「あれ、私って営業向いてない人?」営業向いてないと言われた場合にやるべきこと

「私って営業向いてない人のかな、、、」

「お客さんと話すのも緊張してしまうし、胸が締め付けられたように苦しくなる」

「でも、理系でもないから営業や事務くらいしか選べないよ、、、」

 

多くの会社では、社内の大半が営業部隊です。

そんな中で営業に配属されたあなた。

営業は希望していなかったのに、、、

と、そこでうまくいかなくても全く気にすることはありません。

 

この記事では、

  • 営業に向いてないと思ったら続けなくていい理由
  • 営業に向いてない人の特徴
  • 営業に向いてない人が輝ける可能性の高い職種
  • 営業に向いてないと思った人がすぐに取るべき行動

について、解説していきます。

横向きの賢じぃ
賢じぃ

従業員のほとんどが営業職という会社も多いからのう。
転職エージェントに相談して「営業職」に就く可能性がない会社を探してみてはどうじゃ?

【2020年2月:最新情報】

2月に転職活動を開始するのは、
4月に転職を実現するためには最高のタイミングです。

なぜなら、新年度を迎える4月に企業が社内体制を整備するためです。

そのため、採用活動が活発化し、優良の求人が増加するのが2〜3月。

優良求人が増えるタイミングに合わせて準備を開始すれば、満足度の高い転職活動を実現できます。

2月に転職エージェントに登録しておき、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性を高めましょう。

今が、まさに「チャンス」です。

 

おすすめは『DYM就職』です。

  • 女性の転職サポートも充実!
  • 18〜35歳までOK!
  • 職歴/学歴不問で、書類選考なし!
  • 採用までのスピードが早い!
    (※最短1日での転職実績あり)
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートでも96%が正社員に転職成功!
  • 東京/大阪/大宮/横浜/船橋/名古屋/神戸/広島/仙台/福岡/札幌 で対応可能!

▼優良求人は早い者勝ち!
DYM就職 公式サイト

目次

営業向いてない人かも?と思ったら無理して続けるな

営業に向いていないと思ったら無理して続けるな

もし、あなたが「自分は営業に向いていないのかな?」と思っているのなら、一度立ち止まって考えてみましょう。

上司に相談すると「向いているか向いてないかを判断するのには早すぎる」「自分の能力を高めてから判断しろ」といった返答があるかもしれません。

しかし、何事にも自分で変えられることと、自分には変えられないことがあります。営業に向いていないと思いながら仕事を続けても何も良いことがありません。

まずは、あなたが

  • 『営業』という仕事自体に向いていないのか?
  • 『現職での営業』に向いていないのか?

を見極めてください。

営業という仕事自体に向いていない・前向きな気持ちになれない方は、これ以上続けてもあまり意味がないでしょう。

やりたくない営業を続けるのは時間の無駄

「能力」は自分の努力で補う事ができますが、もともと持っている「性質」を変えるのは容易なことではありません。

例えば「営業トーク」や「スケジュール管理」といった能力に関しては自分の努力次第で伸ばす事ができますが、「新しい人と話す事がに苦手」「競争することが嫌い」という性格に関しては自分の力で変えることが難しい性質です。

自分で変えることのできない「性質」について、なんとか変えようと努力し続けることは苦しいもの。

ましてや「自分は営業に向いていないかも、、、」と思っている状態で仕事を続けるには、企業にとってもあなたにとっても良いことではありません。仕事をする上では、必ずしも自分の好きな仕事・やりたい仕事ばかりではないかもしれませんが、早急に見切りをつけることをおすすめします。

新卒の新入社員や女性も、営業が向いていないなら辞めたっていい

社会全体で見るとまだまだ「営業は男性の仕事」というイメージが強く、なかなか女性が営業をするとなると体力的にも厳しい場合があります。
※もちろん、商材や勤務地にもよりますが、、、

また、新卒の新入社員でなかなか営業の成果を出せずに悩む方も多いでしょう。

新入社員だから、これくらいは我慢しないと

女性だからって軽く見られたくない

上記のような何クソ精神を持って頑張って続けることは、成果を出す上でもちろん重要な要素だと思います。

しかし、それが単なる「我慢」や「周囲の目を気にした意地」である場合は、長くは続きません。

さっさとキャリアチェンジすることをおすすめします。

Point

業界最大手の『リクルートエージェント』も決して悪くはありませんが、
登録者が多いために対応を後回しにされる
優秀なアドバイザーに言いくるめられる
可能性があります。

一次面接で落ちることに悩んでいる場合は、時間をかけてじっくりサポートしてくれる転職エージェントが良いでしょう。

同エージェントでもアドバイザーごとに特徴や性格は異なりますが、大手エージェントはかけもらえる時間が少ない可能性があります。

以上を踏まえて、初めての転職活動であるならば、下記の転職エージェントがおすすめです。
■『DYM就職』※最もオススメ!
・20代で転職活動に自信がない方向き

【公式】https://www.dshu.jp/
■『パソナキャリア
・手厚いサポートを受けたい方向き
【公式https://www.pasonacareer.jp/
■『マイナビエージェント
・30代の方、中小企業を検討したい方向き
【公式https://mynavi-agent.jp/
■『ビズリーチ』※スカウトサービス
年収600万以上の方向き
【公式】https://www.bizreach.jp/
※複数登録してはいけない決まりはないので、気になるエージェントに登録して、相性の良さそうなエージェントだけ利用するのがおすすめです

営業に向いてないと思っている人の嘆き(2ch・SNS)まとめ

売り込む商材や方法は違えど、営業は世の中の仕事の中でも従事する方の多い職業です。営業を向いてないと思っている方は、少なくありません。

自分だけが悩んでいると、思い悩まないようにしてください。

ここで、5ch(旧:2ch)やTwitterへの書き込みを覗いてみましょう。

ほんまなんで営業なんかしてるんや…
向いてないのに続ける意味あるんかな…

引用:2ch

https://twitter.com/mui_nyan/status/1141608465229471744

やはり、営業を向いてないと思いながらも続けてしまっている人には、

  • 成果が出ていない人が多い
  • ストレスが溜まっている人が多い
  • 働くことがつまらないと感じている人が多い

上記のような状態の方が多いようです。

関連記事:【体験談】営業を辞めて本当によかった。営業を辞めた結果、人生変わった

診断してみよう!営業に向いてない人の6つの特徴

診断してみよう!営業に向いていない人の5つの特徴

実際にどのような特徴を持つ人が営業に向いていない傾向があるのでしょうか?

営業職に向いてない可能性がある、5つの特徴が当てはまるかどうか診断してみましょう。

営業向いてない人の特徴①新しい人とコミュニケーションをするのが苦手

営業には大きく分けて、「新規開拓営業」と「既存(ルート)営業」の2種類があります。

新規開拓営業の場合、電話営業・飛び込み営業・訪問営業などで毎日新しい人と会う必要がありますよね。

また、既存(ルート)営業の場合も、企業が右肩上がりの成長を目指していく上で、新規顧客の開拓というのは絶対に必要になる要素ですので、「新規の顧客も開拓しろよ」と上司に言われていませんか?

現状では新規開拓の指示が無かったとしても、市況の変化や会社の方針変更で新規開拓が必要になることもあります。

加えて、クライアントの担当変更や社内での引き継ぎなどで新しい担当者とコミュニケーションを取る必要がある場合もあるでしょう。

営業は自社の商品・サービスをPRして購入まで繋げるのが仕事ですので、「新しい人とコミュニケーションをする」ということは避けて通れません。

営業向いてない人の特徴②競争するのが苦手

営業活動をするということは、資本主義の市場の中で競争をするということです。

もし、圧倒的な知名度やシェアがあったり、競合がいない商品・サービスであれば、そもそも営業をする必要がありません。

ですので、営業という仕事に関わる以上、必ず競争をする必要があります。

また、社外での競争だけでなく社内での他の営業マンとの競争もありますよね。

負けず嫌いで競争することが苦にならない人は、そういった状況に燃えてやる気が出ると思いますが、競争するのが苦手な人にとっては辛い場面が続くでしょう。

営業向いてない人の特徴③本音での付き合いが苦手

自社商品を売り込む際に重要になってくるのが、営業自身が自己開示をして、クライアントと本音で付き合うこと。

なぜなら、最後に人は感情で動くからです。

もちろん、それに至るまでに論理的に自社商品のメリットを訴求するのは必須ですが、営業としてのレベルを上げていく上で、うまく本音を開示し交渉を進めていく必要が出てきます。

特に個人営業ではその傾向が強いと言えるでしょう。

真面目でコミュニケーションが固すぎる人は営業には向いていません。

営業向いてない人の特徴④転勤がつらい

会社の規模にもよりますが、営業職というのは顧客がいる場所に拠点をおくために、転勤をする確率・回数が多くなる可能性が高い職種です。

最初はあまり気にせず入社をしたけれど、数年に一度転勤があることは、人によってはかなりの負担となります。

もちろん、家族ができればなおさらでしょう。

転勤が多い会社では、生涯転勤族という可能性も考えられるため、転勤のない営業職に転職を考える、もしくは部署移動を検討した方が良いでしょう。

営業向いてない人の特徴⑤相手の立場に立って行動ができない

優秀な営業マンは相手の立場を瞬時に察知して行動する事ができます。

営業の目的は自社の商品を売り込む事ですが、価格・サービス内容・購入時期・納期・営業との関係など、購入を決めるポイントはクライアントによって異なるので、押し売りのような営業ではクライアントに選んでもらえません。

また、クライアントは経営者なのか?現場担当者なのか?社内ではどの立ち位置にいるのか?などクライアントの属性によって提案の仕方も変わってきます。

相手の立場を無視して行動する人は営業として成果をあげるのは難しいでしょう。

営業向いてない人の特徴⑥スケジュール調整ができない

業界にもよりますが、営業はクライアントと社内という少なくとも2つのスケジュールを管理する必要があります。

中には更に関係者が多かったり、複数のクライアントを同時平行で管理する必要がある場合もあるでしょう。

そして、期日通りに納品・確認するということは、クライアントがサービスを受ける上での満足度を大きく左右します。

スケジュールの調整をしたり、小さな約束を守れない人は営業には向いていません。

 

以上、6つの「営業に向いていない人の特徴」を挙げましたが、「相手の立場に立つ」「スケジュール調整」といった能力に関しては今後の努力次第で改善していくことが可能です。

しかし、「新しい人と話すのが苦手」「競争するのが苦手」「本音での付き合いが苦手」といった、幼い頃から持っている性質に関しては、変える事が難しいです。

変える事が難しい性質で悩んでいる人は、社内での部署異動や転職なども視野に入れて動くと良いでしょう。

体験者が語る「営業を辞めてよかった!」

体験者が語る「営業を辞めてよかった!」

営業という仕事そのものは、コミュニケーション能力が身についたり、極めればどの会社・業界でも活躍できる可能性がある魅力的な職種です。

しかし、合わない人・向いていない人にとっては、地獄そのもの。

ここで、勇気を出して「地獄」から抜け出すことで、現在楽しく働いている方々の声をSNSから抜粋しています。

ちょっとの勇気だけで、人生の大半を占める仕事の時間が「素敵な時間」に変わります。

◆関連記事◆

»【体験談】営業を辞めて本当に良かった。営業はできる人がやればいい

»営業に向いてない人の8つの特徴とは?簡単診断で営業向きかチェック

営業に向いてない人は別の職種への転職を検討しよう

先ほど部署異動に関して紹介しましたが、部署異動は社内調整に時間がかかることもあります。

そのため同時に転職活動も併行させつつ、より自分に適したキャリアを選択するのがベストです。

最終的に転職をしない場合でも、転職活動をすることは自分を客観的に見つめ直す非常に良い機会となります。

営業に向いていないと感じた人が向いている職業をいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

事務系職種

営業でも事務作業はあると思いますので、比較的転職しやすい職種。

露骨に数字で評価されることも少ない職種なので、「競争が苦手」という人には向いています。

女性は営業を経験後に事務職に就かれる方も多いので、身近に同じような境遇を経験した先輩がいたら、相談してみると良いでしょう。

その分、営業と比べると給与は低くなるケースが多い点と、志望者が多く倍率が高くなりがちという点には注意が必要です。

企画・マーケティング職

営業として特定の業界の知識が深くなっていたり、顧客への提案力が評価されているのであれば、企画・マーケティング職への転職を検討する道もあります。

チームで動く事が多い職種なので、新しい人とのコミュニケーションより、既につながりのある人との関係性を深めていくのが得意な人には向いています。

しかし、全くの未経験から転職するのはハードルが高い職種なので、自身の経験や強みをしっかり分析した上で転職に臨む必要があります。

人事・経理・管理系の職種

1つのことをコツコツと積み重ねることが得意な人は管理系の職種が向いています。

経理や総務、人事の中でも制度設計・労務管理などの分野においては、正確でミスのなく業務を遂行する力が求められます。

企業規模によって、人事部・総務部・経理部と分かれている場合もありますし、経営管理部といったように1つの部署で複数の機能をになっている場合もあるので、自分の適性や希望と併せて検討しましょう。

営業向いてない人が相談すべき転職エージェント

営業向いてない人が相談すべき転職エージェント

「会社をサボる理由を探すのは今日で終わりにしたい」

ここまで読み進めていただいているだけでも、あなたには、かなりのノウハウが溜まってきているはずです。

 

ここで、ポイントなのは思い立ったらすぐに行動すべきということです。なぜなら、多くの人は先延ばしにしてしまうからです。

カナダ・カルガリー大学ビジネススクールの教授であり、心理学者のピアーズ・スティール教授が40年間に渡る調査によると、95%の人が「自分に甘く、仕事や作業で先延ばしをしてしまう」ことが明らかになったというデータがあります。

つまり、今すぐ行動すれば、95%という多くの人がやらないことをやっていることになります。

現状を少しでもポジティブにしたい場合、多少の不安があってもすぐに行動するのがポイントです。

 

最後に、転職賢者が本気でおすすめしている、絶対に登録すべき転職エージェントについてご紹介します。

前述の通り、エージェントはバランスよく3社以上を利用して、幅広く業種・業界を検討しましょう。

転職エージェントの利用が不安な方へ

決して、背伸びをして自分をよく見せようとする必要はありません。

パートナーとなる相手に、自分をよく見せようとすると、かえって転職活動の失敗を招きかねません。

最初に登録した情報でいきなり求人を紹介されることはありませんし、職務経歴書はキャリアアドバイザーに相談しながら、一緒に作成すればいいのです。

土・日でも利用可能ですよ!

まずは登録して、転職エージェントの指示を待ちましょう!

※登録の際、在職中の方は備考欄に
●時以降なら電話対応
と記載しておけば、仕事中に連絡が来て現職にバレることはありません

まずは、絶対に登録すべき総合型転職エージェントをご紹介します。

現職(前職)での雇用形態に関わらず、登録が可能です。

いずれも3分程度で登録が完了します。

正面の賢じぃ
賢じぃ
この総合型転職エージェントだけは、絶対に登録しておくんじゃ!

Point

業界最大手の『リクルートエージェント』も決して悪くはありませんが、
登録者が多いために対応を後回しにされる
優秀なアドバイザーに言いくるめられる
可能性があります。

一次面接で落ちることに悩んでいる場合は、時間をかけてじっくりサポートしてくれる転職エージェントが良いでしょう。

同エージェントでもアドバイザーごとに特徴や性格は異なりますが、大手エージェントはかけもらえる時間が少ない可能性があります。

以上を踏まえて、初めての転職活動であるならば、下記の転職エージェントがおすすめです。
■『DYM就職』※最もオススメ!
・20代で転職活動に自信がない方向き

【公式】https://www.dshu.jp/
■『パソナキャリア
・手厚いサポートを受けたい方向き
【公式https://www.pasonacareer.jp/
■『マイナビエージェント
・30代の方、中小企業を検討したい方向き
【公式https://mynavi-agent.jp/
■『ビズリーチ』※スカウトサービス
年収600万以上の方向き
【公式】https://www.bizreach.jp/
※複数登録してはいけない決まりはないので、気になるエージェントに登録して、相性の良さそうなエージェントだけ利用するのがおすすめです

営業向いてないと悩む必要がない仕事をしよう

営業向いてないと悩む必要がない仕事をしよう

本記事のポイントをもう一度おさらいします。

  • 営業に向いてないと思ったら無理する必要はない
  • 営業に向いてないと言われても気にする必要がない
  • 営業に向いてないと悩んだ時は、むしろ仕事を変えるチャンス
  • 営業に向いてないと悩む時間を無駄にせずに退職/転職の準備・行動を始めよう
  • ポイントを押さえて、転職エージェントを使いこなそう

心身ともに悪い影響の出る仕事に、継続性は期待できません。

心と身体を壊してまで仕事をするのは本末転倒です。

無理に我慢して仕事をするのは、

あなた自身を苦しめる自傷行為

です。

 

我々は、仕事をするために生きてているわけではありません。
※仕事のために生きている方は、それで良いと思いますが…

人生は、少しの行動で大きく変わります。

 

さあ、勇気を出して一歩踏み出してみましょう。

本来、仕事は楽しくするものです。

行きたくない仕事で涙を流すのは終わりにしませんか?

下記では、満足のいく転職活動を行うための「転職エージェントを使い倒すマル秘テクニック」について解説しています。

正面の賢じぃ
賢じぃ
下記のエージェントに登録してから読み進めるとイメージが湧きやすいぞ!
■『DYM就職』※最もオススメ!
・20代で転職活動に自信がない方向き

【公式】https://www.dshu.jp/
■『パソナキャリア
・手厚いサポートを受けたい方向き
【公式https://www.pasonacareer.jp/
■『マイナビエージェント
・30代の方、中小企業を検討したい方向き
【公式https://mynavi-agent.jp/
■『ビズリーチ』※スカウトサービス
年収600万以上の方向き
【公式】https://www.bizreach.jp/
※複数登録してはいけない決まりはないので、気になるエージェントに登録して、相性の良さそうなエージェントだけ利用するのがおすすめです
やりたい仕事がない人向け

TECH::EXPERT(テック・エキスパート)』
・ホリエモン絶賛!の実績No.1スクール
【公式】https://tech-camp.in/expert
※上記から30秒で無料カウンセリング申込可能!

()最近は格安の退職代行サービスを名乗る悪質な業者が急増しています。

利用する場合は、会社としての知名度・実績共に断トツの『EXIT』がおすすめです。

退職代行を使うならEXIT!

『EXIT
抜群の地名度と実績!LINEで気軽に相談!
【公式
https://www.taishokudaikou.com/

営業に向いてないと思っているのは意外にあなただけかも?

営業にも新規営業と既存(ルート)営業、法人営業と個人営業といった種類があるように、各職種の中にも色々な種類があります。

「今」の営業に向いていない方は、異なる商材・手法での営業職に転職してみるのも一つの手ですね。

自分に適した職種を見つけるためには実際に、

  • 転職に関して知見のある人に相談する
  • 求人を自分で調べてみる

上記を行動に移すのが一番手っ取り早いです。

転職賢者で紹介している転職サービスは基本的に登録・利用共に無料ですので、登録して色々な仕事を見てみてください。

この記事にたどり着き、ここまで読んでくださったあなたの「辞めたい」という気持ちは生半可なものではないでしょう。

正面の賢じぃ
賢じぃ
ワシが本気でおすすめできる
転職エージェントじゃ!

3社以上の併用で転職成功率がグッと高まるぞ!

3社以上の登録を行い併用することで、主に以下の3つのメリットがあります。

  1. 幅広い求人案件に出会いやすい
  2. 相性の合うスタッフに出会いやすい
  3. 多角的な自己分析ができる

それぞれのエージェントで平行して面接を受け、最終的に一つを選べば結構なので、できるだけ複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

営業向いてないと悩んでいるあなたへの関連・参考記事

「営業 向いてない人」の関連・参考記事

営業に向いてない人の特徴とは?新卒が知っておきたい職種の本質

営業に向いてない人の8つの特徴とは?簡単診断で営業向きかチェック

営業に向いてない人の特徴と今日から営業で成功できる4つのアドバイス

「営業に向いていない人はいない!」 えりたの絵日記著者に聞く、営業職のおもしろみとは?

「営業 向いてないと言われた」の関連・参考記事

「営業向いてない」と言われたら転職するべき理由

「営業に向いてないと言われた」営業に向いている人の特徴とできない人との違い!

「営業向いてないと言われた・・」←これで悩むなら辞めた方が良いです

営業職に就いていますが、お客様に「向いてない」と言われました。20代後半|Yahoo!知恵袋

「営業 向いてない 女」の関連・参考記事

営業に向いてない人の3つの特徴と女性が向いてないと言われる2つの理由

営業は怖くない!プロが教える「女性営業」の悩み6選と解決法

働く男子が推薦! 「営業職に向いていると思う女子」の条件6つ

女性営業職の方、どんな性格ですか?

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは

「転職時期はいつ頃をお考えですか?」

と聞かれるはずです。

この時に少しでも転職を考えている場合は

「良いところがあればすぐに転職したい」

と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント