退職の伝え方・切り出し方で失敗しないためのコツ!円満退職したい!

「退職したいけど伝え方がわからない」

「円満退社したいけど、どう切り出したらいいのかな」

「退職したい気持ちはあるのに、、」

 

このままでは、あなたは一生同じことを言い続けて社会人生活を終えるでしょう。

あなたの社会人生活、
このままダラダラ終えますか?

 

この記事では、

  • 円満退職するための退職の伝え方・切り出し方
  • 自力で退職できない場合の対策

について解説していきます。

この記事で、退職を切り出す際の注意点やマナー、具体的な切り出し方を習得すれば、トラブルなく退職が可能です。

円満退職ができれば、退職後も現職の方とうまくお付き合いができるので、非常にメリットがあります。

悩んでいる方が多いからこそ、この機会に確実に退職の伝え方・切り出し方を習得してください。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
退職の伝え方は重要じゃぞ!
ズルズル行くとお主に合う求人を取り逃がすことになるぞ!

【2019年11月:最新情報】

11月は、
転職活動を開始するには最高のタイミングです。

なぜなら、年末にボーナスを取得してそのまま転職する方が多いため、11月に転職市場が活発になり、求人数が増加するためです。

11月から準備を始めるだけで、他の求職者よりも選考をかなり有利に進めることができます。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職活動を開始しましょう。

  1. この記事を読み、最低3社の転職エージェントに登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談or電話で簡単な相談を行う
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後は、いくつかのテクニックを実践するだけで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、満足できる転職活動が実現できます。

テクニックは記事の最後に記載していますので、ぜひ最後まで読み進めて効率の良い転職活動を実現してください。

とにかく速攻で退職したい方はコチラ!
※記事の途中までジャンプします

退職を伝える・切り出す時は誰から?

退職を伝える・切り出す時は誰から?

退職を進めるにあたって、まず重要なのは

誰に退職の意思を伝えるか?

です。

基本的には「直属の上司」へ退職の意思を伝えれば問題ありません。

入社数年の若手の方は、先輩ではなく「上司」と聞いて思い浮かべる方であれば問題ないでしょう。

また、すでに役職の付いている方であっても考え方は同様で、その部署を統括している部長など、あなたより役職が高く、上司と言える方に伝えてください。

よくある間違い①:社長や役員の方に直接申し出る

退職する意思を会社に伝える際にありがちな間違いが、上司を飛び越えて社長や役員に退職を伝えてしまうことです。

仮に、あなたの会社が10名以下の規模で、直属の上司が社長である場合はそれでも問題ありません。

しかし、基本的には社長や役員に退職を直接申し出ることないと覚えておきましょう。

役職が付けられる理由の一つには「違いを表す・区別する」といった意味合いが込められています。

あなたの直属の上司には「あなたを管理する」という仕事があります。

上司があなたの口からではなく、社長や役員から上司に退職が伝わると、上司としては、

「なぜ、私に伝えてくれなかったのか?」

と疑問を抱き、トラブルになる可能性もあります。

無用なトラブルを未然に防ぐためにも、まずは「あなたの上司」へ退職する意思を伝えましょう。

悩んでいるマコト
マコト
う〜ん、組織の大きさも色々ですからね〜
横向きの賢じぃ
賢じぃ

「普段接している」中で、一番役職の高い人が目安じゃ。

ここはそんなに難しく考えなくても良いぞ。

よくある間違い②:仲の良い同僚や職場の年長者に申し出る

こちらも、よくある間違いです。

普段同じ場所で仕事をしている中の良い同僚や先輩に一番に退職を伝えたい気持ちもわからなくはありません。

しかし、これも間違いなので、一番最初に伝えるべきは直属の上司と覚えておきましょう。

もし、あなたが周りに退職することを上司より伝えるより先に伝えていたり、相談をしていたことがバレてしまうと、トラブルにつながる・退職前に白いで見られる可能性があります。

最悪の場合、トラブルが発生して予定の期日に退職が叶わないかもしれません。

退職に関する相談は社内の人間にはしない」ことを徹底しましょう。

悩んでいるマコト
マコト
確かに気持ちはわかりますけどね、、、
横向きの賢じぃ
賢じぃ
気持ちはわかるが、絶対にやってはならんぞ!

退職の伝え方・切り出し方のポイントは3つ!

退職の伝え方・切り出し方のポイントは3つ!失敗しない退職の切り出し方には、3つのポイントがあります。

  • いつ
  • どこで
  • どうやって

上記のポイントをおさえておくだけで、確実に失敗しない退職が実現できるようになるでしょう。

「いつ」伝える・切り出すべきか?

基本的には、退職の1~3ヶ月前には退職の意思を伝えましょう。

会社によっては、会社が定めている就業規則に

「退職は、◯日前までに申し出ること」

という記載があるかもしれません。

その場合は、会社で定められた規則を守って退職の意思を伝えた方が良いでしょう。

※本来、法律(民法627条1項)では、労働者(正社員の場合)は原則として、退職日の「2週間前」までに退職を申し出ていれば退職することが可能です

会社としても、あなたのポジションを埋めるための人員配置を考える時間が必要になります。

事前に、就業規則を確認しておくと、問題が起こる可能性を防ぐことができます。

 

また、「会社の繁忙期」を避けて退職の意思を伝えることも、円満退職には重要なポイントです。

繁忙期で皆が忙しい時期だと、せっかく勇気を出して上司に退職を切り出したにも関わらず、なかったことにされるかもしれません。

もちろん、すぐにでも退職/転職したい方は、会社の都合を気にする必要はないかもしれません。

円満退職という点においては、時期まで考慮する必要があることを頭に入れておきましょう。

悩んでいるマコト
マコト
確かにタイミングは重要そう。
横向きの賢じぃ
賢じぃ
相手も人間じゃ。機嫌の良し悪しで対応が随分と変わってくる。

「どこで」伝える・切り出すべきか?

上司に伝える際は、社内の人目に付かない場所、もしくは社外が望ましいです。

また、話が聞こえ漏れてしまうような場所は避けてください。

もし、正式に退職が決定する前に会社の誰かに見られたり聞かれてしまった場合、見た人・聞いた人が他のメンバーに広められて、噂になる可能性があります。

スムーズかつ失敗しない退職を実現するために、あなたの退職意思は、正式に退職が認められる(退職の日にちが決定する)まで、関係者(上司や人事部など)のみが知っている極秘情報としてください。

 

また、基本的に上司を呼び出す際には、「直接」伝えましょう。

実際に話を聞いてもらう場面までは、退職の話だと悟られないよう注意が必要です。
あなたの会社がメールでコミュニケーションを取る方針の場合は、メールでも構いません

悩んでいるマコト
マコト
これは慎重に作戦を練った方が良さそう。
横向きの賢じぃ
賢じぃ
そうじゃな。ここで周囲にバレると無用なトラブルになりかねんぞ。

「どうやって」伝える・切り出すべきか?

断固たる強い覚悟と意思を持って、上司に「直接」伝えましょう。

最近では、メールやLINE、チャットツールを用いて退職を切り出す方もいるようですが、マナーとしてはご法度です。

口頭で「話したいことがある」と伝え、周囲にバレない場所に上司を呼び出してから、退職の意思と、いつ退職をするのかを申し出ましょう。

ここで、注意すべきは

「◯日に退職したい

と伝えるのではなく、

「◯日に退職する

と伝えることです。

期限もこちらから提示しないと、会社側(上司側)の都合で、先伸ばしにされたり、うやむやにされる可能性があります。

「自分が退職をすることで、上司や同僚に迷惑がかかって申し訳ない」という雰囲気を出しながらも、絶対に伝えた期日で退職するという強い覚悟と意思を持ってください。

 

また、退職理由は「一身上の都合(自己都合)」で問題ありません。

通常であれば、必ずここで退職の理由について問われるはずです。

もし、退職理由を聞かれた場合は無駄なことは一切省いて、「個人的、かつ前向きな理由」のみを伝えましょう。

会社側としては、特別な事情がない限りは、あなたが辞めることを阻止したいはずです。

あなたを引き止める手段として、処遇改善(給料UP・部署異動 等)などの甘い誘惑を利用することも十分に考えられます。

しかし、この言葉には様々な裏がある可能性も高いので、絶対に信用してはいけません。

よくある理由としては、以下のような理由が考えられます。

・あなたが優秀
・あなたのポジションを埋めるのに採用コストがかかる
・上司の保身
(=部下が辞めることで上司の査定に悪い影響が出る)

他にも様々な理由をつけて、引き止めにあう可能性がありますので、聞く耳を持たないでください。

そして、退職の理由はあくまで「会社側ではなく、自身の前向きな気持ち」であることを固く押し通しましょう。

その際、少しでも迷いや弱さを見せてしまうと簡単に引き止められてしまいまうので、断固として気持ちが揺るがない姿勢を貫いてください。

 

そして、転職先については、「退職届が正式に受理されるまでは、決まっていても決まっていなくても絶対に伝えてはいけません。

現職と転職先に取引がある可能性もありますし、転職先のネガティブな情報を押し付けてくるかもしれません。

しつこい場合は、業界や職種についてのみ伝えれば十分です。

法的に、退職の際、転職先を伝えなければならない義務は一切ありません。

悩んでいるマコト
マコト
僕だったら言えるかな〜
横向きの賢じぃ
賢じぃ
折れたら負けじゃ!

退職を伝え方・切り出し方を気にする前に準備すべきものはある?

退職を伝える・切り出す前に準備すべきものはある?

会社によって必要な物が異なりますが、退職を切り出す際は、準備するものはありません。

上記で解説した理由などを、頭のなかで整理しておくだけで結構です。

退職願と退職届は指示があってからでOK

退職願と退職届について、通常は

退職願 → 退職届

の順序で提出を行いますが、退職願が必要なく、口頭で伝えるだけでもOKな会社も多いようです。

書き方や提出方法についても、退職の意思を伝えたうえで会社の指示に従ってください。

特に会社側からの指定がない場合には、白地の用紙に縦書きで以下の項目を記しましょう。

  • 退職理由
  • 退職日
  • 退職願を記入した日付
  • 署名
  • 捺印

マナーとして、鉛筆等の消せる筆記具での記述、または修正テープや塗りつぶしによる修正は厳禁です。

悩んでいるマコト
マコト
意外と難しそう。
横向きの賢じぃ
賢じぃ
もうこれは素直に聞くしかない。
書く段階までいけば、相手も無理に引き止めようとはせんじゃろ。

どうしても自分で退職意思を伝えられない場合の救世主

どうしても自分で退職意思を伝えられない場合の救世主

ここまで、円満退職ができる退職意思の伝え方・切り出し方を解説してきました。

とはいえ、人それぞれ退職したい理由が異なれば、あなたを取り巻く状況、人間関係など、全てが違います。

また、「退職の伝え方については理解したけど、上司が怖すぎて自分からは切り出せない」という方も少なからずいらっしゃるかと思います。

上記に当てはまる方々は、どうすることもできないのでしょうか?

ここで、決して諦めないでください。

逆にここで諦めてしまうと、

一生やりたくない仕事をする人生

が待ってます。

 

自分の口から退職を切り出すことができない方は、今すぐ「退職代行サービス」を利用しましょう。

退職を切り出せないなら退職代行サービスを頼ろう

退職代行サービスをご存知でしょうか?

2018年頃からTVや雑誌などで取り上げられ、一気に知名度が上がったサービスです。

退職代行サービスとは、文字通り、「労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理・手続きを代行してくれるサービス」を指します。

あなたが退職したいけど、何らかの理由で退職を言い出せない・伝えられない場合、退職代行サービスのスタッフがあなたに代わり退職の意思を伝えてくれます。

さらに、有休消化の交渉や必要な手続きまでを代行してくれるので、あなたは退職代行サービスに「退職したい」と伝えるだけで退職が完了します。

退職代行サービスを利用するメリット

退職の伝え方や切り出し方に自信がない方が退職代行サービスを利用することには、以下のメリットがあります。
※以下、サービスによって若干内容が異なる場合もあります

  • 事前の無料相談が可能
  • 金額が安い(3~5万円程度)
  • 会社の人と顔を合わせずに退職できる
  • 有休消化についても交渉してくれる
  • 辞められなかったら全額返金保証つき
  • 即日退職が可能
  • 親にバレない
  • 退職成功率が95%以上
  • 会社から訴えられたり、損害賠償請求される心配がない

自分で退職する意思を会社に伝えることなく退職できるので、上司や同僚の顔色を伺う必要もなく、辞めたいと思ったら即日退職も可能です。

残った有給休暇を消化する交渉も行ってくれるので、有給休暇が残っている場合、金額以上の価値を取り戻せる可能性があります。

さらには、取り戻した有給休暇を利用して転職ができれば、給料がもらえない「空白の期間」が生まれません。

現在の転職市場は売り手市場の傾向が強いので、転職で年収UPできる可能性が高く、元を取るどころかプラスが生むことができるサービスです。

泣いているエリカ
エリカ
会社の人に合わずに辞められるなら、
それがいいわ。辞めたいし行きたくないし。

 

最近は、退職代行サービスの盛り上がりを受け、違法業者が急増しているようです。

法律が絡む行為ですので、ぜひ業者・サービスの選定には注意してください。

以下では、これまでの実績や信頼から転職賢者が本気でおすすめする退職代行サービスをご紹介しています。

笑っているマコト
マコト
退職代行サービス、最近かなり人気ですよね!
正面の賢じぃ
賢じぃ
そうじゃな。
辞めることを決めたら、迷っている時間はただの無駄じゃぞ!

退職の伝え方・切り出し方に悩んだ時におすすめの退職代行サービス

退職の伝え方・切り出し方に悩むなら、退職代行サービスを利用しましょう。

退職を切り出せない場合や、うまく言いくるめられてしまった場合は、退職を引き伸ばしにしないために使うべきでしょう。

退職に関する話し合いは長引くほど退職が難しくなるので、なるべく早く辞めたい場合は、円満退職が難しいとしても利用することをおすすめします。

()悪質な業者が急増している中でも、下記のサービスは、会社としての知名度・実績共に自信を持っておすすめできるサービスです。

退職代行サービスなら知名度・実績ダントツのEXIT!

EXIT』は、メディアに何度も取り上げられている非常に知名度が高いサービスです。

NHKの『クローズアップ現代』で特集が組まれたり、名称が同じ、人気お笑い芸人のEXITともコラボしています。

EXITの特徴は、LINEで相談ができ、思った時に気軽に相談可能な点です。

LINEで「会社を辞めたい」「もう二度と上司と顔を合わせたくない」など、要望を伝えるだけで、会社への連絡は EXIT が代行してくれます。

相談は全て無料ですし、実際に依頼する場合は、退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOKです。

基本的に退職に関わる一切の行為を代行してくれます。

 

さらに、EXITは転職エージェント『ワークポート』と提携をしているため、EXIT経由でワークポートに登録し、転職が成功すると、退職代行費用が無料になります。

笑っているマコト
マコト
退職の伝え方・切り出し方に悩んだら、EXIT一択ですね!
退職代行を利用するならEXIT!

『EXIT
【おすすめ度:★★★★★
抜群の地名度!LINEで気軽に相談!
【公式
https://www.taishokudaikou.com/

退職の伝え方・切り出し方がわかったら、必要なのは「少しの勇気だけ」

退職の伝えた方・切り出し方がわかったら、必要なのは「少しの勇気だけ」

退職を自分の口から切り出すことは勇気がいる行動かもしれません。

しかし、退職の際に勇気がいるのはあなただけではありません。

皆、退職/転職を経験した方々は同じ気持ちになったはずです。

退職への決意を固めた今、1秒でも早く行動してください。

長引けば長引くほど、
あなたの人生が無駄になります。

新しい場所でやりがいを持って仕事をし、人生を充実させましょう。

やる気のあるマコト
マコト
決めたらスパッと!
正面の賢じぃ
賢じぃ
そうじゃ!
それが結果的にもプラスになるのじゃ!
退職代行を利用するならEXIT!

『EXIT
【おすすめ度:★★★★★
抜群の地名度!LINEで気軽に相談!
【公式
https://www.taishokudaikou.com/

可能な限り転職活動は済ませておこう

退職の意思が固まったはいいが、転職先が決まっていない」という状況は、理由がない限りはおすすめしません。

あなたの履歴書に空白の期間を作ることになるからです。

 

もし、まだ転職先が決まっていない方は、転職エージェントに相談することを強くおすすめします。

転職エージェントへの相談は無料ですし、自力では探すことができない非公開の求人案件に出会うことができます。

転職エージェントは3社以上を併用することで転職成功率が格段に上がるとされているので、

以下は、転職賢者が本気でおすすめする、「初めて転職活動を行う20~30代前半の方におすすめ」な転職エージェントです。

笑っているマコト
マコト
相手も人のなので相性の良し悪しは重要ですね!
横向きの賢じぃ
賢じぃ
そうじゃ。
最初は間口を広げることが重要じゃ!
おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/
『ウーマンウィル』※女性限定
おすすめ度:★★★★★
女性専用のマイナビエージェント!
【公式】https://mynavi-agent.jp/womanwill/

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に少しでも転生を考えている場合は「良いところがあればすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント