【介護職辞めてよかった】辞めたい・やってられないならすぐに転職!

「介護職なんてやってられない」

「憧れだった介護職だけど、もう辞めたいわ」

 

人の命を預かる、大切な仕事である介護職。

しかし、人の命に携わる仕事だからこそ、常日頃から強いストレスがかかってしまうことがあります。

 

この記事では、

  • 介護職を取り巻く現状
  • 介護職を辞めたいと思う理由
  • 介護職に向いてない人の特徴
  • 介護職からの転職におすすめな職業
  • 介護職を辞めてよかったと感じている人の声
  • 介護職から異業種への転職を成功させる方法

について解説していきます。

横向きの賢じぃ
賢じぃ

介護職辞めてよかったと思えるように、ワシがサポートしてやるぞ!

<2019年11月:最新情報>

11月は、
転職活動を開始するには最高のタイミングです。

なぜなら、年末にボーナスをもらってから転職する人が多く、11月に転職市場が活発になり、求人数が増加するためです。

11月から準備を始めるだけで、他の求職者よりも選考をかなり有利に進めることができます。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職活動を開始しましょう。

  1. この記事を読み、最低3社の転職エージェント(『マイナビエージェント』『ハタラクティブ』『パソナキャリア』等)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談or電話で簡単な相談を行う
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後は、いくつかのテクニックを実践するだけで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、満足できる転職活動が実現できます。

テクニックは記事の最後に記載していますので、ぜひ最後まで読み進めて効率の良い転職活動を実現してください。

満足のいく転職を実現するためには3社以上の転職エージェントの利用が鉄則です。

どうしても面倒だという方は『マイナビエージェント』だけでも登録をしておきましょう。

必ず、あなたの力になってくれるでしょう。
※スマホで簡単!約5分で登録が完了します

正面の賢じぃ
賢じぃ

優良求人は早い者勝ちじゃ!

目次

介護職からの脱出をしたい人は多い

介護職からの脱出をしたい人は多い

昨今の日本では、高齢化が急速に進み続けています。

介護職の需要は高まる一方であり、厚生労働省の発表によると、2020年度末には約216万人、2025年度には約245万人の介護職が必要になるとしています。

2016年度の国内の介護職従事者は約190万人。

現状ですら、介護職不足が叫ばれています。

参考:厚生労働省
第7期介護保険事業計画に基づく介護人材の必要数について

 

一方で、介護職を辞めたいと思う方が多いのも事実です。

全国労働組合総連合の発表によると、介護職の方に「こんな仕事やめたいと思うことがあるか」という質問をしたところ、「いつも」と答えた人が10.8%、「ときどき」と答えた人が53.7%と、6割を超える人が介護の仕事を辞めたいと思うことがあるとの結果が出ています。

