ニートから社会復帰は無理なのか?|成功のポイントは「支援の活用法」

ニートから社会復帰は無理なのか?|成功のポイントは「支援の活用法」「ニート生活から脱出して、社会復帰したい…」

「ニートだと社会復帰が無理なのかな…」

現状ニート生活をしているけど、今のままじゃダメだと思い、社会復帰をしたいけど何をすればいいのか分からないという人も多いです。

そこで、この記事では、

  • ニートから社会復帰するための第一歩|ニート卒業に向けた準備について
  • 社会復帰したいニートに降りかかる最初の難関について
  • ニート卒業は、自分に合った仕事を選ぶのが社会復帰のポイント
  • ニート、引きこもり生活から社会復帰するためにすべきこと
  • 【体験談】ニートから社会復帰を果たした例

について解説します。

ニート生活を今回こそは脱出しようとネット検索を行ったはずです。

今すぐに行動を起こせば、まだ間に合います。

横向きの賢じぃ
賢じぃ

ニート生活は続ければ続けるほど抜け出すのが難しくなるんじゃな…

社会復帰するなら今すぐ行動しないと辛い現実が待っているぞ!

いま、行動しないとヤバい…

フリーター・ニートの就職実績が豊富な『DYM就職』であれば、書類選考もなく、やる気や人柄を正当に評価してもらえます。

20代はもちろん、30代のフリーター・ニートでも応募できる求人が多数あるので、優良求人がなくなる前に相談してみましょう。

4月転職を成功させるためには、1月に転職エージェントに登録しておくことが必須です。

※もちろん、利用は無料です 

横向きの賢じぃ
賢じぃ

人気の求人は早い者勝ちじゃ!

【公式HP】DYM就職

目次

ニートから社会復帰するための第一歩|ニート卒業に向けた準備とは?

ニートから社会復帰するための第一歩|ニート卒業に向けた準備とは?

「やっぱりニートから卒業して、そろそろ社会復帰をしたほうが良いな。。。」

と感じていても、なかなか行動に移すのが難しいし、一気に行動した反動で更に社会復帰への難しさを感じて、ニート期間が長くなってしまうというのは本末転倒です。

ニート卒業を決意してから、まず何をやればいいのか?

ニートから社会復帰するための第一歩をスムーズにするためのポイントを紹介します。

「ニートを卒業し、社会復帰する」という覚悟を持つ

まず、ニート生活を卒業したい場合、「ニートを卒業し、社会復帰する」という強い覚悟を持つことが大切です。

なぜなら、この覚悟がないと、結局ニート生活から脱出することはできません。

正直に言うと、ニートをしていた!というのはネガティブな印象を持たれやすいです。

せっかくニートを卒業して社会復帰したいと思って行動しているのにも関わらず、否定されている感覚を持ってしまい、心が折れてしまう可能性が高いです。

なので、強い覚悟を持って、最初は辛いかもしれないけど、やりきろう!という気持ちが大切です。

その思いを汲み取って、助けてくれる人も現れたりします。

生活リズムを通常の生活に戻れるようにする

どうしてもニート生活に慣れてしまうと生活リズムが狂いがちです。

基本的にニート生活から卒業しようとすると地味に苦労するのが生活リズムだったりします。

多くの会社が朝から出勤の場合が多いので、生活リズムが乱れているなら、通常の生活に戻れるようにしたほうが良いです。

まずは、朝8時など決まった時間に起きて、夜も12時前には寝るようにすることから始めたほうが良いです。

そもそもニートになった原因を考える

ニート生活になってしまった原因を考えることで、ニートを卒業する糸口が見つかる可能性が高まります。

これは気持ちの持ちよう的にも自分がニートになったきっかけを考えると解決すべきポイントが明確になり、納得した状態で行動に移すことができます。

また、社会復帰する際の面接などでもしっかり原因が自分でわかっていて、それに対してちゃんと解決していくように行動できているか?というのは重要なポイントになります。

なので、ニートなった原因を考えておくほうが社会復帰までの道のりが早くなる可能性が高くなります。

参考程度にニートになった原因を考えるときの例をご紹介します。

  • 就活がうまくいかず、そのまま自信を失くしてそのままニートになった
  • 取りたい資格のために勉強していたが、なあなあになりニートになった
  • 一回就職してみたが、仕事内容が合わず、働くこと自体が嫌になりニートになった
  • しばらく働いていたが、人間関係などが嫌になり、ニートになった

社会復帰したいニートに降りかかる最初の難関とは?

社会復帰したいニートに降りかかる最初の難関とは?

社会復帰したいと思っていても、ニート生活になれてしまっていると乗り越えるべき難関がいくつかあります。

ニート生活が長く続き、気づいたら年齢を重ねていた

ニート生活からなかなか脱出できずに、気づいたら5年も10年も年数が経ってしまい、いつの間にか30代になっていたという事になったりします。

ニートから脱出する難易度は、年齢を重ねれば重ねるほど、上がっていきます。

つまり20代と30代では、大きく難易度が違います。

なぜ難易度が違うのか?というと、20代ならスキルがない未経験でも求人が多かったりするので、選択肢が多く、社会復帰しやすいです。

一方で、30代になるとある程度スキルを求められるので、当てはまる求人も少なくなり、選択肢が狭くなるので、ニート卒業までの道のりが厳しくなりがちです。

ただ、20代でも30代でもニートから卒業して社会復帰できるので、安心してください。

コミュニケーション能力が下がってしまった

どうしてもニート生活をしていると、コミュニケーションする人が限られてしまいます。

その期間が長ければ長いほど、様々な人とのコミュニケーションすることが遠のいてしまい、スムーズにコミュニケーションが取れないという状況になる可能性も高いです。

また、ビジネス敬語なども使わなかったりするので、さらに面接などのときに苦労するかもしれません。

ただ、もともとコミュニケーションが苦手だった人は、少し苦労するかもしれませんがこのへんは練習してしまえば、すぐにできるようになるので、そこまで心配することではありません。

ニート期間をどうやって面接で説明するのか

ニート期間は何も就業経歴がないわけなので、履歴書には何も書けません。

面接は履歴書をもとに進められていくので、間違いなくニート期間に関して、何をしていたのか?は聞かれます。

ここでポイントなのは、嘘をつかないことです。ただ伝え方はちゃんと考えたほうが良いです。

では、どうすべきか?ということになりますが、ここでオススメなのは、ニートの就業支援をしているハローワークや転職支援サービスをうまく活用して、どういう伝え方が良いかを相談しながら決めていくことです。

転職支援する側は、求人企業との関係もあるので、どういう伝え方をするのが良いのか?をわかっている可能性が高いです。

なので、プロに相談することによって、面接もスムーズに進めることができて、社会復帰への近道になります。

ニートから脱出して社会復帰するために!
『DYM就職』※最もオススメ!
96%の転職実績!経歴に自信がない人向け!
【公式】https://www.dshu.jp/
『ジェイック (JAIC)』
営業職志望・フリーター・ニート向け!
【公式】https://www.jaic-college.jp/
『パソナキャリア』
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/

ニートに向いている仕事とは?自分に合う仕事を選ぶのが社会復帰のポイント

ニートに向いている仕事とは?自分に合う仕事を選ぶのが社会復帰のポイント

もし、過去に正社員での就業経験があるなら、経験がすでにある職種で社会復帰するほうが早いです。

やはり、採用企業は経験がある人のほうを優先的に採用したいという傾向があります。

なので、今までの経験が活かせるなら、過去の職種で社会復帰を目指したほうが良いです。

ただ、どうしても以前の職種では嫌だと感じていたり、ずっとニートだったから職種などはイメージがつかないという場合は、自分の性格や強みにあった仕事を選ぶのが社会復帰のポイントです。

 

コツコツ単純作業が得意な人向け
工場、倉庫、配送の仕分け

 

車の運転が得意な人向け
タクシー、運送ドライバー

 

資格を持っている人向け
介護士、保育士、医療事務、ケアマネジャー、経理事務(簿記)

 

体力に自信がある人向け
引っ越し業者、建設業、配送

やりたいこともスキルもない人は、手に職をつけるのもおすすめ!

もし、

  • 特にやりたい仕事がない
  • 特別な知識・スキルがない

という方は、エンジニアスクールに相談する・通ってみるのがおすすめです。

今後、さらにエンジニアの需要が高まっていくため、今から未経験で始めても遅くはありません。

 

スクールに通うなら、『TECH::EXPERT(テック・エキスパート)』というエンジニアスクールが最もおすすめです。
テック・エキスパートは受講者の転職成功率が97%でありながら、安心の返金保証制度が充実しています。
また、テック・エキスパートは30代の未経験者も歓迎していて、30代の受講者・転職成功者の実績があるエンジニア・スクールです。
充実の返金保証制度

▼①14日間無条件返金保証
学習開始14日以内なら、いかなる理由でも全額返金(辞退)可能

▼②エンジニア転職保証
学習後、転職が成功しなければ全額返金

テック・エキスパートについては、下記の記事で詳しく解説しています。
やりたい仕事がない人向け

TECH::EXPERT(テック・エキスパート)』
※ホリエモン絶賛!の実績No.1スクール
【公式】https://tech-camp.in/expert
上記から30秒で無料カウンセリング申込可能!

ニート生活から社会復帰するためにすべきこと

ニート生活から社会復帰するためにすべきこと

ニートから脱出して、社会復帰するためにはどうすればいいのか。

以下が、社会復帰をするためのポイントです。

  1. 規則正しい日常生活を送る
  2. 外に出て人に会う
  3. 資格を取得しようとしない
  4. 職業訓練を受けない

ニートから社会復帰するために①:規則正しい日常生活を送る

規則正しい生活を送ることは、社会に出て働くための第一歩です。

ニートのなかには、ダラダラと夜更かしをしたり、時間が余り過ぎて昼寝をたっぷりしてしまうなど、昼夜逆転の生活を送っている人がたくさんいます。

夜間の仕事に就くなら問題ないかもしれませんが、やはり仕事をする上で体調管理などが重要なポイントです。

まずは規則正しい生活を送り、健康的な生活を取り入れ、無理なく社会復帰できる身体を作りましょう。

ニートから社会復帰するために②:外に出て人に会う

ニートでひきこもりがちな人は、誰とも会話を交わすことなく1日が終わる日もあるでしょう。

やはり人と話して感情を抱いたり、表情動かすことは働く上でも重要です。

誰かと会話をしていれば、自然と笑みがこぼれたり、思っていることを話せるのでストレスの発散にもつながります。

親や同僚、昔の友人など、周りの人と少しでも話す時間を作るため、どんどん外に出ましょう。

ニートから社会復帰するために③:資格を取得しようとしない

確かに資格を持っていると、就職には有利になることがあります。

資格を取るためには勉強をしたり、セミナーに参加したり、人とコミュニケーションを取る機会を持つこともできます。

しかし、ニート・引きこもりの方にとっては、

年齢を重ねること」

は就職において圧倒的に不利になってしまいます。

そのため、現在ニートでどんどん空白の時間が長くなって歳も重ねてきてしまった方は特に資格取得のために時間を費やすと、正社員就職には遠回りになってしまう危険性があります。

近年は人材不足のために20代、30代の年齢に関わらず、ニートでも未経験から正社員になる人が増えています。

ただ、一人で就職活動をしたり、ハローワークを頼るとブラック企業に入社してしまうリスクがあります。

後ほど詳しく説明する転職エージェントを利用して、優良企業に就職しましょう。

ニートから社会復帰するために④:職業訓練を受けない(※転職・再就職活動はする)

職業訓練とは、「ハローワークが主催している無料で受けられる学校の授業や訓練」のようなものです。

失業保険を受けながら仕事を探している方や、正社員としての職歴がない方、ブランクのある方など、様々な人を対象として職業訓練が行われています。

これから働くにあたり必要な知識や技能を教えてもらえるので、いきなり働き始めるよりも、まずは仕事について学ぶ意味で貴重な時間を過ごすことができます。

とはいえ、職業訓練を受ける場合には最長2年ほどの期間通う必要があります。

就職エージェントを活用して、未経験から優良企業に就職するのをおすすめします。

ニートは歳を重ねるごとに、毎年就職の難易度が上がります。

正面の賢じぃ
賢じぃ

少しでも行動する気持ちが湧いたら、絶対に後回しにしてはならんぞ!

なので、できるだけ早く、『DYM就職』や『パソナキャリア』など就職エージェントでプロとともに就活を始めましょう!

Point

業界最大手の『リクルートエージェント』も決して悪くはありませんが、
登録者が多いために対応を後回しにされる
優秀なアドバイザーに言いくるめられる
可能性があります。

また、転職エージェントは完全無料で利用可能ですが、あなたが転職することで企業側から報酬(提示年収の約30%)を受け取れるので、言葉巧みに転職へ誘導してくる場合もあります。

同エージェントでもアドバイザーごとに異なるため、一概には言えませんが、念頭に置いておきましょう。

以上を踏まえて、30代で無職の方は下記のエージェントに登録すべきです。


DYM就職』※最もオススメ!

96%の転職実績!自分に自信がない方向き
【公式】https://www.dshu.jp/

ジェイック (JAIC)
営業職志望・フリーター・ニート向け!
【公式】https://www.jaic-college.jp/

【体験談】ニートから社会復帰した元ニートの事例|20代、30代

【体験談】ニートから社会復帰を元ニートの事例|20代、30代

一度はニート・無職・引きこもりになりながらも、勇気を出して行動を起こし、社会復帰をした方々の体験談をご紹介します。

辛い引きこもり生活はうんざり

千葉県:U.T(31歳・男性)

30を過ぎてから、あまり働くことに前向きになれず、休職を経てそのまま退職をしました。

大好きなゲームに没頭できる毎日で最初は非常に楽しかったのですが、3ヶ月もすれば飽きてしまって…

ゲームに飽きたらすぐに社会復帰できるのか不安になり、引きこもり生活からの脱出を決意。

営業の経験はありましたが、どうすればいいかわからなかったので、とりあえず『DYM就職』『ジェイック』が自分に合いそうだと思い登録。

最終的にはどちらからも内定をいただくことができました。

参考:転職サポート

30代後半でもなんとかなった

埼玉県:K.A(35歳・男性)

32歳まではフリーターとして飲食店で働いていたのですが、昼夜を問わない激務に心が折れて無職になりました。

幸いにも両親が健全で、結婚もしていなかったので、実家で一日中テレビを見て過ごす毎日に。

ただ、数年経ったある日、母が病に倒れたことをきっかけに社会復帰を決意しました。

年齢も年齢だったので、転職関係で利用できそうなサービスには端から登録してみましたね。

30後半ということもあり、求人もかなり少なかったのですが、『マイナビエージェント』さんでいくつか自分に見合う求人が見つかり就職することができました。

参考:転職サポート

正面の賢じぃ
賢じぃ

女性で悩んでいる者も少ないんじゃ。

精神的に辛い時、手を差し伸べてくれる人がいた

東京都:M.J(28歳・女性)
25歳までは正社員として働いていたものの、うつ病になって退職をしてからずっと家に引きこもっていました。

うつ病になった時も辛かったですが、1年以上ニートの状態が続くと、周りの目や自分への情けなさから精神的に辛い毎日でしたね。

さすがにこのままではお先真っ暗だと思い、転職サイトに登録してみたんです。

転職エージェントの存在についてはほとんど知らなかったんですが、2社に登録をして相談をすると思ったよりもかなり丁寧に相談に乗ってくださいました。

特に『パソナキャリア』は対応スタッフも女性だったのでかなり安心感があり、精神的に辛い状況に共感してくださいました。

おかげで社会復帰もすることができたので、本当に良かったです。
参考:転職サポート

無職ニートから脱出して社会復帰するための転職エージェント

無職ニートから脱出して社会復帰するための転職エージェント

ニートやフリーター、無職でも、まだ間に合います。

まずは、転職エージェントに悩みを打ち明けてみましょう。

その際、絶対に嘘はつかないでください。

キャリアアドバイザーの方も、あなたに嘘がないほうが対策を立てやすいためです。

 

ここからは、ニートやフリーター、無職の方が利用すべき転職エージェントについてご紹介します。

そもそも、特別なスキルを持っていないニートやフリーター、無職の方は、通常の求職者と比較すると、かなり応募できる求人が限られます。

そのため、前述した通り、必ず2社以上の転職エージェントに相談をしてください。

»【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント

 

そして、ここでのポイントは、「思い立ったらすぐに行動すべき」ということです。

なぜなら、多くの人は先延ばしにしてしまうからです。

心理学者のピアーズ・スティール教授の40年間に渡る調査によると、95%の人は先延ばしにした結果行動しないことがわかっています。

なので、現状を少しでもポジティブにしたい場合、どうすればいいか分からなくてもすぐに行動するのがポイントです。

転職エージェントの利用が不安な方へ

決して、背伸びをして自分をよく見せようとする必要はありません。

パートナーとなる相手に、自分をよく見せようとすると、かえって転職活動の失敗を招きかねません。

最初に登録した情報でいきなり求人を紹介されることはありませんし、職務経歴書は一緒に作成すればいいのです。

土・日でも利用可能ですよ!

まずは登録して、転職エージェントの指示を待ちましょう!

※登録の際、在職中の方は備考欄に
●時以降なら電話対応
と記載しておけば、仕事中に連絡が来て現職にバレることはありません

正面の賢じぃ
賢じぃ

あとはキャリアアドバイザーにこれまでの経緯を包み隠さず話すだけ!
もうちょっとじゃ!

ちなみに、下記の転職エージェント全てに登録すれば、総合型と業界・年齢特化型にバランスよく登録できます。

ニートを脱出して社会復帰するために!
『DYM就職』※最もオススメ!
96%の転職実績!経歴に自信がない人向け!
【公式】https://www.dshu.jp/
『ジェイック (JAIC)』
営業職志望・フリーター・ニート向け!
【公式】https://www.jaic-college.jp/
『パソナキャリア』
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/

以下では、それぞれの転職エージェントについて、詳しく解説しています。

DYM就職

DYM就職

DYM就職は第二新卒・既卒・フリーターの方の正社員転職を実現することにコミットしている転職エージェントです。

ニートから脱出したいなら絶対に登録すべき転職エージェントです。

書類選考なしで面接を受けられるなど、転職の経験がない方やニート・フリーターの方にはありがたいサポートがあります。

全国には14ヶ所の拠点があるので、地方でも安心してサポートを受けることができます。

ニートやフリーターの転職実績も96%と、非常に高い実績があります。

ただし、が最大手と比較すると案件数がやや少なめなので、DYM就職だけを利用して転職活動をすることはおすすめできません。

下記の転職エージェントと併用して転職成功率を高めましょう。

DYM就職 公式サイト

ジェイック(JAIC)

ジェイック(JAIC)

ジェイック(JAIC)は、営業職に就きたい方やこれまでの経歴に自信がない方におすすめの転職エージェントです。

未経験(フリーター・既卒)からの転職成功実績は81.1%と、通常の転職サポートよりも難易度が高いとされる領域で非常に高い実績を持っています。

転職を成功させるために、5日間の無料研修を受講できますし、受講後は書類面接なしで優良企業と面接をすることが確約されるプログラムを組んでいます。

ジェイックを利用して入社した方の定着率は91.9%と非常に高く、ミスマッチが起きにくいのもジェイックの強みです。

ジェイック 公式サイト

ニートを脱出して社会復帰する方法は一つ『今すぐ行動』

ニートを脱出して社会復帰する方法は一つ『今すぐ行動』

無職・ニート・引きこもりだからといって、現状と向き合わなければ、一生辛いままです。

社会復帰は一人で孤独に行う必要は一切ありません。

転職エージェントをはじめ、家族や友人に頼ってもいいんです。

むしろ、「頼るべき」なんです。

 

まずは、紹介した転職エージェントに登録をしてみましょう。

しっかりとキャリアアドバイザーの方があなたの悩みを聞いてくれます。

 

ここまで読み進めていただいているということは、

「どうすればいいかわからない」

だけど

「社会復帰がしたい」

という気持ちの表れではないでしょうか?

 

無職・ニート・引きこもりが社会復帰する方法は一つ。

今すぐ行動すること」のみです。

少し、ほんの少しだけ勇気を出して、他人を頼ってみましょう。

ニートから脱出して社会復帰するために!
『DYM就職』※最もオススメ!
96%の転職実績!経歴に自信がない人向け!
【公式】https://www.dshu.jp/
『ジェイック (JAIC)』
営業職志望・フリーター・ニート向け!
【公式】https://www.jaic-college.jp/
『パソナキャリア』
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/

ニートから社会復帰したい人が読むべき関連・参考記事

「ニート 社会復帰」の関連・参考記事

ニートの社会復帰、成功させるために必要なこととは?

4年ニート生活→社会復帰した結果は?長年のニート、引きこもりを脱出した元ニートが伝える

【ニート200人と面接して分かった】社会復帰できる人・できない人の違い

7年以上のひきこもりニートから社会復帰したから言えること。

「ニート 社会復帰 無理」の関連・参考記事

ニートの復帰は無理?頑張ってみたけどこんな結果になった

ニート(引きこもり)は追い出すべき?更生して社会復帰する方法とは

引きこもりニートが社会復帰するためには何が必要?多くの社会人が勘違いしているニートへの誤解

ニート、引きこもり、ずっと無職な貴方へ キミアキ流・社会復帰メソッド

「ニート 社会復帰 2ch」の関連・参考記事

ニートから脱出出来た奴助けてくれ – 腹筋崩壊ニュース

2chで見つけたニートから就職を成功させた人たち – 脱ニート就職

ニートなんだが、どうやったら社会復帰できるんだよ …

「ニート 社会復帰 辛い」の関連・参考記事

辛いニート生活から社会復帰!おすすめの業種とやるべきこと4つ

引きこもりニートの社会復帰は辛い?ニートが社会復帰するのに必要な事とは?

ニートから社会復帰しましたが週に5日以上も決められた時間に起きるのが苦痛で …|Yahoo!知恵袋

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは

「転職時期はいつ頃をお考えですか?」

と聞かれるはずです。

この時に少しでも転職を考えている場合は

「良いところがあればすぐに転職したい」

と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント