手取り13万円では一人暮らしは不可能?家賃・貯金・車は?今すぐ転職すべき理由

コロナウイルス』の影響で、経済が冷え込み、確実に転職/求職が難しくなります。少しでも検討している方は、今すぐ転職エージェントに相談しておくべきです。

「月給手取りで13万円って生活できる…?」

「13万円じゃ、貯金もできないし、結婚なんて夢のまた夢…」

「欲しいもの・やりたいことはあるけど、毎日生きるのがやっとだよ…」

 

この記事にたどり着いたあなたは、

「月給が手取り13万円で日々の生活に苦しんでいる」

もしくは、

「13万円で◯◯したいけど、大丈夫かな?」

など、現状に何かしら生活の不安を抱えている方ではないでしょうか?

 

手取り13万円は、実家に暮らして特別な贅沢をしなければ、なんとか生活できる金額ではあります。

しかし、この先もずっと今の生活を続けたいですか?

 

大丈夫です。

特別なスキルがなくても、たったいくつかのポイントを押さえるだけで、あなたは給料を上げることができます。

 

この記事では、

  • 手取り13 万円の一人暮らしの生活費・家賃目安
  • 手取り13万円のリアルな貯金額
  • 手取り13万円でできること
  • 手取り13万円を脱出するための転職方法

について解説していきます。

横向きの賢じぃ
賢じぃ

月給の手取り13万か…

これでは、贅沢とはほど遠いの…

手取り13万円から脱出したい方はコチラ!
※記事の後半にジャンプします

【2020年5月:最新情報】

コロナウイルス』の影響で、
リーマンショック以上に経済が冷え込み、
転職の難易度が確実に上がります。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、早めに相談してください。

リクルートエージェントは感染拡大を防ぐために、電話面談が可能です。

▼優良求人は早い者勝ち!
無料でリクルートに相談する

手取り13万円の一人暮らしの家賃は?生活費は?

手取り13 万円の一人暮らしの生活費

手取り13万円の一人暮らしの家賃目安は?

一人暮らしの生活で最も大きな毎月固定の出費となるのが家賃です。

都心部と地方では、同程度の暮らしを考えていても大きく金額が変わってきます。

しかし、どこで生活をするにしても、家賃は出費の大部分を占めるため、自身の給料・手取りに見合った場所に住むことが一番の節約に繋がるでしょう。

 

あくまで一般的な話ですが、家賃は「手取りの3割」が適正とされています。

手取り13万円の場合は、約39,000円となります。

悩んでいるマコト
マコト
食費や交際費に携帯代に…
泣いているエリカ
エリカ
本当ギリギリよ。

手取りに3割というのは、あくまで一般的な目安であるため、人によっては家賃39,000円であっても、生活が苦しくなってしまうかもしれません。

ただでさえ都内になると家賃39,000円で住める場所は非常に限られてくると思います。

いずれにしても、手取り13万円の場合は、贅沢な住まいは諦めましょう。

手取り13万円の一人暮らしの生活費は節約必須で厳しい?

下記の表は、東京都郊外のアパートに住む25歳正社員の男性にかかる費用のモデルケースです。

家賃 4万円
食費 3万円
交通費 5千円
携帯料金、通信費 7千円
水道、光熱費 1万円
保険料 1万円
医療費 3千円
雑費(日用品、消耗品など) 5千円
娯楽 5千円
貯金 1万5千円

相場よりも安い賃貸に住み、外食せず、遊びにもいかず、飲み会に参加せず、恋人とデートもせず、最低限の生活を強いられるでしょう。

ただ、切り詰めれば、貯金はできないこともありませんが、どんなに頑張って貯金しても年間18万円にしかなりません。

引越しや病気、友人の結婚式など想定外の出費に耐えられるか不安ですよね。

 

また当然ですが、働くと周囲の人間関係や仕事の成績の良し悪しによっては、少なからずストレスが溜まります。

友人とお酒を飲んだり、趣味や旅行でストレス発散できないと想像以上に精神的につらい生活となることが考えられます。

さらに、自動車やバイクを所有するのもキツく、奨学金返済のローンなどがあるとさらに過酷な生活となります…。

実家暮らしであれば手取り13万円でもなんとかなるかもしれませんが、一人暮らしは現実的な選択肢ではありません。

手取り13万円は「貧困層」という悲しい現実

手取り13万円は「貧困層」という悲しい現実

手取り13万円は正社員の場合、最低水準の金額です。

手取り13万円の場合、月給の総支給額は約15万円。

ボーナスが支給される場合でも、年収換算で約200万円となり、いわゆる

ワーキングプア(=働く貧困)層

ということができるでしょう。

 

毎年国税庁が行っている調査、『平成29年分 民間給与実態統計調査』によると、20代の平均年収は以下の通りです。

20代 平均年収

■20代前半の平均年収:262万円

-うち男性:279万円
-うち女性:243万円

■20代後半の平均年収:361万円

-うち男性:393万円
-うち女性:318万円

以下は、平成29年の年代別の平均月収を表したグラフです。

平成29年 年代別平均年収

引用:国税庁「平成29年分 民間給与実態統計調査

手取り13万円(年収換算で約200万円)の方は、大幅に平均金額を割り込んでいることがわかります。

 

また、手取り13万円の場合、

  • 週5フルタイムで時給900円のアルバイト(フリーター)
  • 生活保護受給者
    ※東京都23区内に住む25歳の男性の場合

よりも自由に使えるお金が少ないのです。

アルバイトや生活保護受給者よりも給料が少ない状況は、とても健全だとは言い難い状況です。もちろん家賃負担が大きくなる一人暮らしなどはほぼ不可能かもしれません。

 

ここで、

でも正社員なら社会保険だし…税金のメリットがあるから

と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、手取り13万円の場合は、税金においては正社員でもメリットがほとんどありません。

手取り13万円の方は、会社に「搾取」されている可能性大!?

前述の通り、全国平均で考えても、手取り13万円は低水準に相当する金額です。

「今後一生、上がるかわからない手取り13万円で生活していけるか」

「今の会社が10年後、20年後も倒産せずに続いていると思うか」

上記2点を軸に、決断するといいと思います。

手取り13万円の給料ということは、会社あるいは業界が縮小している可能性が高いです。

正社員と言えども、給料が低ければ安定も安心もありません。大きなリスクを背負っていることになります。

このまま転職を先延ばしにしていると、年齢だけ重ねてしまい年々転職が難しくなってしまいます。もちろんその影響で一人暮らしするための家賃を負担できる状態までにも時間がかかり、理想の生活の実現は厳しくなるばかりです。

通常であれば転職のデメリット・リスクとして「いまより年収が下がってしまう」ということが挙げられますが、手取り13万より下がるリスクはほぼありません。

現状が底なので、少しでも給料を上げることは難しいことではありません。

Point
転職エージェントの力を借りて転職すれば、手取り13万円の方はほぼ間違いなく年収を上げることができます

業界最大手の『リクルートエージェント』も決して悪くはありませんが、
登録者が多いために対応を後回しにされる
優秀なコンサルタントに言いくるめられる
可能性があります。

また、転職エージェントは完全無料で利用可能ですが、あなたが転職することで企業側から報酬(提示年収の約30%)を受け取れるので、言葉巧みに転職へ誘導してくる場合もあります。

同エージェントでもアドバイザーごとに異なるため、一概には言えませんが、念頭に置いておきましょう。

以上を踏まえて、初めての転職活動であるならば、下記の転職エージェントがおすすめです。
■『DYM就職』※最もオススメ!
・20代で転職活動に自信がない方向き

【公式】https://www.dshu.jp/
■『パソナキャリア
・手厚いサポートを受けたい方向き
【公式https://www.pasonacareer.jp/
■『マイナビエージェント
・30代の方、中小企業を検討したい方向き
【公式https://mynavi-agent.jp/
※複数登録してはいけない決まりはないので、気になるエージェントに登録して、相性の良さそうなエージェントだけ利用するのがおすすめです

手取り13万の人が給料をUPさせるのは簡単!

手取り13万の人が給料をUPさせるのは簡単!

「せめてあと手取りが5万円増えたら…」

と考えている人も多いと思います。

結論から言うと、手取り13万円の人が5万円給料を上げるのは難しくありません。

なぜなら、5万円UPの手取り18万円こそが20代の平均だからです。

仮に、あと5万円増えたら、都内・都市部で一人暮らしも可能ですし、地方であれば車も所有できます。

他にも毎月の貯金額を増やしたり趣味に回すことも難しくはありません。

浪費捨必要がなければ、毎月3万円程度の貯金だって可能です。

 

手取り13万円の方が年収UPの転職をするためには、学歴や資格など、特別なものがなくても何も問題ありません。

手取り13万円の人は9割以上が転職によって給料UPを成功させています。

手取り13万円を脱出するための転職方法

手取り13万円を脱出するための転職方法

今すぐにでも転職活動を始めてください。

転職先で働く時期が早まるほど、あなたの懐が温まる時期が早くなると考えましょう。

 

ただ、闇雲に転職活動を行えば言い訳ではありません。

転職活動にもコツがあります。

たったいくつかのポイントを押さえるだけで、簡単に手取りを上げることができます。

失敗しない転職活動に、転職エージェントの利用は必須

転職活動は人生の中で何度も経験するようなことではありません。

だからこそ、転職のプロに相談をすることで、限りなく失敗する確率を上げていくことが重要です。

転職エージェントとは、転職・就職活動の際に必要な作業の大部分を、プロが代行してくれるサービスです。

審査に通りやすい書類の作成方法、採用される面接の実践テクニックなどを、完全無料でサポートしてくれます。

 

具体的には、転職エージェントに相談することで、以下のサポートを無料で受けることができます。

  • 転職相談
  • 求人案件の紹介
  • 応募書類・履歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接日程(スケジュール)の調整
  • 年収交渉

あなたの希望に合わせて、求人の紹介や、転職のキャリア相談を行ってくれます。

転職活動で転職エージェントを利用するメリット・デメリット

無料の転職エージェントを利用するだけで、あなたには多くのメリットがあります。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用することのメリットは以下の通りです。

  • 非公開求人の紹介がある
  • 企業や業界に合わせた面接対策ができる
  • 面倒な手続きを代行してもらえる
  • 企業と待遇面の交渉を行ってくれる
  • (場合によっては)現職の退職サポートを行ってくれる

転職エージェントを利用するデメリット

逆に、デメリットは以下の通りです。

  • 担当者によっては連絡がしつこい
  • 自分の給料のために転職を迫ってくる担当者もいる
  • メールが大量に届く

稀に、自身の成果を上げるために、強引に転職を迫ってくるキャリアアドバイザーがいますが、その場合はメールで連絡すれば担当を変更することができます。

 

また、複数のエージェントに登録すると、非常に多くのメールが届きます。

そのため、転職活動用に新しいメールアドレスを取得しておくと楽です。

メリット・デメリットを考えると、初めての転職が不安な人はもちろん、手取り13万円の状況を脱出するためには相談しない理由がありません。

転職エージェントを選択する時のポイント

特に、転職活動を初めて行う方にとっては、どの転職エージェントを利用すれば良いかわからないと思います。

今回は、初めて転職エージェントを利用する方にもおすすめな転職エージェントをご紹介します。

 

初めて転職活動を行う方が、転職エージェントを選択する上で最低限気にすべきポイントは、以下の2点です。

  1. 総合型と業界特化型を使い分ける
  2. 3社以上に相談する

 

転職エージェントは大きく分けて2種類存在しています。

  • 総合型:業種・業界を問わず、大量の求人案件を保有している
  • 業界特化型:業界・年齢に特化した求人案件を保有している

総合型と業界特化型には、それぞれメリット・デメリットがあります。

両方のエージェントをバランスよく使いこなすことで、失敗しない転職活動を実現できます。

 

そのため、転職エージェント「3社以上を併用」してください。

併用する際は、

総合型:2社・業界特化型:1社

のバランスがおすすめです。

 

3社以上を併用利用することの主なメリットは、主に下記の2点です。

実際に以下に引用したリクルートによる調査でも、転職成功者の利用エージェント数が4.2社と高い傾向が出ています。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

転職エージェント利用調査

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

転職エージェントに相談する前に最低限把握しておくこと

最低限、以下のポイントを事前に把握しておけば、キャリアアドバイザーの方とスムーズなやり取りを行うことができます。

【相談前に最低限必要な自己分析】
  1. 自分の好きなこと・嫌いなこと
  2. 自分の得意なこと・苦手なこと
  3. 今後やってみたい仕事・やりたくない仕事
  4. 将来の理想の生活・キャリア
    (3年・5年・10年)

上記の項目だけを考えておけば、あとは正直に悩みを打ち明ければOKです。

最後に、手取り13万円の方が絶対に登録すべき転職エージェントを3社ご紹介します。

手取り13万円から脱出するために利用すべき転職エージェント

手取り13万円から脱出するために利用すべき転職エージェント

今すぐ手取り13万円を脱出しましょう!

いずれも5分程度で完了が登録できますので、今すぐにでも相談する日程を決めましょう。

»【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント

 

そして、ここでのポイントは、「思い立ったらすぐに行動すべき」ということです。

なぜなら、多くの人は先延ばしにしてしまうからです。

心理学者のピアーズ・スティール教授の40年間に渡る調査によると、95%の人が「自分に甘く、仕事や作業で先延ばしをしてしまう」ことが明らかになったというデータがあります。

なので、現状を少しでもポジティブにしたい場合、多少の不安があってもすぐに行動するのがポイントです。

転職エージェントの利用が不安な方へ

決して、背伸びをして自分をよく見せようとする必要はありません。

パートナーとなる相手に、自分をよく見せようとすると、かえって転職活動の失敗を招きかねません。

最初に登録した情報でいきなり求人を紹介されることはありませんし、職務経歴書は一緒に作成すればいいのです。

土・日でも利用可能ですよ!

まずは登録して、転職エージェントの指示を待ちましょう!

※登録の際、在職中の方は備考欄に
●時以降なら電話対応
と記載しておけば、仕事中に連絡が来て現職にバレることはありません

下記の転職エージェントは、転職賢者が本気でおすすめしている、絶対に登録すべき総合型転職エージェントです。

現職(前職)での雇用形態に関わらず、登録が可能です。

正面の賢じぃ
賢じぃ
この転職エージェントだけは絶対に登録しておくんじゃ!

Point
転職エージェントの力を借りて転職すれば、手取り13万円の方はほぼ間違いなく年収を上げることができます

業界最大手の『リクルートエージェント』も決して悪くはありませんが、
登録者が多いために対応を後回しにされる
優秀なコンサルタントに言いくるめられる
可能性があります。

また、転職エージェントは完全無料で利用可能ですが、あなたが転職することで企業側から報酬(提示年収の約30%)を受け取れるので、言葉巧みに転職へ誘導してくる場合もあります。

同エージェントでもアドバイザーごとに異なるため、一概には言えませんが、念頭に置いておきましょう。

以上を踏まえて、初めての転職活動であるならば、下記の転職エージェントがおすすめです。
■『DYM就職』※最もオススメ!
・20代で転職活動に自信がない方向き

【公式】https://www.dshu.jp/
■『パソナキャリア
・手厚いサポートを受けたい方向き
【公式https://www.pasonacareer.jp/
■『マイナビエージェント
・30代の方、中小企業を検討したい方向き
【公式https://mynavi-agent.jp/
※複数登録してはいけない決まりはないので、気になるエージェントに登録して、相性の良さそうなエージェントだけ利用するのがおすすめです
また、以下の関連記事も参考にしてください。

»給料の手取り、ちゃんと把握してる?|月収・月給・手取りのアレコレ

»月給手取り16万円だと辛い?家賃・結婚・貯金・車は?今すぐ転職すべき?

»手取り15万円はやばい?終わってる?いますぐ貧困から抜け出す方法

»手取り14万円は終わってる?貧困から抜け出すために今すぐできること

手取り13万の人が読むべき関連・参考記事

「手取り 13万 一人暮らし」の関連・参考記事

»手取り13万で一人暮らしするなら家賃はいくら?家賃5万は高い?

»手取り13万円で一人暮らしできる?効果的な節約術3選

»手取り13万の給料で一人暮らしは無謀ですか? 実家でおとなしく暮らすほうがいいですか?

»手取り13万一人暮らし女の生活費の内訳はこんな感じ【リアル】

»月給手取り13万の正社員の貯金・家賃・車事情|結婚するなら転職すべき

「手取り 13万 家賃」の関連・参考記事

»手取り13万だと、家賃5万の賃貸に住むのは難しいですか?

»手取り13万の一人暮らしは可能か 手取り13万でも貯金する方法

»一人暮らしでも貯金100万円!手取り13万円のフリーターである僕が実践した30の方法

»月収手取り13万で一人暮らしは絶望的!家賃が重く貯金不可能なワープアですよ

「手取り13万 一人暮らし 貯金」の関連・参考記事

»手取り13万で一人暮らしするなら家賃はいくら?家賃5万は高い?

»一人暮らしでも貯金100万円!手取り13万円のフリーターである僕が実践した30の方法

「手取り13万 一人暮らし ブログ」の関連・参考記事

»手取り13万で一人暮らしのお給料振り分けを考察

»手取り13万でも年間100万貯金した方法。オタクにおすすめの貯金方法とは?

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは

「転職時期はいつ頃をお考えですか?」

と聞かれるはずです。

この時に少しでも転職を考えている場合は

「良いところがあればすぐに転職したい」

と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント