教師・教員・先生を辞めたいと思ったら…転職に成功したら?

「教師もう辞めたい、、、」

「先生になるのが夢だったんだけど、現実は厳しかった」

「でも、周りの教員は我慢してるしな、、、」

 

教師は、民間企業に勤めることと違った悩みを抱える方も多いかと思います。

給料の出ない部活動や、モンスターペアレント。

それに加えて残業の嵐、、、

でも、大丈夫です。

この記事では、あなたと同じ境遇にいた元教師の声を交えつつ、あなたが次のステップに挑戦するための方法を解説しています。

 

この記事では、

  • 教師が仕事を辞めたいと思う理由
  • 教師におすすめの転職先
  • 教師が民間企業に転職するために必要なステップ

について、解説していきます。

横向きの賢じぃ
賢じぃ

教師・教員・先生というのは、公務員であるから人気の職じゃの。
でも、人気の職に就いたからといって、新しいステップを恐れることはないのじゃよ。

【おすすめ転職サービス】

教師など、公務員から民間企業への転職は
転職エージェントの活用が不可欠です。
転職成功率を格段に高めるため、
転職エージェントは3社以上の利用を
強くおすすめします。

民間企業からの初めての転職活動の場合、
幅広い視野を持って転職活動を
行うのも重要なポイント
です。

そのため、案件数の多い下記の
総合型エージェントを活用しましょう。

『マイナビエージェント』
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/

『パソナキャリア』
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/

doda
dodaエージェントと併用!満足度No.1
【公式https://doda.jp/

※いずれも無料で利用できます

正面の賢じぃ
賢じぃ
どうじゃ、ミイダスというサービスで新卒の頃を思い出して
もう一度お主の性格や特徴について把握してみるのは。

おすすめ診断サービス

『ミイダス』という無料サービスなら、
選択式の質問に答えるだけで、
性格や特徴を細かく判定してくれます。
また、これまでの経歴から、
おおよその市場価値(年収)も
算出することができます。
指定した条件に合わせて
企業からスカウトも届くので、
登録して損はないでしょう。

『ミイダス』
5分であなたの年収がわかる!?
【公式https://miidas.jp/

教師を辞めたいと思う理由はそれぞれですが、主に以下の理由が多いようです。
  1. 業務量が多くてとにかく多忙
  2. 理不尽な保護者の対応が辛い
  3. 授業が思うように進行できない
  4. 教員同士の人間関係がよくない

理由1|業務量が多くてとにかく多忙

教師は、業務量が多くとにかく多忙で、これが原因で多くの人が辞めていきます。

また中学・高校の教師であれば、部活動の顧問により拘束時間がとても長くなってしまう人が多くいます。

そして、生徒が下校しても、授業の準備・事務作業・イベントに向けての作業が残っています。

理由2|理不尽な保護者の対応が辛い

2つ目の辞める理由は、保護者の対応です。

保護者の数だけ様々な方針があり、それらに全て対応していれば、それだけで一苦労です。

またモンスターペアレントという理不尽な保護者は、生徒や保護者に問題があっても、教員が悪いと主張してくることもあります。

理由3|授業が思うように進行できない

授業が思うように進められないのも、辞める理由の1つです。

生徒のテンションや雰囲気が良くないと、イメージ通りの反応が悪く、とても苦労します。

理由4|教員同士の人間関係がよくない

保護者とだけでなく、教員同士の関係がよくない場合も辞める原因です。

指導の方針が違う人だと、衝突したり居心地が悪くなることもあります。

 

他にはこんな理由もあるようです。
  • 休日がほとんどない
  • 生徒との関係がうまくいかない
  • 生徒から裏切られ精神的に辛い
教師って、
「いいよねー公務員って」
「安定してるし、どうせ給料もたくさんもらってるんでしょ?」
と周りから言われがちな仕事でもありますが、その分、いやそれ以上に自分の時間を仕事に費やしている方が多い職業なんです。

続いては、実際に教師をやめた人の事例を見ていきましょう。

教師辞めたいと思った人はどんな仕事をしてる?

教師辞めたいと思った人はどんな仕事をしてる?

教師の方であっても、民間の企業に就職してすぐに活躍する方も多いそうです。
では、一体どういう職業に就く方が成功しやすいのでしょうか?

どうやら、教師ならではのスキルを生かした職業に就いている方も多いようです。

 

ここからは、教師におすすめの転職先を紹介していきます。

教師の資格を活かせるおすすめの転職先

まずは、教師の資格を活かせるおすすめの転職先を紹介していきます。

学習塾・予備校の講師

学校で授業をするのと、大差ないのですぐに環境に適応できる方が多いみたいです。
特に、高学歴の人は強いアピールポイントになるのでおすすめです。

家庭教師

こちらも、上記の塾講師と同じく、教師の方には馴染みやすい仕事です。

塾・予備校講師と同じく高学歴であると強いアピールポイントになります。

出版社

教師だった方は、仕事の特性上、書き方や読み方を生徒に指導することも多いので、他の職種よりも早く仕事に順応できるようですね。

また、理系学部出身の人は、教材編集を志望する人は少ないので、競争率が低くおすすめです。

学童保育のスタッフ

仕事の内容は変わるかも知れませんが、「子供と向き合う」という意味では同じ仕事とも言えます。

この仕事は、比較的勤務時間が短く、サービス残業や持ち帰り仕事もないので余裕をもって働けます。

教師を辞めたいと思った人が民間企業で輝くために必要な準備

教師を辞めたいと思った人が民間企業で輝くために必要な準備

教師というのは「公務員」の分類にあたるため、一般企業のサラリーマンとは異なります。

教師から、次の仕事にキャリアチェンジをしたい場合、どうすればいいのでしょうか?

簡単です。

通常の転職と同じステップを踏めばいいのです。

ここでのポイントは、転職活動をするサラリーマンのかたはもちろんですが、民間での職経験がない教師の方は特に、

転職エージェントを利用する

ことが重要です。

転職エージェントは転職の際に、書類の添削から、面談の練習、さらには性格や意向に合った企業探しまで、あなたの要望に応じてサポートをしてくれる転職の「プロ」です。

「でも、お金がかかるし、、、」

と思った方、安心してください。

基本的に、求職者はどの転職エージェントも無料で利用することができます。

もちろん、皆さんがよくご存知の「doda」や「リクナビNEXT」などの転職サイトも併せて利用することで、転職の成功率は高くなります。

そのため、転職エージェントに相談することを必須として、興味のある企業や業界を調べるために転職サイトを利用すれば、飛躍的に転職成功率が高くなるんです。

転職エージェントといっても、種類は非常にたくさんありますし、スタッフとの相性も人それぞれ。

特色もバラバラなので、転職エージェントは3社以上利用することが転職成功率を限りなく高めるためのポイントとなります。

下記の記事では、それぞれの転職サービスについて、詳細を記載していますので、ぜひ、あなたに合った転職エージェントを見つけてください。

◆おすすめ記事◆

»おすすめ転職エージェントまとめ

»おすすめ転職サイトまとめ

»教員を辞めたい!退職のメリット・デメリットとおすすめの転職先

教師を辞めたいと思ったら、まずは外の世界を見てみるべき

民間企業の就業経験がない教師でも、転職に成功した方たちはたくさんいます。

むしろ、教師経験を生かして、民間企業でも重宝されることが多いようです。

公務員が悪いというわけではありませんが、国や地方の自治体はルールの改正や働き方改革などに足が重い傾向にあります。

あなたが抱えている不満はすぐに解消されない確率が高いでしょう。

 

もし、教師を辞めたいと考えたのであれば、転職サイトに登録するだけでなく、転職エージェントや転職経験のある知人に相談をすることが悩みを解決するための一番の近道です。

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に少しでも転生を考えている場合は「良いところがあればすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント