「仕事辞めたい、、、」これが甘えじゃない理由

仕事辞めたいけど、これって甘えかな、、、?

 

いいえ、そんなことない可能性が高いです。

あなたの良心が

辞めてしまうと社長や上司に迷惑がかかる

と思っているかもしれませんが、実際にはそうでない可能性があります。

むしろ、

あなたが辞めても会社は回ります

 

今回は、仕事を辞めたいという気持ちが「甘え」なのかどうかに関して、

  • 「甘え」だと思っているのは誰なのか?
  • その気持ちは本当に「甘え」なのか?

について詳しく説明していきます。

 

横向きの賢じぃ
賢じぃ

「甘え」かどうかを決めるのはお主次第じゃからのう。

無理してまで今の会社にしがみつく必要はないじゃろ。

【おすすめ転職サービス】

転職活動を成功させる最大のポイントは、
転職エージェントの有効活用です。
必ず3社以上のエージェントに登録し、
相性の良いスタッフの方に出会うことで、
転職の成功率が格段に高くなります。

下記は、初めて転職活動を行う方に
自信を持っておすすめできる
転職エージェントです。

まずは下記のサービスを
登録しておけば間違いないでしょう。

『マイナビエージェント』
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/

『パソナキャリア』
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/

doda
dodaエージェントと併用!満足度No.1
【公式https://doda.jp/

正面の賢じぃ
賢じぃ

辞めたいと思ったらどうするか?辞めるのじゃ!
「甘え」だなんて言われたら、腹立たしくて仕方がないじゃろ。

おすすめ退職代行サービス

転職活動にあたり、なんらかの理由で
「会社をやめづらい」場合は、

退職代行サービスを利用すれば、
会社の人間と顔を合わせずに、
最短即日で退職可能です。

有給消化の交渉から煩雑な手続きまで、
全て代理で行ってくれます。

『SARABA』
業界最安値なのに安心の充実保証!
【公式https://taisyokudaikou.com/

『EXIT
断トツの地名度と安心の実績!
【公式
https://www.taishokudaikou.com/

『辞めるんです
安全・安心な顧問弁護士付き!
【公式https://yamerundesu.com/

正面の賢じぃ
賢じぃ
自分が考えているよりも、
お主の市場は高いかもしれんぞ。

おすすめ診断サービス

簡単な質問に回答するだけで、
性格や市場価値(年収)が
判定できるサービスです。

2019年7月より、
より詳しく性格診断が
できるようになりました。

自己分析の手段として、
転職を考えていない方にも
おすすめです。

『ミイダス』
5分で年収や性格が丸裸に?
※完全無料
【公式https://miidas.jp/

上記の転職サービスを登録してから読み始めた方が、より退職/転職へのイメージが湧くと思います。

【2019年9月:最新情報】

9月は、
転職活動を開始するには最高のタイミングです。

なぜなら、ボーナスを取得した上でお盆にキャリアについて考える時間ができるので、9月に転職市場が活発になり、求人数が増加するためです。

9月から準備を始めるだけで、他の求職者よりも選考をかなり有利に進めることができます。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職活動を開始しましょう。

  1. この記事を読み、最低3社の転職エージェント(『マイナビエージェント』『doda』『パソナキャリア』等)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談or電話で簡単な相談を行う
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後は、いくつかのテクニックを実践するだけで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、満足できる転職活動が実現できます。

テクニックは記事の最後に記載していますので、ぜひ最後まで読み進めて効率の良い転職活動を実現してください。

前述の通り、満足のいく転職を実現するためには3社以上の転職エージェントの利用が鉄則ですが、どうしても面倒だという方は『マイナビエージェント』だけでも登録をすべきです。

必ず、あなたの力になってくれるでしょう。

「仕事辞めたいは甘え」と考えるのは経営者

その企業の経営者や役職持ちや古参社員などは、3年を待たずして辞めてしまうような新人や後輩に対して「認識が甘い」と評価しがちです。

ですが、それが何度も続く状況を見たり、人がどんどん辞めていったような過去を知ってしまったりした場合、警戒すべきは新人や後輩などではなく、彼らなのかも知れません。

労働者本心で最新のニーズや認識を構えているのは、新人や後輩です。

自社の方針そのものが古臭いのか、はたまたどん底へ向かうような舵取りをしてしまっている可能性が高いのです。

いまやどの企業も、根性論でやっていけるような時代ではなくなりました。

「人が辞めて行くような状況」の中、経営者が「甘い」と根性論を発揮するような状態です。

 

厚生労働省の『雇用労働調査結果』によると、実際に1年間で仕事を辞める人の割合は、以下の割合です。

【男性】

20~24歳 27.6%
25~29歳 16.1%
30~34歳 12.2%
35~39歳 8.4%
40~44歳 6.9%
45~49歳 6.0%
50~54歳 6.5%
55~59歳 6.3%

【女性】

20~24歳 28.6%
25~29歳 22.3%
30~34歳 17.9%
35~39歳 14.0%
40~44歳 12.2%
45~49歳 12.1%
50~54歳 10.2%
55~59歳 10.1%

特に20代の方は、およそ3人に1人は1年でのキャリアチェンジをしている事実からも、無理に会社の意向にしたがって会社に止まる必要はないでしょう。

仕事を辞めたいと思わせてしまった経営者が「甘い」

経営者たちは労働者たちを上手いことコントロールできていません。

また辞めてしまった労働者たちを分析できずに「甘い」と根性論を発揮し、思考停止している状況です。

その状況では、今誰かが「仕事を辞めたい」と思っていることについても、気付いていません。

そんな危機管理能力の無さが経営方針として「甘い」と言わざるを得ません。

経営者は賃金を払う立場で、労働者たちの考えや行動を抽出して経営に生かす、というのが経営の根本です。

ですがこの場合の経営者は、そんな状況に甘え、自らが舵を取るという行動を非常に曖昧なまま、推し進めているようです。

このような状況である会社は、いずれ沈没もとい、倒産の危機を迎えます。

ましてや、やめていく労働者たちに対して「甘い」とさじを投げ、思考停止してしまっているような人たちです。

倒産の危機に直面したとき、彼らに「会社を立て直す」ことに向いた力が発揮できるのでしょうか。

さらに言えば「労働者たちのことを第一に考える」ことについては、絶望的にありえないのではないでしょうか。

本当に辞めたいと思ったら、すぐに退職代行サービスに相談しよう

あなたの気持ちを知らずに、仕事を辞めることが甘えだと言ってくる人間がいる会社は、退職代行サービスを利用してお別れしましょう。

退職代行サービスとは、退職に関する一切の手続きを専門のスタッフがあなたに代わり行ってくれるサービスを指します。

世の中の社会人の転職が当たり前になり、転職回数が増えたからこそ、需要が非常に高まっているサービスです。

EXIT

例えば、上記の『EXIT』というサービスはテレビやメディアにも取り上げられている非常に知名度が高いサービスです。

LINEで「仕事を辞めたい」「もう二度と上司と顔を合わせたくない」など、要望を全て伝えれば、会社への連絡は EXIT が代行してくれます。

相談は全て無料ですし、実際に依頼する場合は、退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOKです。

基本的に退職に関わる一切の行為を代行してくれます。

 

さらに、EXITは転職エージェント『ワークポート』と提携をしているため、EXIT経由でワークポートに登録し、転職が成功すると、退職代行費用が無料になります。
※条件あり 詳しくはEXIT 公式ページ

その他にも、転職のことまでを考えた退職代行サービスが非常に多いので、ぜひ一度相談してみることをおすすめします。

知名度No.1!業界の火付け役!
▼EXIT【公式】▼
https://www.taishokudaikou.com/
早い!安い!安心!
▼SARABA【公式】▼
https://taisyokudaikou.com/
IT・web業界への転職なら!
▼ワークポート【公式】▼
https://www.workport.co.jp/

ブラック企業ほど「仕事辞めたいのは甘え」と脅迫してくる

ブラック企業と囁かれる企業に、労働者たちのことを思う気持ちはありません。

それ故に、離任していった労働者たちを「甘い」と糾弾し、残った人たちに対しても「お前たちも、そんな気持ちじゃダメだからな」と、無言のプレッシャーを与えてくるものです。

その労働者たちが離れていく理由は、相次ぐ残業や手取りの低さ、労働条件に関与します。ですが、一向にそれを改善しようとしません。

たかだか数人の労働者たちの離反だと、怒りしか覚えず、その原因を認めようとも、無視してしまいます。

離反していった労働者たちは、すでにその企業に見切りをつけ、リスクを承知で退職するという選択肢を選んで行きました

退職に伴うリスクとは、年収が下がったり、キャリアに「退職した」という事実が付加されてしまう事です。

それでもなお、労働者たちが退職という選択肢を選んでしまうと言うことは、自分たちが如何に酷い状況であったのかを物語っています。

経営者たちは、労働者たちから退職される事で、ぐうの音も出ない程の事実を突きつけられています。

ですが、彼らが物思うのは、所詮その程度の認識なのです。

仕事を辞めたいのは甘えじゃない!仕事を楽しめる環境はたくさんある

離反していった同僚や後輩たちに続くのが、賢明な判断なのかもしれません。

下記の調査からも、ポジティブな転職は世の中としてもプラスに捉えられる場合が多くなってきたことが伺えます。

パーソルキャリアが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、2018年9月19日に、20代~60代の会社員1,200人を対象に「転職に対するイメージ」「理想の働き方」についての調査結果を発表した。

同調査によると、20代~60代の全世代において、半数以上が転職をポジティブなものだと捉えていることが分かった。また、ミレニアル世代は「プライベート」を重視し、シニア世代は「仕事へのやりがい」を重視する傾向があり、世代間ギャップがあることも明らかになった。

・全世代(20代~60代)における会社員の56.4%が、転職をポジティブなものだと捉えていた。
さらに各世代において、すべてポジティブがネガティブを上回る結果に。

出典:@人事「全世代の56%が『転職はポジティブなもの』だと認識 転職が当たり前の時代に

彼らはきっと、会社ではなく、社会に根付く道を歩もうと努力して、道を切り開いていったのでしょう。 

離反していった彼らが、自社を懐かしんで連絡してくるなんて、そう滅多にない事です。

「昔が良かった、会社に戻りたい」なんていう人は皆無ではないでしょうか。

それはきっと、良い転職先を見つけ、幸せで充実した毎日を過ごしているからなのでしょう。

自社にかじりつく必要もない程に、社会という世界は幅広いものです。

転職に向けて準備を行った時に、色々気づいてしまうことが出てくることでしょう。

また「本当に、自社に入って良かったのか」を再認識する手段としても、転職活動が行われる事もあります。

「ここに不満や心配はあるけど、面倒だし大変だから」という理由で怖気付いてはいないでしょうか。

ベストな選択とは、常に可能性を考え、複数の選択肢を認識して初めて選択できるものです。

それを忘れない事こそが、賢い生き方なのかもしれません。

まとめ

以上の事から、経営者たちが労働者たちに対して「甘い」と評価を下すのは、彼らの乗っている船が限界に近づき、何も対処ができていない状況が考えられます。

今はまだ、経営者たちは「甘い」と言える余裕があるのでしょう。

ですが労働者たちがひとり、またひとりといなくなる事で、その船底には、確実に穴が開き始めています。

しかも、その穴は元々の担当者でしか元どおりにならない無い事がほとんどです。

会社という船と一緒に転覆し、それを看取ってから職探しするというのも良いのでしょう。

ですが果たして、その美徳に応じられるような見返りを、経営者たちが示す事ができるのでしょうか。

経営者たちは給与に応じた見返りを求めますが、それは現在の仕事振りへの対価です。

経営者たちがそれ以上の献身を求めるのに対し、見返りに「未来と安定」の保証をしてくれないのであれば、それに応じる必要はありません。

もっと責任感のある企業や経営者は、労働者の数と同様に、星の数ほど居ます。

先ずは転職活動を視野に入れて、転職サービスへの登録を行い、自分がワクワクできる環境を探してみましょう。

求職者は、基本的に転職サービスの利用が無料ですよ。

◆おすすめ記事◆

»おすすめ転職エージェントまとめ

»おすすめ転職サイトまとめ

»仕事を辞めたい時の理由と対処法!うつの初期症状もチェック

下記では、転職エージェントを最大限有効活用するためのマル秘テクニックを解説しています。

仕事を辞めたいと思うのは、決して甘えなんかではありませんよ。

関連・参考

「仕事 すぐ 辞める 甘え」の関連・参考記事

»【仕事】会社を辞めるのは甘えか?実際にパワハラを受けた私が徹底解説する

»新卒、2ヶ月で仕事を辞めるのは甘えですか?

「仕事 甘え 逃げ」の関連・参考記事

»仕事から逃げたいと思うのは甘えなのか|ストレスと上手に付き合う方法

»仕事を辞めたいが「甘え」か「甘えじゃない」かを判断するポイント

「仕事辞めたい病」の関連・参考記事

»仕事辞めたい病の解決策

»仕事辞めたい病を克服するための10個の手段

「仕事 辞めたい 向いてない」の関連・参考記事

»「仕事が向いてない」と悩んだときに考えたい5つのポイント

»仕事に向いてないと悩んだら。向き不向きを判断する方法を解説

「仕事辞めたい時」の関連・参考記事

»「仕事辞めたい」7つの理由とリアル対処法

»仕事を辞めたい!と思ったらやるべき9つの行動やその後の生活・転職活動を解説!

「仕事 辞めたい うつ」の関連・参考記事

»うつ病になるその前に|仕事を辞めたいと思った時に辞めれる準備方法

»仕事辞めたいはうつの始まり?対処法と辞める際の準備すること

「仕事 辞めたい 人間関係」の関連・参考記事

»仕事を辞めたいほど人間関係に悩む必要はない|心を軽くする方法

»職場の人間関係が合わない!仕事を辞めたい時にすべき最良の行動とは?

「仕事辞める 逃げ」の関連・参考記事

»【完全決着】「仕事辞める=逃げ」は洗脳!いつまで奴隷続けるの?

»もう限界?!仕事辞めたい指数

「仕事辞めたい 甘えなのか」の関連・参考記事

»仕事がつらくて辞めたいのは甘えや逃げなのか?辞めた方がいい人とそうでない人の違いとは?

»「仕事辞めたい病」を抱えるのは甘え。元社畜がその真意と解決方法を語ります。

「営業辞めたい 甘え」の関連・参考記事

»営業職がつらい。甘えでしょうか。

»仕事のやる気がでない営業マンは、甘えではありません!【原因と改善策】

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。この場合は、人間的な問題になているので須賀、最も問題なのはこれではありません。もし、今日はこれが

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合もあります。

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に少しでも転生を考えている場合は「良いところがあればすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。


仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、業界最大手で転職実績トップクラスの『マイナビエージェント』と『doda』、そしてサポート体制に定評のある『パソナキャリア』です。

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

初めての転職で、一番最初に登録すべき転職エージェントです。

無料で気軽に相談してみる

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

案件数では、上記2つのエージェントに劣りますが、サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめです。

試しに話を聞いてみる(無料)

doda

doda

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

国内ではNo.2の規模であり、求人の案件数やサポート体制が充実しています。

比較的、キャリアアドバイザーの質が安定しており、多角的にサポートしてくれるエージェントです。

こちらも、どの業界・職種を志望する方であっても、登録しておいて損はないエージェントです。

無料相談を始める

関連記事:おすすめ転職エージェントまとめ

広告