職場で孤立してしまった場合の対処法|会社に居場所がない時は!?

「職場で孤立してしまって居場所がない」

「職場の人間関係がうまくいっていない」

人間関係のもつれなどから、職場で孤立してしまって居場所がないと感じるのは珍しいことではありません。

入社したばかりで居場所をうまく見つけられなかったり、役職や成果の争いから孤立してしまうなど、理由は様々ですが、大半の理由は「人間関係」が原因で引き起こる問題です。

 

この記事では、

  • 職場で孤立しまう原因
  • 職場で孤立してしまった場合の対処法

について解説していきます。

 

横向きの賢じぃ
賢じぃ

職場で孤立するのは何かしら理由があるが、必ずしも悪いことではないかもしれんぞ。
この機会に転職をしてステップアップを狙うのも一つの手じゃ。

ちなみに3つ以上の転職エージェントに登録しておくと、転職成功の確率がグッと上がるんじゃ。

【おすすめ転職エージェント】

下記の転職エージェントは転職賢者が、
本当に自信を持っておすすめできる
厳選の転職エージェントです。

特に転職活動を経験したことがない方は、
下記の3つは必ず登録しておきましょう。

『マイナビエージェント』
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/

doda
dodaエージェントと併用!満足度No.1
【公式https://doda.jp/

『パソナキャリア』
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/

リクルートの調査より、
転職エージェントを3社以上登録して
転職活動を行っていた方の合格率は、
格段にUPしています!!!
上記サービスはいずれも無料です

参考:リクルートエージェント

正面の賢じぃ
賢じぃ
転職して職場が変わったら、自分にとって心地良い居場所ができることはよくある。
単に現状の職場とお主の雰囲気が合わないってこともあるじゃろうから、あまり深く悩まん方がお主のためじゃ。

おすすめ診断サービス

簡単な質問に回答するだけで、
性格市場価値(年収)
判定できるサービスです。

2019年7月より、
より詳しく性格診断が
できるようになりました。

自己分析の手段として、
転職を考えていない方にも
おすすめです。

ミイダス
5分で年収や性格が丸裸に?
※完全無料
【公式https://miidas.jp/

上記の転職サービスを登録してから読み始めた方が、より退職/転職へのイメージが湧くと思います。

<2019年9月:最新情報>

9月は、
転職活動を開始するには最高のタイミングです。

なぜなら、ボーナスを取得した上でお盆にキャリアについて考える時間ができるので、9月に転職市場が活発になり、求人数が増加するためです。

9月から準備を始めるだけで、他の求職者よりも選考をかなり有利に進めることができます。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職活動を開始しましょう。

  1. この記事を読み、最低3社の転職エージェント(『マイナビエージェント』『doda』『パソナキャリア』等)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談or電話で簡単な相談を行う
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後は、いくつかのテクニックを実践するだけで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、満足できる転職活動が実現できます。

テクニックは記事の最後に記載していますので、ぜひ最後まで読み進めて効率の良い転職活動を実現してください。

目次

職場で孤立してしまう人は多い|生活の大半を過ごす職場での辛い現実

職場で孤立している方がいるのは、珍しいことではありません。

仕事について意見が合わなかったり、仕事で成果を出せなかったり、と原因は様々です。

特に、ネット社会の発達によって、現実社会において、人とのコミュニケーションがうまく取れずに孤立してしまう若者が多いようです。

 

実際に、職場で孤立する方は、どれくらいいるのでしょうか?

内閣府が行った『若者にとっての人とのつながり』という15〜29歳の若者6,000に対して行った調査の、

「職場・アルバイト関係の人」に「何でも悩みを相談できるか?」という項目では、全体の68.9%の方が相談できない・しづらい、と感じているそうです。
※図 左上

職場の人間関係について

もちろん、上記の調査でそう思わないと答えた方全員が職場で孤立している訳ではありませんが、人間関係の希薄化が進んでいることがわかる調査です。

職場で孤立するのは、必ず理由がある

職場で孤立してしまうことには、様々な原因がありますが、大きく分類すると以下の2種類に分けられます。

  • 孤立した人に原因がある
  • 孤立した人の周りの人に原因がある

どちらが原因であっても、あなたが孤立してしまっていると感じた時点で、「職場での孤立」状態が成立します。

では、なぜ職場で孤立してしまうのでしょうか。

ここからは、より具体的に職場で孤立する原因や、孤立しやすい人の特徴について解説していきます。

職場で孤立するのはなぜ?孤立する原因や孤立しやすい人の特徴とは?

職場で孤立するのは、主に以下のような原因に当てはまる場合が多いです。

  1. 見た目に清潔感がない
  2. そもそも孤立しやすい性格
  3. 失敗を繰り返し、信頼がない
  4. コミュニケーションの取り方が下手
  5. 周囲の社員から嫉妬されている

必ずしも、あなた自身が悪いわけではありませんが、意識するだけで改善できることは意外にも多いかもしれません。

職場で孤立してしまう原因について、以下でそれぞれ詳しく解説していきます。

職場で孤立する原因①:ビジネスマナーを守っていない身なり

シワシワのシャツを着たりスーツが汚れたままでいたりなど、清潔感がない身だしなみに嫌悪感を抱く人もいます。

また、女性の場合、化粧をしていないと「マナー違反」だと思われてしまう可能性も。

身だしなみがだらしないことで、「マナーが守れない人」だと周りから避けられて孤立する可能性があるのです。

職場で孤立する原因②:孤立しやすい性格である

職場で孤立する原因の1つに、「孤立しやすい性格」であることが考えられます。

例えば、次のような性格です。

職場で孤立しやすい性格

  • マイナス思考でネガティブ
  • 優柔不断である
  • 自己主張が強い
  • 言い訳が多い

他人の悪口や愚痴が多い、マイナス思考でネガティブな人とは話しにくいですよね。

同僚から「自分も裏で悪口を言われているのでは」と、関わりを避けられてしまうことも。

優柔不断な性格とは、裏を返せば「慎重である」とも言えます。

しかし、仕事の場では決断力を求められるので、仕事をする上で慎重になりすぎると職場の人に迷惑をかけてしまうこともあるのです。

自己主張が強い性格である場合も、職場で孤立することがあります。

自分の意見が言えるのは素晴らしいことですが、意見を押し付けすぎると協調性がない人だと思われかねません。

他に、「上司が言ったから」「状況が悪かったから」と言い訳をする人は要注意です。

なんでも他人のせいにする人だと、「関わりたくないな」と思われる可能性があります。

無意識の言動が、職場での孤立につながる可能性があることを覚えておきましょう。

職場で孤立する原因③:問題行動を起こして信頼を失った

約束を守れない・遅刻をするなど、信頼を失う行動をしていませんか。

人は信頼できない人間を受け入れることは難しいもの。

仕事の足を引っ張る存在だと思われると、職場の人達から避けられて孤立する可能性があります。

職場で孤立する原因④:直接やりとりするのを避けている

人付き合いが苦手だからと、次のような行動をとっている人は要注意。

  • 職場で孤立してしまう行動
  • 電話に出るのが遅い
  • 会社行事は常に欠席する
  • 直接言えばよいことまでメールする

仕事上でコミュニケーションは、避けて通れません。

人と関わることや会話を避けると、周囲から「話しかけにくい」「付き合いが悪い」と思われる可能性があるのです。

職場で孤立する原因⑤:嫉妬されている

人は自分が欲しいものを持っている相手に「嫉妬」という感情を抱きます。

綺麗な外見、裕福な家庭、高学歴、輝かしい営業成績など、「羨ましい」と思う対象は人によってさまざま。何が相手を刺激してしまうかは分かりません。

職場の同僚は美人だから、女の同僚から嫉妬されて孤立しているようです。

職場で美人な人が孤立するのはよく聞く話ですね。

しかし、必ずしも「美人だから」という理由だけで孤立するわけではありません。

例えば、「男性社員にちやほやされている」「上司から特別扱いをされている」と周りからの扱いが原因の可能性があります。

だからといって誰かを孤立させるのは許されませんが、嫉妬される原因を知ることは重要です。

「何もしていないのに一方的に避けられて孤立する」というケースもあります。

職場がいじめ体質である場合、自分に原因がなくとも孤立することがあるのです。

「自分が悪くて孤立しているんだ」と必要以上に思い悩まないようにしましょう。

むしろ、嫉妬されているということは、あなたには他の人にはない何かしらの素質があるということです。

その意味では、これを機会に外の世界に目を向けることも重要かもしれません。

【無料相談】マイナビエージェント

職場で孤立した場合の対処方法

「職場で孤立してしまった。どうしたらいいんだろう」と悩んでいませんか。

この章では、職場で孤立した際の対処方法を7つ紹介します。

職場で孤立したときの対処方法
  1. 原因を明確にする
  2. 悪いことは素直に謝る
  3. ビジネスマナーを大切にする
  4. 細かなコミュニケーションを大切にする
  5. 謙虚な姿勢でいる
  6. 仕事に集中する
  7. 孤立を良い機会と捉え、仕事との向き合い方を再考する

それぞれの対処方法について見ていきましょう。

職場で孤立したときの対処方法①:何が原因で孤立したのか知ろう

「職場で孤立している」と感じる場合、一体自分の何が問題なのかを正確に知ることが解決への一番の近道。

一番いいのは、客観的に自分がなぜ孤立しているのか意見を聞くこと。信頼できる上司や同僚がいれば、聞いてみてください。

とはいえ、なぜ自分が孤立しているかは、同僚に聞きにくいかもしれません。

他に職場で孤立している原因を知る方法として、1日の自分の言動や行動を紙に書きだして振り返るのがおすすめです。

孤立した原因に応じて、自分の行動を見直しましょう。

職場で孤立したときの対処方法②:自分の悪かったところを謝り、改善する

あなたの失敗や失礼な言動があって職場から孤立しているのなら、きちんと周りに謝罪する必要があります。

相手を不快にさせたり傷つけたりしたのなら、言い訳するのは避けてください。

一度失ってしまった信頼を回復するのは、簡単なことではありません。

謝罪後、今後自分はどのような行動をするのかを伝え、自分の行動を見直しましょう。

信頼を取り戻すのに時間はかかりますが、継続することが大切です。

ネガティブ・マイナス思考な性格だから職場で孤立している場合、その性格を無理に直す必要はありません。

無理にポジティブな考え方をするほうが、ストレスに感じる場合もあるのです。

ネガティブであることは、「慎重に考える癖がある」「準備がしっかりできる」などのメリットもあります。

ただし、職場の同僚にネガティブな発言をするのは控えましょう。

職場で孤立したときの対処方法③:ビジネスマナーを意識する

職場にはさまざまな考え方の人がいるため、なにを不快と感じるかは人によって異なります。

「マナー」とは、思いやりの気持ちを挨拶や態度で示すもの。

最低限のマナーを守って、職場の人を不快に感じさせないようにしましょう。

例えば、清潔感がないなら身だしなみを整える、敬語が苦手ならば本を買って勉強をするなどがおすすめです。

職場で孤立したときの対処方法④:細かなコミュニケーションを大切にする

職場でのコミュニケーションでは、「あなたに関心を寄せています」と表すことが非常に重要。

挨拶をしても小さい声だったり目を合わせてくれなかったりすると、職場の人から「自分に興味がないんだ」と誤解されます。

まずは、はっきりした声で目を合わせて挨拶をすることから始めてみましょう。

それができたら、自分から「おはよう」「こんにちは」「お疲れ様です」と挨拶をするとあなたの印象は徐々に変わります。

また、会話が苦手な人の場合、上手に話そうと意識しすぎる必要はありません。

「目を見て話す」「笑顔で聞く」「うなずく」など、基本的なことが実は一番大切なのです。

「あなたに興味があります」「あなたを大事に思っています」ということを態度で示せば、相手にもその気持ちは伝わります。

どうしても人付き合いが苦手なら、人との関わりが少ない仕事を探すのも一つの手です。

職場で孤立したときの対処方法⑤:謙虚な姿勢を心がける

嫉妬を受けて職場で孤立している場合は、自慢話するのを避けてください。

嫉妬とは相手が自分の何かを羨ましいと思うことにより生まれる感情。

あなたが自慢げに振舞うと、相手はあなたに対して嫉妬の感情を抱くのです。

「たまたま運が良かったから」「◯◯さんが手伝ってくれたおかげ」と思い、謙虚さを忘れないようにしましょう。

また、自分が経験した苦労や弱みを見せるのも効果的です。

「自分と同じように悩んでいるんだ」と弱点をみせることで、相手があなたに共感して仲間意識を持つことがあります。

職場で孤立したときの対処方法⑥:孤立しても気にせず仕事に集中する

孤立した原因を解消するのが難しい場合、それでも職場を続けたいならば仕事だと割り切ることも必要です。

目の前のことだけに集中するという開き直りも悪いことではありません。

理不尽な理由で人を孤立させる職場ならば、こちらからも距離をとって気にしない方が楽な場合もあります。

とはいえ、職場でいつも1人ぼっちでいるのはストレスを伴うもの。

気が合う人や味方になってくれる人が1人でもいれば、心強いですし孤独ではなくなります。

職場の人全員と仲良くなる必要はありません。

誰かに嫌がらせをされても、自分と仲良くしてくれる人のために仕事へ行くという考え方もあります。

どうしても今の職場でストレスを感じるのであれば、転職をするのは有効な手段となります。

職場で孤立したときの対処方法⑦:孤立を良い機会と捉え、仕事との向き合い方を再考する

職場での孤立を良い機会と捉え、仕事との向き合い方を再考しましょう。

今の仕事を続けることで、何が得られるのか?また、今の仕事を続けることで、生活や収入は自身の満足するだけの水準に到達するのか?

少しでも、不安がある場合は一度現在の仕事関係なく、どのようにすれば自身の理想に近づけるのかを考えてみましょう。

現状の職場で仕事を続けようと思って、収入面に不安があるのであれば、空いている時間に副業を始めても良いですし、転職をして自身の居場所を変えることで、働き方や収入を変えることもできます。

現状と理想にはどれくらいの乖離があって、その乖離を埋めるためにはどのような行動を起こすべきなのか」について、この機会に時間をとって考えてみましょう。

職場で孤立して居場所がない!と悩むあなたにおすすめの考え方

前章の「職場で孤立してしまった場合の対処方法」について、職場で孤立するすべての方におすすめできるのは

⑥孤立しても気にせず仕事に集中する」「⑦孤立を良い機会と捉え、仕事との向き合い方を再考する」の考え方です。

その理由は、

①〜⑤の対処方法は

相手ありきの対処方法

だからです。

職場での孤立状態を改善しようと思った場合、いくら自分が改善したとしても、最終的には相手がどう感じるか?によって、改善の結果が得られます。

一度、人間関係に亀裂が入り職場で孤立してしまっている状態では、その状況にある根本を改善しなければ、再度同じ状況を引き起こす火種は消えないままです。

もちろん、あなたの改善によって、職場での孤立状態が改善することは大いに考えられますが、それよりも対処することで、確実に改善できる手段をとった方が心身に負担をかけずに仕事ができるでしょう。

⑥孤立しても気にせず仕事に集中する」「⑦孤立を良い機会と捉え、仕事との向き合い方を再考する」場合、以下の3つの行動・考え方が最適です。

  1. 仕事はお金を稼ぐための行動だと割り切る
  2. 最低限の仕事だけ行い、浮いた時間で副業を行う
  3. 転職する

特に⑦の考え方に基づいて行動をすることで、これまでの環境を大きく変えることができます。

職場で孤立したら①:仕事はお金を稼ぐための行動だと割り切る

仕事はお金を稼ぐためだけの手段だと割り切ることができる方は、現状を大きく変える必要はないかもしれません。

例え職場で孤立していたとしても、働いてさえいれば、給料をもらうことができます。

現状を大きく変えることが難しい場合には、考え方を改めて、「生活のため」「お金のため」だけに仕事をすると考える他ありません。

職場で孤立したら②:最低限の仕事だけ行い、浮いた時間で副業を行う

環境を大きく変えることは難しい方でも、さらに給料を稼ぐことはできます。

むしろ、職場で孤立すると飲み会や休日の誘いが周囲よりも少なく、自由な時間が増えるはずです。

浮いた時間を利用して副業に力をいれてみてはいかがでしょうか?

副業の種類にもよりますが、1時間/1日継続することができれば、月5万円程度稼げる副業はたくさんあります。

仮に、会社が副業を禁止している場合でも、きちんと手順を踏むことで会社にバレずに副業を行うことが可能です。

副業を始める場合には、以下のポイントを押さえることで、報酬以上の価値を生み出すことができるかもしれません。

  • 自分が興味を持っている分野であること
  • 楽しんで継続ができること
  • 本業にもメリットがあること

副業として始めたことが、本業以上に収益を出し、副業で培ったスキルで転職(キャリアアップ)をする方も増えているので、この機会に興味を持っていた副業を始めてみるのもアリですね。

»どれだけ稼いでもバレない副業ランキング5選【2019年 決定版】

»高額な副収入が期待できる!?おすすめな副業と絶対に始めるべき副収入サービスとは?

職場で孤立したら③:転職する

職場での孤立に強いストレスを感じている方に最もおすすめなのが、転職です。

上記の2つ方法は、職場での孤立を改善しようとしない代わりに、キャリアや人生を豊かにするために時間を使う方法です。

一方、転職は現在の孤立した職場環境を断ち切り、心機一転新しい職場で働くために、これまでの関係を根本から断ち切ることが可能です。

職場で孤立をしている人が必ずしも転職をすることがベストとは限りませんが、少なくとも職場での人間関係や居場所がないことに強く悩み、ストレスを感じている方にとっては、最も有効な手段です。

職場の孤立に悩んだら、転職活動を経験してみよう

職場の孤立に強く悩んでいる場合、一度転職活動を経験してみることをおすすめします。

一般的に転職活動には、環境や仕事を変えることでの労働環境の改善や生活の充実などが期待できます。

さらに、転職活動には多くのメリットがあります。

横向きの賢じぃ
賢じぃ
職場で孤立したことが良いきっかけになるかもしれんの。

転職活動は自分を見直すことに繋がる

今の時代、いつ会社が倒産したり、労働環境が悪化したりするかは予測がつかないですし、終身雇用制度はなくなり、転職が当たり前になっています。

 

実は、転職活動は「転職を考えていない方にもメリットのある活動なんです。

その理由は、

  • 自分の市場価値が把握できる
  • 今後のキャリアが明確になる
  • 業界のトレンドに詳しくなる
  • (転職を検討していなくても、)好条件の求人が見つかればそのまま転職できる

上記のようなメリットがあるためです。

自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。

もし、現職よりも好条件の企業が見つかれば、そのまま転職してしまうことも可能です。

 

また、『ミイダス』というサービスのように、選択式の設問に答えるだけで、あなたの概ねの市場価値(年収)や性格・特徴について非常に細かな診断を行うサービスもあります。

転職エージェントを活用すれば、より自己分析が深まる

転職活動では、必ず転職エージェントを利用してください。

転職エージェントへの相談は、客観的にあなたがどんな人かを判断できる良い機会となります。

具体的に、転職エージェントを利用することのメリットは以下の通りです。

  • 非公開求人の紹介がある
  • 企業や業界に合わせた面接対策ができる
  • 面倒な手続きを代行してもらえる
  • 企業と待遇面の交渉を行ってくれる
  • (場合によっては)退職サポートを行ってくれる

自分で転職サイトを利用するだけではたどり着けない情報を提供してもらえたり、志望する企業の傾向に合わせた対策を無料で行うことができます。

そのため、一人で転職活動をするよりも、圧倒的に自分に合う会社に出会える確率・転職成功率が高くなります。

 

転職エージェントに登録すると大量のメールが届くので、転職活動用にメールアドレスを作成しておきましょう。

また、稀に自身の成果を上げるために、強引に転職を迫ってくるキャリアアドバイザーがいますが、その場合はメールで連絡して担当を変更してもらうことが可能です。

初めての転職が不安な人はもちろん、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありません。

笑っているマコト
マコト
初めての転職活動だからこそ、一人で悩むのは危険ですよね。

また、転職活動を始める前に、以下のポイントだけを事前にまとめた上で相談をすれば、スムーズなやり取りを行うことができます。

【相談前に最低限必要な自己分析】
  1. 自分の好きなこと・嫌いなこと
  2. 自分の得意なこと・苦手なこと
  3. 今後やってみたい仕事・やりたくない仕事
  4. 将来の理想の生活・キャリア
    (3年・5年・10年)

上記の項目を事前にまとめておくことで、キャリアアドバイザーがあなたの描くキャリアや生活を実現できる企業を紹介しやすくなります。

「ただ転職したいだけ」

の人よりも、

「〜〜が好きで、◯◯という仕事に挑戦してみたい」

という希望がある人の方が熱意が伝わり、キャリアアドバイザーにとっても優先的に対応してあげたくなる心理が働きます。

転職エージェントの効果を最大限引き出すポイント

本気で転職活動を行う場合、転職活動を成功させるポイントは、以下の2点です。

  1. 転職エージェントを3社以上利用する
  2. 「総合型」「業界・年齢特化型」の両方の転職エージェントを利用する

上記のポイントさえ気にしていれば、OKです。

①転職エージェントを3社以上利用する

転職エージェントは必ず、

3社以上を併用

してください。

 

実際に、人材大手リクルートによる調査でも、転職エージェントを複数利用している求職者の方が、転職活動の成功率が高いことが実証されています。

転職決定者の平均転職エージェント利用社数は4.2社です。

転職エージェント利用調査

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

転職エージェントの3社以上登録することによるメリットは以下です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

1社の転職エージェントから紹介してもらえる求人案件は3社前後です。

幅広く求人を検討するためにも、3社以上に登録することをおすすめします。

「総合型」「業界・年齢特化型」の両方の転職エージェントを利用する

また、転職エージェントには、幅広い求人案件を保有する「総合型」と、求人案件は少ないものの、特定の業界に特化してサポートをしてくれる「業界・年齢特化型」の2種類が存在しています。

3社以上を併用利用するうえで、

総合型:2社以上

業界・年齢特化型:1社以上

を利用してください。

 

総合型の転職エージェントだけを利用すると、あなたの希望する業界で「目立たない優良求人」に出会えない可能性があります。

また、希望している条件に合致した求人なのに、年齢やこれまでの経歴から応募できないケースもよくあるのです。

逆に、業界・年齢特化型の転職エージェントだけを利用すると、特定領域の求人ばかりを紹介され、自身の可能性を限定してしまうことに繋がってしまうのです。

そのため、総合型を2社以上、業界・年齢特化型を1社以上利用して、幅広く自身の可能性を模索しましょう。

 

以下では、絶対に登録すべき総合型転職エージェント、おすすめの業界・年齢特化型転職エージェントをご紹介します。

職場の孤立に悩む人が利用すべき転職エージェント

職場で孤立したことに悩んでいるあなたに、おすすめの転職エージェントをご紹介します。

前述の通り、エージェントはバランスよく3社以上を利用して、幅広く業種・業界を検討しましょう。

 

下記の転職エージェントは、転職賢者が本気でおすすめしている、絶対に登録すべき総合型転職エージェントです。

現職(前職)での雇用形態に関わらず、登録が可能です。

正面の賢じぃ
賢じぃ
この転職エージェントだけは絶対に登録しておくんじゃ!
おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/
『ウーマンウィル』※女性限定
おすすめ度:★★★★★
女性専用のマイナビエージェント!
【公式】https://mynavi-agent.jp/womanwill/

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職に不安がある方は絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が非常に高いです。

初めての転職で、必ず登録すべき転職エージェントです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

おすすめ業界・年齢特化型転職エージェント

以下が、おすすめの業界・年齢特化型転職エージェントです。

以下の転職エージェントは、男女や雇用形態に関わらず利用することが可能です。

正面の賢じぃ
賢じぃ
自身の経歴や希望する業界に合わせて1社以上登録するのじゃ。
◆第二新卒・既卒向け◆
『ウズキャリ』
【おすすめ度:★★★★☆
紹介求人はブラック企業を排除済み!
【公式】https://daini2.co.jp/
フリーター・ニート向け
『ハタラクティブ』
【おすすめ度:★★★★★
未経験OK企業だけで2,300件以上の求人!
【公式】https://hataractive.jp/
営業職向け
『ジェイック(JAIC)』
【おすすめ度:★★★★★
転職に役立つ無料研修制度が充実!
【公式】https://www.jaic-college.jp/
IT・Web業界向け
『ワークポート』
【おすすめ度:★★★★
IT・Web業界を志望するなら登録必須!
【公式】https://www.workport.co.jp/

業界特化型のエージェントについて、どの転職エージェントを利用すれば良いか迷ってしまう方も、まずは『パソナキャリア』と『マイナビエージェント』だけは絶対に登録しておきましょう。

最初に登録すべきは、より幅広い業界・業種を探せる総合型転職エージェントです。

職場で孤立することもポジティブに捉えよう

職場で孤立してしまい、居場所を見つけられない場合の対処方法について簡単におさらいします。

①職場で孤立する原因を考えてみる

②原因を追求できたら、可能な限り改善に務める

③改善が難しい場合、
・仕事と割り切る
・必要最低限の労力で仕事を行いつつ、副業など別の収入源を確保する
・転職する
特に③でどのような行動を起こすかが重要です。

副業や転職に関して、ネガティブな意見を持つ方もいますが、自分の身は自分で守るためにも、どの選択肢がベストなのかを考えて行動しましょう。

今すぐの転職を検討していない場合でも、転職エージェントに相談に乗ってもらい、ベストなキャリアを切り拓いていきましょう。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1
【公式https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!安心の実績!
【公式https://mynavi-agent.jp/
『ウーマンウィル』※女性限定
おすすめ度:★★★★★
女性専用のマイナビエージェント!
【公式】https://mynavi-agent.jp/womanwill/

転職エージェントを
「使い倒す」
マル秘テクニック

エージェント側もあくまで「ビジネス」です。

エージェントによっては、あなたのことが「お金」にしか見えていないこともあるでしょう。

絶対に損しない、転職エージェントを最大限活用するためのマル秘テクニックをご紹介します。

下記のポイントを守り、転職活動を行えば、転職成功率を格段に上げることができるでしょう。

「内定」をもらうことはゴールではありません。

転職をしてから、あなたが望むキャリアや生活に結びつけることが重要です。

全8テクニック、これさえ守れば大丈夫です!

1. エージェントに登録後、こまめにやり取りを行う

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

担当も一人につき、数十名〜多くて百名ほどの求職者を抱えているため、一人当たりに使える時間には限りがあります。

実務的な処理として、

  1. 更新日が新しい順番に10人ずつメールを送って反応を待つ
  2. 応募者がいなければ次の10人へメールを送る

といった流れでメールを送信していき、応募を待ちます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

※最近は「最終ログイン日」だけで優先度を決めている場合あり

2. 「良いところがあればすぐ紹介して欲しい」と伝えておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり、日々追われています。

担当者とのファーストコンタクトでは転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に少しでも転生を考えている場合は「良いところがあればすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してもらえる可能性が高くなります。

3. 担当が気に入らない場合、すぐに変えてもらう

担当のアドバイザーに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

「初めての転職だし、こういうものかな、、、」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、担当側からすればそこまで珍しい問題でもありません。

もし、担当変更がどうしてもできない場合は、さっさと見切りをつけて他のエージェントを新たに登録すれば問題ありません。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、初めての転職活動のため不安があり、ぜひ他の方のご意見もお伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4. 絶対に虚偽の申告はしない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ、、、という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

5. アドバイザーが作成した推薦文は必ず事前に確認する

大抵の場合、キャリアアドバイザーは企業にあなたを紹介する推薦文を1,000字前後で書いてくれます。

しかし、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴を転記するだけ、最悪の場合は、事実と異なる経歴を書かれてしまうこともあります。

面接官に事実とは異なった情報が伝わり、あなたのスキルや人柄と関係のないところで、減点されないように、

面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と必ず事前に一声かけましょう。

下記は、某キャリアアドバイザーが実際に書いた推薦文です。

【実際にあった最悪の推薦文】

業務内容を把握している現場の方の目で
ご判断頂くことが一番かと思います。
スキル面については、ぜひ面談の際に
お聞きいただければと思います。

嘘は書いていないようですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。

あなたにとって、少しでもプラスにはたらくような推薦文を書いてもらいましょう。

6. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

3社以上の転職エージェントを使うことが望ましいですが、絶対に同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。

企業側が無駄な手間を省くことになり、「他の転職エージェントからも応募があるんだけど、どういうこと?」と各担当に連絡がいってしまいます。

その結果、企業・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

7. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

相談した結果、一度承諾した内定を辞退したとしても、法的なペナルティはありません。

承諾した企業を紹介してくれた転職エージェントに、しっかりと謝罪をすれば問題ないでしょう。

エージェント側としては、これもよくある事例です。

内定を辞退するのは非常に勇気がいることですし、転職エージェント側からすればイラっとする行為ですが、何より一番重要なのはあなたのキャリアや生活です。

8. 最低限のマナーを守る

エージェントや企業に対して横柄な態度を取る方が稀にいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

自身が相手の立場に立った場合を考えると、容易に想像がつくでしょう。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、当然個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

相手も「人」です。

何かをしてもらった場合には、きちんと感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

 

下記で、「登録しておけば間違いない

おすすめ転職エージェントに登録できます。

 

仕事は、「楽しくあるべき」だ。

正面の賢じぃ
賢じぃ

スマホで3分!
今すぐ簡単登録じゃ!

下記の転職エージェントは、
「書類添削」から「面接対策」まで【完全無料】じゃ!

当サイトが本気でおすすめしているのは、以下の3社です。

おすすめ総合型転職エージェント
『パソナキャリア』
【おすすめ度:★★★★★
手厚いサポート体制が業界No.1!
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
『マイナビエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
20代・30代は必ず登録!優良求人多数!
【公式】https://mynavi-agent.jp/
『リクルートエージェント』
【おすすめ度:★★★★★
求人数・実績No1!全年代で利用可能!
【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントは最低3つを併用登録・利用することで転職成功率が高まると言われています。

下記の転職エージェントは全て無料で利用できるので、まずは当サイトおすすめの下記の3エージェントを全て登録しておけば、間違い無いでしょう。

3つの中から、自身に合ったエージェントを見つけてください。

 

楽しい仕事」始めませんか?

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポート・フォローには定評がある、初めての転職活動では絶対に利用すべき転職エージェントです。

サポート体制の質の高さから、『2019年 オリコン顧客満足度調査』において『転職エージェント 第1位』を獲得しています。

拠点も全国各地にあるので、地方の方にもおすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリア 公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は20代・30代の転職実績が豊富で、実践的なノウハウと丁寧なサポートに定評があります。

良質なホワイト求人を紹介してくれるのが特徴で、年収UPの成功率が高いです。

さらには、市場に出回っていない優良企業の求人を多数保有していることも強みの一つと言えます。

 

また、女性の方は『ウーマンウィル』という、いわゆる「女性専用のマイナビエージェント」があります。

女性には結婚、出産、子育てなどのターニングポイントも考慮したサポートが好評です。

マイナビエージェント同様に豊富な実績があるので、女性の方はコチラへの登録をおすすめします。

 

初めての転職では、絶対に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント 公式サイト
ウーマンウィル 公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントで、転職者全員におすすめです。

2019年時点で取り扱い求人数が21万件ある最多案件数を誇る転職エージェントで、幅広い業界・職種の求人があります。

担当者によってサービスの質に差があったり、2019年にはグループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるものの、

累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させるノウハウが豊富です。

リクルートエージェント 公式サイト

関連記事:【徹底比較】タイプ別おすすめ転職エージェント