せる
  • 転職の際、希望の業種や職種を明確にできる
  • 長期的なキャリア・人生の計画を立てやすくなる

まずは給料の目標値をできるだけ具体的に設定してみましょう。

②社内で成果を上げても到達が厳しいか考える

設定した目標値に対して、それを社内で満たすことは可能かどうか考えてみましょう。

  • 成果が給料に反映しやすい部署に異動を願い出る
  • 昇給したら、目標値に到達できるかを計算する

まずは社内の仕事を頑張って、あなたの目標達成が可能かどうか、考えてみましょう。

まずは社内での目標達成を考える理由は、給料を上げて転職するためには、スキルや経験が求められるためです。

給料が部署異動で改善されるなら、異動を願い出るのも一つの手です。

③転職活動を始めてみる

最もおすすめなのは、転職意欲の有無に関わらず、転職活動を始めてみることです。

転職を検討していない場合でも、転職活動を始める理由は下記の通りです。

  • 転職活動をして会社の「外」を知ることで視野が広がる
  • 転職活動をすることで、「いつでも辞められる」という気持ちになるため、人間関係での悩みが改善される
  • あなたが、人間関係に悩まずに働ける職場が見つかるかもしれない

少しずつであれば、今の仕事と並行して進めることは十分可能なはずです。

▼戦略的な転職活動を始める▼
失敗しない転職活動の方法はコチラ

※記事の後半に遷移します

③労働条件・環境の不満

社会人にとって、生活の大半を占める仕事の労働条件、職場の環境はとても重要です。

  • 急な休日出勤が度々発生する
  • サービス残業ばかりで休めない
  • ノルマが非常に厳しい

労働条件が厳しいと、仕事もしたくないでしょう。

以下の3つの行動がおすすめです。

①どのような条件なら満足して働けるかを整理する

行動に移す前に、今の会社のどこに不満があって、どういった労働条件や環境ならあなたは満足できるかを整理しておく必要があります。

なぜなら、ただ現職に関する不満を持って転職しても、次の職場で同じことが起こる可能性があるためです。

②部署の異動を試みる

異動によって改善されるなら、部署異動も一つの手です。

将来の前向きな希望を交えて交渉しましょう。

理由は以下の3点です。

  • 不満を伝えるのは上司の心象が悪い
  • 異動が叶わなかった時に気まずい
  • 会社に退職を疑われる

「3年後に●●の仕事をするためには、今から●●の部署で経験を積むべきだと考えています。」

のように、仮に仕事をしたくないと思っていも、前向きな理由を伝えるべきです。

③転職活動を始めてみる

最もおすすめなのは、転職意欲の有無に関わらず、転職活動を始めてみることです。

転職を検討していない場合でも、転職活動を始める理由は下記の通りです。

  • 転職活動をして会社の「外」を知ることで視野が広がる
  • 転職活動をすることで、「いつでも辞められる」という気持ちになるため、人間関係での悩みが改善される
  • あなたが、人間関係に悩まずに働ける職場が見つかるかもしれない

少しずつであれば、今の仕事と並行して進めることは十分可能なはずです。

▼戦略的な転職活動を始める▼
失敗しない転職活動の方法はコチラ

※記事の後半に遷移します

④仕事内容への不満

特に、何年も同じ仕事内容の人は不満を持ちやすい傾向にあります。

  • ルーティーンワークばかりで給料も変わらない
  • 飛び込み営業で肉体的・精神的に辛い

仕事内容に不満があると、働く事が辛くなりますよね。

そんなあなたには以下の3点をおすすめします。

①どんな仕事内容なら不満なく働けるかを整理する

行動に移す前に、どんな仕事であれば満足して働けるのかを考えましょう。

なぜなら、今の仕事から逃げるために焦って転職をすることで、転職先の仕事内容にも不満を感じる恐れがあるからです。

②社内でその仕事をするのは難しいか考える

他部署にあなたが満足できる仕事があるなら、異動を申し出てみましょう。

将来の前向きな希望を交えて交渉しましょう。

理由は以下の3点です。

  • 不満を伝えるのは上司の心象が悪い
  • 異動が叶わなかった時に気まずい
  • 会社に退職を疑われる

「3年後に●●の仕事をするためには、今から●●の部署で経験を積むべきだと考えています。」

のように、仮に仕事をしたくないと思っていも、前向きな理由を伝えるべきです。

③転職活動を始めてみる

最もおすすめなのは、転職意欲の有無に関わらず、転職活動を始めてみることです。

転職を検討していない場合でも、転職活動を始める理由は下記の通りです。

  • 転職活動をして会社の「外」を知ることで視野が広がる
  • 転職活動をすることで、「いつでも辞められる」という気持ちになるため、人間関係での悩みが改善される
  • あなたが、人間関係に悩まずに働ける職場が見つかるかもしれない

少しずつであれば、今の仕事と並行して進めることは十分可能なはずです。

▼戦略的な転職活動を始める▼
失敗しない転職活動の方法はコチラ

※記事の後半に遷移します

そもそも働いてないニート・無職が仕事をしたくない理由5選とその対処法

ニート・無職が仕事をしたくない理由

ニート・無職で現在働いていないにも関わらず、仕事をしたくないと思ってしまうのも原因があります。

仕事をしたくないと思ってしまう原因の不安を取り除くことで、一歩前に進み出せる人も多くいます。

  1. 職場の人間関係に対する不安
  2. 給与の低さに対する不安
  3. 労働時間・環境に対する不安
  4. 仕事内容に対する不安
  5. 働くことそのものへの不安

① 人間関係が不安なあなたへ

現在働いていない人は、コミュニケーションを取ることが苦手な人もいます。

  • 人と話すのが苦手
  • 過去に人間関係のトラウマがある

一日の大半を共に過ごす、職場の人間とうまくやれるかは不安ですよね。

悩んでいるあなたには以下の2つの行動がおすすめです。

①とりあえず行動してみる

まずは行動してみましょう。

その際、過去に人間関係に苦しんだ経験を持つ方は、その時の振り返りを一度行いましょう。

以下の2点のように、あなたが変われば状況は変えられた可能性はありませんでしたか。

  • 自分からコミュニケーションを取らなかった
  • 挨拶をしていなかった
  • 迷惑をかけても謝罪しなかった

あなたが原因で人間関係が悪くなってしまったのであれば、原因を突き止めてその部分だけ改善するだけでも、うまくいく可能性が高まります。

次の職場は人間関係がゼロから始められます。

失敗経験をうまく活かして、人間関係を築きましょう。

▼とりあえず気になる仕事を探してみる▼
失敗しない転職活動の方法はコチラ

※記事の後半に遷移します

②合わなければ無理しなくてもいい

一度、働いてみてキツい場合は環境を変えても問題ありません。

部署異動や転職等、人間関係をリセットできるチャンスはいくらでもるので、失敗を次の転職活動の際に活かせれば、「意味のある経験をした」ことになります。

②給料の低さに関する不安

例えばこんな方に当てはまります。

  • 同世代と比較してもかなり給料が悪い会社への入社が決まった
  • 自分が働いても、ちょっとしか稼げないんじゃないか

労働に対する対価が低いと働く気も失せますよね。

こんなあなたには以下の3つの行動をおすすめします。

①どんな給料なら満足して働けるかを整理する

給料に不満のある方は、給料の目標値を設定してください。

今の年収を考慮して現実的な数字の範囲内で、具体的に設定しましょう。

例えば、「30歳で〇〇万円、40歳で・・・」といった形です。

目標値を設定する理由は、以下の通りです。

給料の目標値を設定する理由

  • 人生の目標の一つになるから
  • 目標給料から逆算して仕事を考えればいいから

以上のことから、まずは給料の目標値を設定しましょう。

②とりあえず行動してみる

給料が安い仕事に従事することは気が進まないと思いますが、一度飛び込むべきです。

  • 社内で出世や高い成果を出せば、一気に給料が上がるチャンスがあるから
  • 次の職場で経験を積めば、その会社を踏み台により高待遇な転職ができる可能性があるから

最初は低めの給料でも、出世したり、成果を出せれば目標の給料に到達できるという可能性はゼロではないと思います。

また、次の職場でスキルを身につければ、他の給料の高い会社に転職できる可能性も発生します。

以上のことから、給料に不満があっても、将来の目標達成のために行動してみるべきです。

▼とりあえず気になる仕事を探してみる▼
失敗しない転職活動の方法はコチラ

※記事の後半に遷移します

③合わなければ無理しなくてもいい

もし、働き始めても給料の目標値の達成が見込めなければ、すぐに転職をしても構いません。

仕事をしながら転職活動をして、もし納得のいく待遇の会社が見つかったら応募してください。

 その時は、「過去の仕事でどういった経験したか、何を学んだか、何ができるか」を明確にしておけば、同じ失敗を繰り返さずに済みます。

③労働条件・環境に対しての不安

例えばこんな方に当てはまります。

  • ブラックと評判の会社から内定をもらった
  • 前の会社のノルマが非常に厳しくてトラウマだ

労働条件が厳しい環境に飛び込むことは勇気が必要です。

労働条件で悩んでいるあなたには、以下の3つの行動がおすすめです。

①どんな条件なら満足して働けるかを整理する

行動に移す前に、次の仕事のどこに不満があって、どういった労働条件や環境ならあなたは満足できるかを整理してください。

なぜなら、目先の会社への不満のみで焦って進路を決めてしまうことで、また違った不満が出てきたり、今潜在的に不満に感じている悩みが大きくなってしまう可能性があるためです。

②一度チャレンジしてみる

一見、キツそうな環境でも、初めて見れば案外そうでもなかったり、逆にいい面を見つけられる可能性があります。

そこで、大変かとは思いますが、「合わなければすぐに辞めてもいい」と軽い気持ちで仕事をしてみましょう。

案外、仕事を初めて見れば細かいところも気にならなくなります。

▼とりあえず気になる仕事を探してみる▼
失敗しない転職活動の方法はコチラ

※記事の後半に遷移します

③合わなければ無理しなくてもいい

一度、働いてみて合わない場合はすぐに辞めてもOKです。

部署異動や転職等、環境を変えるチャンスはいくらでもあるので、その度に何が不満だったかを振り返り、次の転職で生かせればいいのです。

④仕事内容への不安

仕事内容も非常に重要な要素ですよね。

  • 希望職種とは異なる職種での採用になるかも
  • 辛い仕事しか割り当てられないかも

仕事内容に不満があると、働く事は非常に辛いです。

仕事内容に関する不安を持つあなたには、以下の3点がおすすめです。

①どのような仕事内容なら不満なく働けるかを整理しておく

行動に移す前に、どんな仕事であれば満足して働けるのかを考えましょう。

なぜなら、次の仕事から逃げるために焦って進路を変えると、あなたはどんな仕事を求めているのかがはっきりしないままになるからです。

②とりあえず行動してみる

仕事内容に不満があるのに無理して従事することはモチベーションが低くなるかと思いますが、一度飛び込むべきです。

理由は以下の3点です。

  • やってみると、想像と違って仕事内容に興味が湧く可能性がある
  • 次の職場で経験を積めば、踏み台にして仕事内容が合う会社に転職できる可能性がある
  • 仕事が評価されれば、やりがいのある仕事を任される可能性がある

以上のことから、仕事内容に不満があっても、一度はチャレンジしてみましょう。

▼とりあえず気になる仕事を探してみる▼
失敗しない転職活動の方法はコチラ

※記事の後半に遷移します

③合わなければ無理しなくてもいい

もし、働き始めても仕事内容の改善が見込めなければ、すぐに辞めてしまってOKです。

もし納得のいく待遇の会社が見つかれば、また応募してみましょう。

その時は、「過去の仕事でどういった経験したか、何を学んだか、何ができるか」は必ず問われるので、振り返りだけしておけば問題ありません。

⑤働くことそのものへの漠然とした不安・疑問

そもそも、仕事したくないという気持ちには働くことに関する漠然とした不安・疑問を持つ方もいます。

  • なぜ自分の時間を使ってしたくない仕事をやるのかが理解できない
  • 両親や配偶者が養ってくれる

働く意義を見出せないと働くモチベーションは出ません。

そんなモヤモヤを抱えているあなたには、以下の2つの行動をおすすめします。

①とりあえず行動してみる

働く意義を見出せない方は、言い換えれば、「働く必要がない方」でもあるかもしれません。

むしろ、今働く必要がないから仕事したくない状況にある人は恵まれています。

なぜなら、リスクを取って失敗しても生きていけるからです。

だからこそ、就職先選びで失敗したら、すぐに辞めてしまえばいいのです。

いつか本当に働く必要が出てきた時に、「働く必要がないから何もしなかった人」と「リスクの高い選択をたくさんして失敗してきた人」では後者の方が有利です。

あなたは、幸せな立場にいることを忘れず、一度トライしてみましょう。

▼とりあえず気になる仕事を探してみる▼
失敗しない転職活動の方法はコチラ

※記事の後半に遷移します

②合わなければ無理しなくてもいい

一度、働いてみて合わない場合は、すぐに環境を変えても問題ありません。

部署異動や転職等、やり直せるチャンスはいくらでもあります。

そもそも、人生で失敗せずに生きる方が難しいので、失敗したら振り返りを行い、次に生かせればOKです。

仕事をしたくないと思う時間を最小限にするなら、『戦略的』に転職をすべき

仕事をしたくないと思う時間を最小限にする方法は『戦略的』に転職をすべき

どんな職場で働いていても、どんな仕事をしていても、絶対に仕事したくないと思うタイミングはあります。

つまり、仕事したくないという気持ちをゼロにすることはほとんど不可能に近いのです。

なぜなら、楽しい・やりがいがあると感じている仕事ですらも成果が伸び悩んだり、上司に怒られたりすると、

「今日は仕事したくないな」

「今はあまり頑張る気分になれないな」

というタイミングがやってくるからです。

 

ただ、仕事したくない時間を最小限にすることは可能です。

それは、自身の性格やスキルを客観的に分析し、理想の人生・キャリアを考慮した上で、転職することです。

あなたの希望の条件に合った職場でやりたい仕事を行うことができれば、仕事したくないと考える時間を極限まで減らすことが可能です。

そのためには、ただ闇雲に転職活動をしてはいけません。

戦略的に転職活動を行うことが必須なのです。

『戦略的』な転職活動には転職エージェントを「使い倒す」のが鉄則

戦略的に転職活動を行うためには、転職に関するプロである、転職エージェントに相談をしながら転職活動を行うのが鉄則です。

転職活動は人生の中で何度も経験するようなことではありません。

だからこそ、転職のプロに相談をすることで、限りなく失敗する確率を上げていくことが重要です。

 

転職エージェントとは、「転職活動の際に必要になる作業の大部分を代行してくれる」サービスです。

具体的に、転職エージェントに相談することで、以下のサポートを無料で受けることができます。

  • 転職相談
  • 求人案件の紹介
  • 応募書類・履歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接日程(スケジュール)の調整
  • 年収交渉

自分で転職サイトを利用するだけではたどり着けない情報を提供してもらえたり、志望する企業の傾向に合わせた対策を無料で行うことができます。

そのため、一人で転職活動をするよりも、圧倒的に自分に合う会社に出会える確率・転職成功率が高くなります。

 

初めての転職が不安な人はもちろん、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありません。

それでは、具体的な転職エージェントの活用方法について解説を進めていきます。

そもそも仕事したくないという気持ちを減らすための転職方法

仕事したくないという気持ちを減らすための転職方法

下記で解説するポイント「だけ」、忠実に行うことで、満足のいく結果を得ることができます。

オリジナリティな転職活動は必要ありません。

徹底的に真似をしましょう。

転職エージェントを選択する時のポイント

失敗しない転職活動を実現するために、転職エージェントを利用する際は、

転職エージェントは必ず、

3社以上を併用

してください。

 

実際に、人材大手リクルートによる調査でも、転職エージェントを複数利用している求職者の方が、転職活動の成功率が高いことが実証されています。

転職決定者の平均転職エージェント利用社数は4.2社です。

転職エージェント利用調査

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

転職エージェントの3社以上登録することによるメリットは以下です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

1社の転職エージェントから紹介してもらえる求人案件は3社前後です。

幅広く求人を検討するためにも、3社以上に登録することをおすすめします。

おすすめの転職エージェント

転職賢者が本気でおすすめしている転職エージェントについてご紹介します。

前述の通り、エージェントはバランスよく3社以上を利用して、幅広く業種・業界を検討しましょう。

転職エージェントの利用が不安な方へ

決して、背伸びをして自分をよく見せようとする必要はありません。

パートナーとなる相手に、自分をよく見せようとすると、かえって転職活動の失敗を招きかねません。

最初に登録した情報でいきなり求人を紹介されることはありませんし、職務経歴書はキャリアアドバイザーに相談しながら、一緒に作成すればいいのです。

土・日でも利用可能ですよ!

まずは登録して、転職エージェントの指示を待ちましょう!

※登録の際、在職中の方は備考欄に
●時以降なら電話対応
と記載しておけば、仕事中に連絡が来て現職にバレることはありません

まず、絶対に登録すべき総合型転職エージェントをご紹介します。

現職(前職)での雇用形態に関わらず、登録が可能です。

いずれも3分程度で登録が完了します。

【おすすめ転職エージェント】

■『リクルートエージェント
・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
【公式】https://www.r-agent.com/
■『DYM就職
・第二新卒(20代)/フリーター/ニート向き

【公式】https://www.dshu.jp/
■『JACリクルートメント
・年収600万円以上のハイクラス人材向き
【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
■『マイナビエージェント
・20代/30代のサポート体制が充実!
【公式https://mynavi-agent.jp

※もし、迷ってしまったら…?
どのエージェントに相談するか迷った場合、最低でも下記の2社に相談すれば間違いありません。
①『リクルートエージェント
・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
【公式】https://www.r-agent.com/
②『マイナビエージェント
・20代/30代のサポート体制が充実!
【公式https://mynavi-agent.jp/
また、下記のページでは、タイプ別におすすめの転職エージェントをまとめています。

おわりに|そもそも『仕事したくない!』気持ちはみんな持ってる!

おわりに|そもそも『仕事したくない!』気持ちはみんな持ってる!

仕事したくない人に向けて、失敗しない転職方法のアドバイスも交えながら解説してきました。

仕事したくないと感じている時に、無理に働く必要はありません。

しっかりと休息を取ったり、一度立ち止まってこれからについて考えることも立派な「仕事」です。

ぜひ、今の環境に少しでも不安や不満がある方は、これからのキャリア・人生について転職エージェントに相談することをおすすめします。

【おすすめ転職エージェント】

■『リクルートエージェント
・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
【公式】https://www.r-agent.com/
■『DYM就職
・第二新卒(20代)/フリーター/ニート向き

【公式】https://www.dshu.jp/
■『JACリクルートメント
・年収600万円以上のハイクラス人材向き
【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
■『マイナビエージェント
・20代/30代のサポート体制が充実!
【公式https://mynavi-agent.jp

※もし、迷ってしまったら…?
どのエージェントに相談するか迷った場合、最低でも下記の2社に相談すれば間違いありません。
①『リクルートエージェント
・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
【公式】https://www.r-agent.com/
②『マイナビエージェント
・20代/30代のサポート体制が充実!
【公式https://mynavi-agent.jp/
また、下記のページでは、タイプ別におすすめの転職エージェントをまとめています。

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは

「転職時期はいつ頃をお考えですか?」

と聞かれるはずです。

この時に少しでも転職を考えている場合は

「良いところがあればすぐに転職したい」

と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント