趣味や特技がない人のための「失敗しない」面接解答例

「社会人になってから、これといった趣味や特技なんてないしな」

「面接の自己紹介で何も話すことないよ」

面接で意外と困るのが、趣味や特技について聞かれること。

 

この記事では、

  • 趣味や面接が聞かれる目的
  • 趣味や特技がない人のための「失敗しない」面接解答例

についてご紹介していきます。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
趣味や特技がない場合は、
転職エージェントに相談することがおすすめじゃよ。
複数のエージェントに
「この趣味って印象どうですか?」
と実際に質問してみるのじゃ。

【おすすめ転職サービス】

転職活動を成功させる最大のポイントは、
転職エージェントの有効活用です。
必ず3社以上のエージェントに登録し、
相性の良いスタッフの方に出会うことで、
転職の成功率が格段に高くなります。

下記は、初めて転職活動を行う方に
自信を持っておすすめできる
転職エージェントです。

まずは下記のサービスを
登録しておけば間違いないでしょう。

『マイナビエージェント』
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/

『パソナキャリア』
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/

doda
dodaエージェントと併用!満足度No.1
【公式https://doda.jp/

正面の賢じぃ
賢じぃ
面接での趣味や特技の答え方について考える前に、
お主はもう会社を辞められたかの?
面接対策したけど、退職できないなんてことのない様にな。

おすすめ退職代行サービス

転職活動にあたり、なんらかの理由で
「会社をやめづらい」場合は、

退職代行サービスを利用すれば、
会社の人間と顔を合わせずに、
最短即日で退職可能です。

有給消化の交渉から煩雑な手続きまで、
全て代理で行ってくれます。

『SARABA』
業界最安値なのに安心の充実保証!
【公式https://taisyokudaikou.com/

『EXIT
断トツの地名度と安心の実績!
【公式
https://www.taishokudaikou.com/

『辞めるんです
安全・安心な顧問弁護士付き!
【公式https://yamerundesu.com/

おすすめ診断サービス

簡単な質問に回答するだけで、
性格や市場価値(年収)が
判定できるサービスです。

2019年7月より、
より詳しく性格診断が
できるようになりました。

自己分析の手段として、
転職を考えていない方にも
おすすめです。

ミイダス
5分で年収や性格が丸裸に?
※完全無料
【公式https://miidas.jp/

上記の転職サービスを登録してから読み始めた方が、より退職/転職へのイメージが湧くと思います。

冒頭でお伝えした通り、満足のいく転職を実現するためには3社以上の転職エージェントを利用することが鉄則ですが、どうしても面倒だという方は『マイナビエージェント』だけでも登録をすべきです。

必ず、あなたの力になってくれるでしょう。

面接で趣味や特技について聞かれる理由・目的

志望動機や自己PRを聞かれるのと同様に、面接で趣味を聞かれるのには理由があります。
しかし、その理由は企業の方向性や面接官の考え方によってさまざま。
一概に「これが理由」と絞れるものではありませんが、どのような理由があるのか、よくある傾向をご紹介します。

【コミュニケーションのきっかけ】

アイスブレイクのように、求職者の緊張を解きほぐしたいという意図を持って趣味を聞くことがあります。
コミュニケーションのきっかけにもなるので、求職者の素の気持ちや考え方を引きだしやすくなるといえるでしょう。

【人柄を知りたい】

趣味は、その人が好むこと。
何に対して熱意を持つ人なのか、人柄を知ることができる項目と言えます。
熱中する対象が分かると、どのように人間関係を作り上げていく人なのか、業務に対してはどう取り組んでいける人なのか判断しやすくなることも。

趣味を聞かれると合格?不合格?

就活をしていると、「趣味を聞かれたら採用」という意見がある一方で、「自分は趣味を聞かれた時は不採用だった」と正反対の話を聞いたことがあるでしょう。
趣味を聞かれることは、実際どのように採用基準に影響しているのでしょうか。
「趣味を聞かれたら合格」「趣味の話で盛り上がったら不合格」と言われる理由をご紹介します。

【合格基準に達しているという説】

適性や実務能力が合格ラインに達しているので、仕事以外の人間性、パーソナルな面について知りたいという説があります。
この場合は、面接の通過が決定したと考えられることが多いようです。

ただし、趣味を尋ねる質問への返答次第で、せっかく内定を考えられていたのに不採用となってしまう可能性もあるでしょう。

【不合格説】

一方、趣味は仕事に全く関係のない話なので、単なる時間つぶしで聞かれているという考え方もあります。
つまり、面接中のやりとりで不合格を決定したために雑談をするという説です。
不合格となると、企業にとって求職者は顧客でしかありません。
当たり障りのない会話をして話を盛り上げ、企業の印象を損なわないようにしている場合があるようです。

【合格か不合格かは判断できない】

結論としては、趣味を聞かれることで内定にどのように響くのか一概にどちらが正しいとはいえません。
趣味を聞かれて落ちた人、受かった人、どちらもいるのが現実です。

趣味を聞く理由は企業にもよりますが、自分を知ってもらうチャンスと考えて答えましょう。

趣味はあなたの人柄を伝えよう

趣味に関する回答で自分を知ってもらうためには、アピールの仕方に気を配る必要があります。
例えば、「趣味は何ですか?」と聞かれた時には、「サッカーです。」「読書です。」など一言で済ませないようにしましょう。
「サッカーです。」と簡潔に答えた後は、趣味の背景について説明するのがマスト。

ここでは、自分の価値観や人柄を伝えるための例を挙げていきます。

面接で人柄を伝えるためには?

趣味の背景といっても、具体的にどのように表現したらいいのか悩んでしまう人がいるのではないでしょうか。
下記の具体例を参考に、自分の趣味ならどう表現できるか、考えてみてください。

(例)・読書

「読書が趣味です。本を読むと色々な人の考え方や人生を知ることができ、自分の視野が広がるのが興味深いからです」

さらに、いつからやっているのか、実績もあれば記載すると際立ちます。
特に、長年続けていることは「途中で物事を投げ出さない人(仕事も長く続けられる)」と好印象を与えることができるでしょう。

趣味を通して仕事で活かせる力をアピールしよう!

趣味は、人柄を伝えられる以外にも、業務に活かせる能力を持っていることをアピールできることがあります。
趣味を聞かれて「不採用かも…」と不安になってしまっても、趣味が実益と直結していることがアピールできれば、「逆転の可能性はある」と自信を取り戻せるかもしれません。

【趣味と業務がどう繋がるのかを伝えよう】

趣味は、伝え方次第では特技と同じように業務に関連させることができます。
趣味と仕事で活かせる強みを連動させることがポイントです。

(例)・強みが向上心の人は・・・

趣味:筋トレ「目標を決めてトレーニングメニューに取り組み、自分を甘やかさないストイックな姿勢を大切にしています」

(例)・強みが計画性の人は・・・

趣味:旅行「お金がない中でもインターネットでホテルや交通手段、旅費が安くなる時期をリサーチして計画を立て、なるべく安い経費でたくさんの土地を訪れました」

こんな趣味はマイナスイメージにつながる

では、背景や仕事につながることを示せればどのような趣味でも伝えて良いのか、というとそんなことはありません。
むしろ、就活の面接でNGとなる趣味を伝えたことで、これまで高評価を得ていたのに選考に大きな影響を与えることが考えられます。

就活をする前に、マイナス評価となる趣味を把握しておきましょう。

【社会的な理解が得づらいもの、違法性のあるもの】

ハッキングや盗撮など違法性のあるものはもちろん、ギャンブルや飲酒などもNGとされています。
犯罪性・違法性のあるものがNGなのは当然ながら、ギャンブルや飲酒などについても計画性や忍耐力がない、業務に支障が出るかもしれない、負債を抱えている可能性がある、などマイナスなイメージを持たれてしまいます。

【ネットや漫画、アニメ関係も要検討】

ネットサーフィンというのもあまり印象がよくありません。

アニメやゲームなども、社会的に認められていない面があるので関連業界への応募以外では触れないのが無難と言えるでしょう。

近年、アニメやゲームへの理解が深まりつつある、海外で高評価を得ている、などの傾向はありますが、日本では未だに「コミュニケーションが苦手」「個性が強すぎる」「ゲームは暴力性がある=人格に問題があるかも」という偏見からマイナスの判断をされてしまうケースがあります。

趣味をチョイスする時の考え方

このように、就活では自分の趣味が世間的にどのような評価をされるか客観視することも重要です。
以下に趣味を選択する時のコツをまとめたので、参考にしてください。

【価値観が分かる趣味を選ぶ】

なぜそれが好きなのか、自分の価値観につながるような趣味を選びましょう。
単に「暇なときにやっているから」という趣味はアピールポイントにはなりません。

また、先に書いたような盗撮、ギャンブルなど犯罪性・違法性のあるもの、社会的な評価が得られないものは、「人を不快にさせる行為を許す」ような価値観を持っていると判断されることがあるので避けましょう。

【嘘をつかない】

「〇〇の趣味のほうがカッコいいから」と嘘の趣味を答えないようにしましょう。
深く聞かれたときに答えられず、ボロが出てしまうことも。
面接で自分を実際以上によく見せようとする必要はないので、正直に書きましょう。

趣味がない/多すぎるという人は

趣味・特技が多すぎて何を書けばいいか迷う、逆に、特に書ける趣味や特技がないという人は多くいます。
このような時に、趣味や特技を全て網羅したり、空欄で提出したり、「特になし」と記載したりするのは良くありません。
趣味が多い時、または特に趣味がない時の対処法をまとめました。

【好きなことを紙に書き出してみよう】

趣味が多い人は全ての趣味を、趣味がない人は「趣味ではないけどやっていて楽しいと思えること・好きなこと・続けていること」などを思いつく限り書き出してみましょう。
それすらも思いつかない…という人は、休日やオフの時間に何をして過ごしているか、友達とは何をして遊んでいるかなどを基に考えてみてはいかがでしょうか。

好きなことや習慣になっていることは、趣味に近いもの。
趣味が何か聞かれた時にも具体的な内容を答えやすいはずです。

【企業の特色と照らし合わせよう】

書き出した項目の中から、企業の特色や求めている人材とマッチするものをピックアップしてみましょう。
単純に趣味を書くより、「業務に関わる能力を持っている」と捉えてもらえることが期待できます。

特技を聞かれたらどうする?

面接・履歴書での「趣味」についてご紹介してきましたが、ここでは趣味と並んで聞かれることの多い「特技」の答え方を解説します。
書類では「趣味・特技欄」と一緒になっていることもあるので、どう答えるのがベストか覚えておきましょう。

【特技を尋ねる目的】

趣味と同じように、応募者の強みや人となりを知りたい、会話のきっかけとしている面接官が多いようです。
そのため、特技がない、自分のレベルが特技といえるのか自信がないという人でも、趣味を考える時と同様、好きなことやできること、続けていることを書いても問題ありません。

【特技を答える時のポイント】

具体的に答える、嘘をつかない、事実を誇張しない、仕事につながる要素を持たせるというポイントは趣味と同じです。

例えば、語学が特技の人は「語学」とだけ答えるのはNG。
「特技は語学です。学生の頃から英語が得意科目で、英検1級を持っています。」という風に答えましょう。

【答えに迷ったら?】

何を書けばいいか迷ったら、職種のニーズに合わせた特技、自己PRと関連する特技を書くと良いでしょう。

(例)
・数字を扱う職種・・・そろばん
・営業職・・・スポーツ、登山などアクティブなことを強調できるもの
・海外とやりとりしている企業・・・語学
・アイデアを必要とする仕事・・・創作料理

このように、特技を答える時に迷ったら業務内容や企業の事業展開を踏まえ、自分の持っている能力や好きなことと照らし合わせて考えてみるのがおすすめです。

転職エージェントに相談するのが手取り早い

趣味や特技について、うだうだと思い悩んでいるのは時間の無駄です。

それよりも、具体的なこれまでの経歴や仕事ぶりについて、自己分析を行う方が転職成功率は高くなるでしょう。

転職エージェントはいわば、「転職のプロ」です。あなたと同じ様な悩みを持った方との面談を何度もこなしています。

趣味や特技がないことについて迷った場合には、すぐに転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは3社以上登録しておこう

転職エージェントに相談する前に、いくつかの注意点があります。

逆に最低限これだけ守れば、転職エージェントを利用するのはメリットしかありません。

転職エージェント利用時の注意点は、

  • あなたとは「ビジネス」で関わっていること
  • キャリアアドバイザーも「人」であること
  • (だから、)3社以上を登録・併用すること

を忘れないことです。

相手もビジネスとしてあなたに接しているので無理やり転職させようとしてくる場合があります。また、そもそも人としての相性があることを忘れてはなりません。

3社以上の同時利用によって、上記のリスクを確実に下げることができるのです。

上記を守れば、少なからず転職エージェントを登録・利用することはメリットの方が大きくなるでしょう。

記事の最後には、転職エージェントを使い倒すためのマル秘テクニックを紹介しているので、詳しくはそちらを読み込んでいただけると、より具体的なイメージが湧くでしょう。

面接に不慣れな人におすすめできる転職エージェント3選

初めての転職活動には様々な不安が付きまといます。特に、面接対策は事前にしっかりと準備をしておくことが重要です。

今回はサポート体制が充実している転職エージェントをご紹介します。転職エージェント選びに迷ったら、下記の3社を登録しておけば問題ありませんよ。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が非常に高いです。

初めての転職で、一番最初に登録すべき転職エージェントです。

doda

doda

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

国内ではNo.2の規模であり、求人の案件数やサポート体制が充実しています。

比較的、キャリアアドバイザーの質が安定しており、多角的にサポートしてくれるエージェントです。

こちらも、どの業界・職種を志望する方であっても、登録しておいて損はないエージェントです。

無料相談を始める

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

案件数では、上記2つのエージェントに劣りますが、サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめです。

試しに話を聞いてみる(無料)

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。この場合は、人間的な問題になているので須賀、最も問題なのはこれではありません。もし、今日はこれが

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合もあります。

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に少しでも転生を考えている場合は「良いところがあればすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。


仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、業界最大手で転職実績トップクラスの『マイナビエージェント』と『doda』、そしてサポート体制に定評のある『パソナキャリア』です。

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

初めての転職で、一番最初に登録すべき転職エージェントです。

無料で気軽に相談してみる

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

案件数では、上記2つのエージェントに劣りますが、サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめです。

試しに話を聞いてみる(無料)

doda

doda

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

国内ではNo.2の規模であり、求人の案件数やサポート体制が充実しています。

比較的、キャリアアドバイザーの質が安定しており、多角的にサポートしてくれるエージェントです。

こちらも、どの業界・職種を志望する方であっても、登録しておいて損はないエージェントです。

無料相談を始める

関連記事:おすすめ転職エージェントまとめ

広告