参考:全国労働組合総連合「介護労働実態調査報告書

介護職は、人の命を預かる重要な仕事であるからこそ、気づかないところで多くのストレスがかかってしまうのも当然です。

「自分だけが…」

と悩むことなく、常に誰かに相談できる状態を作っておくことが重要です。

介護職を辞めたい人の理由

介護職を辞めたい人の理由

多くの方が、介護職を辞めたいと思う理由で特にネガティブな理由が以下です。

  • 人間関係が悪い
  • 収入が少ない
  • 将来への不安
  • 慢性的な人手不足
  • 理想とのギャップ

介護労働安定センターの発表によると、以下の調査結果の青いグラフが、介護職を前職としていた方の回答です。

労働者が前職の仕事をやめた理由

引用:介護労働安定センター
平成30年度介護労働実態調査結果について

上記の中でも「他にやりたい仕事があった」などのポジティブなものではなく、「職場や人間関係に不満があった」などのネガティブな理由に着目していきます。

1.人間関係が悪い

介護職の場合、「利用者家族」との人間関係が問題になるケースが非常に多いです。

また、外部(利用者家族 等)とのコミュニケーションはあるものの、基本的には閉鎖的な環境が多く、常に同じスタッフ同士のコミュニケーションが必要です。

そのため、スタッフ同士で人間関係が悪くなると、非常に辛い状況になります。

さらに、介護施設は様々な職種(看護師・介護士・清掃員 等)が連携して成り立っている職場です。

それぞれ従事する業務が異なることもあり、知識・経験の違い、立場の違いから、対立することも多いようです。

2.収入が少ない

介護職は勤務形態が不規則であり、肉体的にも重労働が多い仕事ですが、世間一般的に見ると給料が低い仕事です。

人が相手の仕事なので、予定していた勤務時間通りに変えることができない場合も少なくないでしょう。

にも関わらず、収入が少ないと長年続けることが難しい仕事だとも言えそうです。

介護職を続けたい気持ちがあるにも関わらず、生活や個々の事情を優先した結果辞めざるを得ないという方も多くいらっしゃいます。

3.将来への不安

将来への不安というのは、様々な要素が絡んで発生してくるものです。

「収入が少ない」

「勤務が不規則・重労働で肉体的に辛い」

「利用者家族と施設長の板挟みで精神的に辛い」

など、自身も仕事を続けて年齢を重ねていくうちに衰えがあることを考えると、定年まで介護職を続けていくイメージがつかないという方が多いようです。

4.慢性的な人手不足

人手不足は、今後さらに厳しさを増すでしょう。

人手不足だと多忙になり、精神的にも余裕がなくなってきてしまうものです。

上司の身勝手なシフトや事業者のパワハラ社員の存在など、他の要因も相まってさらに人手不足が助長されてしまうケースもあります。

慢性的な人手不足を理由に辞めたいと感じる方も多いようです。

5.理想とのギャップ

実際に働き始めたら、「業務内容や運営方針が想像と違う」と強い不安や悩みを感じたり、特に介護職に長年強い憧れを抱いていた方や、祖父母との関わりが強い方ほど、理想の介護像との違いにショックを受けたりするようです。

仲良くしていた利用者を看取らなければならない場合があるのもまた、介護職方が精神的な辛さを感じる一つの要因であったりもします。

介護職に向いてない人の特徴

介護職に向いてない人の特徴

介護職に憧れて介護職になったものの、想像した働き方とは違ったという方も少なくないでしょう。

以下の特徴がある方は、介護職に向いてない傾向があります。

  • コミュニケーション能力が低い
  • 人が好きではない
  • 見返りを求める
  • 体力に自信がない
  • 協調性がない
  • 報告・連絡・相談ができない
  • 気が短い

1.コミュニケーション能力が低い

介護職はスタッフや利用者だけでなく、利用者の家族やお見舞いに訪れた人など多くの方とコミュニケーションを取る必要があります。

特に利用者の中には高齢で耳が悪かったり、認知症になってしまっていたりと、健常者に比べてコミュニケーションをとることが難しい方もいます。

様々な方がいる中で、関係者を思いやりながら仕事を進めていく必要があるので、介護職にとってコミュニケーション能力は非常に重要なスキルと言えます。

2.人が好きではない

介護職を一言で表すと、「人」を相手にした接客業とも言うことができます。

介護職は、多くの利用者と「直接」接して、サービスを提供する仕事です。

相手がいてこそ成り立つ仕事なので、人が好きではない・人が嫌いな方は、そもそも介護職に向いてないでしょう。

また、無理に頑張ろうと我慢していても、長年をかけて形成されてきた性格をいきなり変えることはできません。

そのため、我慢をすればするほど、大きなストレスを抱え込んでしまうため、長く介護職を続けるのは難しいでしょう。

3.見返りを求める

介護職は多くの方の「世話」をする仕事です。

相手は高齢者であることが多く、言い換えれば、介護職の方が生活の様々な部分を「やってあげる」「してあげる」仕事です。

「giveをすることは多いがTakeが得られない」と全ての行動を損得感情で考える方は介護職に向いてないと言えます。

4.体力に自信がない

介護職は「肉体労働」です。

デスクに座って仕事をする時間はあまりなく、勤務時間の大半は行動をしていることが多い仕事です。

食事や排泄の補助といった日常生活面でのサポートから、リハビリやレクリエーションといったプログラムまで、休む暇がないほど忙しい仕事です。

これに加えて、夜間勤務があったりと勤務時間も不規則なので、生活リズムを整えるのが難しい仕事とも言えます。

日々の業務で肉体的な疲労が蓄積され、生活リズムの乱れから疲労が抜けないと、どんどんと悪循環にはまってしまいます。

体力に自信がないと長く続けるのは難しい仕事です。

5.協調性がない

介護施設では、多くの利用者を少ないスタッフで見守らなければいけません。

利用者も「人」なので、スタッフとのチームワークが非常に重要になってきます。

また、どの時間・どのスタッフであっても、同じサービスを提供しなければなりません。

「自分がいいと思ったから」ではなく、施設の方針を遵守したり、利用者のためを思ったサービスを提供することが第一なので、「自分のために」と考えてしまう方は介護職に向いてないでしょう。

6.報告・連絡・相談ができない

これは、介護職に限ったことではありませんが、もちろん介護の仕事でも報告・連絡・相談(=ホウ・レン・ソウ)は重要です。

利用者の家族や看護師・施設長など、関係者への報告・連絡・相談は絶対に怠ってはいけません。

あなたが知り得た情報はスタッフ全体で把握しておくようにしましょう。

7.気が短い

介護を必要としている人は、自分の思い通りに体が動かない・言葉が喋れないなど、多くの不自由を抱えている方が多いです。

そのため、介護施設の利用者はストレスを溜めている方が多くいます。

溜まったストレスのはけ口が見つからず、介護職員に八つ当たりをしてくる方もいるでしょう。

仕事として割り切ることができる方であれば問題ありませんが、「やってられない!」「うるさいよ!」とすぐに感情を表に出してしまう気が短い人は介護職に向いてないかもしれません。

利用者や利用者の家族とトラブルを起こし、介護職を辞めてしまう方も多くいます。

介護職を辞めても、異業種にチャレンジできる!

介護職を辞めても、異業種にチャレンジできる!

介護職として長く働いてきた方は、辞めたいと思いながらも、

「大学を卒業していないから…」

「介護・福祉以外のことはわからないから…」

「PCもほとんど使えないし…」

などの理由から、なかなか転職に踏み出せずに諦めてしまう方が非常に多いです。

 

しかし、あなたが諦める必要はどこにもありません。

介護職から異業種に転職することは十分に可能です。

介護職を経験してきたからこその強みが活きる仕事はたくさんあります。

介護職からの転職におすすめな職業

介護職からの転職におすすめな職業

介護職の方は、基本的に幅広い業種業界へ介護職から転職可能です。

今回は中でも特におすすめな職業に絞ってお伝えしていきます。

以下が、介護職からの転職におすすめな職業(業界)です。
  1. 事務職
  2. 営業職
  3. サービス職(接客業)
  4. IT・Web業界
  5. 保育士
  6. タクシードライバー

各業種業界の平均年収も併せて解説していきます。

1.事務職

介護職から事務職に転職する女性は非常に多いです。

20代の女性の場合、大手企業などの事業会社の事務。30代以降は、介護施設や医療機関での事務が人気です。

事務職には多少PCスキルも求められますが、早ければ2ヶ月ほどで仕事を覚えられます。

介護職をしているときに、少しでもパソコンを使って仕事をしていたなら、すぐに事務職の仕事にもなれるでしょう。

2.営業職

介護職から営業職への転職は、男性に多いパターンです。

介護を経験した人にとって、仕事で人とコミュニケーションの取れる営業職は、飽きることなく続けられる仕事の一つでしょう。

また、自分の成績次第でどんどん給料も上がるので、稼ぎたい人には営業職はおすすめです。

特に、介護で知識が身についている「医療・介護・福祉」に関する商品やサービスの営業は、すぐに慣れるでしょう。

3.サービス職(接客業)

販売・サービス職は、幅広い職業がありますが、アパレル、旅行、ホテル、家電量販店などに勤務することはおすすめです。

介護同様、人とコミュニケーションを多く取る仕事なので、人と接したい人にはぴったりです。

また、サービス業も人手不足に悩んでいる企業が多いので、転職先もすぐに見つけられるでしょう。

4.IT・Web業界

パソコンの前に一日いることが苦ではない人は、IT業界がおすすめです。

職場環境によっては残業が多くなる場合もありますが、その分高い収入を得ることが可能です。

webディレクターやライターとしてスキルを積み上げていったり、未経験OKの企業でエンジニアを目指すのもいいでしょう。

スキルを身につければ、自由なライフスタイルを手に入れられるのも、IT業界の魅力です。

IT・Web業界に強い転職エージェント

『ワークポート』
IT・Web業界を志望するなら登録必須!
【公式】https://www.workport.co.jp/

5.保育士

保育士も介護職同様で、人をサポートする仕事です。

介護の場合はお年寄りで、保育士の場合は子供なので、やることは全く違いますが、両方を経験することで視野の広い人になれるでしょう。

本格的に保育士を目指すなら、保育士免許を取る必要がありますが、非常勤のアシスタントの立場から始めるのもおすすめです。

介護職を通じてお年寄りに寄り添ってきた経験を活かし、次は子供達の成長を見守るのもいいでしょう。

6.タクシードライバー

介護職からタクシードライバーに転職する男性も非常に多いです。

介護で送迎を経験した人や、もともと車の運転が好きだった人は、タクシードライバーになっても、スムーズに仕事を始められるでしょう。

また、介護の送迎の場合、お年寄りのために安全に運転する必要がありますが、自然と意識や技術は身についています。

タクシードライバーになっても、安全運転でお客さんを送迎できるでしょう。

「介護職辞めてよかった」と思う人たちの声(SNS・2chまとめ)

「介護職辞めてよかった」と思う人たちの声(SNS・2chまとめ)

前職は介護職だったものの、異業種へ転職してよかったと感じている方々の声です。

※一部、介護職を続けている方たちの声も含まれています

新卒介護職だけど、同期既に半分辞めてワロタ

俺含めて10人いたけど5人辞めた
まだ入社して間もないのに…
男は3人いたけど俺だけになった

まだ5月やぞ

引用:2ch

ある日いきなり精神病んだ。抑鬱状態やで。
まあ長時間残業とアホな意識高い系職員についていけんかったんやろ。介護なんて力抜かないと続かん事を若い目のキラキラした奴は知らんのよ。

引用:2ch

やっぱダメだわ
業務も対職員も不安が強すぎる
また1ヶ月で退職コースだわ・・・
早く死なせてくれ

引用:2ch

介護職を辞めてよかったと思える失敗しない転職方法

介護職を辞めてよかったと思える失敗しない転職方法

介護職から異業種にチャレンジする際、限りなく転職の成功率を高めるポイントはたった一つ。

それは、

3社以上の転職エージェントに相談する

ことです。

転職活動で転職エージェントを利用するメリット・デメリット

転職エージェントへの相談は、客観的にあなたがどんな人かを判断できる良い機会となります。

エージェントによって、更に言えば担当してくれるスタッフの方によって、あなたとの相性がありますので複数登録しておく必要があります。

転職エージェントを利用することのメリットは以下の通りです。

  • 非公開求人の紹介がある
  • 企業や業界に合わせた面接対策ができる
  • 面倒な手続きを代行してもらえる
  • 企業と待遇面の交渉を行ってくれる
  • (場合によっては)現職の退職サポートを行ってくれる

逆にデメリットは以下の通りです。

  • 担当者によっては連絡がしつこい
  • 自分の給料のために転職を迫ってくる担当者もいる
  • メールが大量に届く

稀に、自身の成果を上げるために、強引に転職を迫ってくるキャリアアドバイザーがいますが、その場合はメールで連絡すれば担当を変更することができます。

 

また、複数のエージェントに登録すると、非常に多くのメールが届きます。

そのため、転職活動用に新しいメールアドレスを取得しておくと楽です。

メリット・デメリットを考えると、初めての転職が不安な人な人はもちろん、面接に苦手意識がある人や、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありませんね。

笑っているマコト
マコト
初めての転職活動だからこそ、
わからない部分や不安な部分を
無料でサポートしてくれるのはありがたいな。

転職エージェントを選択する時のポイント

特に、転職活動を初めて行う方にとっては、どの転職エージェントを利用すれば良いかわからないと思います。

今回は、初めて転職エージェントを利用する方にもおすすめな転職エージェントをご紹介します。

初めて転職活動を行う方が、最低限気にすべきポイントは下記の3つです。

  • 求人数が多い
  • 業界や職種の幅が広い
  • 担当の質が安定している

上記のポイントさえ気にしていれば、OKです。

また、転職エージェントは

3社以上を併用」

してください。

3社以上を併用利用することの主なメリットは、主に下記の2点です。実際に以下に引用したリクルートによる調査でも、転職成功者の利用エージェント数が4.2社と高い傾向が出ています。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

転職エージェント利用調査

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

転職エージェントに相談する前に最低限把握しておくこと

最低限、以下のポイントを事前に把握しておけば、キャリアアドバイザーの方とスムーズなやり取りを行うことができます。

【相談前に最低限必要な自己分析】
  1. 自分の好きなこと・嫌いなこと
  2. 自分の得意なこと・苦手なこと
  3. 今後やってみたい仕事・やりたくない仕事
  4. 将来の理想の生活・キャリア
    (3年・5年・10年)

前述した通り、転職エージェントには必ず3社以上に相談してください。

多くのエージェントとやりとりするのは面倒だ」という方は、相性の合うエージェントが見つかり次第、一つ、もしくは二つのサービスに絞りましょう。

介護職を辞めたい方におすすめの転職エージェント

介護職を辞めたい方におすすめの転職エージェント

以下は、転職賢者がおすすめの転職エージェントです。

冒頭でもお伝えした通り、3社以上へ相談することが転職成功への重要なポイントです。

紹介している転職エージェントは全て無料なので、まずは一度登録してみましょう。

求人数が多く、安心の実績

『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/

『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/

doda
【おすすめ度:★★★★☆
dodaエージェントと併用!満足度No.1
【公式https://doda.jp/

未経験でもチャレンジOK求人多数

『ハタラクティブ』
【おすすめ度:★★★★★
未経験OK企業だけで2,300件以上の求人!
【公式】https://hataractive.jp/

『ジェイック (JAIC)』
【おすすめ度:★★★★★
営業職志望・フリーター・ニート向け!
【公式】https://www.jaic-college.jp/

『DYM就職』
【おすすめ度:★★★★☆
フリーター・ニート向け!
【公式】https://www.dshu.jp/

『ウズキャリ』
【おすすめ度:★★★★☆
ブラック企業を完全排除!
【公式】https://daini2.co.jp/

IT・Web業界に強い

『ワークポート』
【おすすめ度:★★★★☆
IT・Web業界を志望するなら登録必須!
【公式】https://www.workport.co.jp/

以下では、介護職から未経験で異業種にチャレンジする方に、特におすすめな転職エージェントを詳しく解説していきます。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、レバレジーズ株式会社が運営している転職エージェントです。

20代の若年層を中心ターゲットとし、ニートやフリーター、既卒も第二新卒も受け入れているのが特徴です。

実際に、ハタラクティブを利用して就職・転職成功した3人に2人は、正社員で働いた経験がない人たちです。

サポートの体制が非常に手厚く、初めての転職活動にも安心して利用することができます。

無料相談で悩みを打ち明ける

ジェイック(JAIC)

ジェイック(JAIC)

ジェイック(JAIC)は、営業職に就きたい方やこれまでの経歴に自信がない方におすすめの転職エージェントです。

未経験(フリーター・既卒)からの転職成功実績は81.1%と、通常の転職サポートよりも難易度が高いとされる領域で非常に高い実績を持っています。

転職を成功させるために、5日間の無料研修を受講できますし、受講後は書類面接なしで優良企業と面接をすることが確約されるプログラムを組んでいます。

ジェイックを利用して入社した方の定着率は91.9%と非常に高く、ミスマッチが起きにくいのもジェイックの強みです。

無料研修に申し込む

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

初めての転職で、必ず登録すべき転職エージェントです。

最後に|介護職を辞めてよかったと思える人生にするために

最後に|介護職を辞めてよかったと思える人生にするために

介護職それ自体は非常に素晴らしい仕事です。

しかし、過酷な環境で精神的・肉体的にも厳しい仕事であることは間違いないでしょう。

 

自分自身を壊してまで、介護職を続ける必要はありません。

我慢をしすぎると、あなたが

介護される側

になります。

介護職辞めてよかったと思えるよう、少しの勇気を出して一歩を踏み出しましょう。

 

下記では、初めて転職エージェントを利用する方のために、転職エージェントを上手く利用するテクニックを記載しています。

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に少しでも転生を考えている場合は「良いところがあればすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント