インフラエンジニアはきつい?辛い&難しい理由と転職成功の秘訣を解説【未経験でも転職OK!】

「インフラエンジニアってきついよな…」

「興味はあるけど、辛いし難しいし…未経験じゃ無理だよな…」

 

インフラエンジニアに興味はあるものの、なんとなく

「きついだろう」「辛いだろう」「未経験者じゃ難しいだろう」

と感じている人が多いかと思います。

特に未経験からインフラエンジニアになろうとしている人は、わからないことが多くて不安になるでしょう。

そんな、インフラエンジニアについて興味のある方に、この記事では、

  • インラエンジニアの仕事内容
  • インフラエンジニアがきつい・辛い・難しいと言われる理由
  • インフラエンジニアのメリット・デメリット
  • 未経験からインフラエンジニアになるための転職方法

について解説していきます。

【2020年5月:最新情報】

コロナウイルス』の影響で、
リーマンショック以上に経済が冷え込み、
転職の難易度が確実に上がります。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、早めに相談してください。

リクルートエージェントは感染拡大を防ぐために、電話面談が可能です。

※ちなみに転職サイト『リクナビNEXT』で、積極的に採用をしている企業を事前に調査しておくのもセットでやるのがオススメです。

▼エンジニアの求人が最も充実!
無料でリクルートに相談する
※かんたん3ステップで完了します。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアは、

ITシステムを利用するための基盤を構築するエンジニア

です。

ITに関わるインフラを構築するエンジニアのため「ITインフラ」とも呼ばれます。

具体的なインフラエンジニアの仕事は、5段階に分類することができ、その分類は以下の通りです。

  1. 要件定義
  2. 設計
  3. 構築
  4. 保守・運用
  5. 監視)
    ※保守運用に含まれることもあり

クライアントとどのようなシステムを導入するかを打ち合わせし、仕様が固まったらシステムの導入を行います。

そして、システムを導入するだけではなく、その後のアフターフォローをしていくまでが一連の流れとなっています。

ITシステムの基盤を設計しているため責任があり、やりがいもある仕事ですが、その分きついと言われることも多いです。

では、具体的にどのような点にがきつい・辛い・難しいと言われるのか、また未経験からの挑戦は難しいのか、について詳しく解説していきます。

インフラエンジニアがきつい・辛い・難しい理由5選

インフラエンジニアがきつい・辛い・難しい理由5選

それでは、インフラエンジニアがきつい・辛い・難しいと言われる理由について解説していきます。

ここできつい・辛い・難しいと言われる理由をあらかじめ知っておくことで、逆にインフラエンジニアの働き方が想像しやすくなります。

インフラエンジニアがきつい・辛い・難しいと言われるのは、以下が理由です。
  1. 夜勤の可能性がある
  2. 急な障害対応がある
  3. 転職時の給料が低い
  4. 未経験だと勉強量が多い
  5. ブラック企業が多い

1. 夜勤の可能性がある

インフラエンジニアがきつい・辛いと言われる理由の1つ目は、夜勤の可能性があることです。

ネット環境をはじめとしたITインフラは、生活の基盤を支える仕事のため、24時間正常に動いているか監視し続ける必要があります。

また、システムメンテナンスなどは、基本的に利用者が少なく支障が出づらい夜間に作業を行います。

例えば、銀行のシステムなどは日中にお客さんが使用するため、システムを止めることはできませんよね。

そのため、深夜や長期休暇など多くの人が休んでいる時間を狙って仕事をすることが多いために、きついと言われやすいです。

2. 急な障害対応がある

インフラエンジニアがきつい・辛いと言われる理由の2つ目は、急な障害対応があることです。

ネットワーク機器や回線のトラブルは予測が出来ないため、24時間365日監視する必要があり、問題が発生すればすぐに対応する必要があります。

多くの企業では交代制で監視していますが、企業によっては時間を問わず障害対応を行い、緊急の場合は夜中でも休日でも構わず出社を求められます。

このように、「常に仕事が入るかもしれない」という気持ちを抱えながら生活する必要があるため、

オンオフを切り替えづらく精神的な負担があることからきつい・辛いと言われます。

3. 転職時の給料が低い可能性がある

インフラエンジニアがきつい・辛いと言われる理由の3つ目は、転職時の給料が低い可能性があることです。

インフラエンジニアは資格やスキルが重視されるため、転職時の段階では給料が低いことが多いのです。

特に、未経験から転職する場合はスキルが無いため、労働時間と給料が割に合わない場合もあります。

しかし、積極的に資格を取得すれば昇給できるため、長期的に見れば稼げる仕事になります。

さらには、企業によっては資格取得のための学習費用も福利厚生がでるため、積極的に学びたい人にとっては恵まれた仕事です。

4. 未経験だと勉強量が多い

インフラエンジニアが難しいと言われる理由の4つ目は、未経験だと勉強量が多いことです。

未経験転職可能な企業は、未経験者のための研修を用意している場合が多いです。

業務内容により、1~3ヶ月程度の研修期間を設けていますが、1から100まで全てを教えてくれるわけではありません。

自分の業務を覚えながら、インフラエンジニアの基礎を学ぶ必要があるので、少なくとも3ヶ月は仕事がきつくなることが考えられます。

5. ブラック企業の可能性もある

インフラエンジニアがきつい・辛いと言われる理由の5つ目は、ブラック企業の可能性もあることです。

インフラエンジニアに限らず、IT業界は長時間労働が行われやすいため、ブラック企業が多いと言われています。

特にインフラエンジニアは、急な残業や深夜出勤があるため長時間労働になりやすく、ブラックと言われやすいです。

また、長時間労働分の残業代がしっかりと支払われれば良いですが、企業によっては残業時間を有耶無耶にして残業代を払わない場合もあります。

このようなブラック企業は一部に過ぎませんが、激務なのに薄給の企業も存在することは念頭に置いておきましょう。

インフラエンジニアになるメリット・デメリット

インフラエンジニアになるメリット・デメリット

続いて、インフラエンジニアのメリット・デメリットについて解説していきます。
インフラエンジニアになるメリットは、以下の通りです。
  1. 未経験転職しやすい
  2. 学歴に関係なく挑戦できる
  3. インフラの知識が財産になる
  4. 年収を上げやすい
  5. 1人で集中して仕事が出来る

また、インフラエンジニアになるデメリットは、以下の通りです。

  1. 常にトレンド追う必要がある
  2. AIの発達で必要でなくなる可能性がある
  3. 突発的な障害・アクシデントへの対応を求められる

それぞれ、以下で解説していきます。

インフラエンジニアになるメリット

1. 未経験転職がしやすい

インフラエンジニアは年々需要が高まり人材を必要としているため、未経験転職を積極的に受け入れています。

特に、20代~30代前半であればポテンシャルや意欲が重視されるため、転職できる可能性が高いです。

中でも、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアなどの職種は、採用を積極的に行っています。

転職前に勉強したり資格を取っておけば、より採用されやすくなるでしょう。

2. 学歴に関係なく挑戦できる

インフラエンジニアだけでなくIT業界全体として、学歴や経歴よりもやる気やスキルを重視した採用を行う企業が増えています。

そのため、学歴に関係なく挑戦でき、自分の努力次第で成果を残せます。

今後、様々な業界でIT化が進むと考えられるため、その基盤を作るインフラエンジニアの活躍の場は広がっていくでしょう。

学歴が低かったとしてもスキルがあれば正当に評価されため、やりがいを感じながらスキルアップも目指せます。

3. インフラの知識が財産になる

インフラエンジニアの仕事は専門性が高い知識が必要になるため、知識自体が財産になります。

インフラエンジニアとして経験を積めば、様々な職種への転職が可能になる上に、食いっぱぐれることなく安定した収入も手に入ります。

具体的に、インフラエンジニアには以下のような知識が必要です。

  • OS
  • ミドルウェア
  • ハードウェア
  • ネットワーク
  • データベース
  • セキュリティ
  • クラウド関係…etc

これらの知識は、どの企業でも通用する知識であることが多いので、一度覚えればどこに行っても即戦力として活躍出来るはずです。

4. 年収を上げやすい

インフラエンジニアはIT業界の中でも需要が高い職種であり、スキルが重視されるので年収も上げやすいです。

なぜなら、スキルや能力が重視される職種であり、評価制度や昇給制度が整っている企業も多いためです。

インフラエンジニアの知識は、IT業界の他の職種でも必ず必要になる知識であるため、どこに行っても重宝されやすい傾向にあります。

年収を上げたい人は、まずインフラエンジニアとして経験を積んでから転職することでキャリアアップしやすくなります。

5. 1人で集中して仕事が出来る

保守・運用のインフラエンジニアは、基本的にはサーバールームなどで1人で仕事をすることも多い仕事です。

そのため、分のペースで働きたい人や干渉されずに仕事をしたい人にはおすすめです。

システムエンジニアやプログラマーはチームで働くことが多いですが、インフラエンジニアは基本的に1人で働きます。

インフラエンジニアになるデメリット

1. 常にトレンドを追う必要がある

変化が速いジャンルなので、常に情報収集してトレンドをキャッチアップする努力と、スキルを磨く努力が必要です。

これを怠ると時代遅れのエンジニアということになってしまいます。

2. AIの発達で必要でなくなる可能性がある

まだまだ十分に需要のある職種ですが、数十年後はAIの発達でなくなる可能性のある仕事とも言えます。

とはいえ、インフラエンジニアとして培った経験や考え方は必ず次の仕事に活きるはずです。

中途半端な気持ちでインフラエンジニアになりたい人は、辞めておいた方がいいかもしれません。

3. 突発的な障害・アクシデントへの対応を求められる

昨今では、あらゆるインフラシステムが発達してきています。

しかし、地方などのIT化が進んでいない地域において問題が発生した場合には、かなりの重労働になることも想定されます。

可能であればそういった顧客とは取引しない方が良いですが、あなたが全ての取引先を決定できるわけではないので、きちんと就職先を見極める必要があるでしょう。

 

少しでもインフラエンジニアに興味のある人は、まずは転職のプロである転職エージェントに話を聞いてみるべきです。

【おすすめ転職エージェント】

特に『リクルートエージェント』はコロナウイルス感染を防ぐため、電話面談を実施しているのでオススメです。

■『リクルートエージェント
・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
【公式】https://www.r-agent.com/
■『マイナビエージェント
・20代/30代のサポート体制が充実!
【公式https://mynavi-agent.jp
■『パソナキャリア
・手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
■『リクナビNEXT』※転職サイト
・圧倒的No1の求人数!
【公式】https://next.rikunabi.com/

※もし、迷ってしまったら…?
どのエージェントに相談するか迷った場合、最低でも下記の2社に相談すれば間違いありません。
①『リクルートエージェント
・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
【公式】https://www.r-agent.com/
②『マイナビエージェント
・20代/30代のサポート体制が充実!
【公式https://mynavi-agent.jp/

未経験からでもインフラエンジニアになれる転職方法

未経験からでもインフラエンジニアになれる転職方法

未経験からでも、年収や待遇を上げつつインフラエンジニアになるのは十分に可能です。

なぜ、そんなことが可能なのか?

その理由と具体的な方法について以下で詳しく解説していきます。

下記で解説するポイント「だけ」、忠実に行うことで、満足のいく結果を得ることができます。

失敗しない転職活動に、転職エージェントの利用は必須

転職活動は人生の中で何度も経験するようなことではありません。

だからこそ、転職のプロに相談をすることで、限りなく失敗する確率を上げていくことが重要です。

特に未経験からインフラエンジニアに挑戦する人にとっては、転職エージェントのサポートなしに満足いく転職を成功させることは難しいとまで言えるでしょう。

 

転職エージェントとは、「転職活動の際に必要になる作業の大部分を代行してくれる」サービスです。

具体的に、転職エージェントに相談することで、以下のサポートを無料で受けることができます。

  • 転職相談
  • 求人案件の紹介
  • 応募書類・履歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接日程(スケジュール)の調整
  • 年収交渉

自分で転職サイトを利用するだけではたどり着けない情報を提供してもらえたり、志望する企業の傾向に合わせた対策を無料で行うことができます。

そのため、一人で転職活動をするよりも、圧倒的に自分に合う会社に出会える確率・転職成功率が高くなります。

 

転職エージェントに登録すると大量のメールが届くので、転職活動用にメールアドレスを作成しておきましょう。

また、稀に自身の成果を上げるために、強引に転職を迫ってくるキャリアアドバイザーがいますが、その場合はメールで連絡して担当を変更してもらうことが可能です。

初めての転職が不安な人はもちろん、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありません。

転職エージェントを選択する時のポイント

失敗しない転職活動を実現するために、転職エージェントを利用する際は、

 

必ず3社以上利用する

 

のがポイントです。

上記のポイントさえ気にしていれば、OKです。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
これは、かなり重要なポイントじゃ!

実際に、最大手のリクルートによる調査でも、転職エージェントを複数利用している求職者の方が、転職活動の成功率が高いことが実証されています。
※下記参照

転職決定者の平均転職エージェント利用社数は4.2社です。

転職エージェント利用調査

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

転職エージェントの3社以上登録することによるメリットは以下です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

1社の転職エージェントから紹介してもらえる求人案件は3社前後です。

幅広く求人を検討するためにも、3社以上に登録することをおすすめします。

 

たとえば、大手の転職エージェントだけを利用すると、あなたの希望する業界で「目立たない優良求人」に出会えない可能性があります。

また、希望している条件に合致した求人なのに、年齢やこれまでの経歴から応募できないケースもよくあるのです。

逆に、業界特化型の転職エージェントだけを利用すると、特定領域の求人ばかりを紹介され、自身の可能性を限定してしまうことに繋がってしまうのです。

インフラエンジニアは、技術職ではあるものの、世の中的にも広く認められた職種でもあるため、大手・業界特価問わず、3社以上の転職エージェントに登録することで、幅広く自身の可能性を模索しましょう。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントに登録をする際のポイントは、

迷ったら登録してみる

です。

多くの人は「登録しようかな」と考えても、結局先延ばしにしてしまいます。

 

朝の通勤途中にやろう…

休憩時間にやろう…

寝る前にやろう…

 

そう思ってしまっていたら、現状を変えることはできません。

心理学者のピアーズ・スティール教授の調査では、95%の人が「自分に甘く、仕事や作業で先延ばしをしてしまう」ことが明らかになっています。

ほとんどの人は考えただけで行動に移しません。

現状を少しでもポジティブにしたい場合、多少の不安があってもすぐに行動するのがポイントです。

 

以下では、転職賢者が本気でおすすめしている、絶対に登録すべき転職エージェントについてご紹介します。

前述の通り、転職エージェントは3社以上を利用して、幅広く業種・業界を検討しましょう。

転職エージェントの利用が不安な方へ

決して、自分をよく見せようとする必要はありません。

自分をよく見せようとすると、かえって転職活動の失敗を招きかねません。

最初に登録した情報でいきなり求人を紹介されることはありませんし、職務経歴書はキャリアアドバイザーに相談しながら、一緒に作成すればいいのです。

土・日でも利用可能ですよ!

まずは登録して、転職エージェントの指示を待ちましょう!

※登録の際、在職中の方は備考欄に
●時以降なら電話対応
と記載しておけば、仕事中に連絡が来て現職にバレることはありません

ご紹介する転職エージェントは、

現職(前職)での雇用形態に関わらず、登録が可能です。

いずれも3分程度で登録が完了します。

正面の賢じぃ
賢じぃ
登録してから』迷うんじゃ!

【おすすめ転職エージェント】

特に『リクルートエージェント』はコロナウイルス感染を防ぐため、電話面談を実施しているのでオススメです。

■『リクルートエージェント
・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
【公式】https://www.r-agent.com/
■『マイナビエージェント
・20代の転職実績No1!
【公式https://mynavi-agent.jp
■『パソナキャリア
・手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
■『リクナビNEXT』※転職サイト
・圧倒的No1の求人数!
【公式】https://next.rikunabi.com/

※もし、迷ってしまったら…?
どのエージェントに相談するか迷った場合、最低でも下記の2社に相談すれば間違いありません。
①『リクルートエージェント
・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
【公式】https://www.r-agent.com/
②『マイナビエージェント
・20代の転職実績No1!
【公式https://mynavi-agent.jp/
また、下記のページでは、タイプ別におすすめの転職エージェントをまとめています。

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは

「転職時期はいつ頃をお考えですか?」

と聞かれるはずです。

この時に少しでも転職を考えている場合は

「良いところがあればすぐに転職したい」

と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント