手取り14万円は終わってる?貧困から抜け出すために今すぐできること

「私、手取り14万円しかないんだけど」

「この手取りじゃ、普通の生活も送れないよ」

「頑張って働いているのに、手取りこれだけ、、、」

 

手取り14万円。

年収にして約200万円。

この生活に満足していると、
いずれ「地獄を見ます。

 

この記事では、

  • 月収の手取り14万円の人が充実した生活を送る方法

について、解説していきます。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
手取り14万円じゃ、田舎に住んでいても不安な金額じゃ。
今こそ脱却を図るべきじゃぞ!

【2019年11月:最新情報】

11月は、
転職活動を開始するには最高のタイミングです。

なぜなら、年末のボーナスを取得した上で転職する人が多いので、11月に転職市場が活発になり、求人数が増加するためです。

11月から準備を始めるだけで、他の求職者よりも選考をかなり有利に進めることができます。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職活動を開始しましょう。

  1. この記事を読み、最低3社の転職エージェント(『マイナビエージェント』『doda』『パソナキャリア』等)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談or電話で簡単な相談を行う
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後は、いくつかのテクニックを実践するだけで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、満足できる転職活動が実現できます。

テクニックは記事の最後に記載していますので、ぜひ最後まで読み進めて効率の良い転職活動を実現してください。

手取り14万円から脱出したい方はコチラ!
※記事の後半までジャンプします

手取りが14万円はやばい!?

手取りが14万円はやばい!?

「手取り14万円」と聞いて、安いと感じるのか、普通と感じるのかは人それぞれです。

2019年10月に手取り14万円の話がネットで話題になりましたが、14万円という金額が実際に安いのか?普通なのか?を解説していきます。

新卒・若手の「手取り14万円」は?

新卒で入社したばかり、もしくは入社5年以内の若手は、社内において戦力として認めらられている場合が少ないです。

特に、新卒で入社したばかりの頃は、研修も多く、あなたが会社で残した結果はほとんど皆無に近い状態でしょう。

経験を積ませてもらう、いわゆる「学校」に通っているような立場で手取りで14万円をもらえる、というのは決しておかしな金額ではないでしょう。

勉強したら、手取りで14万円がもらえる」状態と考えてください。

 

もちろん、業界や業種にもよりますが、どの業界・業種であっても、新卒、あるいは若手で手取りが14万円の人は異常な状態と断定できるレベルではないでしょう。

スキルがないのに転職して「手取り14万円」は?

昨今では、社会人生活において、複数回の転職を行うのが当たり前の時代になってきました。

スキルがないのに、転職が成功する方の特徴として、

スキルはないけど、若さ・将来性を見込まれた

という場合が大半であることが推測されます。

 

もし、あなたが転職したばかりで手取り14万円である場合、転職してすぐに会社の戦力になることは考えづらいですよね。

従って、20代の転職直後の手取り14万円も妥当であると考えることができるでしょう。

 

もちろん、転職先の企業や業界によっては、あなたのポテンシャルを高く評価してくれて、高い給料をもらえることはあるかもしれません。

転職を経験して手取りが14万円の場合は、何を意図して転職をしたかで、手取り14万円を妥当と考えるのか、安いと考えるのかが変わってくるでしょう。

 

若手が転職をして、手取りが14万円という状態は多いに考えられます。

地方で就職した人の「手取り14万円」は?

一般的に給料(手取り)は、都心部で高く、地方で低い傾向が見られます。

都会と地方では、仮に同じ業種で同じような業務をこなしていたとしても、地方で就職している方の手取りが2~3万円程度安い場合は十分に考えられます。

そのため、地方で就職した方の手取り14万円も十分に考えられます。

 

同じ仕事をこなしているにも関わらず、地方の方が給料が安いのは、家賃や提供されているサービスの値段が都心部よりも安いためです。

同じ広さの賃貸に住むことを考えた場合、地方よりも都心部の方が高いことは言うまでもありません。

 

もちろん、手取り14万円が高いわけではありません。

地方でも、健全な働き方をして手取り14万円よりも高い給料をもらっている会社・業界・業種はたくさんあります。

もし、現在の会社・業界・業種いずれかに満足がいっていない場合は、今すぐ転職することをおすすめします。

 

転職をするには、

一日でも早い方がいい

でしょう。

あなたが行きたい会社が見つかった際、すぐに転職すれば内定する可能性があるのに、1年後では転職ができないと言う可能性は十分に考えられます。

【完全無料】公式HP
マイナビエージェント

手取り14万円で一人暮らしは可能?

手取り14万円で一人暮らしは可能?

現実的に、手取り14万円で一人暮らしは可能なのでしょうか?

一人暮らしをすると、毎月ランニングコストとして発生する家賃に加えて、食費や交際費、娯楽費といったような金額が発生します。

家賃には、光熱費や水道代など、細かな請求を含むと考えると、非常に大きな出費となるでしょう。

手取り14万円で一人暮らしが可能な場合、それぞれどのくらいの金額を充てるのが適正なのかについて、解説していきます。

「手取り14万円」の適正な家賃は?

一人暮らしの生活で最も大きな毎月固定の出費となるのが家賃です。

都心部と地方では、同程度の暮らしを考えていても大きく金額が変わってきます。

しかし、どこで生活をするにしても、家賃は出費の大部分を占めるため、自身の給料・手取りに見合った場所に住むことが一番の節約に繋がるでしょう。

 

あくまで一般的な話ですが、家賃は「手取りの3割」が適正とされています。

手取り14万円の場合は、約42,000円となります。

 

手取りに3割というのは、あくまで一般的な目安であるため、人によっては42,000円であっても、生活が苦しくなってしまうかもしれません。

いずれにしても、手取り14万円の場合は、贅沢な住まいは諦めましょう。

「手取り14万円」の適正な食費は?

食費は人によって大きく金額が変動します。

生活スタイルによって、何倍にも、あるいは何分の一にもすることが可能です。

 

一般的には、食費は「手取りの2割程度」と言われているため、手取り14万円の場合は、3万円程度と計算することができます。

3万円の場合、1日1,000円で過ごす必要があるので、1食あたり約300円程度と計算ができ、毎日自炊をするか、非常に安いコンビニ・スーパーの弁当・惣菜で済ませる必要がありそうです。

 

多くの方は、社会人としてのお酒の付き合い(=交際費)なども考えられるため、決して贅沢な食事ができるとは考えづらいでしょう。

ただ、食費は削りやすい出費としても考えられるため、もし手取り14万円でお金に困った場合に、まず削りやすいのは食費と言えそうです。

「手取り14万円」の適正な交際費や娯楽費は?

交際費や娯楽費は私生活を豊かにするためには欠かせない出費です。

趣味に使う娯楽費はできるだけ削りたくない部分ですし、せっかく繋がった人との縁を維持するためにも、交際費は必要です。

また仕事に関する飲み会など避けることのできない出費も交際費として出てくることがあり、どこまで使っていいのか、どれくらいが一般的なのか、迷ってしまう部分です。

これらの項目は一般的にはそれぞれ収入の5%~10%程度が目安と言われています。

手取り15万円で計算すると、それぞれ7500~15000円ほどですね。

それぞれ1万円以内でやりくりすることがひとつ目標になってきます。

手取り15万円だったとしても、生活にどうしても必要なわけではない交際費や娯楽費を出すのはなかなか難しいんですね。

結婚や子育てなど、持ってのほかです。

 

手取り14万円について、ここまで一般的な生活スタイルを解説してきましたが、「普通」に生活するのがやっとな状態であると言えます。

地方で家賃も安く、物価が明らかに低い地域に住んでいるのならまだしも、手取り14万円で都心部で生活するのは、かなり困難を極めると言えそうです。

現在の手取り額で満足しているのであれば、そのままでも構いませんが、少しでも不満を感じている場合、あなたの感覚は「極めて正常」だと断言できます。

現状のまま苦しい生活を続けたくない場合は、今すぐ転職に向けて行動を開始してください。

日本国内で手取り14万円では、絶対に安心して暮らせない!

日本国内で手取り14万円では、絶対に安心して暮らせない!

世の中には、様々な節約方法があります。

そのため、質素倹約を怠らなければ、都心部でも手取り14万円でいきていくことは可能です。

 

しかし、現状の手取りでは、自分に投資することもできないため、今後も「あなたの生活水準は向上しない可能性が非常に高いと言えるでしょう。

 

現状の生活を脱するためには、

種悪の根源を断ち切る

ことが必要です。

そもそもの手取りを増やすことができれば、現状の多くの不満・不安を解決することができます。

お金は人間がいきていくうえで必要不可欠です。

日常生活の大半の不満は、お金で解決できる」こともまた、事実なのです。

手取り14万円からの脱却を図る方法は?

手取り14万円からの脱却を図る方法は?

手取り14万円の脱却を図るためには、現状の生活の大部分を費やしている「仕事・働き方」について考える必要があります。

仕事や働き方について、そもそものスタート地点(現在の仕事・働き方)が異なるため、一概にお伝えすることは難しいですが、一般的に手取りを上げる方法として以下のような手段が考えられます。

  • 正社員からフリーターになる
    (※正社員の場合)
  • 副業を始める
  • 転職する

それぞれ、どの手段が最も適切なのかを、解説していきます。

①正社員からフリーターになる

「必ずしも、正社員として働く必要はないのではないか?」

「正社員よりもフリーターの方が稼げるのではないか?」

確かに、正社員はフリーターよりも拘束時間が長いわりに、給料が高くない企業も多くあります。

 

特に、新卒や社会人数年目の若手の場合は、時給換算ではフリーターのほうが給料は良い、という場合はよくあるでしょう。

飲食業界や小売業界、保育士や美容師の業界では、業界全体の平均賃金が安いために、フリーターの方が稼げる状況が起きやすいです。

 

しかし、フリーターの多くは、あなた自身の「時間」を切り売りして給料をもらう仕事が多いので、フリーターになることはおすすめしません。

将来を考えた場合に、スキルをつけて個人の価値を上げていくことが重要です。

必ずしも、フリーターだとスキルが向上しないとは言い難いですが、正社員として、会社に身を守られる立場でありながら、スキルを付けることが賢明です。

②副業を始める

現職で働いたままで、手取りを上げるためには副業を始めることが有効な手段の一つと言えます。

政府が副業を推進していることもあり、2018年から急速に副業という働き方が広がりました。

副業には、様々な種類があります。

平日の退勤後の時間や休日を利用して、月に3万円程度を稼ぐだけでも、あなたの生活水準は大きく向上するでしょう。

ただし、手取りを効率的に上げていくためには複数のポイントを押さえておく必要があります。

今回は詳しく解説しませんが、効率的に手取りを向上させる、自身の生活スタイルに合った副業を選択しましょう。

以下の記事に、副業を始めるポイントを紹介しています。

»どれだけ稼いでもバレない副業ランキング5選【2019年 決定版】

»高額な副収入が期待できる!?おすすめな副業と絶対に始めるべき副収入サービスとは?

③転職する

最もおすすめなのは、転職をして、手取りが低い現状から抜け出すことです。

仮に、副業で総収入が向上しても、ベース(基盤)となる手取りが低いままだと、いつまた厳しい生活に戻るかわかりません。

本業の手取りを向上させるだけで、今のままの仕事で、もしくは今よりも充実した仕事をしながら、生活水準も向上させていくことが可能です。

 

手取りが14万円である理由は、現職にあるからこそ、今すぐ転職をして、理想の生活を程に入れましょう。

手取り14万円の生活とはサヨナラ!失敗しない転職活動方法

手取り14万円の生活とはサヨナラ!失敗しない転職活動方法

転職活動は、今の職場から逃げ出したいといった場合に、非常に有効な選択肢です。

キャリアチェンジ・働く環境を変えることで、昨日まで悩んでいたことが嘘の様に思える場合もあります。

悩んでいる方こそ、一度転職活動を行って見るべきです。

手取り14万円の生活は転職によって終止符を打ちましょう。

転職活動は転職を考えていない人にもおすすめ!?

転職活動をすることには、以下のメリットがあります。

  • 自分の市場価値が把握できる
  • 今後のキャリアが明確になる
  • 業界のトレンドに詳しくなる
  • (転職を検討していなくても、)好条件の求人が見つかればそのまま転職できる

自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。もし、現職よりも好条件の企業が見つかれば、そのまま転職してしまうのもアリですね。

そう、実は転職活動は「転職を考えていない方にも」おすすめなんです。

また、『ミイダス』というサービスであれば、選択式の設問に答えるだけで、あなたの概ねの市場価値(年収)や性格・特徴について非常に細かな診断を行うことができます。

ミイダスでは、企業からのスカウトも受け取ることができ、そのまま面談に進むことも可能ですが、市場価値判断の精度については評価が分かれるところです。

しかし、性格や特徴に関する診断の精度は非常に高いので、興味がある方はぜひスマホから診断してみましょう。

転職活動には転職エージェントの利用が鉄則

転職活動では、転職エージェントを利用することが鉄則です。

求職者は無料でキャリアの相談に乗ってもらうことができます。客観的にあなたがどんな人かを判断できる良い機会となります。

  • 非公開求人の紹介がある
  • 企業や業界に合わせた面接対策ができる
  • 面倒な手続きを代行してもらえる
  • 企業と待遇面の交渉を行ってくれる
  • (場合によっては)現職の退職サポートを行ってくれる

自分で転職サイトを利用するだけではたどり着けない情報を提供してもらえたり、志望する企業の傾向に合わせた対策を無料で行うことができます。

そのため、一人で転職活動をするよりも、圧倒的に自分に合う会社に出会える確率・転職成功率が高くなります。

 

転職エージェントに登録すると大量のメールが届くので、転職活動用にメールアドレスを作成しておきましょう。

また、稀に自身の成果を上げるために、強引に転職を迫ってくるキャリアアドバイザーがいますが、その場合はメールで連絡して担当を変更してもらうことが可能です。

初めての転職が不安な人はもちろん、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありません。

転職エージェントを選択する時のポイント

失敗しない転職活動を実現するために、転職エージェントを利用する際は、以下の2つのポイントを守りましょう。

  1. 転職エージェントを3社以上利用する
  2. 「総合型」「業界・年齢特化型」の両方の転職エージェントを利用する

上記のポイントさえ気にしていれば、OKです。

①転職エージェントを3社以上利用する

転職エージェントは必ず、

3社以上を併用

してください。

 

実際に、人材大手リクルートによる調査でも、転職エージェントを複数利用している求職者の方が、転職活動の成功率が高いことが実証されています。

転職決定者の平均転職エージェント利用社数は4.2社です。

転職エージェント利用調査

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

転職エージェントの3社以上登録することによるメリットは以下です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

1社の転職エージェントから紹介してもらえる求人案件は3社前後です。

幅広く求人を検討するためにも、3社以上に登録することをおすすめします。

「総合型」「業界・年齢特化型」の両方の転職エージェントを利用する

また、転職エージェントには、幅広い求人案件を保有する「総合型」と、求人案件は少ないものの、特定の業界に特化してサポートをしてくれる「業界・年齢特化型」の2種類が存在しています。

3社以上を併用利用するうえで、

総合型:2社以上

業界・年齢特化型:1社以上

を利用してください。

 

総合型の転職エージェントだけを利用すると、あなたの希望する業界で「目立たない優良求人」に出会えない可能性があります。

また、希望している条件に合致した求人なのに、年齢やこれまでの経歴から応募できないケースもよくあるのです。

逆に、業界・年齢特化型の転職エージェントだけを利用すると、特定領域の求人ばかりを紹介され、自身の可能性を限定してしまうことに繋がってしまうのです。

そのため、総合型を2社以上、業界・年齢特化型を1社以上利用して、幅広く自身の可能性を模索しましょう。

転職エージェントに相談する前に最低限把握しておくこと

最低限、以下の項目を事前に把握しておけば、キャリアアドバイザーの方とスムーズなやり取りを行うことができます。

【相談前に最低限必要な自己分析】
  1. 自分の好きなこと・嫌いなこと
  2. 自分の得意なこと・苦手なこと
  3. 今後やってみたい仕事・やりたくない仕事
  4. 将来の理想の生活・キャリア
    (3年・5年・10年)

上記の項目を事前にまとめておくことで、キャリアアドバイザーがあなたの描くキャリアや生活を実現できる企業を紹介しやすくなります。

「ただ転職したいだけ」

の人よりも、

「〜〜が好きで、◯◯という仕事に挑戦してみたい」

という希望がある人の方が熱意が伝わり、キャリアアドバイザーにとっても優先的に対応してあげたくなる心理が働きます。

 

以下では、絶対に登録すべき総合型転職エージェント、おすすめの業界・年齢特化型転職エージェントをご紹介します。

手取り14万円からの脱却を図るためのおすすめ転職エージェント

ここまで読み進めていただいているだけでも、かなりのノウハウが溜まってきているはずです。

手取り14万円の苦しい生活から脱却を図るために、いますぐ行動してください。

最終的に相性の合う一つのエージェントに絞っても良いので、まずは間口を広げることが重要です。

前述の通り、エージェントはバランスよく3社以上を利用して、幅広く業種・業界を検討しましょう。

手取りを上げるためにも、最初から間口を狭めることのないようにしてください。

 

下記は手取り14万円の方が初めての転職活動で利用すべき転職エージェントです。

現職(前職)での雇用形態に関わらず、登録が可能です。

いずれも5分程度で登録が完了します。

手取り14万円を脱出!

・おすすめ総合型転職エージェント

『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/

『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/

・おすすめ業界特化型転職エージェント

『DYM就職』
【おすすめ度:★★★★★
フリーター・ニート向け!
【公式】https://www.dshu.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職に不安がある方は絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

無料サポート申し込み

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が非常に高いです。

初めての転職で、必ず登録すべき転職エージェントです。

DYM就職

DYM就職

DYM就職は第二新卒・既卒・フリーターの方の正社員転職を実現することにコミットしている転職エージェントです。

書類選考なしで面接を受けられるなど、転職の経験がない方やニート・フリーターの方にはありがたいサポートがあります。

ただし、大手のエージェントと比較すると、実績という点においては若干見劣りするため、DYM就職だけを利用して転職活動をすることはおすすめできません。

上記の転職エージェントと併用して転職成功率を高めましょう。

無料で仕事の悩みを聞いてもらう

おまけ|「手取り14万円」問題

おまけ|「手取り14万円」問題

先日、ネット上で「手取り14万円問題」が話題になりました。

»「手取り14万」がトレンド入り 堀江貴文氏の意見に賛否両論

»手取り14万円という投稿に「お前が終わってる」堀江貴文氏が意図説明

 

ガールズちゃんねる』にたてられた「手取り14万円以下の人」というトピックのトピ主、アラフォーで都内メーカーに12年間勤務、役職もあるのに手取り14万円とのこと。

アラフォーの会社員です。
主は手取り14万円です…
都内のメーカー勤続12年で役職も付いていますが、
この給料です…
何も贅沢出来ない生活
日本終わってますよね?

と綴っていたもの。さまざまな意見が寄せられ、記事ではそれらがまとめられていた。

それに対し、ホリエモンこと堀江貴文氏がTwitterで以下のように反応。

様々なメディアに取り上げられ、話題となりました。

国内において、手取りが14万円以下の人口はおよそ3割(※勤労者)と言われています。

手取りが14万円を下回ると、生活保護受給者よりも厳しい生活を強いられることになります。

現在、あなたが手取り14万円以下の場合、いかに自身の生活水準が「異常」なのかを強く認識すべきです。

 

転職という手段を利用するだけで、あなたの生活は大きく変わります。

仕事もプライベートも充実させて、満足のいく人生を送りましょう。

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に少しでも転生を考えている場合は「良いところがあればすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント