【円満退職】これで解決!仕事を辞める理由ランキング

「よし!仕事を辞めるか!」

「でも、なんて伝えて辞めるのがいいんだろう?」

「いざこざを残すと面倒だし、かといって長引いて結局辞められないのは困るな」

 

現職に不満があるなしに関わらず、辞める理由を何と伝えるのか?どうやって伝えるのか?は非常に悩ましいところです。

この記事を読めば、

  • 綺麗さっぱり現職と別れを告げる方法
  • 退職後、転職活動を成功させる方法

がわかります。

仕事を辞めることがゴールではありません。仕事を辞めて、満足のいく転職が成功することが重要です。

この記事を読んで、退職ができないようなら、一生その会社に留まるしかないと思ってください。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
お主がこの記事の内容について理解し、
新しい一歩を踏み出してくれたらワシにとっては何よりの幸運じゃよ。

【おすすめ転職エージェント】

『マイナビエージェント』
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/

doda
dodaエージェントと併用!満足度No.1
【公式https://doda.jp/

『パソナキャリア』
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/

辞める理由を考えるに、
転職エージェントに登録しましょう。
3社以上のエージェントを活用すると、
転職成功率が格段にUPします。

20〜30代前半で、
初めて転職活動を検討している方
上記の転職エージェントに
登録すれば間違いないでしょう。

正面の賢じぃ
賢じぃ
仕事を辞めることを言出せぬ者もおる。
そんな時はこれじゃ。

おすすめ退職代行サービス

退職代行サービスを利用すれば、
明日にでも会社を辞めることが可能です。
たったの3~5万円で、
ほぼ全ての交渉・手続きが代行でき、
精神的にも非常に助かるサービスです。

『SARABA』
業界最安値なのに安心の充実保証!
【公式https://taisyokudaikou.com/

『EXIT
断トツの地名度と安心の実績!
【公式

https://www.taishokudaikou.com/

『辞めるんです
安全・安心な顧問弁護士付き!
【公式https://yamerundesu.com/

単純な安さで選ぶなら①『SARABA』
退職代行サービスの利用が不安な方は、

数多くのメディア掲載実績がある
②『EXIT』を利用すれば良いでしょう。
また、「会社との関係が尾を引きそう」
など、退職後に揉め事が起きそうな方は
顧問弁護士付きの③『辞めるんです』

利用すればOKです。

おすすめ診断サービス

ミイダス
5分で年収や性格が丸裸に?
※完全無料
公式https://miidas.jp/

簡単な質問に回答するだけで、
性格市場価値(年収)
判定できるサービスです。

2019年7月より、
より詳しく性格診断が
できるようになりました。

自己分析の手段として、
転職を考えていない方にも
おすすめです。

上記の転職サービスを登録してから読み始めた方が、より退職/転職へのイメージが湧くと思います。また、登録してからすぐにサービスを有効活用することも難しいため、先に登録を済ませておきましょう。

冒頭でお伝えした通り、満足のいく転職を実現するためには3社以上の転職エージェントを利用することが鉄則ですが、どうしても面倒だという方は『マイナビエージェント』だけでも登録をすべきです。

必ず、あなたの力になってくれるでしょう。

仕事を辞める理由に悩む人が多い

あなたが転職したい理由はなんですか?

人間関係でしょうか、それとも毎日残業が多く悩んでいるのでしょうか?

仕事を辞めたいと日々思い悩みながらも、『こんな理由で辞めたらダメ人間と言われるのでは?』『この転職理由だと上司が辞めさせてくれないんじゃないか』と、なかなか前に進めない人も多いでしょう。

 

そこで今回は、よくある転職理由をランキングでお伝えしつつ、その転職理由をどのように上司や転職先に伝えればいいのか、伝え方のポイントもあわせてお教えします。

仕事を辞める理由は基本ネガティブなものが多いものです。

上司が合わないから、そもそも仕事にやる気がないから、そのようなネガティブなことを感じるのは普通のことです。

ここで大切なのは本音と建前です。ネガティブワードを伝えるのではなく、うまく伝えるポイントをしっかりおさえましょう。

◆関連記事◆

»仕事辞めるなら今しかない!3ステップで悩まず辞めるための手引き

»仕事を辞める時に理由は建前でOK!スムーズに辞める手順とは?

»仕事を辞めるベストなタイミングなんてない!?その理由は一体…

»厚生労働省「仕事をやめた者の退職理由」

仕事を辞める理由は建前でOK ※特に女性

前述した通り、仕事を辞める理由は建前で構いません。

特に女性は配偶者の転勤等、理由をつけやすいことも多く、マイナビによる調査では、以下のような結果が出ています。

『女性の退職理由に関する調査』を実施(期間は2015年9月28~10月6日)したところ、全国の10~30代の働く女性300人の声を聞くと、なんと8割以上の女性たちが転職の際、退職理由のホンネとタテマエを使い分けていることが分かりました。

調査ではまず、「転職経験があるか、あるいは転職希望はあるか」を尋ねました。すると、74%が「はい」と回答。30代女性に絞ると、なんと85%が転職経験があるか、あるいは転職希望であることがわかりました。

そんな転職経験アリ・転職希望アリの女性たちに「転職する際、退職理由のホンネとタテマエを使い分けるか」を尋ねたところ、なんと86%の人が「使い分ける」と回答しました。どうやら本当の退職理由が打ち明けられることは少ないようです。

仕事を辞める理由の8割が建前

引用:シゴトサプリ「女性の退職理由に関する調査

理由は様々なようですが、女性の場合、「結婚するので辞めたい」「夫の転勤についていく」というのは有効な理由になりそうですね。

ここからは、仕事を辞めるために有効な理由を男女別にランキング形式でお伝えしていきます。

◆関連記事◆

»退職理由の半分は円満退社のための建前! ホンネは「人間関係」

【女性版】仕事を辞める理由ランキング

3位:親族の介護

遠方にいる家族・親族の介護をしなければならないとなると、会社側も触れずらいセンシティブな問題なので、あまり深く突っ込まれずに辞めることができるでしょう。要介護で付きっきりで介護を行わなければいけない、と伝えましょう。

ただし、働いている会社が地元などの場合や、リモートワークでも仕事ができる環境にいる方は、この理由を使うのは難しいでしょう。

2位:寿退社

職場の人間関係が良い方には難しいかもしれませんが、プライベートで仕事の人間と付き合うことがない方であれば、最強の理由と言えそうです。

旦那さんの仕事をサポートする・旦那さんの転勤についていく、などなんとでも言い回しが効く理由です。

1位:夫の転勤についていく

2位の理由と関連した理由です。この理由が1位にランキングされている理由は「結婚していて共働きの家庭であれば、誰にでもありえる」からです。

旦那さんの仕事内容がバレていたとしても「転職した」と伝えれば問題ありませんし、事前にグループ会社や拠点の場所を調べておき、拠点がない場所を伝えましょう。そうすれば「その地域にはうちの支店(営業所)あるよ」と言われた場合に切り返すことができます。

【男性版】仕事を辞める理由ランキング

5位:専門知識・技術を身に着けたい

仕事を辞める理由の5位にランクインしたのは『専門知識を身に着けたい』ということです。

この理由を深掘ると、『今の職場では成長ができない』『ルーチンワークで飽きた』『もっとスキルを身に着けて稼げる業界に行きたい』などの声があるでしょう。

しかし、上司に『ここでは成長できないので辞めたいです』なんて言えないですよね。

ポイントは、前向きな言葉に言い換えること。

『〇〇に以前から興味があり〇歳までにチャレンジしようと思ったので、やむをえず退職をしたいです』というように、ポジティブに言い換えましょう。

4位:残業が多い・休日が少ない

多くの人が仕事に悩む理由に残業や休日のことがあります。仕事を辞める理由ランキングで毎回ランクインしていますね。

ここでも、ネガティブな言い回しではなく、うまく言い換えることがポイントです。

たとえば、『親の介護を考える年齢になったので働き方を変えたいので、やむをえず仕事を辞めたいです』というように、本当は頑張りたいんだけど、のっぴきならない事情があって致し方無い…と伝えると良いでしょう。

また、もしあなたがシフト制の勤務であればがポイントです。

3位:給与に不満がある

給与や評価に不安があると、今すぐにでも辞めたい!となる人もいるでしょう。

長時間労働しているのに、残業代が大して出ない、ボーナスが削られたなんてことがあったら、すぐに辞めたくなってしまうでしょう。

しかしこれも本音と建前なので、『安月給なので転職します』とは言わない方が良いです。

このケースの場合でも、親の介護や結婚、養育費という個人的事情で上司が突っ込みづらいものを理由にすると、うまく伝わります。

『家族を支えるため、もう少し実力をつけて自立できる成果主義の業界にチャレンジしようと考えました』などです。

2位:会社の将来性が不安

会社の業績が上がらない、ポストが空かず昇進昇格が見えない、業界が先細りしていて将来が不安の場合、どうしても辞めたくなってしまうでしょう。

ここは、あまり自社の業績に触れずに『他に興味がある業界がある!』として、ポジティブな話にすり替えるのが良いでしょう。

また、今の仕事を頑張った結果、次の業界に興味を持つようになったと言えば、今の会社のおかげで成長できたんだとつなげることも出来て印象が良くなります。

1位:他にやりたい仕事がある

仕事を辞めたい理由の1位は『他にやりたい仕事がある』という声です。

ここまでお伝えしてきた通り、転職理由・退職理由はネガティブなものよりは『もっとこういうことをやってみたい』『こんな業界にチャレンジしたい』という前向きなものの方が、上司に伝えるときにスムーズでしょう。

あまりにも今の仕事とかけ離れたことを伝えてしまうと不自然なので、できるだけ現職の延長線にあって、かつ現職ではチャレンジできない仕事だと、退職を止められにくくなります。

辞められないなら退職代行サービスを使おう

今回ランキング形式でご紹介したような退職理由をもとに、上司に辞める意向を伝えたものの、なかなか辞めさせてくれないこともあると思います。

そんな時は、あなたの代わりに退職意向を伝えてすべての退職手続きをしいてくれる、退職代行サービスを使用してみてはいかがですか?

退職代行サービスは、LINEなどで簡単にやり取りができて、3~5万円ほどの手数料を支払えば最短翌日には退職ができる画期的なサービスです。

面倒なことになることを恐れている方は、あれこれと悩まずに退職代行サービスを使用しましょう。

数万円を払うだけで、あっという間に退職できます。

SARABA』は業界最安値水準の28,000円(税込)にも関わらず、

  • 退職成功率ほぼ100%
  • 相談回数無制限
  • 全額返金保証
  • 24時間対応
  • 有休消化成功率98%
  • 無料転職サポート

といった非常に手厚いサポートを行っており、実績も十分です。

早い!安い!安心!
▼SARABA【公式】▼
https://taisyokudaikou.com/

◆おすすめ記事◆

»おすすめ退職代行サービスまとめ

仕事を辞める理由が決まったら転職の準備も並行してスタートしよう

仕事を辞める理由を探している方々の多くは「初めての転職」である方がほとんどです。

一度、転職経験のある方であれば、退職までに必要な手続きや流れが概ね理解できているはずですし、明確に辞める理由があるからこそ、再度退職/転職という選択をしているわけです。

初めての転職は、新卒で経験した転職活動とは異なるため、右も左もわからずとても不安な気持ちになります。

初めての転職活動では「転職エージェント」を利用することが満足のいく転職を実現させるために最も重要な要素となります。なぜ、転職エージェント を使う必要があるのでしょうか?

転職エージェントを利用すべき理由

転職活動エージェントを利用すべき理由は、主に以下の項目が挙げられます。

  • 基本的に無料でサポートを受けられる
    ※一部エージェントは有料サポートあり
    ※転職賢者に掲載のエージェントはすべて無料
  • 希望に合った求人を提供してもらえる
  • 転職に成功する確率が格段に上がる
  • ブラック企業に転職する確率が格段に下がる
  • 転職に関して面倒な作業を代行してもらえる

エージェントごとに、少しずつ特徴が異なるものの、基本は上記のメリットがあると考えてよいでしょう。

逆に、転職エージェントを利用することで、以下のようなデメリットが考えられます。

  • 学歴や社歴で、ある程度紹介される企業が絞られる
  • 実力以上の企業を紹介してくれる可能性は低い
  • これまでの経歴を基に年収や職種・役職を調整される可能性が高い
  • 住んでいる場所によっては利用できないサービスがある
  • エージェントの会社に訪問する手間がかかる
  • エージェント都合で企業を紹介されるケースがある
  • 無理やり転職させようとするエージェントもある
  • 同一エージェントでもキャリアアドバイザー間のスキルに差がある

転職エージェント側もあくまで「ビジネス」として、あなたのサポートに取り組んでいます。

エージェントは、求職者を転職成功させることで、紹介した企業から手数料をもらうことで経営を行なっています。いくら丁寧にサポートをしても、あなたが紹介した企業に転職してくれなければ、エージェントとしては売上が上がらないので、時には無理やり転職を勧めてくるキャリアアドバイザーもいるかと思います。

詳しくは後述していますが、「転職エージェントを使い倒すためのマル秘テクニック」でご紹介しているポイントだけ抑えれば、転職エージェントを利用するデメリットはほとんどありません。

転職活動は自分を見直すことに繋がる

仕事を辞める理由について考え、この記事にたどり着いてくださった皆さんの中には、「とりあえず辞めるのが先だから、転職についてはまだ考えなくていいや」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

実は転職活動は「転職を考えていない方にも」おすすめなんです。

その理由は、

  • 自分の市場価値が把握できる
  • 今後のキャリアが明確になる
  • 業界のトレンドに詳しくなる
  • (転職を検討していなくても、)好条件の求人が見つかればそのまま転職できる

上記のようなメリットがあるためです。

自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。もし、現職よりも好条件の企業が見つかれば、そのまま転職してしまうのもアリですね。

複数の転職エージェントに相談することによって、客観的に自分を見つめ直す機会を作ることができるのが最大のメリットです。

また、『ミイダス』というサービスであれば、選択式の設問に答えるだけで、あなたの概ねの市場価値(年収)や性格・特徴について非常に細かな診断を行うことができます。ミイダスでは、企業からのスカウトも受け取ることができ、そのまま面談に進むことも可能ですが、市場価値判断の精度については評価が分かれるところです。

しかし、性格や特徴に関する診断の精度は非常に高いので、興味がある方はぜひスマホから診断してみましょう。

5分で性格が丸わかり!?
▼ミイダス【公式】▼
https://miidas.jp/

仕事をやめる理由を決めたら光速で登録したいおすすめエージェント

先ほどお伝えした通り、仕事を辞める理由について検索している方々は、大半が転職活動未経験者です。今回は、初めての転職活動にあたって、必ず登録しておきたい転職エージェントをご紹介します。

3つのエージェントをご紹介しますが、この3つすべてを利用すれば、ほぼ間違いなく転職成功率を高めることができます。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

初めての転職で、一番最初に登録すべき転職エージェントです。

doda

doda

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

国内ではNo.2の規模であり、求人の案件数やサポート体制が充実しています。

比較的、キャリアアドバイザーの質が安定しており、多角的にサポートしてくれるエージェントです。

こちらも、どの業界・職種を志望する方であっても、登録しておいて損はないエージェントです。

いますぐ気軽に無料相談

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

案件数では、上記2つのエージェントに劣りますが、サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめです。

試しに話を聞いてみる(無料)

仕事を辞める理由は自分にあった理由を選ぼう

いかがでしたでしょうか。今回は皆さんの仕事を辞める理由をランキング形式でご紹介し、上司に伝えるときのポイントもお伝えしました。

多くの人が、あなたと同じように悩みながら、転職・退職をしていることがお分かりいただけましたでしょうか?

 

この記事では、ランキング形式にてお伝えしてきましたが、仕事を辞める理由は人それぞれです。

仮にあなたが考えている辞める理由がランキングに入っていなくてもなんの問題もありません。

仕事を辞めることは、悪いことではありません。

辛い環境に居続けて、身体を壊したり鬱になってしまったら、取り返しがつかなくなってしまいます。辞めたい理由が言い出せないような重圧のある職場よりも、あなたのスキルや性格を認めてくれて、のびのびと働かせてくれる会社は他にあるかもしれません。

新卒で入社した人のおよそ3割は3年以内に辞めているというデータもあります。終身雇用制度が終わった今の日本社会で無理につらい会社で働き続ける必要はありません。

少しでも辞めることを考えているのであれば、先に転職エージェントに相談してしまうのもおすすめです。

◆おすすめ記事◆

»おすすめ転職エージェントまとめ

»おすすめ転職サイトまとめ

下記では、「転職エージェントを使い倒すためのマル秘テクニック」をご紹介しています。

関連・参考記事

「女性 退職理由 ランキング」の関連・参考記事

»会社の退職理由、8割がウソ!? 女性が本音を隠す3つのテクニック

»転職理由と退職理由の本音ランキングBest10

»退職理由は“うそ”でも良い?退職理由のランキングと使える嘘

»「職場の人間関係に疲れた……」会社を辞めたいと思ったら、まず最初にやるべきこと

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に少しでも転生を考えている場合は「良いところがあればすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント