会社の辞め方&失敗しない転職方法を徹底解説!【理想のスケジュール】

「会社辞めたいけど、そもそも辞め方知らない」

「辞め方がわからないと退職も転職も進まない」

「誰か細かい手順も辞め方を教えて…」

 

会社を辞めたいと思っても、初めてだとまず何をしたらいいかわからないはずです。

それに、転職を人生で何十回も経験している人は滅多にいないし、繊細な話だから辞め方を周りに聞くのは気が引ける。

でも、もう大丈夫!

 

この記事では、

  • スムーズな会社の辞め方とその手順

について、細かなポイントも含めて解説していきます。

【2020年4月:最新情報】

コロナウイルス』の影響で、
リーマンショック以上に経済が冷え込み、
転職の難易度が確実に上がります。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、早めに相談してください。

リクルートエージェントは感染拡大を防ぐために、電話面談が可能です。

▼優良求人は早い者勝ち!
無料でリクルートに相談する

会社の辞め方・手順と大まかなスケジュール

会社の辞め方・手順と大まかなスケジュール

法律上は、2週間(14日)前に会社に退職することを退職することができます。

しかし、あくまで「民法上」そのように定められているだけであり、スムーズに会社を辞めるためには、事前にスケジュール立てて退職を遂行する必要があります。

実際のところ、会社を辞めるならば、少なくとも2〜3ヶ月程度の余裕を見て行動し始めるのがベストです。

会社を辞めるまでのおおよその流れは、以下の通りです。

  1. 退職プランの計画
  2. 退職を切り出す
  3. 退職交渉
  4. 退職願・退職届を出す
  5. 引き継ぎと挨拶

それぞれ、以下で詳しく解説していきます。

①退職プランの計画(3ヶ月〜半年前)

まずは退職までのスケジュールを立てるために、就業規則をチェックしましょう。

会社によって、就業規則が少しずつ異なるので、あなたの会社の就業規則はどうなっているのかを把握してください。

 

退職までのプランを立てておけば、気持ちに余裕を持って転職活動を進めることができます。

一例として、退職までの計画を立てた場合には、以下の様になります。
※会社や状況によって前後するものの下記のスケジュールで行動すれば間違いないです

【実施項目】 【時期】 【ポイント】
1 退職プランの計画 3ヶ月〜半年前まで 転職先探しを始める
2 退職を切り出す 1〜2ヶ月前まで 必ず直属の上司に申し出ること
3 退職交渉 1ヶ月半〜1ヶ月前まで 1度交渉した後も進捗確認を怠らないこと
4 退職願・退職届を出す 1ヶ月前まで 会社によっては退職願を出さなくて良いことも
5 引き継ぎと挨拶 1ヶ月前〜当日まで 後任に迷惑をかけないための余裕を持ったスケジュールで

なお、転職を考えている人は、資金面・心理面で余裕を持つためにも、よほど大きな貯金がある人以外は、現職にいるうちに転職活動を始めるべきです。

転職活動を始める際は、以下のように逆算スケジュールで考えましょう。

  1. 転職予定日・入社時期を決める(内定が出てから1〜2ヶ月は待ってくれる会社が多い)
  2. 退職のタイミングを決める(あなたが退職しやすい時期を決めてください)
  3. 入社(内定)時期から逆算して転職活動の時期を決める

②退職を切り出す(1〜2ヶ月前)

退職の意思表示は、直属の上司に「口頭」で伝えください。

最近では、メールや電話、LINEで伝える人もいる様ですが、必ず口頭で伝えましょう。

そして、アポをとる相手は必ず「直属の上司」です。

直属の上司以外にアポを取ってしまうと、伝えるべき人より先に別の人に伝わる形となり、印象が非常に悪くなります。

軽い気持ちで、同期や先輩をはじめとする同僚に口外することも絶対に避けてください。

たとえ直属の上司が原因で会社を辞めたい場合でも、会社という組織を無視した行動は避けるようにしましょう。

③退職交渉(1ヶ月半〜1ヶ月前)

直属の上司に退職の意思を伝えると、ほとんどの場合さらに上の役職の人間や人事担当者も交えて退職交渉に入ります。

退職交渉は、「退職する意思をを承諾してもらう」ための交渉です。

退職交渉では「君がいなくなったら困る」「◯月まで待ってくれ」と言われて引き止めにあう可能性が十分にあります。

しかし、もしこのような言葉で引き止められても、口にした以上は絶対に引き下がらないでください。

 

また、退職交渉を行う際にも、いくつか注意しておきたいポイントがあります。

  1. 退職理由は説明しすぎない:変に説明しようとして、話がこじれるの防ぐため
  2. 転職先は明かさない:転職先の悪い噂を吹き込まれたり、クレームを入れられることがあるため
  3. 退職日と最終出社日を「○日」と明確に伝える:会社側も人員補充などの計画が立てやすくなるため
  4. 口頭で伝えた内容はメールなどで証拠を残す:「言った言わない」をなくすため

もし、ここで説得に負けて今の会社に残っても「あの人は会社を辞めたがっている」と白い目で見られてしまう確率が高いです。

一度「辞める」と口に出したら、後に引き下がらないようにしましょう。

また、退職交渉は1日で終わることはほとんどなく、相手を変えて複数回行われる可能性があることも覚えておきましょう。

もし、自分で退職交渉をする勇気がない場合には、退職代行サービスを利用するのも一つの手です。

退職願・退職届を提出(1ヶ月前)

退職交渉が終了したら、直属の上司に退職願を提出します。

おそらく、上司から「退職願を○日までに書いて」と指示が出ます。

念のため、自分で就業規則を確認し、退職希望日の何ヶ月までに提出する必要があるのかを確認してください。

ここで、注意しておきたいのが、退職時に提出する書類には「退職願」「退職届」「辞表」があります。

それぞれ、意味が異なるので、この機会に覚えておきましょう。

【特徴】
退職願
  • 会社と合意のうえで「会社を辞めたい」と願い出る書式
  • 会社に承諾されたら退職が決定する
退職届
  • 「会社を辞める」と通告する書式
  • 提出後は最短2週間での退職が可能
辞表
  • 社長や取締役などが辞める意思を表明するための書式
  • 一般社員の退職の場合は提出する必要なし

基本的に辞表を提出するケースはほとんどの人にはないため、退職願と退職届のどちらを出すのか、会社の指示に従ってください。
※最近は、退職届だけでOKな企業もある様です

 

退職をしたい場合は、合意のもとに「退職願」を提出します。

退職願には、退職希望日を記載してください。

退職を承認されたら、業その上で正式な退職日を決めます。

そして、退職日の2週間前までに「退職届」を提出しましょう。

万が一、提出後に受理されなかったとい場合でも、冒頭でお伝えした通り提出から2週間経過すれば、法律上退職することは可能です。

ただ、トラブルの可能性を少しでも低くしたいのであれば「退職届を出して2週間で辞める」のは避けた方が良さそうです。

引き継ぎや有給休暇の消化、身の回りの整備(1ヶ月前〜当日)

無事に退職することが決まれば、業務の引き継ぎと有給休暇の消化を行います。

引き継ぎのポイントは、以下の通りです。

  • 後任者がいて直接引継ぎ可能なら、一緒に作業をする時間を取ること
  • 社内・社外の関係者への挨拶には、必要に応じて後任者を連れて行く

有給休暇を消化するのは、上記が完了してからにしてください。

 

また、社内の私物は持ち帰ったり、会社から貸与されている物もきちんと返却しましょう。

そして、最終日は社内でお世話になった方々への挨拶も忘れずに行ってください。

会社の辞め方における失敗しないための重要なポイント4選

会社の辞め方における失敗しないための重要なポイント4選

ここまで、会社の辞め方・手順を紹介しましたが、手順通りに進めていく中で、注意すべきポイントがあります。

ここからは、多くの人が会社を辞める際に悩みがちな4つのポイントを解説します。

  1. 退職年月日
  2. 会社内での手続き
  3. 公的手続き(保険、年金、税金)
  4. 退職の理由

これらのポイントを押さえておくと、損することなく、円満に会社を辞めることができるため、必ず確認してください。

ポイント①退職年月日

会社を辞める日(退職年月日)は、まずは「退職希望日」として自分で決めます。

退職年月日を決める際に注意したいのが、以下の3点です。

  1. 退職金
  2. 賞与
  3. 保険料

① 退職金

退職金については法律の定めがないため、会社の就業規則に委ねられていると言えます。

あと数ヶ月待てば金額が上がる可能性もあるため、確認してから退職年月日を決めましょう。

また、会社によっては退職金規定がないという場合もあるため、退職金が支給されるかどうかも事前に確認してください。

② 賞与

賞与に合わせて退職日を決めるならば、まずは会社の『ボーナス支給規定』で賞与算定期間・賞与支給時期を確認しましょう。

確実に賞与をもらってから退職するポイントは、賞与支給「後」に退職届を提出することです。

賞与の金額が決まる前に退職を申し出てしまうと、減額される可能性があるので注意してください。

③ 社会保険料

社会保険の資格喪失日は、「退職日の翌日」です。

そのため、月末の前日までに退職する場合と、月末に退職する場合では、保険料の支払いが大きく変わってくるのです。

ポイント②会社内での手続き

退職手続きには、会社内での手続きと公的な手続きの2種類があります。

まず、会社内での手続きで「受け取るもの・返却するもの」を解説します。

転職をする機会は何度もあるわけではなく、普段見慣れない言葉が飛び交うので、確認しながら一つ一つ対応してください。

退職時に会社から受け取るもの

会社から受け取るものと、その後に対応すべきことは以下の通りです。

受け取るもの 役割 転職先が決定済みの場合 転職先が未定の場合
離職票 退職した事実を証明 確認のみ 失業保険の申請のためにハローワークに提出
雇用保険被保険者証 雇用保険への加入を証明 転職先に提出 確認のみ
年金手帳 厚生年金への加入を証明 転職先に提出 国民年金の加入手続きのために居住区の市区町村役場に提出
源泉徴収票 所得税の年末調整 転職先に提出 所得税の確定申告のために居住区の税務署に提出

すぐに転職しない場合、自分で国民年金・国民健康保険に加入する必要があります。

 

もし、退職後すぐに転職しない場合は、以下の書類の用意が必須なので注意してください。

  • 退職証明書
  • 健康保険・厚生年金被保険者資格損失証明書

退職時に会社に返却するもの

退職時に会社に返却するもののリストは、以下の通りです。

  • 健康保険証(保険証)
    ⇒ 退職すると脱退扱いのため、無効になる保険証は返却する
  • 身分証明書(社員証、カードキー)
    ⇒ その会社の社員である証明書になるものは全て返却する
  • 自分の名刺、取引先の名刺
    ⇒ 基本は全て返却。※人脈作りを目的に保管したい場合は、必ず会社に確認する
  • 書類やデータ
    ⇒ 業務機密漏洩を防ぐために、全て返却・破棄・消去する
  • 会社の費用で購入したもの
    ⇒ 会社の所有物なので持ち帰らない ※気づかず持ち帰ると窃盗になってしまいます
  • 制服・作業着
    ⇒ 会社指示のもと返却

ポイント③公的手続き(保険・年金・税金)

公的な手続きが必要になるのは、 退職してから転職活動を始める人です。

会社を退職すると健康保険や厚生年金保険の被保険者ではなくなるため、自分で加入手続きをする必要が出てきます。

やるべきことは、以下の4つです。

  1. 失業保険の給付手続き
  2. 健康保険の切替手続き
  3. 年金の変更手続き
  4. 税金(住民税・所得税)の支払い手続き

①失業保険の給付手続き

会社を辞めた人は、失業保険を受け取ることができるので、そのための手続きを忘れずに行ってください。

失業給付金を受け取るには、 以下の3つの条件を満たしている必要があります。

  1. 失業状態である
  2. 退職日以前の2年間に通算12ヶ月以上、雇用保険に加入している
  3. ハローワークに求職の申し込みをしている

提出期間日、提出先、準備するものは以下の通りです。

手続き 提出期間日 提出先 準備するもの
失業保険の
給付手続き
離職票が交付されたら出来るだけ早めに 居住地域を管轄するハローワーク
  • 雇用保険被保険者証
  • 離職票1
  • 離職票2
  • 身分証明書(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 印鑑
  • 写真2枚(直近3ヶ月以内、縦3cm×横2.5cm
  • 本人名義の普通預金通帳

失業保険の給付額は、退職理由(自己都合なor会社都合なのか)、退職前の6ヶ月の賃金はいくらだったのか、によって異なります。

手続きの手順は以下の通りです。

  1. ハローワークに行き、求職申し込み&離職票の提出
  2. 7日間待機する ※アルバイトなども厳禁
  3. 失業認定日に雇用保険受給説明会に出席
  4. 初給付を待つ
  5. 以降4週間に1度、書類申請&面談。その後1週間程度で給付

②健康保険の変更手続き

退職後の健康保険は、以下の3つの中から1つ選ぶことになります。
※いずれも医療の一部費負担金は3割

  1. 加入していた健康保険の任意継続被保険者制度を利用:退職後も在職中と同じ健康保険の被保険者資格を継続できる制度
  2. 国民年金保険に加入:市区町村が保険者となる健康保険
  3. 家族の扶養に入る:あなたの年収が130万円未満の場合、家族が健康保険の被保険者になっている&あなたの年収の倍以上であれば、要件を満たせば家族の被扶養者になれる可能性あり

それぞれ提出期間日、提出先(場所)、準備するものが異なるので注意してください。

手続き 選択肢 提出期間日 提出先・場所 準備するもの
健康保険の変更手続き それまで加入していた健康保険の任意継続被保険者制度を利用 退職してから20日以内 会社または健康保険組合(郵送も可)
  • 健康保険任意継続被保険者資格取得申出書
  • 住民票
  • 1ヶ月分の保険料
  • 印鑑
国民健康保険に加入 退職してから14日以内 居住地の市区町村役所の健康保険窓口
  • 健康保険資格喪失証明書
  • 各市町村で定められた届出書
  • 身分証明書(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 印鑑
家族の扶養に入る できるだけ早く 家族の勤務先
  • 世帯全員の住民票(被保険者と別姓の場合)
  • 源泉徴収票
  • 退職証明書or離職票のコピー
  • 失業保険や年金を受給している場合は、受領金額がわかるもののコピー

③年金の種類別変更手続き

20〜60歳までの国民は、国民年金の被保険者になります。

在職中は自動的に天引きされていましたが、失業中は国民年金に加入して支払う必要があります。

第2号被保険者(会社在職中)から、第1号or第3号被保険者に変更する必要があります。

  1. 第1号被保険者:条件は特になし
  2. 第3号被保険者:条件あり「配偶者が第2号被保険者である」「退職者の収入が年収130万円未満(60歳以上や一定の障害者は180万円未満)である」

変更するための提出期間、提出先(場所)、準備するものは以下の通りです。

手続き 提出期間日 提出先(場所) 準備するもの
第1号被保険者に変更 退職から14日以内 居住地の市町村役場
  • 年金手帳
  • 離職票or退職証明書
  • 身分証明書(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 印鑑
第3号被保険者に変更 できるだけ早く 家族の勤務先
  • 国民年金第3号被保険者該当届
  • 世帯全員の住民票(被保険者と別姓の場合)
  • 源泉徴収票
  • 退職証明書or離職票のコピー
  • 失業保険や年金を受給している場合は、受領金額がわかるもののコピー

④税金(住民税・所得税)の支払い手続き

税金支払いの手続きには、住民税と所得税のそれぞれの手続きが必要です。

まずは住民税について確認していきます。

住民税は「1〜12月までの1年間の所得に対して課された税額」を、「翌年の6月〜翌々年5月」までに後払いで納める仕組みになっています。

在職中は給与から天引きされて納税しているので、住民税を納付している感覚がないかもしれませんね。

しかし、退職後は支払い区切りである5月までの残額を自分で納める必要があります。

住民税の納税方法は、退職する月によって以下のように異なります。

退職月 住民税 支払い方法
6〜12月 前年の所得に対して課された税額のうち、翌年5月までに納める残額を退職時に一括払いするか分割払いするか選んで退職する会社に伝える
  • 一括:最終月の給与、退職金から住民税の納税額を天引きするかなどを会社と相談
  • 分割:後日役所から送付される納税通知書に従って自分で支払う
1〜5月 前々年の所得に対して課された住民税の税額のうち、5月までに納めるべき残額を退職時に一括払い
  •  6月1日付で再就職している場合:前年分の住民税は転職先企業での給与から天引きされる
  • それ以外の場合:役所から送られてくる納税通知書にしたがって自分で納税

続いて、所得税について解説していきます。

所得税はあらかじめ1年の総収入を想定して、それを月割りして源泉徴収されています。

そのため、退職後に1ヶ月以上給与をもらっていない失業期間がある場合、所得税を多く納めていることになります。

余分に支払った所得税は返してもらえますが、その手続きは 年内に再就職したかどうかで異なります。

再就職 所得税の支払い方法 準備するもの
1年以内に再就職した 再就職先の会社で年末調整
  •  生命保険・医療費などの各種控除証明書
  • 以前の会社の源泉徴収票を提出
2年以内に再就職できなかった 翌年の確定申告の時期に居住地管轄の税務署で確定申告
  • 確定申告書
  • 前の会社の源泉徴収票
  • 生命保険・医療費などの各種控除証明書
  • 印鑑
12月に再就職が決まったが年末調整に間に合わなかった

ポイント④退職の理由

退職理由は以下のような 「前向き」「会社側ではコントロールできない」理由にすると引き止められにくくなります。

以下が、前向きな理由の一例です。

  • 興味を持った分野に特化し、よりスキル・専門性を高めたい
  • 新しい環境で自分の力を試したい
  • 個人開業したい

また、会社側でコントロールできない理由の一例は以下です。

  • 介護に専念しないといけなくなった
  • 結婚が決まり、パートナーの転勤先についていく
  • 家業を継ぐ
  • 健康状態が悪化した

逆に、給料が低い、職場の雰囲気が合わないなど、会社の力でどうにかできる退職理由にしてしまうと、「賃金アップ」や「部署移動」などの条件をつけて引き止められる可能性が高いので注意しましょう。

会社の辞め方は理解したけど、言い出す勇気が出ない人へ

会社の辞め方は理解したけど、言い出す勇気が出ない人へ

ここまでで、会社の辞め方は理解したけれど、実際には自分で踏み出すことができない人も多いはず。

そんな状況でも諦めてはいけません。

今すぐ「退職代行サービス」に相談してください。

退職代行サービスを利用しよう

退職代行サービスとは、「あなたの退職に関わる事務手続きを代行してくれるサービス」のことを指します。

 

退職代行サービスを利用することには以下のメリットがあります。
※以下、サービスによって若干内容が異なる場合もあります

  • 事前の無料相談が可能
  • 金額が安い(3~5万円程度)
  • 会社の人と顔を合わせずに退職できる
  • 有休消化についても交渉してくれる
  • 辞められなかったら全額返金保証つき
  • 即日退職が可能
  • 親にバレない
  • 退職成功率が95%以上
  • 会社から訴えられたり、損害賠償請求される心配がない

()最近は格安の退職代行サービスを名乗る悪質な業者が急増しているので注意してください

その中でも、今回ご紹介する『EXIT』は、会社としての知名度・実績共に自信を持っておすすめできるサービスです。

EXIT』は、メディアに何度も取り上げられている非常に知名度が高いサービスです。

NHKの『クローズアップ現代』で特集が組まれたり、名称が同じ、人気お笑い芸人のEXITともコラボしています。

また、最近では代表の新野俊幸氏が某恋愛リアリティ番組に出演していることでさらに知名度が上がっています。

EXITの特徴は、LINEで相談ができ、思った時に気軽に相談可能な点です。

LINEで「会社を辞めたい」「もう二度と上司と顔を合わせたくない」など、辞めたいという気持ちを伝えるだけで、会社への連絡は EXIT が代行してくれます。

相談は全て無料ですし、実際に依頼する場合は、退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOKです。

基本的に退職に関わる一切の行為を代行してくれます。

あなたがやる必要があるのは、「相談」と「支払い」の2つのみでOKです。

利用料金
  • 正社員・派遣:5万円
  • アルバイト・パート:3万円
追加料金 一切なし
対応地域 全国
対応日時 24時間365日
連絡方法 電話・メール・LINE
対応期間 退職完了まで
公式サイト https://www.taishokudaikou.com/

自力で辞めることができそうにない方は、一度無料で相談してみることをおすすめします。

退職代行を使うならEXIT!

『EXIT
抜群の地名度と実績!LINEで気軽に相談!
【公式
https://www.taishokudaikou.com/

おわりに|会社の辞め方は手順を守りさえすれば失敗しない!

おわりに|会社の辞め方は手順を守りさえすれば失敗しない!

以上の辞め方を確認しながら実行に移せば、確実にスムーズに退職することができるでしょう。

会社とはいえ、交渉を進める上司も「人」なので、大抵の場合は、交記載のポイントを守れば問題ありません。

また、後任や同僚への対応も抜かりなく実施してください。

もし、それでも自身での退職が難しい場合には、すぐに退職代行サービスを利用すべきです。

今回ご紹介した『EXIT』は、前述の通り会社としての知名度・実績共に自信を持っておすすめできるサービスです。

退職代行を使うならEXIT!

『EXIT
抜群の地名度と実績!LINEで相談!
【公式
https://www.taishokudaikou.com/

以下では失敗しない転職活動に利用必須の転職エージェントをまとめています。

登録が済んでいない方は、今すぐ登録して転職活動も始めましょう。

相性の良さそうなエージェントだけ利用するのがおすすめです。

【おすすめ転職エージェント】

特に『リクルートエージェント』はコロナウイルス感染を防ぐため、電話面談を実施しているのでオススメです。

■『リクルートエージェント
・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
【公式】https://www.r-agent.com
■『マイナビエージェント
・20代/30代のサポート体制が充実!
【公式https://mynavi-agent.jp
■『パソナキャリア
・手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp
■『リクナビNEXT』※転職サイト
・圧倒的No1の求人数!
【公式】https://next.rikunabi.com

※もし、迷ってしまったら…?
どのエージェントに相談するか迷った場合、最低でも下記の2社に相談すれば間違いありません。
①『リクルートエージェント
・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
【公式】https://www.r-agent.com
②『マイナビエージェント
・20代/30代のサポート体制が充実!
【公式https://mynavi-agent.jp
また、下記のページでは、タイプ別におすすめの転職エージェントをまとめています。

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは

「転職時期はいつ頃をお考えですか?」

と聞かれるはずです。

この時に少しでも転職を考えている場合は

「良いところがあればすぐに転職したい」

と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント