むかつく上司に仕返ししたい!殺したいほど嫌いな上司への仕返しと対処方法

この記事を読むべきなのは…
・殺したいほどむかつく上司がいる方
・上司のパワハラ・セクハラに悩んでいる方
・むかつく上司を見返してやりたい方

 

「あのクソ上司、むかつく…」

「上司だと思えないし、仕返ししてやりたい」

「殺したいくらい嫌いでむかつく上司となんて仕事したくない」

 

むかつく上司と聞いて、あなたの頭の中にも一人は思い浮かぶのではないでしょうか?

あなたより立場が上なので、仕返しをしようと思ってもなかなか行動に移しずらいですよね。

ただ、このまま黙って指を咥えているだけでは、あなたの人生が無駄になってしまいます。

 

この記事では、

  • むかつく上司に仕返しをする方法
  • むかつく上司に付き合うのが無駄な理由
  • むかつく上司とお別れをして、理想の人生を手に入れる方法

をご紹介していきます。

 

横向きの賢じぃ
賢じぃ
むかつくほど嫌いな上司ってなぜこんなにも多いんじゃろうか?

【2019年12月:最新情報】

12月は、
転職活動を開始するには最高のタイミングです。

なぜなら、年末にボーナスを取得してそのまま転職する方が多いため、12月に転職市場が活発になり、求人数が増加するためです。

12月から準備を始めるだけで、他の求職者よりも選考をかなり有利に進めることができます。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職活動を開始しましょう。

  1. この記事を読み、最低3社の転職エージェントに登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談or電話で簡単な相談を行う
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後は、いくつかのテクニックを実践するだけで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、満足できる転職活動が実現できます。

テクニックは記事の最後に記載していますので、ぜひ最後まで読み進めて効率の良い転職活動を実現してください。

読了に5分以上かかる記事です

下記をクリックすることで、
重要なポイントのみ読み進めることも可能です。
目次

むかつく上司には「法的」に仕返しが有効

むかつく上司には「法的」に仕返しが有効

どんなにむかつく上司であっても、直接的な仕返しはすべきではありません。

ましてや、法を犯す行為はご法度です。

 

もし、むかつく上司がいる場合には「法的に」仕返しをしてやりましょう。

決められたルールの元で行動することを、人として厳守してください。

むかつく上司に法的に仕返しを行うには、以下の2種類が有効です。
  • 労働局に相談する
  • 人事部や経営層に直談判する
    (社内の相談窓口に相談する)

労働局に相談する

労働局」は、労働者の相談を無料で受け付けており、企業内部の不正に関する告発を受け付けている行政機関です。

社内で問題になっている嫌がらせやパワハラ・セクハラなどの相談に乗ってもらうことができます。

行政(=国)機関のため、事実を元に中立の立場から事実の調査を行ってくれるので、労働者と企業が対等の立場で話し会うことが可能です。

 

なお、ここで注意したいのが、

労働局 ≠ 労働基準監督署(労基署)

であることです。

労働基準監督署は企業が労働基準を遵守しているかを監督する役割を担う機関なので、むかつく上司に関する相談には乗ってくれません。

 

ただ、労働局はあくまで「アドバイス」が主な仕事になります。

特にパワハラや嫌がらせは、どこからが違法であると断言することが難しいため、あくまで「相談できる機関」と認識しておきましょう。

もし、すでに被害を被っている場合は、ボイスレコーダーなど、物的な証拠があるとあなたが有利になる可能性が高いです。

社内で相談できる人がいなかったので、本当に助かりました

東京都:O.U(22歳・男性)

社内で最も年齢が若く、立場的にも弱かった私は入社から2年間上司のパワハラに悩んでいました。

度を超えた罵声を浴びせられ、時には手を出されることも…

ただ、そこまで大きい組織ではなく、周りに相談できる人もいなかったので、ネットで検索して労働局に相談をすることに。

それから、滅多に顔を合わせることはなくなりました。

先日もたまたますれ違って心臓がドキッとしましたが、本当にドキッとした顔をしていたのは相手の方でした。

参考:転職サポート

人事部や経営層に相談する(社内の相談窓口に相談する)

むかつく上司の被害者があなた以外にも複数人いて、明らかな被害を被っている場合は、人事部や経営層に相談するのも一つの手です。

この場合、上司が人事部や経営層と仲が良かったり、社内でも明らかに力を持っている場合があるので相談する相手には注意が必要です。

 

また、大企業に分類されるような大きな組織に属している場合は、コンプライアンス(パワハラ・セクハラ 等)に関する従業員用の専門窓口が設置されている場合があります。
その場合は、直接申し出るよりも、専門窓口に問い合わせた方がスムーズに対応してくれるでしょう。
人事部に相談して、むかつく上司を撃退!

東京都:S.O(26歳・女性)

部署異動をしてから、ずっと上司のセクハラに悩まされていました。

私の部署には男性が多く、我慢をするしかないと思っていたのですが、人事部に専門の相談センターがあることを知り、相談をすることに。

とにかくむかついていたので、これまでにあったことをメモにまとめて全て話しました。

すると、以前にもその上司はセクハラで厳重注意を受けていたことが発覚。

2週間と経たないうちに、セクハラ上司は異動になりました。

私はもちろん黙っていたのですが、急な異動からたちまち悪い噂が広がり…

現在はどこか地方の支店で、窓際社員になっているそうです。

参考:転職サポート

証拠や証言を集めて、人事部長・経営層など上の役職の人に伝えるのも効果的かもしれません。

むかつく上司の対処方法|怒り・ストレスの矛先はどうすればいい?

むかつく上司の対処方法|怒り・ストレスの矛先はどうすればいい?

むかつく上司はいるけど、法を犯してまで対処はできない…

そんな時には一体どうすればよいのでしょうか?

 

むかつく上司へのやり場のない怒り・ストレスは、以下の方法で対処しましょう。

  1. 趣味で思いっきりストレスを発散する
  2. 嫌がらせや説教を「自分より子供なんだな」スルーする
  3. あなたの頭の中で仕返しする・消し去る

むかつく上司の対処方法①:趣味で思いっきりストレスを発散する

あなたに趣味はありますか?

趣味は日頃のストレスを発散したり、楽しさに没頭してむかつく上司のことを忘れさせてくれます。

また、特別趣味にはしていなくても、運動をすることで同様の効果が期待できるでしょう。

運動の場合は、むかつく上司からあなたの心を守ってくれるだけではなく、身体の健康維持にも繋がります。

むかつく上司の対処方法②:嫌がらせや説教はスルーする

グチグチと嫌味を入ってくる上司や、あなたへの説教をストレス発散の機会にしている上司も多いでしょう。

上司に言われたことを真に受ける必要はありません。

むかつく上司のために、あなたの心をすり減らす必要はないのです。

もし、嫌味や理不尽な説教をされた場合は、

「私より子供なんだな」とスルーしましょう。

 

感情を顔や仕草に一切出さず、やり合わないのが鉄則です。

相手は、嫌味を言ったり説教を垂れることで、「あなたが悩んだり、弱ったりする」ことが快感なのです。

もし、あなたが「あんなに歳上なのに、子供なんだな」とスルーすることができれば、やがて上司も面白くなくなって、理不尽な嫌がらせを辞める場合があります。

社会人にもなって、あなたをいじめることが楽しみの人間なんか、幼稚でしかありません。

むかついても無駄に付き合わず、スルーしてください。

むかつく上司の対処方法③:頭の中で仕返しする・消し去る

どれだけむかつく上司であっても、実際に殺したり、法に違反する復讐を行うことは絶対に避けてください。

どうでもいい上司のためにあなたの人生が奪われることになります。

 

しかし、あなたの頭の中ではいくら仕返しをしても、手を出しても問題ありません。

某人気番組のように「殺したいほどむかつく上司のノート」を作り、そこに思いっきり、上司への思いを書き殴るのもありでしょう。

あなたの気が済むまで何度も嫌がらせしたり、殴ったりしても大丈夫です。

 

しかし、いくら頭の中でむかつく上司に仕返しをしても、現実にむかつく上司がいなくなるわけではありません。

あなたがむかつく上司のことを考えたり、悩んだりする時間は決してあなたのためにならないのです。

むかつく上司には付き合うな!環境を変えて「あなたの」人生を送ろう

むかつく上司には付き合うな!環境を変えて「あなたの」人生を送ろう

上記で解説した、むかつく上司への対処方法は、どれも一時的な対処方法です。

根本的な問題解決になっていないので、効果がなかったり、長く続かない場合があります。

 

また、むかつく上司が法的に違反を犯しているケースは、こちら側も法的な制裁を下すことが容易ですが、

嫌がらせや嫌味、理不尽な説教と言った場合には、法的に対処することが難しいことがほとんどです。

 

あなたに上司の配属を決定する権限はなく、あなたがいつその部署から異動できるかもわからないのであれば、「むかつく上司がいる限り」あなたは心を擦り減らすことになってしまいます。

このままストレスを受け続けている状態では、いつあなたの心身に異常が出てもおかしくありません。

そこで、

「自ら行動して環境を変える」

ことをおすすめします。

あなたの人生はむかつく上司のためにあるものではありません。

 

仕返しや復習の方法をいくら考えても、その時間はあなたの人生の無駄です。

悪い人間関係や辛く悩んでいる自分を、良好な状態にするための努力をするよりも、

環境を変えて、ゼロから新たにスタートするほうが良い人生への近道です。

むかつく上司のことで人生を浪費せず、いますぐ環境を変えて自分の人生をより良いものにできるよう努力すべきです。

むかつく上司には、新しい職場で楽しく働くことが最大の仕返し

むかつく上司には、新しい職場で楽しく働くことが最大の仕返し

むかつく上司に別れを告げて、新しい職場でやりがいを持って楽しく働きましょう。

もし、仕事の成果が思うように出ないことで嫌味を言われているのであれば、転職して成果を出せば、

「自分の元では成果が出なかったのに…」

と、むかつく上司に指導能力がなかったことを暗に意味できます。

また、仕事もプライベートも充実させて楽しい毎日を送っていることが周りから上司の耳に入るのも、同様の効果があります。

 

前述の通り、怒りやストレスに任せて直接仕返しをしてしまうと、これまでにどれだけ嫌がらせや理不尽な説教を受けてきたとしても、一瞬にして加害者になってしまいます。

加害者になると、むかつく上司から慰謝料を請求されるだけでなく、仕事も失い、親族や仲の良い同僚までもが被害にあう可能性が出てきます。

むかつく上司に対する怒り・ストレスを、理想の人生を手に入れる転職活動のエネルギーへと変えましょう。

短い人生で、むかつく上司なんかにかけている時間はありません。

むかつく上司が退職/転職を阻止しようとしてきたら…?

むかつく上司が退職/転職を阻止しようとしてきたら…?

とはいえ、転職するには、現職を退職したり、転職活動を行う必要があります。

むかつく上司が直属の上司の場合、退職を申し出る相手は他でもないむかつく上司になります。

ここで、また嫌がらせを受けて、辞めるまでの時間が長引いたり、辞められなかったりすることを防ぐ必要があります。

退職理由は本音と建前を使い分けよう

むかつく上司本人に退職を伝える場合、かなりの勇気がいるでしょう。

しかし、退職は「労働者の権利」です。

たとえ何を言われても、上司にあなたを引き止める権利はないので、勇気を出して退職を申し出てください。

 

また、退職理由には、必ずポジティブな理由を使用してください。

 

以下のようなネガティブな退職理由は、うまく言いくるめられて引き止めにあってしまう可能性が高いです。

  • 待遇に不満がある
  • 労働環境が悪い
  • 人間関係が悪い
  • (むかつく上司がいる)

仮に、退職理由が「むかつく上司がいるから」だったとしても、そこはグッとこらえて本音と建前をうまく使い分けましょう。

自力で辞められそうにないなら退職代行サービスを利用しよう

それでも、

「あのむかつく上司が怒ると怖い」

「他のメンバーになんて言われるか不安だ」

と思い、なかなか退職に踏み出せない方もいるでしょう。

その場合は、退職代行サービスを利用してください。

退職代行サービスとは、「あなたの退職に関わる手続きを代行してくれるサービス」です。

 

退職代行サービスを利用することには以下のメリットがあります。
※以下、サービスによって若干内容が異なる場合もあります

  • 事前の無料相談が可能
  • 金額が安い(3~5万円程度)
  • 会社の人と顔を合わせずに退職できる
  • 有休消化についても交渉してくれる
  • 辞められなかったら全額返金保証つき
  • 即日退職が可能
  • 親にバレない
  • 退職成功率が95%以上
  • 会社から訴えられたり、損害賠償請求される心配がない

自分で退職する意思を会社に伝えることなく退職できるので、上司や同僚の顔色を伺う必要もなく、辞めたいと思ったら即日退職も可能です。

残った有給休暇を消化する交渉も行ってくれるので、有給休暇が残っている場合、金額以上の価値を取り戻せる可能性があります。

さらには、取り戻した有給休暇を利用して転職ができれば、給料がもらえない「空白の期間」が生まれません。

現在の転職市場は売り手市場の傾向が強いので、転職で年収UPできる可能性が高く、元を取るどころかプラスが生むことができるサービスです。

 

()最近は格安の退職代行サービスを名乗る悪質な業者が急増しています。

その中でも、今回ご紹介する『EXIT』は、会社としての知名度・実績共に自信を持っておすすめできるサービスです。

EXIT』は、メディアに何度も取り上げられている非常に知名度が高いサービスです。

NHKの『クローズアップ現代』で特集が組まれたり、名称が同じ、人気お笑い芸人のEXITともコラボしています。

EXITの特徴は、LINEで相談ができ、思った時に気軽に相談可能な点です。

LINEで「会社を辞めたい」「もう二度と上司と顔を合わせたくない」など、辞めたいという気持ちを伝えるだけで、会社への連絡は EXIT が代行してくれます。

相談は全て無料ですし、実際に依頼する場合は、退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOKです。

基本的に退職に関わる一切の行為を代行してくれます。

 

さらに、EXITは転職エージェント『ワークポート』と提携をしているため、EXIT経由でワークポートに登録し、転職が成功すると、退職代行費用が無料になります。

自力で辞めることができそうにない方は、一度無料で相談してみることをおすすめします。

退職代行を使うならEXIT!

『EXIT
【おすすめ度:★★★★★
抜群の地名度と実績!LINEで気軽に相談!
【公式
https://www.taishokudaikou.com/

むかつく上司とサヨナラ!失敗しない転職方法

むかつく上司とサヨナラ!失敗しない転職方法

むかつく上司に仕返しをしてやりたい気持ちはわかります。

しかし、仕返しをすることによって、マイナスはゼロになるかもしれませんが、プラスになることはありません。

仕返しをするのにあれこれと考えて、疲弊するよりも、環境を変えて楽しい毎日を送る方が、あなたにとっては大きなプラスになります。

 

以下で解説するポイントを守すれば、失敗しない転職活動を実現することが可能です。

失敗しない転職活動に、転職エージェントの利用は必須

転職活動は人生の中で何度も経験するようなことではありません。

だからこそ、転職のプロに相談をすることで、限りなく失敗する確率を上げていくことが重要です。

 

転職エージェントとは、「転職活動の際に必要になる作業の大部分を代行してくれる」サービスです。

具体的に、転職エージェントに相談することで、以下のサポートを無料で受けることができます。

  • 転職相談
  • 求人案件の紹介
  • 応募書類・履歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接日程(スケジュール)の調整
  • 年収交渉

自分で転職サイトを利用するだけではたどり着けない情報を提供してもらえたり、志望する企業の傾向に合わせた対策を無料で行うことができます。

そのため、一人で転職活動をするよりも、圧倒的に自分に合う会社に出会える確率・転職成功率が高くなります。

 

転職エージェントに登録すると大量のメールが届くので、転職活動用にメールアドレスを作成しておきましょう。

また、稀に自身の成果を上げるために、強引に転職を迫ってくるキャリアアドバイザーがいますが、その場合はメールで連絡して担当を変更してもらうことが可能です。

初めての転職が不安な人はもちろん、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありません。

転職エージェントを選択する時のポイント

失敗しない転職活動を実現するために、転職エージェントを利用する際は、以下の2つのポイントを守りましょう。

  1. 転職エージェントを3社以上利用する
  2. 「総合型」「業界・年齢特化型」の両方の転職エージェントを利用する

上記のポイントさえ気にしていれば、OKです。

①転職エージェントを3社以上利用する

転職エージェントは必ず、

3社以上を併用

してください。

 

実際に、人材大手リクルートによる調査でも、転職エージェントを複数利用している求職者の方が、転職活動の成功率が高いことが実証されています。

転職決定者の平均転職エージェント利用社数は4.2社です。

転職エージェント利用調査

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

転職エージェントの3社以上登録することによるメリットは以下です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

1社の転職エージェントから紹介してもらえる求人案件は3社前後です。

幅広く求人を検討するためにも、3社以上に登録することをおすすめします。

「総合型」「業界・年齢特化型」の両方の転職エージェントを利用する

また、転職エージェントには、幅広い求人案件を保有する「総合型」と、求人案件は少ないものの、特定の業界に特化してサポートをしてくれる「業界・年齢特化型」の2種類が存在しています。

3社以上を併用利用するうえで、

総合型:2社以上

業界・年齢特化型:1社以上

を利用してください。

 

総合型の転職エージェントだけを利用すると、あなたの希望する業界で「目立たない優良求人」に出会えない可能性があります。

また、希望している条件に合致した求人なのに、年齢やこれまでの経歴から応募できないケースもよくあるのです。

逆に、業界・年齢特化型の転職エージェントだけを利用すると、特定領域の求人ばかりを紹介され、自身の可能性を限定してしまうことに繋がってしまうのです。

そのため、総合型を2社以上、業界・年齢特化型を1社以上利用して、幅広く自身の可能性を模索しましょう。

転職エージェントに相談する前に最低限把握しておくこと

最低限、以下の項目を事前に把握しておけば、キャリアアドバイザーの方とスムーズなやり取りを行うことができます。

【相談前に最低限必要な自己分析】
  1. 自分の好きなこと・嫌いなこと
  2. 自分の得意なこと・苦手なこと
  3. 今後やってみたい仕事・やりたくない仕事
  4. 将来の理想の生活・キャリア
    (3年・5年・10年)

上記の項目を事前にまとめておくことで、キャリアアドバイザーがあなたの描くキャリアや生活を実現できる企業を紹介しやすくなります。

「ただ転職したいだけ」

の人よりも、

「〜〜が好きで、◯◯という仕事に挑戦してみたい」

という希望がある人の方が熱意が伝わり、キャリアアドバイザーにとっても優先的に対応してあげたくなる心理が働きます。

 

以下では、絶対に登録すべき総合型転職エージェント、おすすめの業界・年齢特化型転職エージェントをご紹介します。

むかつく上司とサヨナラを告げるためのおすすめ転職エージェント

むかつく上司とサヨナラを告げるためのおすすめ転職エージェント

むかつく上司には目もくれず、さっさと転職を成功させましょう。

 

ポイントは思い立ったらすぐに行動すべきということです。なぜなら、多くの人は先延ばしにしてしまうからです。

カナダ・カルガリー大学ビジネススクールの教授であり、心理学者のピアーズ・スティール教授が40年間に渡る調査によると、95%の人が「自分に甘く、仕事や作業で先延ばしをしてしまう」ことが明らかになったというデータがあります。

つまり、今すぐ行動すれば、95%という多くの人がやらないことをやっていることになります。

そして、アメリカ・ミシガン大学の調査によると、心配事の80%は起こらないことが判明しています。

なので、現状を少しでもポジティブにしたい場合、多少の不安があってもすぐに行動するのがポイントです。

 

最後に、転職賢者が本気でおすすめしている、絶対に登録すべき転職エージェントについてご紹介します。

前述の通り、エージェントはバランスよく3社以上を利用して、幅広く業種・業界を検討しましょう。

転職エージェントの利用が不安な方へ

決して、背伸びをして自分をよく見せようとする必要はありません。

転職エージェントに自分をよく見せようとすると、かえって転職活動の失敗を招きかねません。

最初に登録した情報でいきなり求人を紹介されることはありませんし、職務経歴書はキャリアアドバイザーに相談しながら、一緒に作成すればいいのです。

土・日でも利用可能ですよ!

まずは登録して、転職エージェントの指示を待ちましょう!

※登録の際、在職中の方は備考欄に
●時以降なら電話対応
と記載しておけば、仕事中に連絡が来て現職にバレることはありません

まず、絶対に登録すべき総合型転職エージェントをご紹介します。

現職(前職)での雇用形態に関わらず、登録が可能です。

いずれも5分程度で登録が完了します。

絶対に利用すべき転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/

『ウーマンウィル』※女性限定
おすすめ度:★★★★★
女性専用のマイナビエージェント!
【公式】https://mynavi-agent.jp/womanwill/

正面の賢じぃ
賢じぃ
この総合型転職エージェントだけは、絶対に登録しておくんじゃ!

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

おすすめ業界・年齢特化型転職エージェント

続いて、おすすめの業界・年齢特化型転職エージェントです。

以下の転職エージェントは、男女や雇用形態に関わらず利用することが可能です。

正面の賢じぃ
賢じぃ
自身の経歴や希望する業界に合わせて1社以上登録するのじゃ。
◆第二新卒・既卒向け◆
『ウズキャリ』
【おすすめ度:★★★★☆
紹介求人はブラック企業を排除済み!
【公式】https://daini2.co.jp/
フリーター・ニート向け
『ハタラクティブ』
【おすすめ度:★★★★★
未経験OK企業だけで2,300件以上の求人!
【公式】https://hataractive.jp/
営業職向け
『ジェイック(JAIC)』
【おすすめ度:★★★★★
転職に役立つ無料研修制度が充実!
【公式】https://www.jaic-college.jp/
IT・Web業界向け
『ワークポート』
【おすすめ度:★★★★
IT・Web業界を志望するなら登録必須!
【公式】https://www.workport.co.jp/

業界特化型のエージェントについて、どの転職エージェントを利用すれば良いか迷ってしまう方も、まずは『パソナキャリア』と『マイナビエージェント』だけは絶対に登録しておきましょう。

最初に登録すべきは、より幅広い業界・業種を探せる総合型転職エージェントです。

転職サイトを利用するなら、『リクナビNEXT』で十分

リクナビNEXT

転職エージェントを正しく活用できれば、転職サイトを無理に利用する必要はありません。

しかし、応募企業についてより深く情報を知りたい方や、業界・業種についての知識を高めたい方は、転職サイトを眺めながら理解を深めて行けば良いでしょう。

転職サイトについては、

リクナビNEXT』に登録しておけば、問題ありません。

転職サイトとして、圧倒的な実績・知名度を誇っているため、利用するのは一つで十分です。

転職サイトで知識を補いつつ、転職エージェントに相談してみるのがベストです。

リクナビNEXT 公式サイト

むかつく上司に付き合うだけ時間の無駄

むかつく上司に付き合うだけ時間の無駄むかつく上司に付き合うのは、

「時間の無駄」

です。

 

人生の大半を費やす仕事ですが、社会人として働ける時間はそこまで長くはありません。

理想の人生を手に入れるためにも、むかつく上司を出来るだけ人生から遠ざけてください。

転職エージェントをうまく活用することで、むかつく上司から離れられるだけでなく、待遇UPも十分に期待できます。

 

正面の賢じぃ
賢じぃ
転職は、逃げや負けではないぞ!

上記で解説したおすすめサービスについておさらいします。

絶対に利用すべき転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/
『ウーマンウィル』※女性限定
おすすめ度:★★★★★
女性専用のマイナビエージェント!
【公式】https://mynavi-agent.jp/womanwill/
退職代行を使うならEXIT!

『EXIT
【おすすめ度:★★★★★
抜群の地名度と実績!LINEで気軽に相談!
【公式
https://www.taishokudaikou.com/

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは

「転職時期はいつ頃をお考えですか?」

と聞かれるはずです。

この時に少しでも転職を考えている場合は

「良いところがあればすぐに転職したい」

と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント