【ケース別】仕事を休みたい!と思った場合の対処法を伝授!

「あー仕事休みてー」

「なんだか、今日は仕事を休みたい気分だ」

 

こんなこと、誰にだってあるはずです。

むしろ、ない人の方がよほど稀ではないでしょうか?

あなたはむしろ健全かもしれません。

しかし、この状況を続けていると、取り返しのつかなくなるかもしれないことを肝に命じてください。

 

この記事では、

  • 仕事を休みたいと感じた際の一時的な対処法
  • 今、あなたが置かれている状況について
  • いつでも好きな時に休める環境にする方法

について、主に解説していきます。

横向きの賢じぃ
賢じぃ

そういう時に、無理やり仕事に行っても大したパフォーマンスは出ん。
むしろ、集中力がなくてミスをしてしまって仕事を増やすことになるかもしれん。

転職サイトでも眺めて、休みたいと思わない仕事を探す方が得策じゃろ。

【おすすめ転職エージェント】

『マイナビエージェント』
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/

『リクルートエージェント』
必ず登録!業界No.1の求人数!
【公式https://www.r-agent.com/

『パソナキャリア』
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/

おすすめ転職サイト

①『リクナビNEXT』
転職者の8割以上が登録!業界No.1
【公式https://next.rikunabi.com/

②『doda
dodaエージェントと併用!満足度No.1
【公式https://doda.jp/

正面の賢じぃ
賢じぃ
休みたいのはなぜじゃ?
さっさと辞めていいのじゃよ。お主は何に縛られておる、キッパリと関係を断ち切るんじゃ。

おすすめ退職代行サービス

①『SARABA』
業界最安値なのに安心の充実保証!
【公式https://taisyokudaikou.com/

②『EXIT
断トツの地名度と安心の実績!
【公式https://www.taishokudaikou.com/

③『辞めるんです
安全・安心な顧問弁護士付き!
【公式https://yamerundesu.com/

正面の賢じぃ
賢じぃ
仕事を休むなら、ちょっと診断テストでも受けてみんか?
もちろん無料じゃよ。

おすすめ診断サービス

①『ミイダス』
5分であなたの価値がわかる!?
【公式https://miidas.jp/

【状況別】仕事を休みたい場合の対処法①

前日までに報告する場合

前日までに仕事を休みたい場合、その会社の就業規則にもよりますが、前日であれば一般的に有給休暇が取得できます。

出社中に上司に申請しましょう。

有給休暇であれば、特に理由は必要ありません。「私用のため」として申請すれば通常受理をされます。

もし、それで受理されない場合は、受理されないこと自体、普通でない状況なので転職を検討した方が良いかもしれません。

 

◆おすすめサービス◆

»20代若手の初めての転職ならもちろん『ウズキャリ』

当日に報告する場合

体調不良等で、当日に仕事を休みたい場合は、上司に連絡をして休みたい旨を報告するのがベターです。

そのため連絡をするタイミングは上司が出社後となります。

上司に連絡するのは、少し気後れしますがマネジメント権を持っているのは直属の上司となるので、間違っても同僚や後輩に連絡をするというのは避けましょう。

上司に人づてに休みの連絡が入ると「なぜ直接連絡してこないんだ?」と怒りを買うかもしれませんので、このようなことは会社の風土にもよりますが、ベターにこなしたほうが懸命です。

 

また、始業後に休みの連絡を入れることは良くありません。

マナー的に問題がありますし、連絡が行き渡らずチームや総務にも迷惑をかけてしまいます。

加えて、いつも来ている時間に何も連絡が無いまま来ていないという状況は

「もしかると何か事故や事件に巻き込まれたのでは?」

と周りによからぬ心配をかけてしまうかもしれません。

 

遅くとも始業10分前には連絡を入れておくと良いでしょう。

【連絡手段別】仕事を休みたい場合の対処法②

仕事を休みたい場合、当日の欠勤連絡は電話でするのがベターです。

ITやベンチャー気質の高い会社では、メールやLINE、チャットというのも見受けられますが、基本は直属の上司に電話連絡を行います。

管理職であれば部下の状況把握や管理を行う必要があります。

上司にとっては電話連絡であれば、様子を伺うことができますし、チームで仕事をしていた場合、誰にタスクを委ねたら良いかのやりとりもスムーズです。

電話で上司と話をする際は、もちろん低姿勢で休む旨を伝えます。

会社を休む権利は労働者に与えられた権利ですが、やはり会社には少なからず迷惑がかかります。

引き継ぎの仕方など、上司に聞かれたことは丁寧に答えましょう。

また、メールでのやりとりの場合は、返信をする必要があるためその分余計な時間を割かせることになります。

例外としては、上司がその場に居合わせなかった場合。

2度ほど電話を入れてつながらなかった場合は、上司に次ぐ立場の人に取次をしてもらい、休む旨を伝え、加えて上司にはメールを入れておくといった方法をとるのが良いでしょう。

面倒ですが、念には念を入れたほうが誠意は伝わるでしょう。

有給休暇を事前に取得する際は、実は口頭でも構いませんが管理上の観点から書面申請がルールとなっている会社が一般的でしょう。

理由を聞かれるかもしれませんが「私用」で大丈夫です。

チームで動いている場合は、仕事の引き継ぎに関しては充分ケアする必要がありますが、そこさえしっかりしていればとやかく言われることはないでしょう。

【体調別】仕事を休みたい場合の対処法③

体調が悪いわけではないが、朝起きてどうしても会社に行きたくない、仕事を休みたいといった場合は、時には心身が出すサインに素直になることも大切です。

その場合、もちろん「会社に行きたくないので休みます」とは言えません。適切な理由が必要です。

風邪による発熱

納得させるものとしては発熱が良いでしょう。

風邪であれば軽度であれば、「会社に行けなくもないのでは?」と思われてしまいますが、発熱であれば、安静にする必要があるということは説明しなくても伝わります。

また、周りに風邪をうつす危険性があるので休む理由に充分相当します。

本当に体調が悪く会社に行けないといった場合は、症状を伝えて、病院に行く予定があるのなら、病院に向かう予定ということも伝えましょう。

風邪であれば、風邪というふうに伝えるのではなく「風邪をひいて発熱もある」と伝えたほうがスムーズかと思います。

また、電話で上司と話す場合は変な演技は必要ありません。あえて咳をしたり、調子が悪そうにしゃべるなど、逆に疑われます。

嘘をついて休む場合は話しすぎるのも良くありません。ポイントだけ伝えれば伝わるので変に脚色する必要はありません。

こんな理由は使っちゃダメ!

また、以下の理由で仕事を休みたいと考えている場合は、あまりおすすめできません。

  • うつ
  • 怪我
  • 病気

特に、本当にうつの疑いがあるのであれば、早めに診察を受け、さっさと今の会社を去るべきです。

 

◆おすすめ記事◆

»うつ病になるその前に|仕事を辞めたいと思った時に辞めれる準備方法

下記のサービスなら、もう二度と職場の人に会わずに退職できます。

 

◆おすすめサービス◆

»即日退職OK!24時間対応可能の『SARABA』

»LINEで相談!知名度と実績なら『EXIT』

仕事を休みたい時に休めない会社はヤバイ!?

仕事を休みたいのに休めない、休みを取れる雰囲気ではないといった会社は何かしらの問題を抱えています。

考えられるところで大きいのは、恒常的な人手不足でしょうか。

休みが取れないということは労働時間も長く、残業時間も相当かもしれません。

また、休みが取れない雰囲気というのを深掘りしていくと、休まないということが正義であるという他に、出世や査定に響くのでは?という異様な雰囲気を漂わしているのかもしれません。

繁忙期では会社側は、時季変更権といって有給休暇の取得のタイミングを変更することができますが、変更のタイミングについても取り合ってくれないといった場合は違法性が高く問題です。

ようやく日本でもワークライフバランスの考えが浸透してきており働き方改革も徐々にではありますが進んできています。

企業側もこういった流れに逆らうことはできず、長時間労働やパワハラなど社内の問題には目を光らせています。

その中で、休めない、給料が低い、残業が多いなどといった問題を抱える会社は自身で見極める必要があります。

人生何を優先にするかは人それぞれですが、仕事もプライベートも充実した人生を送りたいということであれば恐らく休めない会社はベストではないでしょう。

そんな時は、働きながらでも転職エージェントに登録すれば転職までエージェントが導いてくれます。

さらに、もし退職を申し出るような雰囲気ではないといった場合には、自分に代わって退職の手続きを行ってくれる退職代行サービスもあります。

社会のニーズから選択肢はますます増えています。

後悔しない人生を送りましょう。

 

◆おすすめ記事◆

»おすすめ転職エージェントまとめ

»おすすめ転職サイトまとめ

»おすすめ退職代行サービスまとめ

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に少しでも転生を考えている場合は「良いところがあればすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント