【ダメ】仕事辞めたい人に送る「こんな理由は使うな!」

「仕事辞めたいから、正直に伝えよう」

 

ちょっと待ってください!

一見、正直に伝えた方が、相手にも勘ぐられずに済むと思うかもしれません。

しかし、実際はそうでもないことがあるようです。

 

この記事では、

  • 自身の辞めたい仕事を分析して、きっぱり退職する理由

について解説していきます。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
辞める理由を考える前にさっさと転職サービスを登録しておくんじゃ。

【おすすめ転職エージェント】

『マイナビエージェント』
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/

『リクルートエージェント』
必ず登録!業界No.1の求人数!
【公式https://www.r-agent.com/

『パソナキャリア』
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/

おすすめ転職サイト

①『リクナビNEXT』
転職者の8割以上が登録!業界No.1
【公式https://next.rikunabi.com/

②『doda
dodaエージェントと併用!満足度No.1
【公式https://doda.jp/

正面の賢じぃ
賢じぃ
辞める理由がわからなくとも、新しい道を切り拓けるかどうかはお主の「気持ち」次第じゃぞ。

おすすめ退職代行サービス

①『SARABA』
業界最安値なのに安心の充実保証!
【公式https://taisyokudaikou.com/

②『EXIT
断トツの地名度と安心の実績!
【公式https://www.taishokudaikou.com/

③『辞めるんです
安全・安心な顧問弁護士付き!
【公式https://yamerundesu.com/

仕事を辞めたい理由を分析しよう

誰だって、仕事が楽しくて充実していれば、辞めようとは思いません。

献身の割に少ない年収、遠方へ長々と勤める様、会議やプレゼンでのプレッシャー。人が口々に辞めたいと言い始めるきっかけは、どの要素も過酷で悲観に満ちています。

どのタイミングやきっかけとも違い、いつのまにか「辞めたい」という気持ちは根付くようになり、延々と自分の心を燻ります。

やがて行き着く先は、怪我や病気などの破滅的な未来か、まだまだ行先の見えない現実か、ほんの少しの希望か。

人は行動を起こす事で幸福になれる、または、幸福をもたらすきっかけを作ることができます。

ですが、そのベクトルは果たして正しい方向へ向いているのでしょうか。気持ちや体が「このままでは不幸になる」と、警鐘を鳴らしてはいないでしょうか。 

仕事を辞めたい時は本音と建前を使い分ける

仕事を辞めようと考えた時、いの一番に思うことは、本音を経営者や上司へ伝えることです。

当然ながら不満を打ち明けることで、少しは気持ちが和らぎます。また、経営者や上司があなたの抱えている不満に対して何か働きかけてくれるかも知れません。

しかし彼らがその不満を和らげてくれるのはほんの一時に過ぎず、その不満を解消するために大いに働きかけてくれるとも思えません。

これは奇妙な事象なのですが、不思議なことに「会社に不満を打ち明ける」ことが「存続の意思がある」とみなされてしまいます。

逆に「他に希望があるから」と伝えられる事に対して「離職止む無し」とみなされるのです。

「不満があって、仕事を辞めたい」と伝えるのは、仕事を辞められない呪縛に、自らその鎖を巻くような行為です。

本当に辞めたいのであれば「自分の希望が、自社では叶えられない」事を推察して語るべきなのです。

仕事を辞めたい理由に本音は使うな!

退職交渉に、本音と建前は裏腹です。常に、逆のことを言わなければならないと覚えておきましょう。

具体的には、下記のような事例があります。

献身の割に少ない年収

これを経営者や上司に伝えると、まず給与アップは確実でしょう。

月収ベースで5000円から3万円ほどは堅いはずです。

ですが、それが何だというのでしょうか。確かに当面の年収はクリアしたかのように見えますが、将来的な年収は、賃金ベースで殆ど変わりません。

逆に、給与アップしたことで、経営者や上司は「もっと頑張らせるための対価を払った」と勘違いしていることが殆どです。

業務に対するハードルが上がり、よりきつくなった無言のプレッシャーと日々戦うことを強いられてしまいます。

こういった場合は「年収は関係なく、自分のやりたい仕事がある」旨を伝えます。

それに対する経営者や上司の気持ちは「賃金では交渉不可」であると判断されます。

遠方へ長々と勤めに行くのが苦痛

こちらは、本音を話すことである一定の「突き放すための材料」になっていくことでしょう。

しかし、事業所が全国各地にあるような会社ですと、かえって、左遷のような形で「近所の地方」に飛ばされてしまうのもよくある話です。

また一般派遣業や請負企業の担い手である会社は、この手段は通用しません。

この場合ですと「近所に良いご縁があって、付き合いもあるので、そちらに移ることにした」と行ってしまえば良いのです

中小企業は特に「付き合い」というキーワードを大事にする傾向があります。「付き合いなら仕方ないか」と諦めてもらう一手となってくれるはずです。

会議やプレゼンでのプレッシャーが嫌だ

これについては、もう業務の範疇での土俵であり「上司がそこはサポートするから」とあっさりと潰されてしまうことでしょう。

実は「業務の範疇」で建前を使うことは、一番難しいのです。

そこは「自社がどうあがいても不可能なことをやりたい」と伝えることに尽きますが、それはあなた自身が普段からよく感じていることなのかもしれません。

あなたが仕事を楽しめる環境は星の数ほどある

こうも「辞めたい理由」を模索していると、裏腹に「自分が何をやりたいのか」を考えることが出来るようになります。

転職を思い立ってみたものの、退職が困難な状況だと感じた場合は退職代行サービスを利用するのも手です。一定のコストがかかってしまいますが、あなたの思いついた「幸せになるための道筋」を遂行するための金額だといえば、安いものではないでしょうか。

退職交渉とは別の場面において、転職サイトや転職エージェントなどで、どういった企業があるのかを探す機会が訪れると思います。

その際には、本当に「自分の年収が安定しそう」「近所にこんな企業があったのか」「こういう働き方もあるのか」などと、自分が転職したいという理由がコミットされてくる筈です。

様々な転職サイトや転職エージェントを渡り歩き、ごまんとある企業の中から、自分自身にとってパーフェクトだと感じる企業にきっとめぐり合うことが出来るはずです。

そんなパーフェクトな企業にあなたが認められるのか、それも未知数です。しかしこのまま現職に籍を置いておいて腐っていくよりは、良い兆候が得られる筈です。

 

◆おすすめ記事◆

»おすすめ退職代行サービスまとめ

まとめ

退職交渉において、本音という不満や心配事は語るべきではありません。

むしろ、先だっての希望があるから、転職するという道を選ぶんだと伝えることが肝要です。

先が見えないという希望も、あなたがより一層働きやすくするための布石も、試しに動いてみないとわかりません。

ですが転職サイトや転職エージェントと使用するということは、その行動はあくまでも隠匿にことが運ばれます。

あなたのタイミングでしかその事情は露呈しません。

心も体も、転職に向けた準備が整った際に、自然と「辞めたい理由」が明確化されていきます。

転職はあなたが幸せになるための一手なんだと考えた時、陳腐な言い方ですが、その大いなる一歩を踏み込んでいる筈です。

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。この場合は、人間的な問題になているので須賀、最も問題なのはこれではありません。もし、今日はこれが

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合もあります。

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に少しでも転生を考えている場合は「良いところがあればすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。


仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、業界最大手で転職実績トップクラスの『マイナビエージェント』と『doda』、そしてサポート体制に定評のある『パソナキャリア』です。

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

初めての転職で、一番最初に登録すべき転職エージェントです。

無料で気軽に相談してみる

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

案件数では、上記2つのエージェントに劣りますが、サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめです。

試しに話を聞いてみる(無料)

doda

doda

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

国内ではNo.2の規模であり、求人の案件数やサポート体制が充実しています。

比較的、キャリアアドバイザーの質が安定しており、多角的にサポートしてくれるエージェントです。

こちらも、どの業界・職種を志望する方であっても、登録しておいて損はないエージェントです。

無料相談を始める

関連記事:おすすめ転職エージェントまとめ

広告