仕事が辛い時の対処法と、原因を特定して完全に断ち切る方法

「最近、仕事が辛い…」

「人間関係が辛くて逃げたくなる…」

 

昨日まで楽しかった仕事も、人間関係の悪化などで急に辛いと感じるようになることがあります。

仕事が辛い時、ストレスの対処法や根本的にストレスを断絶する方法を把握しておかないと、

取り返しのつかないことになります。

 

この記事では、仕事が辛い時にきちんと辛さの根源を明確にして、正しく対処するための方法を解説していきます。

仕事が辛いとストレスを感じている人は多い?

仕事が辛いと感じている人は多い?|ストレスの原因

大手転職サイトのエン・ジャパンが実施したアンケートでは社会人の約7割が仕事上で強いストレスを感じているとの結果が出ています。

仕事のストレス出典:「エン・ジャパン

「辛くて辞めたい」「仕事が辛い、死にたい」などと、追い詰められる人も少なくありません。

仕事に対して嫌悪感を抱いていると「ダメな人間だ…」と自分を責めてしまいがちですが、あなただけが「仕事が辛い」と感じているわけではないので、それほど思い詰める必要はありません。

仕事が辛いと感じる原因

仕事が辛いと感じる原因

仕事が辛いと感じる原因を考えていきましょう。

考えられる原因としては、以下が挙げられます。

  1. 結果やスピードを求められすぎている
  2. 人間関係についていけない
  3. 社風が合わない
  4. サービス残業が当たり前の長時間労働
  5. 給与が低い
  6. ブラック

原因がわかれば、少しでも仕事が辛い気持ちから脱却できる可能性があります。

自分に当てはまる原因がないか、確認してみてください。

1.結果やスピードを求められすぎている

結果やスピードを求められ過ぎている状況は、仕事が辛いと感じやすいです。

仕事で成果をあげることは大切ですが、常に最高の結果を残すことなんて不可能。

過去の成果が評価され「今回もこの調子でよろしく!」「期待しているよ」なんて言われると、強いプレッシャーを感じてしまいますよね。

また、「ビジネスは時間との勝負」とスピードばかり要求されて、強い焦りを感じるケースも少なくありません。

結果やスピードを求められ過ぎると、人は体力と精神を消耗してしまうのです。

2.人間関係についていけない

職場の人間関係に問題があると、仕事が辛いと感じるようになります。

週に5日、1日平均8時間一緒に仕事をする仲間に、相性が合わない人がいるとストレスを感じてしまいますよね。

もちろん仕事なので、楽しい人間関係を作るのが目的ではないことは確かです。

ですが、人間関係が上手くいかないと仕事を円滑に進めることが難しくなってしまいます。

その結果、業務にも支障をきたし「仕事が辛い」と感じてしまう方が多いです。

3.社風が合わない

社風が自分の価値観と合わないことで、仕事が辛いと感じる人もいます。

社風は、いわば「会社の性格」です。

人間と同じように、「社員」と「会社」の性格が合わないケースは決して少なくありません。

「あいさつは大声で」「休みの日はみんなでバーベキュー」などの社風に、違和感を抱いている方も多いのではないでしょうか?

 

社風が合わなければ、会社に合わせることができず、どんどん辛くなってしまいます。

相性が合わない他人とずっと一緒に居続けるのは難しいように、社風が合わない会社に勤め続けるのは非常に困難です。

もし「社風が自分の価値観とまったく合わない!」と感じているのなら、早いうちに転職を検討したほうが良いでしょう。

4.サービス残業が当たり前の長時間労働

「サービス残業」や「不当な長時間労働」も仕事が辛いと思う原因のひとつ。

「仕事ばかりでプライベートの時間が確保できない」という状況では、当然ストレスがたまってしまいます。

暗黙のルールで「定時で帰れない」「サービス残業は当たり前」「平日終わらない仕事は休日に」…といった環境に身をおいていませんか?

「空気を読むのが社風」といわんばかりに、「サービス残業」や「不当な長時間労働」を強いるような就業環境では、仕事が辛いと思うのも当たり前です。

5.給与が低い

給与の低さは、仕事に対するモチベーションを下げる一因となります。

とくに業務に見合った対価が貰えていない場合は、投げやりな気持ちになってしまうでしょう。

「仕事もしんどい」「給与も低い」では、何のために働いているのか分からなくなってしまいますよね。

給与の低さはプライベートにも影響を及ぼしてしまうケースも多く、深刻な問題になりがちです。

6.ブラック

ブラックな就業内容のせいで「仕事が辛い」とストレスを感じているケースも少なくありません。

以下は、ブラックな就業内容の一例です。

  • 雑用ばかりを振られる
  • 無理な納期を発注される
  • ノルマを達成できないと自爆営業を強いられる

思い当たる節はありませんか?

ブラックな就業内容が、心身ともに悪影響を及ぼしてしまうことは言うまでもありません。

仕事が辛い時に起こる心身の異変

仕事が辛い時に起こる心身の異変

仕事が辛いと以下のような症状が起こりやすくなります。

ちょっとしたミスでも落ち込みやすい

ちょっとしたミスでも落ち込みやすい人も注意が必要です。

ちょっとしたミスをして怒られると落ち込みやすい・傷つきやすい人は、「自分は仕事ができないんだ」と思い込み、マイナス思考に陥ってしまうからです。

マイナス思考に陥ったまま立ち直れず、そのまま精神疾患を患ったりうつ病を発症してしまう人もいます。

ですので、上司に怒られたことは自分への愛情と受け止めるようにしたり、怒られたことを気にし過ぎないなど楽観的な気持ちを持つことも重要です。

寝付けない

なかなか寝付けなくなったのであれば注意が必要です。交感神経が働き過ぎていたり、ストレスが原因となっているからです。

今まではすぐに眠りに付けていたのに、なかなか寝付けない最悪の場合は一睡もできないということもありえます。

一睡もできない状態が続けば、あなたの身体は確実にボロボロになるのは目に見えているので、早めの対処を検討しましょう。

身体のあちこちが痛い

身体のあちこちが痛い場合も注意が必要です。

今までは感じていなかった頭痛、肩こり、背中の痛み、脚の痛みなどを急に感じるようになったら安易に考えたりしないでください。

ただの頭痛や肩こりと思って放っておいたら、病気に繋がってしまったということにもなりかねませんので、早めの対処を検討しましょう。

家を出る時間が遅くなった

家を出る時間が遅くなっているようなら注意が必要です。精神的、心身的ストレスが原因で無意識に会社に行く時間が遅くらせているからです。

会社に行く前にしなくても良い作業を始めたり、朝の身支度に異様に時間をかけてしまうということはありませんか?

もし、思い当たるようなら知らず知らずのうちにストレスをため込んでいる可能性があります。

うつ病にまで発展するおそれもあるので早めの対処を検討しましょう。

仕事が辛い時の対処法|ストレス解消法

仕事が辛い時の対処法|ストレス解消法

仕事が辛いと感じる原因はさまざまですが、多くは会社や業務に問題を抱えています。

問題を放置したまま仕事を続けると、心身にさらなる悪影響を及ぼしかねません。

状況を改善するためには、今抱えている問題を少しでも解決の方向に向けることが大切です。

もし「仕事が辛くて仕方ない」と感じているのなら、以下の方法を参考にストレスを解消してください。

  1. なぜ「仕事が辛い」のかをまとめてみる
  2. 住環境を変える
  3. キャリアチェンジを試みる
  4. 人間関係を改善する
  5. 休職を検討する

1.なぜ「仕事が辛い」のかをまとめる

中には「仕事が辛い具体的な原因が分からない」という方もいらっしゃいますよね。

原因が具体化できていない場合は、まず「なぜ仕事が辛いのか」ノートやメモ帳にまとめてみましょう。

気持ちを文字にすることで、仕事が辛い原因を客観的に把握できますよ。

  • 業務が自分の経験・スキルに合っていない
  • ことあるごとに上司が嫌みを言ってくる
  • 労働時間が長すぎる など

原因の把握は、今後の方向性を決める上でも重要。

たとえば、業務自体が自分に合っていないのなら転職を検討することも手段のひとつです。

また、自分の気持ちを整理することで辛い感情が落ち着くことも多いですよ。

まずは一度、仕事が辛い理由をひとつずつピックアップしてみてくださいね。

2.住環境を変える

仕事が辛い場合は、引っ越して住環境を変えることもおすすめです。

一見「仕事が辛いこと」と「住む場所」は関係ないように感じますが、人の精神状態は生活空間によっても大きく左右されます。

引っ越しをすることで心機一転、気持ちがラクになるケースも多いです。

「今すぐ引っ越しするのは難しい」という場合は、整理整頓や掃除・模様替えをしてみてください。

  • 家具の位置を変えてみる
  • 新しい家具を購入してみる
  • 好きなアートやポスターを飾る
  • 普段行わない部分の掃除をする

日々を過ごす空間が変われば、あなたの心にも変化が現れるはずですよ。

3.キャリアチェンジを試みる

やりがいを感じられずに悩んでいる場合は、仕事の幅を広げることで状況を改善できるケースが多いです。

「自分にはこの仕事しかない!」と思い込みに捉われている方は多いですが、ちょっと見方を変えるだけでキャリアチェンジできる可能性がありますよ。

  • 「データ入力」が得意
    ⇒思い切って「プログラミング(コーディング)」の勉強をしてみる
  • 「ルート営業専門」で働いている
    ⇒トークスキルを生かすために「飛び込み営業」にもチャレンジする

新しい業務にチャレンジすることで「仕事が辛い」「仕事がマンネリに感じる」という感情も薄れるはずです。

ぜひ「今の仕事から派生してチャレンジできる業務はないか」考えてみてくださいね。

4.人間関係を改善する

職場の人間関係が仕事が辛い要因のひとつであるなら、人間関係を修復することで社内の居心地が向上する可能性があります。

人間関係を改善したい場合は、以下の方法を試してみてください。

  • セクハラ・パワハラ・いじめ等のトラブルがあった場合
    ⇒信用できる上司や同僚に間に入ってもらい、当事者と話し合いをする
  • 原因が分からず相性が合わない場合
    ⇒挨拶をしっかりする・できるだけ笑顔で対応することを心がける

また、どうしても上手くいかない場合は「仕方がない」と割り切ってしまうことも大切ですよ。

5.休職を検討する

心身ともに疲れきっているのなら、休職を検討することも手段です。

1ヶ月など期間を決めてゆっくり休めば、気持ちもリフレッシュできるはずです。

また「長期間は休めない」という場合は、2~3日有給をとって休んでみてはいかがでしょうか?

短期間でも業務から離れることで、仕事が辛いという気持ちが軽くなるケースも多いです。

仕事が辛い時、悩みやストレスを完全に断ち切る方法

仕事が辛い時、悩みやストレスを完全に断ち切る方法

前章では、仕事が辛い時の対処法・ストレスの解消法について解説しました。

ただ、、、

悩みやストレスを一時的に解消しても、辛さの原因を根本から断ち切らない限り、一生仕事が辛い状態に悩まされます。

今の仕事が辛いなら、一度視野を広げるべき

あなたにとって仕事とはなんでしょうか?

 

仕事をして収入を得ないと、生活できなくなるかもしれませんし、家族を養えなくなる場合もあります。

しかし、健康な身体・心があるからこそ、はじめて仕事ができるのもまた、事実です

働きたくないと思うまで疲れてしまい、心身共に疲弊すると一生働けない身体になってしまう可能性もあります。

自分の心と身体以上に大切なものはない」と考えてください。

心身の健康を害すれば、仕事も充分にできなくなり、余計に日々の生活が辛くなる可能性があります。

そして、辛いという感情があるならば、根本的な問題が解決しなければ、またすぐに悩む日々がやってきます。

 

世の中には、たくさんの仕事があるので、一度視野を広げてみるべきです。

 

退職や転職は、人生やキャリアを充実させるための立派な手段なので、積極的に活用していきましょう。

ここで、転職や手に職を付けるを選択肢に入れられるのは非常に賢い方です。

 

なぜなら、働きたくないという悩みがある現状を変えるには、

自分で行動するしかない

ためです。

仕事に関する悩み・ストレスで前向きに仕事をできていないと、スキル・成果も上がりづらい状態にあります。

そうすると、給料も上がらないのでプライベートも充実しない。

まさに

負のループ

に落ちてしまっています。

 

環境が変われば、あなたの精神状態が良い方向に向かう可能性が高くなり、それによってスキル・評価も向上した結果、年収も上がってプライベートも充実する可能性が高いです。

「環境」を変えて、少しでも状況がよくなれば、それに連なって他の要素でも運気が上向いてきます。
※決して、占いの話ではありません

あなたの人生に最も影響を及ぼす要素である「環境」を変えることで、自分自身を「上昇気流」に乗せて上げましょう。

転職活動は自分を見直すことに繋がる

また、実は転職活動は

転職を考えていない方にも

メリットのある活動なんです。

その理由は、

  • 自分の市場価値が把握できる
  • 今後のキャリアが明確になる
  • 業界のトレンドに詳しくなる
  • (転職を検討していなくても、)好条件の求人が見つかればそのまま転職できる

上記のようなメリットがあるためです。

自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。

もし、現職よりも好条件の企業が見つかれば、そのまま転職してしまうことも可能です。

仕事が辛い時にすべき転職活動のポイント

仕事が辛い時にすべき転職活動のポイント

仕事が辛い時、視野を広げるためにも転職活動をおすすめしました。

すぐに転職する意思がなくても、転職活動をすること自体に大きなメリットがあります。

前述の通り、仮に好条件の求人が見つかった場合、そのまま転職することも可能です。

どうせなら、転職を成功させるために、以下のコツやポイントを押さえて効率的に転職活動を行いましょう。

失敗しない転職活動に、転職エージェントの利用は必須

転職活動は人生の中で何度も経験するようなことではありません。

だからこそ、転職のプロに相談をすることで、限りなく失敗する確率を上げていくことが重要です。

 

転職エージェントとは、「転職活動の際に必要になる作業の大部分を代行してくれる」サービスです。

具体的に、転職エージェントに相談することで、以下のサポートを無料で受けることができます。

  • 転職相談
  • 求人案件の紹介
  • 応募書類・履歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接日程(スケジュール)の調整
  • 年収交渉

自分で転職サイトを利用するだけではたどり着けない情報を提供してもらえたり、志望する企業の傾向に合わせた対策を無料で行うことができます。

そのため、一人で転職活動をするよりも、圧倒的に自分に合う会社に出会える確率・転職成功率が高くなります。

 

転職エージェントに登録すると大量のメールが届くので、転職活動用にメールアドレスを作成しておきましょう。

また、稀に自身の成果を上げるために、強引に転職を迫ってくるキャリアアドバイザーがいますが、その場合はメールで連絡して担当を変更してもらうことが可能です。

初めての転職が不安な人はもちろん、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありません。

転職エージェントを選択する時のポイント

失敗しない転職活動を実現するために、転職エージェントを利用する際は

3社以上を併用

してください。

 

実際に、人材大手リクルートによる調査でも、転職エージェントを複数利用している求職者の方が、転職活動の成功率が高いことが実証されています。

転職決定者の平均転職エージェント利用社数は4.2社です。

転職エージェント利用調査

出典:リクナビNEXT
転職エージェントを使った転職ガイド

転職エージェントの3社以上登録することによるメリットは以下です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

1社の転職エージェントから紹介してもらえる求人案件は3社前後です。

幅広く求人を検討するためにも、3社以上に登録することをおすすめします。

おすすめの転職エージェント

転職賢者が本気でおすすめしている、絶対に登録すべき転職エージェントについてご紹介します。

前述の通り、エージェントはバランスよく3社以上を利用して、幅広く業種・業界を検討しましょう。

転職エージェントの利用が不安な方へ

決して、背伸びをして自分をよく見せようとする必要はありません。

パートナーとなる相手に、自分をよく見せようとすると、かえって転職活動の失敗を招きかねません。

最初に登録した情報でいきなり求人を紹介されることはありませんし、職務経歴書はキャリアアドバイザーに相談しながら、一緒に作成すればいいのです。

土・日でも利用可能ですよ!

まずは登録して、転職エージェントの指示を待ちましょう!

※登録の際、在職中の方は備考欄に
●時以降なら電話対応
と記載しておけば、仕事中に連絡が来て現職にバレることはありません

まず、絶対に登録すべき総合型転職エージェントをご紹介します。

現職(前職)での雇用形態に関わらず、登録が可能です。

いずれも3分程度で登録が完了します。

Point

業界最大手の『リクルートエージェント』も決して悪くはありませんが、
登録者が多いために対応を後回しにされる
優秀なアドバイザーに言いくるめられる
可能性があります。

登録後にアドバイザーと相性が合わないと感じたら、すぐに担当を変更してもらいましょう。
※よくあることなので、気にしなくてOKです

 

以上を踏まえて、下記の転職エージェントがおすすめです。
■『DYM就職』※最もオススメ!
・書類選考なし!スピード転職可能

【公式】https://www.dshu.jp/
■『パソナキャリア
・手厚いサポートを受けたい方向き
【公式https://www.pasonacareer.jp/
■『マイナビエージェント
・30代の方、中小企業を検討したい方向き
【公式https://mynavi-agent.jp/
■『ビズリーチ』※スカウトサービス
年収600万以上の方向き
【公式】https://www.bizreach.jp/
※複数登録してはいけないルールは一切ありません
また、下記のページでは、タイプ別におすすめの転職エージェントをまとめています。

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは

「転職時期はいつ頃をお考えですか?」

と聞かれるはずです。

この時に少しでも転職を考えている場合は

「良いところがあればすぐに転職したい」

と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント